■2014/12/27新馬4番1人気1着

2着リベレーター、3着メイショウリンクスが次走未勝利抜け。

スタートよく前にでるが、押して先行しようとする馬が多かったためというより、先を見据えてで、おさえて中団枠より外目追走。
3角過ぎから位置を徐々にあげ4角回りながら前を抜きつつ、先頭に並んで直線。入り口では他馬より楽な手ごたえで半ばから突き放した。
年末の新馬戦とはいえ、0.6差つけた2着、1秒差つけた3着が次走未勝利を即勝ちしていることからも決して新馬戦としてレベルの低いものではなく、この馬の能力が未勝利レベルでは抜けたものということは証明できている。

共同通信杯。クラシック戦線で重要なレースであるここで、新馬戦直後の馬が勝つ画はどうしても浮かばないし、馬券内に入った馬ですらぱっと浮かばないほど。
人気薄であれば考える余地は大いにあるが、ここは過剰な人気を背負うのは明白であり、馬券的妙味は全くない。

レース後コメント
【メイクデビュー】(阪神5~6R)~リアルスティール、スマイルフォースが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 リアルスティール(福永祐一騎手)
「スタートがあまり......と聞いていましたが、トップスタートでしたね。逃げてもいいレースはできたと思いますが、先々を考えて、下げてレースをしました。道中はスムーズでしたし、終いの脚も速く、抜け出してからは物見をしていました。ここではモノが違いますね。楽しみな馬です」


人気ブログランキング

【阪神新馬戦】リアルスティール突き放して3馬身半差V ― スポニチ Sponichi Annex 競馬