3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2023年04月

人気考えたら1択◎ホウオウビスケッツ【皐月賞2023予想】

混戦時は結局人気通りに決まってしまう、穴党の人が体感していることの一つだと思う。

ここも5人気内から選んでと思って、各馬見ていったが、

ここは穴党なら一択でしょう。

ホウオウビスケッツがおもしろい。

3走とも非常に見どころがあって、内容はすこぶるいい。

前走は試走と位置付けられるレースではなかったものの、
はっきりと本調子ではない中での競馬。
それであの内容であれば、ここで十分通用のめどは立つ。
しかも、前走1着だったべラジオオペラが3人気に推される中、この馬の10番人気はなめられすぎ。
距離不安を騎手はコメントしているが、正直不安要素は見えない。

ここは大きく狙う。

他は、トップナイフ。
混戦状態であれば前に行ける安定馬を押さえておかない手はない。

◎ホウオウビスケッツ

▲トップナイフ



桜花賞2023予想 キタウイングで勝負する

時間が無くなってしまった。

キタウイングがおもしろい。

チューリップ賞がレベル低いなんて言われているようだが、逃げ馬が残るレースというのは大抵そういう評価になる。
今回も内前が恵まれる可能性は十分にあって、直線外に出して勝負する必要がある人気背負った後方からの馬は買いづらい。
この馬は前走をはっきりと試走と位置付けていて、この人気であればしっかり内で進路あく方にかけて勝負できる。
進路出来なかったらあきらめられる。


昔を思い出して複勝どかんで。

あとはシンリョクカと、シングザットソングにワイドで流して。

クイーンカップ組

僕の古い記憶のクイーンカップ組は本番あんまり…というイメージだが、近年はそんなことないとのこと。
しっかりみておく。

1着ハーパー
普通に出て枠なりを進むが少しずつ内に入れつつ、中団追走。
そのまま直線入ってから進路を求めてちょい外に出しつつ進路確保。しっかり伸びて勝ち切る。

初戦の負けは4角スムーズではなかったことに原因求めていいし、そこで1着だったイングランドアイズがクイーンカップ4着と、2着ともそこそこ強かったということ。
その後2連勝なので、素直に地力高く、サクッと本番勝ってもおかしくないレベルにはあると思う。


ドゥアイズ
普通に出て前に行かせつつ内に入れる。道中最内前目を追走し、4角。直線半ばからスパート、内行こうとするが進路見つからず、少し中目にもっていってからスパート。

クイーンカップのレベルが高いとすれば、ハーパーと共に狙いはたつ。
ただ、現在5番人気、人気する安定馬は買いづらい。ハーパーより上に取りづらい中で中心にはできないかなあ。

クイーンカップ共に地力高く通用の可能性が高いとは思う。ただ、騎手コメントを加味しても、共に本当の勝負はオークスな感じも。

チューリップ賞組

チューリップ賞をまずは見ておく。
レース前として予想してみたが、事前で考えたとしてもかなり混戦としたと思う。
地力差はこのレースを見て判断という感じになったとは思うけれど、
桜花賞出走の馬どれもそれぞれ推す要素はある。

1着モズメイメイ
すっと出て自身でペースをしっかり作って、直線もしっかりラチ沿いに寄せて走って、
終盤だけムチ入れて残り切った。
武豊の本領発揮という感じの逃げ切り。
単騎逃げで展開恵まれました、という話にもなるが、
内有利の馬場であれば、再現は十分にある。
1600で3連勝。阪神1600で連勝。現状ベストな舞台といえる。
ただ、馬場がどうなるか…

コナコースト
ゲート出てすぐに押して前目内目にいれる、ある程度内に入れたのでおさえて中団中目追走。
4角では騎手の手が動いて前を意識しつつ、直線序盤からムチ入れてスパート。
じわっと伸び続けて最後頭までせまった。
前が残ったレースで、中団からいって迫った形で評価できる内容ではあるが、
器用さはなさそうで、かなり早めに仕掛けていた感じ。

なんで桜花賞で人気がなさすぎなシングザットソングが結果を出した今、内容明らかに悪かったこの馬の地力がある程度のレベルにあるのはほぼ間違いない。
人気ないなら飛びつく馬だけれど、現在ネット競馬で単勝4番人気。
地力高くても、ここ2走はその地力を素直に発揮できていない印象。
チューリップ賞より他馬のレベルがあがるとすると、4番人気の信頼度は間違いなくない。
そして、3着内を信用するには器用さが足りないと思う。

ペリフォーニア
出負け気味から押してじっくりと前に出して、先行集団。
そのまま流れにのって直線。スパートするもわずか届かず。
2戦目でチューリップ賞3着は素直に評価。新馬も相手はともかく内容はかなり強い。
ただ、どう考えてもチューリップ賞は権利を取らなければならなかったレース。
ベストで臨んで前に届かず、後ろに差された中でというのをどうみるか。

キタウイング
スタートよし、控えて後方内を確保。
そのまま動かず追走し、直線勝負。
しかし進路出来ずこじ開けに行くがハマらなかった。

ぱっと見はかなり面白い馬だと思う。
控えたら結果を出していて、チューリップ賞では直線内にかけたが進路取り切れずの形。
フェアリーからの直行よりチューリップ賞を挟んだからには、チューリップ賞ははっきり試走。
6戦してきた馬で、馬体も小さいのは気になるが、現在11人気。
内後方で一発狙うには十分の人気。

ドゥーラ
スタート控えて後方中目追走。そのまま流れて4角過ぎに外に出そうとするが、出せず。
内を攻めることに決めるが進路なく、こじ開けようとするが前をカットされは入れなかった。
そこからは流してゴール。

近2走は素直に度外視でいい。となると、まだ地力未知としていい。
人気大きく落とすここは狙いはたつ。


いや、ここだけでも全然絞れない…
オッズ考えるとキタウイングが超魅力的。

チューリップ賞組いけそう

1~4着馬、そして1人気で大敗したドゥーラ。
全馬そこそこ地力高そうだし、内容見ずに馬柱だけで間接比較すると十分に通用する。

オッズ的魅力があるなら大きくいきたくなる。
これからレース見てしっかり精査していく。

今週は超絶寝不足になりそう。
最新記事
最新コメント
カテゴリー
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ