3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2021年02月

サルファーコスモス 【桜花賞2021出走予定馬】【クラシック戦線に向けてのメモ】

■2020/11/8新馬6番4人気3着

0.3差1着グレイイングリーンは1勝クラス抜け
タイム差なし2着ワールドバローズは次次走未勝利抜け
4着ショウリュウレーヴも次走未勝利抜け

出負けも押して前にとりつき先行中目追走。そのまま前を意識しつつ追走し直線。
そのままの位置で狭い馬間を割ってスパートで中盤番手に抜け出すが外から差されての3着。

未勝利抜けた馬が揃ったレースで新馬戦としてはそこそこのメンツとしていい。
が、しっかり勝ちにいっての負けという感。出遅れたのでその分のマイナスだが、普通に出てはたしてどれくらいいけたか。
ただ、相手関係から一定の地力は担保されているとしていい。

レース後コメント
3着 サルファーコスモス(川田将雅騎手)
「ゲートが開いたことにびっくりして遅くなりましたが、良い競馬をしてくれましたし、直線も良い動きをしてくれました。これからもっと良さが出てくれたらと思います」
【メイクデビュー】(阪神6R)グレイイングリーンが人気に応え新馬勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2020/12/20未勝利12番2人気1着


普通にでて中団中目追走。四方に馬を置いての追走で自由度はなかったが、
そのまま我慢して直線。前が詰まる中最内に入れて狭い所を抜け出して最後競り勝った。

このレベルの相手であれば地力で圧倒できたという感じ。

【阪神4R】良血サルファーコスモスが初勝利 | 競馬ニュースなら「競馬のおはなし」

■2021/2/6エルフィンステークス9番5人気1着

タイム差なし2着スンリは紅梅ステークス10人気10着
0.1差4着マリアエレーナはシンザン記念で11人気7着

普通に出て中団中目追走。4角外に広がる中自身は外に出しての直線。
じわじわ伸びて最後差し切った。

デアリングタクトが昨年制したレース。今年もということでこれから桜花賞直行とのことだが…。
相手関係が一線級ではない中での勝ちを本番に対してどれくらい評価できるかというところ。
この3戦すべて極端なことはせずに馬群の中に入れて我慢して直線勝負。大敗しない馬といえるかもしれないが、基本的に相手が世代重賞クラスの下位以下の馬。
そんなに大きく評価はできないとみる。

レース後コメント
1着 サルファーコスモス(川田将雅騎手)
「リズム良く道中我慢でき、直線はしっかり脚を使ってくれました。内容が良かったですし、これが良い経験になったと思います」
【エルフィンS】(中京)サルファーコスモスが接戦を制しオープン勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI



■2021/4/11桜花賞

昨年の3冠馬デアリングタクトが制したエルフィンステークスの覇者。ではあるが、デアリングタクトと違い新馬を落としているし、目立ったことをしていない。
目立ったことをしていないのが逆にあやしいともいえるかもしれないが、非常に買いづらいオッズになりそうで、相手関係から評価しづらい現状では手が出せないか。

サルファーコスモス桜花賞直行 未勝利→エルフィンS連勝中(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

亀谷競馬サロン1 永久馬券格言
亀谷敬正
オーパーツ・パブリッシング
2021-01-22


アカイトリノムスメ 【桜花賞2021出走予定馬】【クラシック戦線に向けてのメモ】

■2020/8/2新馬9番1人気7着

1着ハヴァスは次走新潟2歳で7人気9着
3着ウインミニヨンは3戦目未勝利抜け
4着ジネストラも3戦目未勝利抜け

出遅れ、すぐに戦団にとりつくように上げて中団外目追走。4角前にさらに外に出して直線。
落ち着いてまっすぐ走るが、何もできずそのままなだれ込んだ。

超良血ディープとアパパネの子で1人気での出走となったが、特に見せ場なかった感じ。
というより、そもそも絶対に落とせないという意気込みはないようにも見えた。
外目追走で内にいれて勝負するにはさすがに1番人気の立場ではできないにしても、
外に持ち出した4角ですでに前をとらえられそうな脚がなかった。

レース後コメント
7着 アカイトリノムスメ(戸崎圭太騎手)
「調教では前向きでしたが、レースでは周りに気をつかうような走りでした」



■2020/10/17未勝利13番2人気1着

0.2差2着レーヴドゥラプレリは次走未勝利抜け

前走同様ゲート良くないが、同様に前にすぐ取り付けに行き、道中中団外目。
4角外回して直線むくちょっとふらっとしているが、
前走より少し内によせながらじわじわ伸びてきっちり差しきり。

前走とほぼ同じレース展開にして今回はしっかり差し切った。
強さは見せているがまだ不明な点が多すぎて、人気前提の馬と考えると積極的に買う要素はほぼないと思う。

レース後のコメント
1着 アカイトリノムスメ(戸崎圭太騎手)
「追い切りでは、馬がまだ変わってこない感じでしたが、レースでは気が入っていました。もっと良くなると思います」
(国枝栄調教師)
「良かったです。注目度が高くて、責任を感じていました。母のアパパネは未勝利を勝つ前から能力が違っていましたし、迫力がありました。この馬はアパパネの時と違って、良くならず、華奢というか、ナヨナヨとした感じでした。戸崎騎手も"あの追い切りで勝つのだから..."と言っていました。勝ったから良かったです。今後はじっくりと行きたいですね。距離は全然問題ありません。そんなに馬場が悪くならなくて良かったです。これ以上悪くなるとどうでしょうか」



■2020/11/22赤松賞5番1人気1着

6人気3着アオイゴールドは阪神JF17人気9着、札幌2歳でソダシと0.4差

出負けで後方から。おとなしく後方中目追走。直線全馬が内を開けて走る形で
馬間をわって進路確保したと思ったら一気に抜け出した。

代打騎乗の横山騎手がきっちりと勝ちを狙った騎乗をした印象。
相手より地力上位をはっきり意識した乗り方で、狙って勝った感じ。
ただ、この勝ち方はレベル上がったらできないどころか、そもそも今回も多頭数レースだったら
違う形を選択せざるを得なかったはずで、この結果だけで積極的に買いたくはならない。

レース後のコメント
1着 アカイトリノムスメ(横山武史騎手)
「調教の時から、良いものを持っているなと感じていました。レースではまだまだ非力で、3コーナーの辺りで左にモタれていました。完成までには時間がかかりそうですが、その中でこれだけの走りをしていますから、大したものです」



■2021/2/13クイーンカップ6番2人気1着


0.1差3着ククナはシンザン記念1人気4着、アルテミスステークス2人気2着でソダシの0.3差

これまでよりゲートよく、中団少し外目追走。4角で少し外に出して直線入口でしっかり進路確保。
中盤から抜け出しハナにたつとそのまま譲らずゴール。

これまでより内枠に入ったのでどうなるかと思ったが、ゲート問題なくいい位置をとれたのが勝因という感じ。
レースとしてはあまりに問題がない内容になってしまった感じで、他人気馬の形含めすべてがうまくいった感。時計重視しない俺としてはやはりまだ積極的に買いたい馬にはならないかな。
次は桜花賞とのこと。
左回り連戦してきていて、初輸送にもなる。人気になってしまう良血で、クイーンカップは比較的うまくいった勝ち、となるとちょっと買いづらいかなと思う。
成長度合いに賭けるには人気になりすぎるでしょう。

レース後のコメント
1着 アカイトリノムスメ(戸崎圭太騎手)
「いい内容で強い勝ち方ができて嬉しいです。今回も追い切りに乗せていただき、成長を感じて順調にきていると感じていました。無理せずにあのポジションを取れて、いいリズムで直線に向いても手応えがありましたし、しっかり反応して伸びてくれました。気を抜くことなくしっかり走って後はしのいでくれという感じでしたが、頑張ってくれました。新馬戦のときは非力な感じもありましたが、これだけの成長は素質があるからこそだと思いますし、楽しみです。国枝厩舎でアパパネの仔にずっと乗せていただいていながら勝ち切ることができず、ようやくこうして重賞を勝てて、嬉しく思います。ファンも多いでしょうし、期待に応えられるように走ってくれると思います。応援してください」

「そりゃうれしいよ。100点の競馬だった。(課題は)言えば切りがないけど、競馬がうまい。体も増えていたからね。少しずつ(母の)イメージに近づいてきた」
【クイーンC】クラシックへ羽ばたけ!アカイトリノムスメ重賞初V 国枝師「競馬がうまい」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース


【クイーンC】美浦レポート アカイトリノムスメ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
クラシックに向けてここでいいレースをしてファンの皆さんに楽しんでもらいたいと思います


■2021/4/11桜花賞
2月末の今の段階ではこの馬は非常に買いづらい。

【次走】クイーンCを制したアカイトリノムスメは桜花賞へ(netkeiba.com) - Yahoo!ニュース

アカイトリノムスメに無い国枝厩舎の”あれ”と師も感服するオーナーの采配とは?(平松さとし) - 個人 - Yahoo!ニュース
アーモンドアイからバトンタッチするように現れたアカイトリノムスメに関し、現状、金子オーナーからの注文は何もないのか?を問うと調教師は言った。
 「阪神ジュベナイルF(G1)は同じ金子さんのソダシがいるから使わないでほしいと言われたけど、とりあえずそれくらいですね」


【クイーンC】アカイトリノムスメ、桜街道まっしぐら!ディープ×アパパネ重賞初V、東京3連勝(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
“赤い鳥(アパパネ)の娘”とストレートに名付けられた超良血馬。無限の可能性を秘めた長女は、懸命に母の背中を追っている。

リンゴアメ 【桜花賞2021出走予定馬】【クラシック戦線に向けてのメモ】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : 馬名これでいいの? リンゴアメ
0.3差2着クムシラコは3戦目未勝利抜け、カンナS2着、京王杯11着
以下中央での未勝利抜け馬なし

■2020/7/18函館2歳13番10人気1着


タイム差なし2着ルーチェドーロは次以降ダート路線に変更全日本2歳優駿で3着
0.1差3着ラヴケリーはクローバー賞2着、ファンタジーステークス3着
0.1差4着フォドラは小倉2歳3着、中京2歳2着

普通に出て5番手外目追走。そのまま進み4角から前をとらえにかかるがスムーズにコーナーまわれず、スムーズさに欠く。
直線向いてもシャキッとしないが中盤からしっかり伸びてゴール前で差し切った。

世代初重賞馬。ふらっとした中でのこの勝ちは地力の高さは示している。
まっすぐ走れていないものの、ストレスがかかるレースではなかった。

レース後コメント
1着 リンゴアメ(丹内祐次騎手)
「まだ子供で、ゲートの中も道中もふらふらしていましたが、最後の直線の伸びは素晴らしいものでした。再入厩した時には結構うるさかったのですが、ここ一週間はだいぶ落ち着いてきて、もたれる面もましになっていたので良かったです。元々新馬の前から良いものは持っていましたが、正直これほど素晴らしいパフォーマンスができるとは思いませんでした。プランは特になかったのですが、あまり早く先頭に立つと物見をするので、そこだけは気を付けていました。名前もかわいいので、これからたくさんファンが増えてくれたらうれしいですね。自分自身函館の重賞は完全制覇へ函館スプリントSだけになったので、来年は取りたいと思います。本当に今年はお客さんがいなくて寂しかったです。また来年、元気に帰ってきたいと思います」
【函館2歳S】(函館)リンゴアメが差し切り重賞制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2020/11/7京王杯2歳ステークス4番4人気12着


1着モントライゼは次走朝日杯で4人気10着、小倉2歳2人気1着
2着ロードマックスは朝日杯6着、シンザン記念3人気15着

スタートよく番手組の中目を追走。前走と違って四方に馬がいる状態になるがおとなしく追走し、
直線外にばらけてからスパートするが伸びず、ムチが入ってさらにうながすがのびずでの結果。

距離延長によるものか、道中にストレスかかったからか、そもそも地力足りないのかはなんともいえないが、ひとまずのびなかった。この形で勝負できない馬に金はかえづらいかな。

レース後コメント
12着リンゴアメ(丹内)課題のゲートは良かった。道中は真面目に走ってくれたけど、最後は伸びなかった。
https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/11/08/kiji/20201107s00004146536000c.html


【京王杯2歳S】美浦レポート リンゴアメ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
来月の阪神ジュベナイルフィリーズが一番の目標です。可愛い名前の馬ですが、名前とは裏腹にいい勝負根性を持っている馬です。ここでも負けん気の強さで頑張ってくれると思っています

【京王杯2歳S】リンゴアメ、ペロリと頂く牝馬V!22年ぶり快挙へパリっと仕上げ― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル


■2020/12/13阪神ジュベナイルフィリーズ4番15人気12着


スタートよかったので、内に入れて前に出すが他の馬のスピードに勝てずじわじわと位置取りを下げて中団内追走。そのまま直線向きゲートに寄せて最内をさばこうとするが伸びずの結果。

騎手も最後までがんばっているが、コメントからも単純に地力負けの様相。ただ、今回も内枠からのスタートでストレスかかるものではあった。
自由に走った時にどうなるかは見てみたいかなと。

レース後コメント
 丹内祐次騎手(リンゴアメ=12着)「途中、気分良く走れていました。この馬なりに頑張っています」
【阪神JF・敗者の弁】オパールムーンが6着、リンゴアメは12着、ポールネイロンは最下位 : スポーツ報知


【阪神JF】美浦レポート リンゴアメ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【阪神JF】リンゴアメは右回りで改めて/馬三郎のつぶやき | 競馬ニュース - netkeiba.com
京王杯2歳S「確かに馬場の悪い内を通らされたけど、キャリアの浅さや距離も影響していた可能性もある」と師は敗因を分析する。

■2021/1/16紅梅ステークス11番8人気9着



普通に出て普通に回して4角で攻めて直線勝負の勝っていたころの走りはできたが、
直線伸びず。

普通に負けたというより左回りダメそう。4角ではっきりスピードに乗せられていない印象。
外枠入って右回りの時に人気薄で狙ってみるくらいかな。

【注目馬動向】紅梅S9着のリンゴアメは芝6ハロン戦のマーガレットSへ : スポーツ報知
「短いところが合っているのかなと思う」とトレーナー。
 

ファインルージュ 【桜花賞2021出走予定馬】【クラシック戦線に向けてのメモ】

■2020/8/23新馬3番1人気2着

タイム差なし1着フレンドパルは次走以降掲示板外
0.2差3着ダブルスナッチは次走未勝利抜けで、500万下掲示板

普通に出て、前目を目指すが外から前に行く馬についていけず中団内追走。
そのまま回して4角。他馬がここでスパート気味で勝負を仕掛けるがついていけず位置取りをさげる。
直線外目に持ち出しつつ進路確保してじわじわつめよっての2着。

4角で他馬がペースをあげて、そこについていけなかったが、それによってラスト1Fペースが落ちたときにじわじわ迫れたという感じ。
相手が結果を出していない状態では評価できないところ。

レース後コメント
2着 ファインルージュ(北村宏司騎手)
「スタートも出て、3コーナーまではスムーズでしたが、4コーナー手前から苦しい手応えになりました。その後直線ではゴールへ向かって、加速してよく伸びました」

■2020/10/24未勝利6番1人気1着


0.3差2着シュアーヴアリアは以降未勝利戦4戦連続4着内
0.3差3着ユキノファラオは6戦目未勝利抜け

普通にでて前目につけるが、他の馬にいかせて中団中目追走。
4角で少し内に入れて直線。スパートしようとするが外の馬が寄ってきて、しっかり進路確保できず。
内に入れて空いた内から差して早めに先頭にたつとそのままゴール。

けっしてスムーズではなかったことを考えると、内容は悪くない。
そこそこ評価できる内容だが、いかんせん相手が未勝利レベルであることにはかわりなし。


■2021/1/11フェアリーステークス9番3人気1着

0.7差4着テンハッピーローズは前走アルテミス3人気3着でソダシの0.4差、サフラン賞でサトノレイナスの0.7差

スタート良くなく、これまでより後ろ目の後方外目追走。4角に向けて外々を回して直線。
スピードにのせつつ直線半ばで他を突き放す勝ち。

初戦から距離を延ばしながら臨んだマイル戦でこれまでよりはっきり強い内容での勝ち方。
4着馬がソダシとサトノレイナスと戦っていてそれとの着差考えると、この馬もG1レベルにある可能性はある。ルメール騎手のコメントも心強いもの。
ただ、地力を見せているのはこのレースのみともいえる。
距離伸びてパフォーマンスをあげたのか、状態面で上がったのか、地力強化されたのか、そこのところが重要かなというところ。
ただ、早めに前をとらえつつ外外回して直線半ばでハナに立つ形は相当強い馬の形ではある。

レース後コメント
1着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「最後まで良い脚を使ってくれました。強かったです。スタートで少し遅れて、後ろの位置になりましたが、少しずつポジションを上げて、直線も良い脚を使ってくれました。ポテンシャルの高い馬で、今日はライバルもいませんでした。賢い馬で、体も少し大きくなりました。GIレベルにいけそうな馬だと思います。GIレースはスタートが大事です。今後の課題はスタートです」
【フェアリーS】(中山)ファインルージュが馬場の真ん中鋭い末脚で差し切り重賞制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


【フェアリーS】ファインルージュ3頭併せ最先着 - サンスポZBAT!競馬
木村調教師は「道中の走りの質は上がっているが、抜け出してからすぐやめるズルさがまだある。それがレースでどう出るか。距離が延びてマイナスになることはないので、集中力が最後まで続けば」



■2021/4/11桜花賞

牝馬戦線の新星ファインルージュ。スタッフの度肝を抜いた「成長力」|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
「入厩前は目立たない1頭でしたが、スタッフによると『その後、どんどん評価が高まっていった』とのこと。デビュー前には、同厩のGI馬ステルヴィオと併せ馬をしたほどです。『これほどの成長を見せる馬は珍しい』とスタッフ。クラシック初戦となるGI桜花賞(4月11日/阪神・芝1600m)の頃には、さらによくなると陣営は見ています」
クラシック2戦目となるGIオークス(5月23日/東京・芝2400m)はわかりませんが、桜花賞は距離も問題ないですし、長距離輸送もデビュー戦で経験済み。折り合いも心配なく、現状では不安は見当たりません。









メイケイエール【桜花賞2021出走予定馬】【クラシック戦線に向けてのメモ】

■2020/8/22新馬1番1人気1着

未勝利抜け馬なし。

普通に出るがダッシュ力なく番手集団内追走。前のペースに併せておさえつつ4角。
中目に出して進路確保したと思ったらすぐにハナにたち、楽に抜けてそのまま突き抜けた。

まさに楽勝。ではあるが、未勝利抜け馬が1頭もいないレベルの相手。他馬が弱すぎてさすがになんともいえない。

レース後のコメント
1着 メイケイエール(福永祐一騎手)
「走りましたね。期待していた通りでした。難しさを出したりしましたし、前向き過ぎるところがあって、なるべく行かないようにしていました。ある程度、競馬を覚えていかないといけませんが、重賞でも好勝負できるポテンシャルの高さはあると思います」
■2020/9/6小倉2歳8番2人気1着

0.2差2着モントライゼは京王杯勝ち、朝日杯4人気10着
1.2差4着ルクシオンは福島2歳1着、阪神JF10着

重馬場。ゲート悪く最後方になるがいきたがったので、そのままおしあげる。
中団にとりついたらおさえて外目追走。
そのまま外を回して4角。直線向いてからスパート。しっかりと差し切った。

決してスムーズではないし、道中外々からの大外回しての直線なので、この勝ちの内容は濃い。
ただ、2着馬と勝負付けが済んだとは思えない。重馬場を苦にしないとは見ていいと思う。

レース後のコメント
1着 メイケイエール
(武豊騎手)
「良いレースができました。馬が強かったです。今日初めて乗りましたが、"全力で走りすぎる"と聞いていて、なるべく落ち着けようと思っていましたが、元気が良すぎて、落ち着けるのに苦労しました。乗り味は抜群です。決してスムーズな競馬ではなかったですが、2戦目でこういうレースができるのですから、能力が高いと思います。今年の夏は特別な夏でしたし、厳しい条件の中で応援して下さりレースを楽しんで下さって、ファンの皆様には心から感謝しています。我々も秋競馬に向けて全力で頑張ります。応援して下さい」
【小倉2歳S】(小倉)ミッキーアイル産駒メイケイエールが2連勝で重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【小倉2歳S】メイケイエールが豪快差しで重賞初制覇 - サンスポZBAT!競馬

【小倉2歳S】栗東レポート メイケイエール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2020/11/7ファンタジーステークス10番1人気1着


0.1差2着オパールムーンは阪神JF6着
0.4差5着ヨカヨカは阪神JF10人気5着

外枠から普通に出るが中団外目からかかって早くから位置取りを上げてしまう形。
結局4番手外目追走。4角ちょい内に入れてから直線入って外目に出してスパート。
じわじわ伸びて中盤過ぎにハナに立つと後続を振り切った。

レコードV。非常に買いづらい馬なのは変わりない。
ただ、同じような形でここまで連勝となると地力高いとみてまず間違いなさそう。
それでも、臨戦過程からも、戦い方からも積極的に買う馬ではないと思う。

レース後のコメント
1着 メイケイエール(武豊騎手)
「だいぶ掛かっていたというか、前半から力んで夢中になって走っていました。なだめても抑えが利かなくて、普通ならダメになるパターンでしたが能力がありますね。前半あれだけロスがあっても最後までもつのは凄いと思いました。折り合いさえつけば1600mでも大丈夫です。能力はありますが明確な課題があるのでそこですね」
【ファンタジーS】(阪神)メイケイエールがレコードで重賞2勝目 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

メイケイエールが2歳芝1400mの中央競馬レコードタイムを更新 | 競馬ニュース - netkeiba.com
従来のレコードタイムは、2006年11月5日(6回京都2日)のファンタジーS(GIII)でアストンマーチャンが記録した1分20秒3だった。

【ファンタジーS】栗東レポート メイケイエール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI



■2020/12/13阪神JF18番3人気4着

0.2差1着ソダシ
0.2差2着サトノレイナス

出負けで後方外目追走。これまでより落ち着いて後方外目追走。
外々を回して直線も大外で入る。しっかり伸びて中盤はハナにたつが内から差しかえされ、
さらに外からも差される厳しい形。

正直G1では苦しいと思っていたが、外々回してのこの結果は世代でも上位だったことの証左。
決して完敗ではなく、勝負付けは済んでいないとみていい。
内枠だったらどうだったかと思わされる内容ではあった。

武豊「やはり掛かった…」メイケイエール最後のひと伸び欠いて4着…無敗でのG1制覇はソダシに譲る:中日スポーツ・東京中日スポーツ
「道中はいい感じで3コーナーまで行けたのですが、やはり掛かりましたね。折り合いがつかなかった分、最後は甘くなってしまいました。惜しかったです」と武豊。折り合いに苦しみ、ロスが生じた、と悔やんだ。来春に向けてという意味では課題を残した形。それでも、ポテンシャルの高さは十分に見せた。

【阪神JF】栗東レポート メイケイエール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【阪神JF】メイケイエールは“つよかわ”武英調教師「今回は群を抜く中間の調整」/トレセン発秘話 | 競馬ニュース - netkeiba.com

【トレセン特選マイク】メイケイエール・武英智調教師 - サンスポZBAT!競馬

■2021/3/6チューリップ賞

【次走】重賞2勝メイケイエールはチューリップ賞へ(netkeiba.com) - Yahoo!ニュース



■2021/4/11桜花賞
最新記事
最新コメント
カテゴリー
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ