牡馬クラシック戦線最重要ステップレース。

しかし、ここはダノンプレミアム圧倒だと思っていたので、チューリップ賞で勝負したが、チューリップ賞が地力通りの結果。
個人的にはリリノーブルが3着になってくれると嬉しかったので、その通りになったのでひとまずはよしとする。
チューリップ賞が固く終わったので、このままでは面白くない。弥生賞に荒れ期待。

現在単勝1番人気はダノンプレミアム。
現状この馬を最上位に取るしかない戦歴と過去レースの内容。まあ賞金足りているし、ここは単にたたき台でしかない。試したいことも特にないだろうし、ここにベストを持ってくる理由は一つもない。
チューリップ賞の面々のようにそれでも他馬と差がある可能性があるくらいぬけているとは思うが、頭は取りこぼしてくれないと、クラシック戦線が面白みなさすぎる。

2番人気のワグネリアン。
当然強いものと思って扱ってきたが、東スポ杯組がことごとく結果を出せていない。
もしかしたらこの馬はそのクラスに圧勝できるレベルでしかないのかも…の疑念が出てきた。
ひとまずこのメンツで買うのは危険だと思う。無視。

3番人気はオブセッション。
唯一、ダノンプレミアムに地力勝る可能性がある馬。前走はおそろしいほどに評価できるし、その一戦だけでこの人気は納得。ただ、おそらくある程度後ろからになるし、馬券内をはずす展開も見える。3番人気では買いづらい。

4番人気はジャンダルム。
ホープフルステークス組が1着馬を含めて世代上位かはかなりあやしい。人気薄状態で買うならともかく、評価されている中では買いづらいし、ここはメンバーも揃った。買うなら人気を落とす次だろう。勝つ形は持っている馬なので、人気薄なら考えるというレベル。
そもそも賞金が足りているわけで、ここはいろいろ試したいレース。武騎手が何かやってくれるはず。買うなら次。


サンリヴァルがおもしろい。
ホープフルステークスで最も評価すべきはこの馬。ホープフルステークスでは人気では買えないとしたが、内容はかなりいい。先行勢総崩れのレースで唯一光ったものをみせ、かつ上位に来たこの馬はオープンクラスの地力保持確定。
それならば若干ながら地力疑問符がついてきたワグネリアン、取りこぼしの多いであろう馬オブセッション、賞金足りているダノンプレミアム&ジャンダルムより前で終わっても何ら不思議ではない。
全力で狙う。

他はリビーリング。
人気落ちしたタイミングでは絶対に買っておきたい一頭。ここで勝てば次は間違いなく人気になる馬。買うしかない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎サンリヴァル

〇リビーリング

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン