3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

桜花賞2020

チューリップ賞上位で問題ない!! ◎クラヴァシュドール 【桜花賞2020予想】

昨年に続き混戦模様。それまで数年の1強と他という並びではなく、純粋に上位混戦の様相。

阪神JF圧勝の馬がチューリップ賞で負けてしまったが、上位勢のメンツは同じ。
別路線から牡馬混合のシンザン記念を勝ってきた馬がいる。
エルフィンステークスを好時計で勝ってきた馬がいる。
クイーンカップの上位の内容がいい。
というあたりが、原因。

しかもこれに加えて雨予報。
どの馬が来ても本当に驚かないという状況。

現在単勝1人気はレシステンシア
今回注目すべきはこの馬がレースの肝であるということ。この馬がどうでるか、そしてどう走れるかによって大きく変動するということ。
混戦といわれる中でも阪神JFの強さは疑いようがなく、あの内容で走った時に勝てる馬が他にいるとは思えない。
ファンタジーステークスで番手追走でスピードが抜けていることがわかり、阪神JFでそのスピードを活かしてぶっ放して完勝、その完勝に甘えず次の本番に向けてチューリップ賞ではペースを落とした場合の地力を確認と、しっかりとすべてのレースで強さと内容をはっきりとみせている。
そういう意味ではもっとはっきりと1人気になっていい馬といえるかもしれない。
現状単勝3.9倍はむしろ積極的に買いなのかも…。

とは思うが、問題は阪神JFの内容の再現ができるかということ一点。
できたときにそれより前にいる馬はおそらくいないわけで、そっちに張るなら素直に相手探し。
阪神JFとチューリップ賞の馬券馬は同じで、阪神JFでは2着差と0.8差ついていて、ハイペースがより得意な馬は阪神JFにはいなかったとみるべき。となると、この0.8差の中に別路線の馬が入ってくると考えるのが自然。
なので阪神JFが再現されれば2、3着は別路線から考えるべき。

荒れ期待の僕としては当然、雨もあるし、外枠。もちろん内すぎる枠よりはずっといいが、阪神JF再現は難しいと考える。
そうなるとおさえまで。


2番人気はデアリングタクト
買えないでしょ。強い弱いはよくわからんがこの状況で2番人気では手が出ない。
馬連ベースだったりしたら人気ないのかもしれないが、僕の予想ではこの馬はひっかからない。
2走の内容がすこぶるいいのは間違いないが、メンバーからここ通用のめどはたっていない。
エルフィンステークス1.1差3着馬がチューリップ賞で0.3差5着。
1.2差4着エーポスがフィリーズレビュー1着。
この2点で王道路線組と同レベルというには人気薄の馬を拾うときにはすがれても、人気になっている馬には通用しない。
無視。


3人気はサンクテュエール
シンザン記念を勝っていることは素直に評価も、ロスのない競馬での結果であることは間違いなく、この馬を拾うのであればリアアメリアを上にとりたい。
ルメールが選んでいる馬というのはとにかく気になるが、3人気でこの馬はいくらルメールでも拾えない。
無視。


4人気はリアアメリア
サンクテュエールより上にとりたいとはいったが、じゃあこの馬を買うかというと…。
正直買いの要素は非常に多いと思う。
阪神JFのペースでは戦えなかったが、今回そのペースにできない方に張っているわけで、そうなるとこの馬挽回の余地はあるし、そもそも阪神JF前のレースの勝ち方は文句ない。
しかしこの馬と心中できますか、と問われてはいといえる人はいないはず。
前走の大敗からの直での参戦。前走の敗因が状態であれば間隔開けて面白いと思うが、単純にペース合わなかっただけだと思っているので、普通に戦ってチューリップ賞組より地力高い保証がない。
おさえまで。


5人気はマルターズディオサ
阪神JF、チューリップ賞という王道路線できっちりと結果を出してきた馬がこの人気は軽視されすぎでしょう。
チューリップ賞1着馬には妙味なしではあるが、ここまで軽視されるならおさえておきたい。
ではあるが、結果が出ていないチューリップ賞本気馬が結果が出ていない内枠に入ったのは買いづらい。おさえまで。


とにかく気になるのは、馬券圏内馬を量産しているチューリップ賞組の軽視。
チューリップ賞組から選ぶしかないでしょう。

クラヴァシュドールがおもしろい。
サウジアラビアで牡馬トップと競っているというだけで、他路線の馬より普通に上位評価でしょう。
阪神JFはサウジアラビアとのペース差にとまどったか、単純にこのペースでは対応できなかったかだが、勝ちをねらっての3着で2着狙いであれば2着は行けた内容だった。
特にロスなかったチューリップ賞でマルターズディオサに負けたのがひっかかるが、当然勝負はこのレースだったわけで、状態ベストではなかったと思いましょう。
どちらにせよ全レースできっちり走り、きっちり結果を出しているこの馬なら心中できる。

他はウーマンズハート
新馬、新潟2歳の内容は圧巻だった。ただ、陣営はこの馬が世代最上位地力でないことはわかっていたようで、阪神JFでは自身の形を崩してまでしっかり上位を取りに来た。結果は4着とまずまずでG1を終え、チューリップ賞ではここを見て本来の形でどこまで通用するか測ってみたら思いのほか負けたという感じ。
右回りがただただダメなのかもしれないし、そもそも新潟2歳のときがピークなのかもしれない。
ただ、一定の地力保持が担保されている馬がこの人気なら買わないわけがない。


◎クラヴァシュドール

▲ウーマンズハート

△マルターズディオサ

ウーマンズハート 【桜花賞2020出走予定馬】

■2019/8/3新馬12番3人気1着

レース後コメント
1着 ウーマンズハート(津村明秀騎手)
「折り合いは苦にせず、追い出してからいい反応でした。バネがあって楽しみです」
【メイクデビュー】(新潟5R)~ウーマンズハートが鋭い決め脚を発揮して完勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/8/25新潟2歳6番1人気1着

レース後コメント
1着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「強かったですね。新馬戦のレースぶりを見て、いい脚を持っていることはわかっていたので、いかにスムーズに行けるかということを気をつけました。フラフラしているところはありましたが、それでも差すのだから能力は相当なものです。このあと気性面も成長していけばさらに楽しみです」

(西浦勝一調教師)
「どっしりとして落ち着いてきました。直線でフラフラするのは引き続き課題ですね。それにしても現段階でこれだけ走れているのはすごいです。この先どこまで成長して、どのくらいの距離まで持つのか未知数ですが、とても楽しみです」
【新潟2歳S】(新潟)~ウーマンズハートが上がり32秒8の剛脚で決める | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【新潟2歳S】栗東レポート~ウーマンズハート | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/12/8阪神JF3番2人気4着


普通に出て内枠活かして前目につける。レシステンシアをみつつ抑えて追走。
直線まで内でおとなしくしたまま直線、仕掛けるが前に離されてさらに
内目で粘るが外から来た馬に交わされての4着。



レース後コメント
4着 ウーマンズハート(W.ビュイック騎手)
「追い切りで跨って状態が良いのは分かっていました。自信を持ってレースに臨みました。強気の競馬をしようと思っていました。今日の馬場が前残りだったので、後ろからだと難しいと思い、内枠を最大限に生かした競馬をしました。勝ち馬を射程圏に捉えながらのレースでしたが、逆に離されてしまいました。ですから勝ち馬が現状強かったのでしょう。まだ全体的に弱い部分があるので、来年良くなってくれば距離が伸びても大丈夫だと思います」
【阪神JF】(阪神)~レシステンシアがレコードで逃げ切り無傷の3連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【阪神JF】栗東レポート~ウーマンズハート | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2020/3/7チューリップ賞7番3人気6着

レース後コメント
6着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「レース前は少しテンションが高かったですが、何とか我慢してくれました。タメを利かせる競馬をするようオーダーされていたので、折り合いを重視して乗りました。道中は上手く折り合いがついて反応もしてくれていますが、伸び切れませんでした。3ヶ月ぶりの実戦でしたので、一度使われて次はもっと良くなるはずです」
【チューリップ賞】(阪神)マルターズディオサがハナ差の激戦を制し重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【チューリップ賞】栗東レポート ウーマンズハート | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


◆桜花賞
新馬戦、新潟2歳は非常に内容よく、地力上位は間違いない中での阪神JF。内枠を活かした競馬をしての掲示板は素直に評価していい。ただ、ここでの走り方を見る限り陣営が世代トップの地力保持を確信しているわけではないことははっきりした。
そして阪神JFを受けて、世代でどれくらいの位置にいるかを確認しにかかったのがチューリップ賞。
そこではっきり負けてしまって、さあどうするが今回。
普通に戦っては頭はない、というわけでおとなしく着狙いに徹してくるんじゃないかと思う。
んで、そうすると雨が降ること考えてもこの馬が馬券圏内に入る可能性は比較的高い。

マルターズディオサ 【桜花賞2020出走予定馬】

■2019/8/3新馬4番2人気2着

■2019/8/31未勝利12番1人気1着

レース後コメント
1着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「致命的な出遅れをしたので、腹をくくって内をロスなく回りました。最後、内から抜けてきたのは能力の高さですね」
【2歳未勝利】(新潟1、2R)~マルターズディオサ、マイネルアストリアが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2019/9/29サフラン賞9番4人気1着

レース後コメント
1着 マルターズディオサ(武豊騎手)
「スタートは遅かったのですが、道中流れに乗って、4コーナーを回る時の脚いろも良く、最後もしぶとかったと思います。身のこなしがやわらかく、良い馬です。先が楽しみです」
【サフラン賞】(中山)~マルターズディオサが追い比べを制す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/12/8阪神JF9番6人気2着



レース後コメント
2着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「今日は課題のスタートもクリアして理想的なレースが出来ました。でも今日は相手が強かったですね。頑張って踏ん張ってはいるのですが、気の入り方がトレセンの時と違うので、その点、場慣れではありませんが、リラックスして走れたら、もっと良かったと思います」
【阪神JF】(阪神)~レシステンシアがレコードで逃げ切り無傷の3連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【阪神JF】美浦レポート~マルターズディオサ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2020/3/7チューリップ賞13番4人気1着


レース後コメント
1着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「暮れのGIで負けた相手だったので、甘くないと思っていました。良い意味でビックリしました。(レシステンシアは)もちろん意識していました。阪神JFの時は追いつけませんでしたが、今日はちゃんと競馬をしてくれました。2着馬が追ってきましたが、この馬も走ると思っていました。見た目には分かりませんが、力をつけていると思います。桜花賞では皆さんに見てもらって、お客さんを入れて開催できるといいなと思います。自分はやれることをやるだけです。GIに向けて頑張っていきたいです」
【チューリップ賞】(阪神)マルターズディオサがハナ差の激戦を制し重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【チューリップ賞】美浦レポート マルターズディオサ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◆桜花賞
馬体重軽いのは気になるが、チューリップ賞をきっちりと勝っているのに現在5人気はなめられている印象。問題はそれぞれのレースでこの馬より買いたくなる馬がいるという事実。
だから毎回落ち着いた人気になるのだとは思う。
それでもここ2走結果を出しているのに本番のここでこの評価は不満。
買いの要素は強い。

クラヴァシュドール 【桜花賞2020出走予定馬】

■2019/9/7新馬5番1人気1着
0.4差3着ごルトファルベンは次次走未勝利抜け

もっさりしたスタート。出た馬もペース落としたので自然に位置取りあがって番手組中目追走。
そのままゆっくりと流れて一団で直線。前がいるので半ばに外を意識して外目に出しながらスパート。そのまま突き抜けた。

強い馬の新馬戦の勝ち方というレース。相手関係ぬるくなんともいえないが、まあ十分の内容。

レース後コメント
1着 クラヴァシュドール(藤岡佑介騎手)
「新馬として非常に良い内容でした。調教でもしっかり動いていましたし、流れの中で勝負どころでもまれましたが、直線で外に出して仕掛けてからは反応が良かったです。抜け出してからはよく伸びていて完勝でした。距離も融通がききますし、可能性を感じさせる馬です」
【メイクデビュー】(阪神4R、5R)~フェアレストアイル、クラヴァシュドールが新馬勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2019/10/5サウジアラビア6番2人気2着
0.2差1着サリオスは次走朝日杯1着
0.6差3着アブソルティスモはこうやまき賞勝ち

普通に出たが外の2頭が前に出たので少し抑えて、サリオスの外につけて道中。
そのまま外を回して直線を向く、前は空いているのでそのままスパート。うちのサリオスが外に寄ってきたので、2頭競りながら伸びていくがラストで前に出られての2着。

強さ目立つ競馬。スローからの直線勝負で朝日杯勝ちの馬と競ったわけで、この相手関係からだけで十分でしょう。


レース後コメント
2着 クラヴァシュドール(藤岡佑介騎手)
「勝ち馬の位置を取りたかったのですが、主張されて1列後ろの位置になりました。最後もよく走っていますが勝ち馬に迫っていくと勝ち馬はそこからまた伸びました。馬はとても良いコンディションでした」
【サウジアラビアRC】(東京)~サリオスが断然人気に応え重賞勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/12/8阪神ジュベナイルフィリーズ10番3人気3着
0.8差1着レシステンシア
タイム差なし2着マルターズディオサ

レース後コメント
3着 クラヴァシュドール(藤岡佑介騎手)
「これまでの3走の中では、レース慣れもして我慢も効いていました。状態は申し分なく、揉まれない位置で予定通りの競馬でした。逃げている馬がかなり楽そうに行っていたので意識して早目に勝ちに行く感じで動いて行きました。逆に突き放される形になり、最後は苦しくなり、2着争いに敗れてしまいました。現状、力及ばずという感じです。でも、乗りやすく、素質の高い馬なので何とかこの差を逆転したいですね」
【阪神JF】(阪神)~レシステンシアがレコードで逃げ切り無傷の3連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【阪神JF】栗東レポート~クラヴァシュドール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI



■2020/3/7チューリップ賞1番2人気2着
タイム差なし1着マルターズディオサ
0.2差3着レシステンシア

レース後コメント
2着 クラヴァシュドール(M.デムーロ騎手)
「初めて乗せてもらいましたが、良い印象です。スタートをポンと出て、道中は一番良い所につけられました。内に行った時にフワッとなりましたが、良い経験になりました」
【チューリップ賞】(阪神)マルターズディオサがハナ差の激戦を制し重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【チューリップ賞】栗東レポート クラヴァシュドール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


◆桜花賞
現在単勝6人気。頭の可能性のある一頭がかなり軽視されている印象。サウジアラビアを最高に評価できるし、直線勝負は全く問題なく、レースの条件は悪くない。レシステンシアは間違いなく阪神JFの再現を狙ってくるわけだが、それがかなえばそもそも勝負付けは済んでいる。レシステンシアを中心視しないということは、それはかなわない方に張るということ。その場合に最も妙味あるのはこの馬。地力は足りる。

リアアメリア 【桜花賞2020出走予定馬】

■2019/6/1新馬3番1人気1着
1.3差2着ラルゲッツァは4戦目未勝利抜け

レース後
1着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「今日は意識的にスタートを遅らせて後方からのレースを練習させました。無事に初戦を終えることができて良かったです」
【メイクデビュー】(阪神5R)~リアアメリアが持ったままで8馬身差の圧勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/10/26アルテミスステークス9番1人気1着
0.1差2着サンクテュエール

レース後コメント
1着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「色々な事を一遍に経験出来ました。進み過ぎる所のある馬ですが、今日は遅いペースの中でも、この馬にしては辛抱出来て、良い経験が出来ました。思ったより着差はつきませんでしたが、現状としては充分です。今日は馬体重が20kg増えたのはすべて成長分ですが、一気に体が増えた分、少し動きづらい面もあったかもしれません。次走は、成長を伴いながら、もっと動き易くなると思います」

(中内田充正調教師)
「2戦目ですし、全てにおいて良い経験が出来ました。まだ若く走りに集中していない感じです。それもその内に治まってくると思います。これからの成長が楽しみです。次はGIへという話になると思います」
【アルテミスS】(東京)~断然人気のリアアメリアが力の違いを見せつけ連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2019/12/8阪神ジュベナイル15番1人気6着

出が少し悪く外枠なのでおとなしく後方から。直線大外に出すが、なかなか伸びずなだれこんでの6着。

まあ単純にペース苦しかったかなという感じ。ただ、多頭数レースでの外枠で後ろから行く馬となると、どうしてもこの形になる可能性は考えないといけない。そういう意味では経験不足なだけだったかもしれない。

6着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「調整過程も返し馬も抜群に良かったのですが、終始進まないまま、競馬が終わってしまいました。原因をここから探したいと思います」

(中内田充正調教師)
「返し馬までは良かったのですが、進んで行かない感じでした。馬の状態は異状がなさそうです。原因を探したいと思います」
【阪神JF】栗東レポート~リアアメリア | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◆桜花賞
阪神JFでの負けを受けてここはどう戦うか難しいが、ひとまず前走よりは非常に戦いやすい枠に入ったのは確か。
新馬、アルテミスを見ても地力は足りるし、脚質もこのレース向きとなると買いの要素は強いが、変わらずそこそこ人気となると…。
完封したサンクテュエールがシンザン記念を勝ち、ここでも人気している現状となると、この馬はどう買うにしても無視はできない一頭だとは思う。人気的にも前走より一発狙いの戦術はとりやすいので、どちらにせよ買いの要素は多い。オッズ次第かな。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ