3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

競馬予想

プレサージュリフト【秋華賞2022出走予定馬】【クラシック戦線に向けてのメモ】

一発かませる穴馬を探していこう

■2021/10/24新馬16番2人気1着
0.5差2着は未勝利抜けできずのローシュタイン
1.2差3着は次走未勝利抜けスリーるサンセール

出遅れて最後方から外々をまわして、直線スパートで突き抜け。

未勝利以下レベルの相手でなかなか評価は厳しい。ただ、後ろから行ってのこの着差、あがり差、一流レベルの可能性は秘めている。

レース後コメント
1着 プレサージュリフト(大野拓弥騎手)
「すごく切れる脚を使いますね。ゲートの開閉にびっくりしてそのあたりは慣れが必要ですが、外枠でスムーズにオンオフのきいた走りでした。折り合いは問題ありません」

■2022/2/12クイーンカップ13番2人気1着
0.1差2着は2冠馬スターズオンアース
0.2差3着は阪神JF6着、桜花賞7着、オークス10着ベルクレスタ
0.4差4着はチューリップ賞7着、ローズステークス4着ラリュエル
外枠発進から出負けして後方外目
流れのまま追走し、4角でも外をまわして直線大外、じわじわ伸びてしっかり差し切り。

出負けして距離ロスがあって、かつ直線最後まで伸び続ける脚。
内を回っての画をみたいところ。
体質弱く、連戦できない馬ということで、クラシック戦線で戦うためにはここは絶対に落とせないレースだった。

レース後コメント
1着 プレサージュリフト(戸崎圭太騎手)
「とても嬉しいです。(ゲートの)扉が開く時に怖がるところがあるということだったので、覚悟していました。外枠でしたし、ゴチャゴチャしたところは嫌だなと思っていましたので、外目をリズム良く運べました。乗りやすくて非常に良かったです。手応えも十分でした。

 しかし、外を回っていましたし、内の馬たちがどこまで伸びるかと思っていました。この馬も伸びてくれましたし、フットワークも良く、強い内容でした。新馬戦も素晴らしい勝ち方をしていたので、今日も期待していました。強いメンバー相手にこれだけのパフォーマンスを見せてくれたので楽しみです。乗りやすい馬で、2戦目でもテンションが上がらずに落ち着いていましたし、筋肉の質なども良さそうな感じがします」

2022/4/10桜花賞14番4人気11着

再度出負けで後方からそのまま馬群について行って、直線。そこそこの上がりだがこの展開では…

うーん、まあ何もしてないと言っていいかな。
前2戦の戦いもそうだし、この先もそうなるかもしれないが、基本的には馬場や、展開に左右される馬であるのは間違いない。ただ、ここ勝負だったかというとかなり微妙なのは間違いない。

レース後コメント
「ゲートが遅かったので腹をくくって後方からいった」と戸崎圭。デビュー2戦同様の立ち回りとなったが、さすがにGⅠ級相手、しかも前が残る馬場や展開では届きそうもなかった。「ペースもゆったりしていたしね。もう少し力をつけていけば」と今後の成長に期待していた。

2022/5/22オークス16番8人気5着


連戦できないという馬でこの成績は単純な地力の証明。脚が活きる形になればそこそこやれることは示した。

レース後コメント
「スタートはそれほど速くなかったですが、二の脚でスーッといい位置につけることができました。ロスなく運べましたし、ラストはジリっぽくなりましたが、頑張ってくれました」

■秋華賞
大外枠…つくづく外枠に好かれているなと。
強い調教をせずに戦った春とは違い、クラシック最後の一戦。
今後は短距離路線に行くのかもしれないが、ひとまずここは全力とみて間違いない。
先行馬が多いレース。地力ある後ろからの馬が人気ないとなると買うしかないでしょう。
陣営も桜花賞&オークス前にはベストの状態ではない、クイーンカップより状態がいいというアピールは一切しておらず、
それが今回はハードな調教で勝負しにきている。
展開はまれば馬券内の可能性高く、その馬がこんな人気になるのであれば十分狙いは立つ。

マンガでわかる 勝つための競馬入門
K3
オーパーツ・パブリッシング
2022-03-11



3歳クラシック戦線に絶対はない! ◎ヴェルトライゼンデ 【ダービー2020予想】

上位2頭強い。
皐月賞の内容がよすぎる。
そしてその皐月賞は共に先々を見ているローテだった、となると、逆らいづらい。

逆らいづらいのだが、共に昨年段階では陣営はダービーを狙いつつも距離不安を語っていた馬。
距離適性なんて地力の高さでカバーできるというのはよく聞くことだが、
ここまで評価高いのであれば、その距離不安を根拠に軽視したいところ。
基本馬券は複勝、ワイドなので二頭とも馬券内でないことを祈るしかないかな。

ただ、取りこぼす可能性自体はあると思う。
というのもコントレイルは皐月賞位置取りを下げてレースをしたことで、
今レースも少し控える方向に意識が向くかもしれない。
道中前目で運びたいと表明している馬が結構多いので、内枠で少し引いてしまうと外から怒涛の先行狙いの馬たちが内に殺到するかもしれない。
そうすると中途半端な位置で動くに動けないもありえる。

サリオスはちょい外目の枠になっただけに、もはや全力で押して行ってコントレイルより前をとりきるはず。前は馬多く、早めに仕掛ける必要に駆られて早く動いて最後に脚が残っていない…もあるのでは…。


ヴェルトライゼンデがおもしろい。
普通に地力足りると思う。内枠に入って前走より圧倒的にやりやすい。

前目で運びたい馬が多い中、穴はおとなしく後方内追走で直線内をいちかばちか着狙いでついてくる馬。
レクセランスとマイラプソディ。


◎ヴェルトライゼンデ


▲レクセランス


△マイラプソディ、サリオス



以下、全頭チェック

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 逆転してほしいけれど… サリオス

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 サトノインプレッサ

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 アルジャンナ【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 ワーケア【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 レクセランス【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 ブラックホール【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 ビターエンダー【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。 ダーリントンホール【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。コルテジア【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。ガロアクリーク【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。ディープボンド【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。サトノフラッグ【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。マンオブスピリット【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。ヴァルコス【ダービー2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 全頭かるーくチェックとかしてみる。ウインカーネリアン【ダービー2020出走予定馬】

デゼル 【オークス2020出走予定馬】

■2020/3/15未勝利2番1人気1着

0.1差2着は未勝利5戦掲示板もぬけられずのナリタザクラ
3着メイショウサンガは次走5戦目に未勝利抜け

出負け。内枠だったので下げ切って道中後方から追走。早めから外を意識しつつも、中目のまま\直線。前が開いたところをすっとついて他と違う足で抜け出した。

この時期の未勝利戦ということで相手は極めてぬるいが、初戦とするとなかなかにっかっこいい勝ち方だな。

レース後コメント
鞍上の武豊騎手は「さすが良血馬ですね。スピードが乗ってからの走りがいい。フランスによくいる馬みたい」
【阪神4R・3歳未勝利】母は仏オークス馬 デゼルが快勝 武豊「さすが良血」 : スポーツ報知

アヴニールセルタンの初子、デゼルが15日阪神4R未勝利戦へ/POG特選情報/競馬・レース/デイリースポーツ online

■2020/5/3スイートピー7番1人気1着

0.3差2着はスマートリアンはチューリップ賞5着、エルフィンステークスではデアリングタクトに1.1差つけられての3着。
0.4差3着アカノニジュウイチはクイーン杯0.3差4着

普通に出るが控える選択。道中後方追走で、外回して直線。序盤から伸びてきっちり差し切り。

うん、強いね。東京ということでか今度はおとなしく大外回してきっちり差し切り。

レース後コメント
1着 デゼル(D.レーン騎手)
「折り合いがつきやすい馬で、道中はリラックスして走っていました。折り合っていた分、直線もしっかり反応してくれました。今日は1800m戦でしたが、フィーリングとしては2400mも走れると思います」
【スイートピーS】(東京)デゼルが直線突き抜け快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

4着 クリスティ(福永祐一騎手)
「ポジションはいい所を取れました。直線はスペースができるまで時間がかかってしまいました。スムーズなら2着争いには参加できたと思います。勝った馬は強かったです」

【スイートピーS】末脚自慢デゼル 新星誕生なるか(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
中間はいったん放牧へ。帰厩後も順調に乗り込みを進めている。当初は前週のフローラSに向かうプランがあったが鞍上にレーンを確保して1週スライド。

◆オークス
強いと思うが、これまでの戦いは地力で他を圧倒する勝ち方のみで、地力近い馬と戦っていない。
デアリングタクトが後ろからとなると、今回この馬の戦い方は頭を目指すとなると非常に難しい。
デアリングタクトより前に位置して戦いたいだろうが、そうなったときにこれまでのように走れるかもわからない。
後ろからいってはイチかバチかになってしまう。
レーン騎手がほれ込んでいるということだが、地力高いが人気必至のなかではなかなか手が出しづらい。

JRA“遅れてきた超新星デゼル“D.レーンを背にオークス(G1)出走! プランを変更して打倒「女王」デアリングタクトに名乗り!?
だが、社会情勢を鑑みただけではなく、レーン騎手がデゼルの才能に惚れ込んだことも、予定を変更する理由のひとつだったと考えられる。

穴ならこの馬しかいない キメラヴェリテ 【皐月賞2020予想】

上位3頭が地力最上位なのは疑いようがない現状。
よくある連勝してるからっていう人気ではなくて、世代上位ともきっちりと戦っているし、内容もともに非常にいい。
が、ともに今年初戦。次を見てのレースになりそうで、ここ勝負じゃない人気馬は基本買いたくないところ。

しかし、正直このレース、6人気以下の馬に形向いても逆転できる要素を見つけられなかった。
おとなしく1~3人気からどれかを選ぶかなと思っていたら土曜大雨で中山芝で不良馬場開催。
明日地力では劣っても展開馬場を味方にして逆転できる馬がでてくるのでは...



現在単勝1人気はコントレイル
正直地力比較で隙は見いだせなかった。はっきりここでは最上位でしょう。しかも少し抜けていると思う。
が、今年初戦、次を見ている、最内枠、そして土曜不良馬場、となると地力で劣る馬も展開馬場で逆転可能としたい。
この馬が馬場を苦にしなかった場合も1番からこのレースで勝つためには、スタートよく前にだしていくしかないと思う。多頭数でそれができず、道中後方になったら…
桜花賞1人気馬より世代上位として地力は抜けているとは思うが、レシステンシアより馬券圏外になる可能性は高いと思う。無視。


2番人気はサトノフラッグ
強いのは疑いようがないが、2000メートルより距離ほしい発言を各騎手がコメントしていて、前走乗った武騎手は今レースはこの馬に乗っていない。
また、このレースの勝ちを目指すなら1800以下の距離を経験させるところを、2000一本の経験。
休まず走らせていてここ勝負のにおいはするが、それ以外はすべてが次勝負の感。
ルメール人気が乗っていると思うと余計に買いづらい。


3人気はサリオス
上位人気馬の中では消しやすい馬ではあるかなと思うので、まあこの並びになるかなという3人気ではある。
まあこの馬も地力高いのは間違いないが、この馬も今年初戦。
レーン騎手が乗りにくるということで勝負気配も漂ったが、そのレーン騎手が土曜ボロボロとなるとちょっと手が出ないかな。


4人気はクリスタルブラック
来たらあきらめの無視。現段階で上3頭より上位にとれる要素が一つも見当たらないので、買うとしてもひもとしてのみ。複勝、ワイドの馬券しか買わない自分はこれは買えない。


5人気はヴェルトライゼンデ

前走はっきり試走で、距離は長い方がいい、そして良馬場の方がいいといいつつも、重馬場もしっかりこなしているという非常に買いの要素が多い馬。コントレイル、サリオスとは正直地力差あるが、雨と勝負度合いで逆転は可能な範囲内にはいると思う。
前で戦えるし、この馬には土曜不良馬場ははっきりいい。可能性はある。


コントレイルは地力抜けているし、サリオスも強い、サトノフラッグもいいがどれもここ勝負感に欠ける。クリスタルブラックはその3頭に勝つ形はもっておらず、買いづらい。
ヴェルトライゼンデは雨で可能性あるし、買いの要素は多い。
人気決着予想であれば1~3番人気と組み合わせて買いたい馬ではあるという感じ。
ただ、土曜不良で、馬場は荒れ多頭数での勝負、荒れる下地は整っている。
であれば単勝5人気ではもったいない。他を探す。

まず前提として1番コントレイルが前にいけないで道中後ろからになる。地力抜けていることは各騎手わかっているので、上位人気馬に乗る騎手の意識は後ろに向く。
そして前への警戒は薄れる…。


キメラヴェリテがおもしろい。
穴党の人がぱっとみて何も考えず選ぶであろう穴馬、な感じで、なんかすごく選びづらいのだが6人気以下で頭の可能性あるとしたらこの馬かマイラプソディしかいないと思う。
どうせこの馬を買う人の理由なんて、前走初芝で逃げてそこそこやれて、芝適正があることはわかった。そして土曜馬場荒れで前有利になるでしょうよ、というもんだと思う。
そして俺もそれ。
ちょっと目立ちたくて穴狙いする何も考えてない奴と思われたくないが、ここは仕方ないかな。

ただ、枠も天気もこの馬に残ってくださいといわんばかりであることは間違いない。


他はマイラプソディ
7人気なら拾っておきたい。前走謎で中心視できないが、地力足りる可能性はまだ残っている。


◎キメラヴェリテ

〇ヴェルトライゼンデ

△マイラプソディ

◎ノースストーム 枠の利を活かして闘える!【シンザン記念2015予想】

圧倒的内枠前有利なレース。
先週の京都金杯も2枠→1枠→1枠→4枠→4枠が掲示板という外枠の馬で一発狙おうという思いを一切許さない結果。
ヒモ荒れ傾向のレースではあるが、1~3番人気が7、8枠に入った今年、大きく荒れそうな予感しかしないのが逆に罠か。

現在netkeiba.com単勝1番人気はダッシングブレイズ
週中に見た通り、まあここ2戦の内容に不満はない。
前走で千両賞4着ペガサスボス、千両賞7着アドマイヤゴッドを破っており、千両賞5着、9着、11着の馬がここで6、7、8人気に推されていることからも、一定の人気を背負うのは当然も、果たして1人気になる馬かといわれると疑問。
ドスローのレースのみしか経験しておらず、ある程度速く流れたときのパフォーマンスは不明で、7枠に入り内に入り込めないと単純に距離ロスすることになりそう。
ここまでと同様の流れになれば圧倒する地力を秘めている可能性もあり、また実際そうなることもありそうなメンツではあるが、不明な要素の多い外枠馬を1人気で買う必要はない。無視。

2人気はグァンチャーレ
ここ出走馬中では地力証明がなされている馬で、どのような形になっても掲示板には載ってきそう。
ただ、1人気同様外枠に入り、騎手の判断がかなり問われるレースになりそう。
出遅れが怖いが、地力的に無視はできない。

3人気はナヴィオン
ここでは実績最上位であり、地力もおそらく最上位。
朝日杯からの参戦馬が結果を出しているレースであり、その朝日杯での敗因が馬場にあるのであれば、見限る要素は少ない。
ただ、大外枠に入った。12頭立てとはいえ、ここでの外枠は痛いはず。
メンバー的にはここは取りこぼしたくないところではあるが、内枠超優勢な状況でどうなるかというところ。押さえまでか。

4人気はクイーンズターフ
こっちに参戦か。
正直地力低目なメンツであり、というよりもこの馬が4人気になるくらいのメンツなわけで、勝ってもまあそこまで驚かないかもしれないが、この人気で買える要素はないと思う。

5人気はレンイングランド。
距離合わないと週中は見もしていなかったが、5人気内で最内枠に入り、前に行ける馬と好走条件はそろった。
ただ、それによって押し上げられている人気であるのは間違いなく、対戦相手からの地力比較以上の評価がされている印象。
初戦は折り合いを欠き、3走前は出遅れという敗因を考えると極めて安定した結果を残しており、背負った人気以上の着順で終えているのは事実であるものの、この人気で拾えるほど距離にめど立っている過去の戦歴ではないと見る。


5人気内から複軸をひっぱってくる予想スタイルとしても正直どの馬にも不安がある状況。
不明なことが多すぎて大きく金は賭けづらいレースになっている。それなら少額でも楽しめるように大きく狙いたい。
大きく狙うのであれば意地でも内枠から選びたい。12頭でのレースになったとはいえ、外枠の不利は軽減されても内枠の利はゆるぎないだろう。


ノースストームがおもしろい。
エリカ賞2014でも地力足りないとした馬ではあるが、エリカ賞より上位人気の地力が高いかというとそうでもないメンバーが揃った。
エリカ賞も決して悪い内容ではなく、戦前に思っていたよりずっと通用したと思う。新馬&未勝利同様内ラチ沿いを走るも、前の馬とのリズムが合わず中盤かかってしまった。そこでの消耗を考えると、地力発揮の形がとれればもしかする。
ここでも地力は劣るとは思うが、それを補うほどの内有利になっている。

新馬戦は出遅れ、大きく縦長になったレースを後ろから追走。4角で前にいた馬が残っており、2、4着馬も未勝利抜けを果たしておりそこまで悪いレースではないといえる。
未勝利戦は圧倒したが相手弱く、かつ比較的恵まれたレースではあった。ただ、決してスムーズに走ったものではないので、未勝利レベルでないことは証明している。

前に行ってしまいたいが、これまでのレースを見るとスタート後のダッシュ力は他に見劣る。それでも最内枠を活かしたレースはでき、いいポジションでレースを運べそう。
そしてそうなれば、外枠にいる地力上位との馬の差は消せる。

次はヤマニンマンドール
週中はこの馬でいこうと思っていたのだが、上位人気3頭とともに外枠。
この馬はこれまで決してスムーズな競馬ができておらず、もしスムーズな競馬ができたら通用の可能性は高い。
が、外枠で頭まではとなるとちょっと見えない。
ただ、「シンザン記念はクラシックに直結する出世レース」という視点で見ると、1人気馬かこの馬が勝つのがもっともしっくりくる。

◎ノースストーム

○ヤマニンマンドール

△グァンチャーレ、ナヴィオン、サトノフラム、ダンツメガヒット
最新記事
最新コメント
カテゴリー
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ