3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

朝日杯FS

ナヴィオン【朝日杯フューチュリティステークス2014本命予定馬】

■2014/8/3新馬戦3人気1着

新馬戦らしいといえる超スローの後半勝負のレース。
スタートは悪くないので、外枠ということもあってか徐々に位置を下げ後ろからのレースを選択。直線になると、大外から鋭く伸びた。
2着は阪神JFを制した牝馬ショウナンアデラ。3着レッドブラッサムは次走未勝利抜け。4着ダイワインパルスはダートに場を移して未勝利抜け。
この最低でも未勝利抜けの地力を持つ2~4着馬が道中1~3番手でレースを作ったということを考えると、この馬の地力はかなり高いといえる。
レース後ショウナンアデラに乗った蛯名騎手が「勝った馬が強い」というのも納得の内容。

レース後コメント
【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~ナヴィオン、トーホウハニーが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ナヴィオン(的場騎手)
「調教師からは、癖がない馬だと聞いていました。前半はゆったり運べて、直線ではいい脚で伸びてくれました。エンジンが掛かってからが良かったです」
(赤木助手)
「賢い馬です。体高が低めの馬なので、今後大きくなりそうで、成長力もありそうです。今日は素質だけで勝ってくれました」

人気ブログランキング

■2014/8/31新潟2歳ステークス2人気6着

再度外枠に入り、道中最後方から追走。直線で大外に出すが、どうにもならず・・というレース。
直線で外寄りを通った馬が上位に来ていることからも、外枠スタート普通→道中後方→直線大外という選択そのものが悪かったとは思えないが、意図的に道中最後方の位置取りをしたのか、ただスピードについていけなかったのかが問題。ついていけなかったとすると、超スローの後半勝負以外は対応できない可能性もあり。
上位3頭はオープンクラス通用するだろう(している)馬であり、この時点でのそこいらと0.7差は絶望的な差ではないものの、新馬戦をみているとちょっと物足りなく地力はもっと僅差とみる。

レース後コメント
【新潟2歳S】(新潟)~ミュゼスルタンがレコードで重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
6着 ナヴィオン 的場勇人騎手
「スタートして、折り合いもピタッとついていました。いい感じで直線に向きましたが、結果としてもう1列前でもよかったのかもしれません。せっかくのチャンスだけに残念です」



■2014/9/27ききょうステークス1人気1着

レース後福永騎手が「後ろから行きすぎないように」と指示があったということからも、前走の敗因を陣営が位置取りに求めていることは明らかで、騎手乗り替わりもそのあたりのことが原因なのだろう。
スピードについていけるか否かを確かめるためなのか、他馬との関係か、阪神1400のこの舞台を選択し勝ち切った。
初の内枠であったにもかかわらず、後ろから行きすぎないようにという指示を受けていた割には道中後方に位置していることからも、試したいことが試せたレースとは思えない。
内容的には完勝で、2着、3着馬は500万下クラスの地力の馬であること、2着馬が前走1つ上にいたブリクストであり、その馬が2番人気になっていることから、オープンクラス上位の地力は証明されていないが、500万下クラスの馬には完勝できる地力は証明した。

レース後コメント
【ききょうS】(阪神)~ナヴィオンが追い比べから抜け出して完勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ナヴィオン(福永騎手)
「後ろから行きすぎないようにと指示がありました。スタートを出てくれましたし、イメージ通りのポジションでした。ただ、手応えが悪く、本気になったのは最後だけです。そういう中で今日勝てたことは大きいですし、これからもっと良くなると思います。ただ、まだまだ子供です」
(橋口弘次郎調教師)
「外に出した時、差すなと思い、楽に見ていられました。1400mですから、こういう乗り方になりますよね。この後は予定通り、デイリー杯から朝日杯FSに向かいます」



■2014/11/15デイリー杯2歳ステークス1人気3着

前走で試せなかったからか、再度内枠から前に出して積極的にポジションを取りに行く作戦も、ハナにたちそうになると位置を下げ、あららという感じで後方に。
かかった3番に進路をとられてさげる形で軽くブレーキがかかる、恐ろしくスムーズさに欠ける内容での3着。
1、2着馬と勝負付けは全くついておらず、むしろこの内容でこの着順着差であれば、地力上位においても問題ないとすら思う。

レース後コメント
【デイリー杯2歳S】(京都)~タガノエスプレッソが重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 ナヴィオン 福永祐一騎手
「スタートをよく出て、いいポジションにつけられましたが、引っかかっている馬に前に入られて後ろに下がってしまいました。馬がしっかりしてきて、好位でレースができるようになっていただけに、あの不利は残念です」

上位人気馬のレースを見て【朝日杯フューチュリティステークス2014中間予想】

2014/12/21 阪神 11R 朝日杯FS(G1) / 出馬表|レース情報(JRA) - netkeiba.com

netkeiba.comで上位人気となっている、
アッシュゴールド
ブライトエンブレム
ダノンプラチナ
クラリティスカイ
タガノエスプレッソ

をみたが、6人気以下の馬でも食い込む余地は大いにある印象。地力差はそこまでないように思うし、オッズしだいで買いたいといった位置づけになる馬が多い。
ただ、ブライトエンブレムは素直に地力高いとみてよさそう。断トツ1番人気になるようであれば、時計のかかる馬場で2戦走っただけという戦歴と間隔あいたことにけちをつけたいところも、札幌2歳ステークスのメンツレベルは低くなく、地力高いミュゼエイリアンより速いあがりとなると無視はしづらい。

登録されている馬を見る限り、人気薄ではナヴィオンとジャストドゥイングをじっくり検討したい。

◎ブライトエンブレム
◎ナヴィオン
◎ジャストドゥイング

ミッキーユニバース【ひいらぎ賞2014予想人気馬】【朝日杯基準馬】

今週の勝負レースはもちろんG1朝日杯だが、朝日杯で上位人気が予想される3頭(ブライトエンブレム、クラリティスカイ、ダノンプラチナ)と直接対決している馬が、今週のひいらぎ賞に出走するので、見ておく。
ミッキーユニバース。
ひいらぎ賞に出走すればおそらく上位人気におされるであろう500万下クラス上位の地力を有しており、3頭の比較に最適だ。
ミッキーユニバース基準の間接比較の結論としては、地力は、ブライトエンブレム>クラリティスカイ>>>ダノンプラチナとしておく。もちろん枠や調子、出走メンバーなどでつまる地力差だとは思うが、上2頭のパフォーマンスは相当いいと思う。

■2014/8/17新馬戦1人気1着

0.5差つける逃げ切り勝ち。道中2番手につけた4着ラインレジェンドが4戦目で未勝利抜け。
今レース出走馬で芝未勝利戦を抜けた唯一の馬がラインレジェンドであることから、その地力の馬が4着だったことを考えると、逃げて0.5差は相手弱いながら完勝。

レース後コメント
【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ミッキーユニバース、グラスエトワールが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ミッキーユニバース 北村宏司騎手
「他の馬を行かせてと思ったのですが、スタートを上手に出て、誰も行かなかったので押し出される感じでハナに立ちました。物見をしていましたが、最後まで馬は冷静でしたし、スイッチが入らないまま終わってしまった感じです」



■2014/9/6札幌2歳ステークス1人気7着

前走が圧巻だったため1番人気におされる。中枠から再度の逃げ。
このメンツで逃げてどこまでやれるか測ったとも言えるレースで、結果的にはこの馬にとってかなり厳しい競馬にはなった。現時点では上位馬より地力は一枚落ちるという結論でいいと思う。
近年の勝ち馬にはコディーノ、レッドリヴェールがおり、重要な位置づけのレース。陣営は敗因をスタートでもたつきかかったことを上げていたが、メンツが揃っていたと見るのが妥当。
1~4着馬は素直に強い。ブライトエンブレムと0.7差。それにしても何度見てもブライトエンブレムは地力高い。朝日杯はやはりこの馬か。


■2014/10/11いちょうステークス3人気3着

これまで同様逃げようとしたが、ハナを譲る形で道中2番手追走。マイペースでいけない厳しい形になったが、それでも3着は500万下なら上位の地力があることは証明している。
クラリティスカイと0.3差、ネオルミエールとハナ差。クラリティスカイも強い競馬をしており、朝日杯通用の地力であるのは間違いないが、札幌2歳ステークスの方がレベル高いメンツとみる。

レース後コメント
【いちょうS】(東京)~クラリティスカイがレコードで重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 ミッキーユニバース(北村宏騎手)
「スタートは急かさずに出ましたが、前に出たところで少し掛かっていました。しかし、逃げ馬に先頭を譲ったところでまた冷静に走ってくれました。勝ち馬に並ばれたところでは盛り返そうとしてくれましたが、離されてからはさすがに苦しかったです」



■2014/11/30ベゴニア賞2人気2着

1着ダノンプラチナとは0.5差。ダノンプラチナの強さが光るレース。いちょうSで0.1差負かしたニシノクラッチに再度0.1差つけていることから、500万下レベルのメンツにそれより地力が高いダノンプラチナが加わっている形とみていい。

レース後コメント
【ベゴニア賞】(東京)~ダノンプラチナが3馬身差で快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 ミッキーユニバース(北村宏騎手)
「勝ち馬は着差以上に手応えが楽でしたね。もう少し気持ちが抜けて走れると、同じペースでもひと踏ん張り出来ると思います」

アッシュゴールド【朝日杯フューチュリティステークス2014予想人気馬】

■2014/7/26新馬戦1人気6着

1着ヒルノマレットは新潟2歳ステークス7人気10着、野路菊ステークス6人気4着。
2着ウインソワレは次走未勝利戦でグァンチャーレにクビ差負け、ファンタジーステークス3人気3着、白菊賞3人気8着。
3着ピンストライプは近2走未勝利戦連続2着。
今レース最速上がりの5着グァンチャーレは次走未勝利でウインソワレに勝ち、萩ステークス4人気3着。東京スポーツ杯7人気7着。

レース後コメント
【メイクデビュー】(中京5R)~ヒルノマレットが勝利、アッシュゴールドは6着 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
6着 アッシュゴールド(池添騎手)
「内枠で馬場の悪いところを通らされたのが堪えました。勝負どころで厳しくなって、手応えも怪しくなってしまいました。走りはいい馬ですし、まだ小柄ですが、成長力のある血統ですから、今後に期待したいと思います」
(池江泰寿調教師)
「この馬なりに上手に走ってくれました。まだ馬体も小さく非力ですし、成長を促す意味でもリフレッシュ放牧に出します。秋に再始動させるつもりです」



■2014/10/26未勝利戦1人気1着

2着ヴェルステルキング、3着アイファーサンディは4戦目未勝利抜け。

レース後コメント
【2歳未勝利】(京都1、3R)~フィドゥーシア、アッシュゴールドが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 アッシュゴールド 池添謙一騎手
「夏前よりもだいぶ体がしっかりしてきましたし、追い切りの動きも悪くなかったですから、楽しみにしていました。しっかり差し切るあたり、やはりいいモノを持っています。うるさいのはこの血統ですから仕方ありませんが、もう少し落ち着いて欲しいですね。まだまだ荒削りで、直線も内に切れ込みながらでしたから、レースでいろいろと覚えていって欲しいと思います」



■2014/11/15デイリー杯2歳ステークス2人気2着

0.1差1着タガノエスプレッソは新馬戦で阪神JF13着、ファンタジーS2着のダノングラシアスに0.1差負け。
3着はナヴィオン。
4着はもみじS1着、札幌2歳S6着のアルマワイオリ。

レース後コメント
【デイリー杯2歳S】(京都)~タガノエスプレッソが重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 アッシュゴールド 池添謙一騎手
「今日はおおむね折り合いはついていました。今後のことを考えて、急に動いたりせず、勝ち馬が動くのを見ながらジワジワ動いていきました。あと一歩でしたね。3コーナーの下りの走りからすると、もう少しトモがしっかりしてくればと思います。とにかく2着で賞金加算はできました。これからの馬ですからね」

ブライトエンブレム【朝日杯フューチュリティステークス2014予想人気馬】

■2014/6/28新馬戦5人気1着

2着ジャストドゥイング次走未勝利1着、芙蓉ステークス4人気1着、東京スポーツ杯2歳S5人気10着。
4着ギンパリは次走未勝利でジャストドゥイングに0.5差負け3着、次次走未勝利勝ち、新潟2歳ステークス13人気12着。
5着トリルビーは次次走未勝利戦でギンパリに0.4差負け。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京5R)~ブライトエンブレムが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ブライトエンブレム(田辺騎手)
「いいモノを持っています。調教の感じではもうワンパンチ欲しいと思いましたが、能力があります。後ろから行ったのは作戦ではなかったのですが、馬場のいいところも通れましたし、追い出しのタイミングも計ることが出来ました」



■2014/9/6札幌2歳ステークス3人気1着

2着はマイネルシュバリエ東京スポーツ杯2歳S8人気12着。
3着レッツゴードンキはアルテミスS1人気2着。阪神JFで2着好走。
4着ミュゼエイリアンは百日草特別1人気3着、葉牡丹賞2人気6着。
1人気7着だったミッキーユニバースはいちょうS3人気3着、ベゴニア賞2人気2着

レース後コメント
【札幌2歳S】(札幌)~ブライトエンブレムが大外一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ブライトエンブレム 田辺裕信騎手
「スタートはうまくいきませんでした。キャリアが浅いので、道中は折り合いに気をつけようと思っていました。しかし、素直で操作しやすい馬でした。早めに前をとらえようと思い、上がっていきましたが、ロスがある中で終いまでがんばって走ってくれました。直線では先団に並びかける勢いが違ったので、これならいけるかなと思いました。ゲートの出が不安定で、キャリアも浅いですが、そのぶん伸びしろはたくさんあるので、今後も楽しみです。来年のクラシックに向けてがんばってもらいたいです」
最新トラックバック
最新コメント