3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

リオンディーズ

リオンディーズ【ダービー2016出走予定馬】

■2015/11/22新馬戦15番1人気1着

0.2差2着は次走未勝利抜け、シンザン記念1人気1.4差14着ピースマインド
0.7差3着は次走未勝利抜け、梅花賞1人気1着アドマイヤダイオウ

もっさりとスタートし馬なりで走らせ中団外追走。ただ終始かかっていておさえておさえての追走になった。ペースがあがったところにも普通に対応し、位置をあげながら4角。4角で若干膨らむが持ち直して直線スパートやたら騎手のアクションが大きいのは気になるが先頭に立ってからはほぼ流しての完勝。
まさに完勝。くだした2、3着馬が次走未勝利戦を完勝即抜けしていることからも、新馬戦としてのメンツレベルは高い中での完勝は評価高い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(岩田騎手)
「兄(エピファネイア)と同じようにいいモノを持っています。今日は早めに追い出して行きましたが、その必要はありませんでした。最後は流す余裕もありました」
【メイクデビュー】(京都5R)~良血リオンディーズが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/20朝日杯15番2人気1着

0.1差2着はエアスピネル
0.8差3着は京王杯3着シャドウアプローチ
0.8差4着は京成杯4人気6着ユウチェンジ

何度見てもすごすぎるのひと言。
再度の15番枠から若干出負けして最後方追走。あせらず後方で我慢。ペースが緩んで馬群が詰まる形になったので外々を回して直線も外で進路確保のみを意識。スパートすると一気に2番手まで抜け出し、ラスト先にでていたエアスピネルに競り勝った。

出走馬の3着以下が共同通信杯あるものの今年の京成杯&アーリントンカップで馬券に絡めていない状況。
着差はそこまでではなかったが、相手関係的にはどうだろう、という難癖がつけづらいくらい上位2頭は別次元の印象。
上位2頭の比較になるが、武騎手も完敗のコメントを出しているし、こちらを上にとりたくはなるが、リオンディーズの方がレースの形としては恵まれていたのは間違いなく、勝負付けは済んだと断定するのはまだ早い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「とにかくいい馬で、パワー豊かな馬です。トビが大きく、スピードもあります。2000mの新馬戦に乗った岩田騎手からはとても強い馬と聞いていました。直線で外に出したらいい脚でしたが、武豊騎手の馬が前にいましたから、少しヒヤヒヤしました。とにかく先々が楽しみです。かからないので2000mは大丈夫。2400mは......がんばります(笑)」
(角居勝彦調教師)
「嬉しいです。びっくりしています。勝手に前向きに走る馬なので、できるだけなだめるようにとジョッキーには言いました。ジョッキーも返し馬で感触をつかんでいただろうと思います。2戦目なので、変なクセがつかなければいいと思っていましたが、しっかり乗ってくれました。たくさん競馬をしてきた馬との戦いなので、どれだけ伸びるのかと見ていました。直線では交わせるかわかりませんでしたが、ミルコの名前を叫んでいました。お母さんからは前向きで、高い能力を受け継いでいます。今後は放牧に出して、馬の様子を見ながら考えたいと思います。母も兄もたくさんの方に応援してもらいました。この馬もこんなに早くタイトルをとるとは思いませんでした。乗り役の言うことをよくきく馬になってほしいです」
【朝日杯FS】(阪神)~リオンディーズが直線一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【朝日杯FS】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/3/6弥生賞10番1人気2着

1着マカヒキ
3着エアスピネル

普通にゲートでたが、外枠でかつダッシュ力なく後方からと思いきや、かかって一気に前にあがっていき、4番手中目追走。途中内に入れるが、早めに前が下がってきたので差がつまり外に出す。直線入り口仕掛けて一気に前に出す。かなり余裕がある抜け出しに見えたが、外からあがってきたマカヒキに最後につかまった。

前哨戦としてはまったく問題ないレースだったと思う。かかったとはいえ、無理におさえることはしなかったし、結果的に好位からの競馬をしてマカヒキの脚を測れた。ここに向けてベストを持ってくる必要が皆無の立場だったので、この敗戦はむしろプラスしかないように思う。

レース後コメント
2着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「少し元気すぎました。1コーナーまでかかって、一旦落ち着きましたが、またかかりました。それでも3~4コーナーはいい手応えで回ってきました。ちょっと早く先頭に立ってしまい、物見をしていました。まだよくなりそうだし、本番で巻き返したいです」
(角居勝彦調教師)
「休み明けのレースで、多少テンションの高いところを見せることは想定の範囲内でした。ああいったレースをしないと本番にはつながりませんからね」
【弥生賞】(中山)~マカヒキが無傷の3連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【弥生賞】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
「折り合いは心配なさそう。ミルコ(デムーロ)がこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがない、と言ってました」と岸本助手も絶好の感触だ。
 主戦、陣営ともに「まだ緩い」と途上を強調するが、その状態でデビュー2戦目のG1を勝つのだから末恐ろしい。「まだ2走目。あそこまでとは思わなかった。距離は問題ないよ」。
【報知杯弥生賞】リオンディーズ、無傷の3連勝へミルコも太鼓判の動き : スポーツ報知

人気ブログランキング

◇皐月賞
まあ、強いよね。強すぎるよねと。
デムーロ絶賛もわかるよねと。
唯一の敗戦となった前走も全くマイナス点がないと思う。今回も陣営は好位からの競馬を示唆しており、まさに仮想皐月賞だったとしていい。前が貧弱だった前走よりここの方が走りやすいだろうし、前走でマカヒキの脚は測れただろうし、前哨戦仕様を明言していた前走より状態は上向きだろうし、ひとまず前走より評価を落とす要素はないと思う。
問題はゲートがあまりよくなく、スタート後のダッシュ力がないこと。思い描いた位置を取れない可能性は十二分にある。まあそれでも対応できそうな幅の広さはみせているし、1番人気濃厚とはいえ、無視はできないかな。

■2016/4/17皐月賞16番2人気5着

0.5差1着ディーマジェスティ
0.3差2着マカヒキ
0.1差3着サトノダイヤモンド

スタート良く前に出して2番手追走。ハイペースで流れて、3角では逃げ馬が失速したので、外からかわし早い段階でハナに立つことを強いられる。内を回して直線半ばまでは先頭を保つが、最後差された形。

弥生賞を活かした騎乗ではあったし、勝ちを見てのレースとして位置取りそのものはベストだったと思うので、敗因は素直に予定外のハイペース番手追走になり、先頭に思いのほか早くたつことになってしまったことでいいと思う。それでの4着入線は強さは十分に見せている。

人気ブログランキング

◇ダービー
皐月賞を終えても、特にこの馬の地力は疑えない。ハイペースを早くハナにたって引っ張る形になってしまった中それで掲示板は地力の証明。
中山2000の外枠で前に出したということだったが、さあ今回はどうするか。前走時は好位での競馬を戦前から示唆していたが、今回は全く示しておらず、前走後調教師が前に行ってしまったという発言をしていることからも、中山→東京替わりのここではおそらくそこまで前には出さないだろう。中団追走から早めに仕掛ける形かな。
正直、どうなっても勝負にはかかわりそうで無視できる馬ではないかな。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)
続きを読む

リオンディーズ【皐月賞2016出走予定馬】

■2015/11/22新馬戦15番1人気1着

0.2差2着は次走未勝利抜け、シンザン記念1人気1.4差14着ピースマインド
0.7差3着は次走未勝利抜け、梅花賞1人気1着アドマイヤダイオウ

もっさりとスタートし馬なりで走らせ中団外追走。ただ終始かかっていておさえておさえての追走になった。ペースがあがったところにも普通に対応し、位置をあげながら4角。4角で若干膨らむが持ち直して直線スパートやたら騎手のアクションが大きいのは気になるが先頭に立ってからはほぼ流しての完勝。
まさに完勝。くだした2、3着馬が次走未勝利戦を完勝即抜けしていることからも、新馬戦としてのメンツレベルは高い中での完勝は評価高い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(岩田騎手)
「兄(エピファネイア)と同じようにいいモノを持っています。今日は早めに追い出して行きましたが、その必要はありませんでした。最後は流す余裕もありました」
【メイクデビュー】(京都5R)~良血リオンディーズが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/20朝日杯15番2人気1着

0.1差2着はエアスピネル
0.8差3着は京王杯3着シャドウアプローチ
0.8差4着は京成杯4人気6着ユウチェンジ

何度見てもすごすぎるのひと言。
再度の15番枠から若干出負けして最後方追走。あせらず後方で我慢。ペースが緩んで馬群が詰まる形になったので外々を回して直線も外で進路確保のみを意識。スパートすると一気に2番手まで抜け出し、ラスト先にでていたエアスピネルに競り勝った。

出走馬の3着以下が共同通信杯あるものの今年の京成杯&アーリントンカップで馬券に絡めていない状況。
着差はそこまでではなかったが、相手関係的にはどうだろう、という難癖がつけづらいくらい上位2頭は別次元の印象。
上位2頭の比較になるが、武騎手も完敗のコメントを出しているし、こちらを上にとりたくはなるが、リオンディーズの方がレースの形としては恵まれていたのは間違いなく、勝負付けは済んだと断定するのはまだ早い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「とにかくいい馬で、パワー豊かな馬です。トビが大きく、スピードもあります。2000mの新馬戦に乗った岩田騎手からはとても強い馬と聞いていました。直線で外に出したらいい脚でしたが、武豊騎手の馬が前にいましたから、少しヒヤヒヤしました。とにかく先々が楽しみです。かからないので2000mは大丈夫。2400mは......がんばります(笑)」
(角居勝彦調教師)
「嬉しいです。びっくりしています。勝手に前向きに走る馬なので、できるだけなだめるようにとジョッキーには言いました。ジョッキーも返し馬で感触をつかんでいただろうと思います。2戦目なので、変なクセがつかなければいいと思っていましたが、しっかり乗ってくれました。たくさん競馬をしてきた馬との戦いなので、どれだけ伸びるのかと見ていました。直線では交わせるかわかりませんでしたが、ミルコの名前を叫んでいました。お母さんからは前向きで、高い能力を受け継いでいます。今後は放牧に出して、馬の様子を見ながら考えたいと思います。母も兄もたくさんの方に応援してもらいました。この馬もこんなに早くタイトルをとるとは思いませんでした。乗り役の言うことをよくきく馬になってほしいです」
【朝日杯FS】(阪神)~リオンディーズが直線一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【朝日杯FS】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/3/6弥生賞10番1人気2着

1着マカヒキ
3着エアスピネル

普通にゲートでたが、外枠でかつダッシュ力なく後方からと思いきや、かかって一気に前にあがっていき、4番手中目追走。途中内に入れるが、早めに前が下がってきたので差がつまり外に出す。直線入り口仕掛けて一気に前に出す。かなり余裕がある抜け出しに見えたが、外からあがってきたマカヒキに最後につかまった。

前哨戦としてはまったく問題ないレースだったと思う。かかったとはいえ、無理におさえることはしなかったし、結果的に好位からの競馬をしてマカヒキの脚を測れた。ここに向けてベストを持ってくる必要が皆無の立場だったので、この敗戦はむしろプラスしかないように思う。

レース後コメント
2着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「少し元気すぎました。1コーナーまでかかって、一旦落ち着きましたが、またかかりました。それでも3~4コーナーはいい手応えで回ってきました。ちょっと早く先頭に立ってしまい、物見をしていました。まだよくなりそうだし、本番で巻き返したいです」
(角居勝彦調教師)
「休み明けのレースで、多少テンションの高いところを見せることは想定の範囲内でした。ああいったレースをしないと本番にはつながりませんからね」
【弥生賞】(中山)~マカヒキが無傷の3連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【弥生賞】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
「折り合いは心配なさそう。ミルコ(デムーロ)がこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがない、と言ってました」と岸本助手も絶好の感触だ。
 主戦、陣営ともに「まだ緩い」と途上を強調するが、その状態でデビュー2戦目のG1を勝つのだから末恐ろしい。「まだ2走目。あそこまでとは思わなかった。距離は問題ないよ」。
【報知杯弥生賞】リオンディーズ、無傷の3連勝へミルコも太鼓判の動き : スポーツ報知

人気ブログランキング

■皐月賞
まあ、強いよね。強すぎるよねと。
デムーロ絶賛もわかるよねと。
唯一の敗戦となった前走も全くマイナス点がないと思う。今回も陣営は好位からの競馬を示唆しており、まさに仮想皐月賞だったとしていい。前が貧弱だった前走よりここの方が走りやすいだろうし、前走でマカヒキの脚は測れただろうし、前哨戦仕様を明言していた前走より状態は上向きだろうし、ひとまず前走より評価を落とす要素はないと思う。
問題はゲートがあまりよくなく、スタート後のダッシュ力がないこと。思い描いた位置を取れない可能性は十二分にある。まあそれでも対応できそうな幅の広さはみせているし、1番人気濃厚とはいえ、無視はできないかな。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)
続きを読む

◎イマジンザット 一発かますのはこの馬!【弥生賞2016予想】

チューリップ賞が部分的にも当たらないというもはや泣くしかない結果。
今の精神状態で弥生賞買ってどうなる気もしないが、当然本番を見て無視できないレース。
ちょうど少頭数で馬券的には大金を賭けるレースでもないので、ちょっと手を出しておこうかと。

現在単勝1番人気はリオンティーズ
まあ、強いね。それしかないと言ってもいいほど。マカヒキの新馬戦にのりその際に「すごく強い馬」と言ったデムーロがリオンディーズを絶賛していてこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがないと言うほど。
2戦消化しかしていないが新馬戦での相手も新馬戦レベルでは低くないし、前走は3着以下が思ったほど活躍していないのは気になるが、そんなの関係ないくらい3着以下とは差をみせているし、ちょっと穴が見つけられない。
エアスピネルとは勝負付けは済んでいないとみているが、そのエアスピネルもどうにもこうにも強いので、ここで無視する要素はない。

人気ブログランキング

2番人気はマカヒキ
この馬は未知の部分が多い。
リオンディーズと同じ2戦消化ではあるが、前走が新馬戦以上にドスローでヨーイドンの競馬になったので、実質1戦しただけの情報しかないといっても過言ではない状態。新馬戦も前走もラストの脚はすごいが、周りの馬をみても普段以上の脚をみせているので、馬場&ペースに助けられたところが大きい。
もちろんここで通用してもおかしくはないと思うが、未知の部分が多い中でエアスピネルより単勝で買われるのはちょっとわからん。
ただ、3強の中で本気度が最も高いのはこの馬で間違いない。先々を見るとここは権利取り云々だけではなくしっかりと2着内で賞金加算したいはずだし、本番ではまず騎乗しないルメールをここで騎乗させるのもとりあえずここを獲りにきたということだろう。オーナーの意向ということだが、朝日杯上位2頭にぶつけにきたというその姿勢も自信の表れだろう。
勝負度合い高くとも、2番人気になっているこの馬の未知に賭けるくらいならもっと大きく狙いたいところ。無視。

人気ブログランキング

3番人気はエアスピネル
リオンディーズ同様強い、としか言えない。
新馬戦&デイリー杯と共に完勝だし、相手もそこそこのメンツ、そして内容も非常にいい。
朝日杯では負けはしたがそれまでの2走と同様の走りをしたらG1ではなりたくもないのに早めに単独先頭にたってしまい、予想外に1頭強い馬がいて外から差されたという形。
この馬は立場的に試してみて2着でもいいかなという乗りかたが許されない中で3戦を戦ってきていて、ここでやっといろいろ試せる。ここの走り方は着順というより本番でいかにリオンディーズに勝つかを意識して乗られる試走の色が強くなると思う。
リオンディーズを負かすならダービーより皐月賞だと思うので、ここは騎手の乗りかたに注目しておくだけにする。
それでも地力がリオンディーズと共に抜けているのであっさり連対するかもしれないが、個人的にはどんな負け方しても皐月賞で買う予定なのでここは静かにしておいてほしい。
輸送もあるし少しおさえくらい。

人気ブログランキング

リオンディーズ&エアスピネルはとにかく強いし、マカヒキは未知の部分が多い。
3強だよに納得するしかないわけで、3頭が切れないが、マカヒキの未知の部分はかなりの未知であるのは事実で、他2頭は先に照準を合わせている馬。この相手を避ける馬が多い中、力量差を測るためにここに出走してきた馬が一角を崩しても不思議はない。
現在4人気になっているタイセイサミットがその候補筆頭でマカヒキに割って入る可能性は充分にあるし、朝日杯2頭が明らかに試走模様なのでスムーズなら朝日杯の差は埋まるか・・・という感じ。
だが、ここに期待するなら馬券的妙味が全くない。どうせ一角崩しにかけるならもう少しひねりたい。

イマジンザットがおもしろい。
今回も馬場がどうなるかわからんが、前走の敗因が馬場であればまだ見限るのは早い。
着差以上の差は感じたが、新馬戦では全く未完成の状態でサトノキングダムと0.2差で走っており、ここ通用の地力保持の可能性は残っている。

そもそも、陣営クラシックを意識したコメントを早い段階から出していた馬で、いろいろ選択肢があった中で、クラシックにつながりがあるつばき賞を選んだということにもその期待はみえる。そして輸送もあるのに中一週で強いメンバーが揃ったここに出走してくるというのも何らかの要素をオーナー含め見ているのだろう。
現在6人気なら買いの要素はある。



◎イマジンザット

△リオンディーズ、タイセイサミット、エアスピネル

ウマニティ
KLAN

人気ブログランキング

3歳クラシック戦線に勝つ!! : イマジンザット【弥生賞2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : マカヒキ【弥生賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : リオンディーズ【弥生賞出走2016予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エアスピネル【弥生賞2016出走予定馬】

リオンディーズ【弥生賞出走2016予定馬】

■2015/11/22新馬戦15番1人気1着

0.2差2着は次走未勝利抜け、シンザン記念1人気1.4差14着ピースマインド
0.7差3着は次走未勝利抜け、梅花賞1人気1着アドマイヤダイオウ

もっさりとスタートし馬なりで走らせ中団外追走。ただ終始かかっていておさえておさえての追走になった。ペースがあがったところにも普通に対応し、位置をあげながら4角。4角で若干膨らむが持ち直して直線スパートやたら騎手のアクションが大きいのは気になるが先頭に立ってからはほぼ流しての完勝。
まさに完勝。くだした2、3着馬が次走未勝利戦を完勝即抜けしていることからも、新馬戦としてのメンツレベルは高い中での完勝は評価高い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(岩田騎手)
「兄(エピファネイア)と同じようにいいモノを持っています。今日は早めに追い出して行きましたが、その必要はありませんでした。最後は流す余裕もありました」
【メイクデビュー】(京都5R)~良血リオンディーズが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/20朝日杯15番2人気1着

0.1差2着はエアスピネル
0.8差3着は京王杯3着シャドウアプローチ
0.8差4着は京成杯4人気6着ユウチェンジ

何度見てもすごすぎるのひと言。
再度の15番枠から若干出負けして最後方追走。あせらず後方で我慢。ペースが緩んで馬群が詰まる形になったので外々を回して直線も外で進路確保のみを意識。スパートすると一気に2番手まで抜け出し、ラスト先にでていたエアスピネルに競り勝った。

出走馬の3着以下が共同通信杯あるものの今年の京成杯&アーリントンカップで馬券に絡めていない状況。
着差はそこまでではなかったが、相手関係的にはどうだろう、という難癖がつけづらいくらい上位2頭は別次元の印象。
上位2頭の比較になるが、武騎手も完敗のコメントを出しているし、こちらを上にとりたくはなるが、リオンディーズの方がレースの形としては恵まれていたのは間違いなく、勝負付けは済んだと断定するのはまだ早い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「とにかくいい馬で、パワー豊かな馬です。トビが大きく、スピードもあります。2000mの新馬戦に乗った岩田騎手からはとても強い馬と聞いていました。直線で外に出したらいい脚でしたが、武豊騎手の馬が前にいましたから、少しヒヤヒヤしました。とにかく先々が楽しみです。かからないので2000mは大丈夫。2400mは......がんばります(笑)」
(角居勝彦調教師)
「嬉しいです。びっくりしています。勝手に前向きに走る馬なので、できるだけなだめるようにとジョッキーには言いました。ジョッキーも返し馬で感触をつかんでいただろうと思います。2戦目なので、変なクセがつかなければいいと思っていましたが、しっかり乗ってくれました。たくさん競馬をしてきた馬との戦いなので、どれだけ伸びるのかと見ていました。直線では交わせるかわかりませんでしたが、ミルコの名前を叫んでいました。お母さんからは前向きで、高い能力を受け継いでいます。今後は放牧に出して、馬の様子を見ながら考えたいと思います。母も兄もたくさんの方に応援してもらいました。この馬もこんなに早くタイトルをとるとは思いませんでした。乗り役の言うことをよくきく馬になってほしいです」
【朝日杯FS】(阪神)~リオンディーズが直線一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【朝日杯FS】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

弥生賞
まあ、強いよね。強すぎるよねと。
デムーロ絶賛もわかるよねと。
前走の長く速いキレをみせられてはちょっと逆らいづらいかな。素直に行くならこの馬にどうしてもなりそう。
ペースが上がった時のパフォーマンスを見たいが、今回は頭数が多くないレースになるし、そうはならなそうだなあ。皐月賞以降も見ているだろうし、ここでは買いたくないんだけどちょっと穴は見つけられない。

【弥生賞】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
「折り合いは心配なさそう。ミルコ(デムーロ)がこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがない、と言ってました」と岸本助手も絶好の感触だ。
 主戦、陣営ともに「まだ緩い」と途上を強調するが、その状態でデビュー2戦目のG1を勝つのだから末恐ろしい。「まだ2走目。あそこまでとは思わなかった。距離は問題ないよ」。
【報知杯弥生賞】リオンディーズ、無傷の3連勝へミルコも太鼓判の動き : スポーツ報知

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント