3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

マカヒキ

マカヒキ【ダービー2016出走予定馬】

■2015/10/18新馬5番1人気1着

2、3着馬は次戦待ち
0.6差4着ウェーブヒーローが次戦即未勝利抜け
1.5差5着ピットボスも次次戦未勝利抜け

普通に出て馬なりで内に入れつつ5番手追走。新馬戦らしいドスローの中徐々に外に意識を向けながら追走し、大外で直線に向く。直線入り口でスパートすると楽な手ごたえで一気に突き抜けた。
強い。新馬戦としては満点だと思う。相手のメンツも未勝利勝ちレベルであり、相手関係だけで500万下上位の地力が担保されている状況。

レース後コメント
1着 マカヒキ(M.デムーロ)
「すごく強い馬です」
(友道康夫調教師)
「まだまだ余裕ある体でしたが、調教の動き通りの言うことのないレースでした。競馬場に着いてからも落ち着いていましたし、2歳馬ばなれしています。時計も優秀で、大きなレースを狙える器だと思っています」
【メイクデビュー】(京都3R、5R)~シンゼンスタチュー、マカヒキが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


人気ブログランキング

■2016/1/23若駒ステークス5番1人気1着

0.2差2着はシンザン記念10人気7着、デイリー杯7人気3着ノーブルマーズ
0.5差3着は萩S1着、ホープフル4着、すみれS2着ブラックスピネル

普通にスタートして少頭数だったのもあり枠なり馬なりで5、6番手追走。ドスローの中折り合って、直線外に出してスパートを我慢してじわじわ仕掛けて中盤過ぎで一気にスパートで前をとらえた。

微妙。予想段階で新馬戦の内容がよくこの馬からいくしかないもののペース上がった時をみたいので1走見る、ここで勝ったら最低クラシック通用レベルだろう、としたのだが、さらに遅いペースでのレースになり、新馬戦でわかっていた強さ以上のものは見られなかったように思う。
個人的にはノーブルマーズとブラックスピネルをオープンクラス通用と思っていて、ここまで何度か買っているのでそこに勝ったことは評価したいが、ブラックスピネルは自分の形ではなかったし、ここで本命にしたノーブルマーズは思っていた通りの競馬をしてくれたのでそこには完勝も着差は0.2差と、どの視点からも新馬戦終えた段階より一段上くらいの評価上げくらいしかできない。

レース後コメント
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「マイナス10キロのせいか、体のシルエットがよかったですね。とにかく乗りやすい馬。ストライドもよく、長くいい脚を使いますね。強いレースでした。今は何も言うことがありません」
【若駒S】(京都)~断然人気のマカヒキが快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/3/6弥生賞11番2人気1着

2着リオンディーズ
3着エアスピネル

出遅れて最後方中目追走。前が大きく離れたのもあり、2角過ぎから位置をあげにかかり、4角でスピードに乗せながら外を回して前を伺い、一気に突き抜けてラストリオンディーズに競り勝った。

リオンディーズが決してスムーズではなかったので、個人的にはリオンディーズを上にとるが、並ぶ力を持っていることは証明したわけで、皐月賞でさくっと無視する予定を考え直す必要がでてきた。

レース後コメント
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「リオンディーズ、エアスピネルという強い相手に、すごい脚を使ってくれました。素晴らしく強いレースでした。スタートはあまり速くなくて後方からになりましたが、中山ではいいポジションが必要なので、1コーナーで上がっていきました。あとはリラックスして走っていて、直線では素晴らしい伸びでした。皐月賞はどの馬に乗るかわかりませんが、楽しみです」
(友道康夫調教師)
「輸送に対応できて、前走よりも落ち着いていたくらいです。ジョッキーがうまく乗ってくれました。最後は久々に(応援の)声が出ました。本番が楽しみになりました」
【弥生賞】(中山)~マカヒキが無傷の3連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

「一番強い相手にぶつける」という金子真人オーナーの進言があり参戦が決定した。
マカヒキ腕試しの一戦を心待ち/弥生賞|極ウマ・プレミアム

【弥生賞】マカヒキ、クラシック戦線頂点へ - 予想王TV@SANSPO.COM

【弥生賞】栗東レポート~マカヒキ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

◇皐月賞
そこそこの相手関係に対して同じようなレースで勝ってきた馬で、皐月賞では軽視の予定だったが、前走最後方から位置取りをあげつつ、スピードに乗せてコーナーを回って直線スパートというレースで一線級朝日FS2頭をまとめて差しきったのは評価するしかない。
リオンディーズが前目に位置するとすると、他の人気馬も含め前目につける可能性が高く、一頭後ろからぶっぱなす形での勝ちは大いに見える。

ただ、オッズ的に買うとおもしろくないというだけでなく、ちょっと買うのを躊躇してしまうのは、前走予想時に気になっていたことのままだが、前走本番で乗る可能性が低い騎手に騎乗依頼していることと、朝日FS組より本気度が高かっただろうということ。
ルメールがドゥラメンテ級というサトノダイヤモンドと差がないと評している馬なわけで、無視するのは危険としか思えないものの、最低でもベストのリオンディーズにはつらいとみたい。


■2016/4/17皐月賞3番3人気2着

0.2差1着ディーマジェスティ
0.2差3着サトノダイヤモンド
0.3差4着エアスピネル
0.3差5着リオンディーズ

若干出負けするもどうせ後ろからなんで関係なしといった感じでさげる。枠より外を意識した位置に誘導しながら最後方中目追走。縦長になるが慌てず外を回せるようにということを意識した道中。3角過ぎから外を回して位置取りをあげていき、4角大外を回して中団で直線。最後は差を詰めてはいるが2着まで。

うーん、強い。騎手が初騎乗ということもあったと思うが、弥生賞と同じような運びでもってきたが、前に厳しい形ではあったと思うので、英断だったと思われる。直線序盤で伸びた感じはしなかったけど、ゴール前では差を詰めてきているので、距離延長に魅力は感じるレースとなった。

レース後コメント
2着 マカヒキ(川田騎手)
「スタートも出ましたし、流れもいいなと思っていました。4コーナーでは勝ち馬の後ろにいましたし、3強の他の馬をつかまえることは出来たのですが、ディーマジェスティが思った以上に伸び続けていました。ダービーで逆転出来るように頑張ります」
【皐月賞】(中山)~ディーマジェスティが3強撃破しGI初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

◇ダービー
素直に最右翼の一頭という扱いでいいと思う。皐月賞は1着馬より地力評価できるものだったし、騎手も東京競馬場の方が中山よりもはるかにやりやすいといっているように、条件は明らかによくなる。
問題は再度内枠3枠に入ってどういう競馬をするか。前走は弥生賞をみてか初騎乗の川田騎手は後方で最初から外を意識して乗った。ただそれは若干出負けしてのことだった。普通にゲートをでたときどうするのか。
前走は前が崩れる形になったけれど、そうならなかったら距離ロスが大きい前走の形では厳しいかもしれない。ただ、直線勝負したいこの馬にとって、内追走で直線進路がなくなるのが一番悪い形。
基本は近2走と同じレース運びを選択するだろうし、それがベターだとは思うが、3枠は迷いの出る枠にはなったんではないかな。懸念点はそこくらいしかないかな。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)
続きを読む

マカヒキ【皐月賞2016出走予定馬】

■2015/10/18新馬5番1人気1着

2、3着馬は次戦待ち
0.6差4着ウェーブヒーローが次戦即未勝利抜け
1.5差5着ピットボスも次次戦未勝利抜け

普通に出て馬なりで内に入れつつ5番手追走。新馬戦らしいドスローの中徐々に外に意識を向けながら追走し、大外で直線に向く。直線入り口でスパートすると楽な手ごたえで一気に突き抜けた。
強い。新馬戦としては満点だと思う。相手のメンツも未勝利勝ちレベルであり、相手関係だけで500万下上位の地力が担保されている状況。

レース後コメント
1着 マカヒキ(M.デムーロ)
「すごく強い馬です」
(友道康夫調教師)
「まだまだ余裕ある体でしたが、調教の動き通りの言うことのないレースでした。競馬場に着いてからも落ち着いていましたし、2歳馬ばなれしています。時計も優秀で、大きなレースを狙える器だと思っています」
【メイクデビュー】(京都3R、5R)~シンゼンスタチュー、マカヒキが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


人気ブログランキング

■2016/1/23若駒ステークス5番1人気1着

0.2差2着はシンザン記念10人気7着、デイリー杯7人気3着ノーブルマーズ
0.5差3着は萩S1着、ホープフル4着、すみれS2着ブラックスピネル

普通にスタートして少頭数だったのもあり枠なり馬なりで5、6番手追走。ドスローの中折り合って、直線外に出してスパートを我慢してじわじわ仕掛けて中盤過ぎで一気にスパートで前をとらえた。

微妙。予想段階で新馬戦の内容がよくこの馬からいくしかないもののペース上がった時をみたいので1走見る、ここで勝ったら最低クラシック通用レベルだろう、としたのだが、さらに遅いペースでのレースになり、新馬戦でわかっていた強さ以上のものは見られなかったように思う。
個人的にはノーブルマーズとブラックスピネルをオープンクラス通用と思っていて、ここまで何度か買っているのでそこに勝ったことは評価したいが、ブラックスピネルは自分の形ではなかったし、ここで本命にしたノーブルマーズは思っていた通りの競馬をしてくれたのでそこには完勝も着差は0.2差と、どの視点からも新馬戦終えた段階より一段上くらいの評価上げくらいしかできない。

レース後コメント
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「マイナス10キロのせいか、体のシルエットがよかったですね。とにかく乗りやすい馬。ストライドもよく、長くいい脚を使いますね。強いレースでした。今は何も言うことがありません」
【若駒S】(京都)~断然人気のマカヒキが快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/3/6弥生賞11番2人気1着

2着リオンディーズ
3着エアスピネル

出遅れて最後方中目追走。前が大きく離れたのもあり、2角過ぎから位置をあげにかかり、4角でスピードに乗せながら外を回して前を伺い、一気に突き抜けてラストリオンディーズに競り勝った。

リオンディーズが決してスムーズではなかったので、個人的にはリオンディーズを上にとるが、並ぶ力を持っていることは証明したわけで、皐月賞でさくっと無視する予定を考え直す必要がでてきた。

レース後コメント
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「リオンディーズ、エアスピネルという強い相手に、すごい脚を使ってくれました。素晴らしく強いレースでした。スタートはあまり速くなくて後方からになりましたが、中山ではいいポジションが必要なので、1コーナーで上がっていきました。あとはリラックスして走っていて、直線では素晴らしい伸びでした。皐月賞はどの馬に乗るかわかりませんが、楽しみです」
(友道康夫調教師)
「輸送に対応できて、前走よりも落ち着いていたくらいです。ジョッキーがうまく乗ってくれました。最後は久々に(応援の)声が出ました。本番が楽しみになりました」
【弥生賞】(中山)~マカヒキが無傷の3連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

「一番強い相手にぶつける」という金子真人オーナーの進言があり参戦が決定した。
マカヒキ腕試しの一戦を心待ち/弥生賞|極ウマ・プレミアム

【弥生賞】マカヒキ、クラシック戦線頂点へ - 予想王TV@SANSPO.COM

【弥生賞】栗東レポート~マカヒキ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■皐月賞
そこそこの相手関係に対して同じようなレースで勝ってきた馬で、皐月賞では軽視の予定だったが、前走最後方から位置取りをあげつつ、スピードに乗せてコーナーを回って直線スパートというレースで一線級朝日FS2頭をまとめて差しきったのは評価するしかない。
リオンディーズが前目に位置するとすると、他の人気馬も含め前目につける可能性が高く、一頭後ろからぶっぱなす形での勝ちは大いに見える。

ただ、オッズ的に買うとおもしろくないというだけでなく、ちょっと買うのを躊躇してしまうのは、前走予想時に気になっていたことのままだが、前走本番で乗る可能性が低い騎手に騎乗依頼していることと、朝日FS組より本気度が高かっただろうということ。
ルメールがドゥラメンテ級というサトノダイヤモンドと差がないと評している馬なわけで、無視するのは危険としか思えないものの、最低でもベストのリオンディーズにはつらいとみたい。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)
続きを読む

◎イマジンザット 一発かますのはこの馬!【弥生賞2016予想】

チューリップ賞が部分的にも当たらないというもはや泣くしかない結果。
今の精神状態で弥生賞買ってどうなる気もしないが、当然本番を見て無視できないレース。
ちょうど少頭数で馬券的には大金を賭けるレースでもないので、ちょっと手を出しておこうかと。

現在単勝1番人気はリオンティーズ
まあ、強いね。それしかないと言ってもいいほど。マカヒキの新馬戦にのりその際に「すごく強い馬」と言ったデムーロがリオンディーズを絶賛していてこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがないと言うほど。
2戦消化しかしていないが新馬戦での相手も新馬戦レベルでは低くないし、前走は3着以下が思ったほど活躍していないのは気になるが、そんなの関係ないくらい3着以下とは差をみせているし、ちょっと穴が見つけられない。
エアスピネルとは勝負付けは済んでいないとみているが、そのエアスピネルもどうにもこうにも強いので、ここで無視する要素はない。

人気ブログランキング

2番人気はマカヒキ
この馬は未知の部分が多い。
リオンディーズと同じ2戦消化ではあるが、前走が新馬戦以上にドスローでヨーイドンの競馬になったので、実質1戦しただけの情報しかないといっても過言ではない状態。新馬戦も前走もラストの脚はすごいが、周りの馬をみても普段以上の脚をみせているので、馬場&ペースに助けられたところが大きい。
もちろんここで通用してもおかしくはないと思うが、未知の部分が多い中でエアスピネルより単勝で買われるのはちょっとわからん。
ただ、3強の中で本気度が最も高いのはこの馬で間違いない。先々を見るとここは権利取り云々だけではなくしっかりと2着内で賞金加算したいはずだし、本番ではまず騎乗しないルメールをここで騎乗させるのもとりあえずここを獲りにきたということだろう。オーナーの意向ということだが、朝日杯上位2頭にぶつけにきたというその姿勢も自信の表れだろう。
勝負度合い高くとも、2番人気になっているこの馬の未知に賭けるくらいならもっと大きく狙いたいところ。無視。

人気ブログランキング

3番人気はエアスピネル
リオンディーズ同様強い、としか言えない。
新馬戦&デイリー杯と共に完勝だし、相手もそこそこのメンツ、そして内容も非常にいい。
朝日杯では負けはしたがそれまでの2走と同様の走りをしたらG1ではなりたくもないのに早めに単独先頭にたってしまい、予想外に1頭強い馬がいて外から差されたという形。
この馬は立場的に試してみて2着でもいいかなという乗りかたが許されない中で3戦を戦ってきていて、ここでやっといろいろ試せる。ここの走り方は着順というより本番でいかにリオンディーズに勝つかを意識して乗られる試走の色が強くなると思う。
リオンディーズを負かすならダービーより皐月賞だと思うので、ここは騎手の乗りかたに注目しておくだけにする。
それでも地力がリオンディーズと共に抜けているのであっさり連対するかもしれないが、個人的にはどんな負け方しても皐月賞で買う予定なのでここは静かにしておいてほしい。
輸送もあるし少しおさえくらい。

人気ブログランキング

リオンディーズ&エアスピネルはとにかく強いし、マカヒキは未知の部分が多い。
3強だよに納得するしかないわけで、3頭が切れないが、マカヒキの未知の部分はかなりの未知であるのは事実で、他2頭は先に照準を合わせている馬。この相手を避ける馬が多い中、力量差を測るためにここに出走してきた馬が一角を崩しても不思議はない。
現在4人気になっているタイセイサミットがその候補筆頭でマカヒキに割って入る可能性は充分にあるし、朝日杯2頭が明らかに試走模様なのでスムーズなら朝日杯の差は埋まるか・・・という感じ。
だが、ここに期待するなら馬券的妙味が全くない。どうせ一角崩しにかけるならもう少しひねりたい。

イマジンザットがおもしろい。
今回も馬場がどうなるかわからんが、前走の敗因が馬場であればまだ見限るのは早い。
着差以上の差は感じたが、新馬戦では全く未完成の状態でサトノキングダムと0.2差で走っており、ここ通用の地力保持の可能性は残っている。

そもそも、陣営クラシックを意識したコメントを早い段階から出していた馬で、いろいろ選択肢があった中で、クラシックにつながりがあるつばき賞を選んだということにもその期待はみえる。そして輸送もあるのに中一週で強いメンバーが揃ったここに出走してくるというのも何らかの要素をオーナー含め見ているのだろう。
現在6人気なら買いの要素はある。



◎イマジンザット

△リオンディーズ、タイセイサミット、エアスピネル

ウマニティ
KLAN

人気ブログランキング

3歳クラシック戦線に勝つ!! : イマジンザット【弥生賞2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : マカヒキ【弥生賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : リオンディーズ【弥生賞出走2016予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エアスピネル【弥生賞2016出走予定馬】

マカヒキ【弥生賞2016出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : マカヒキ【若駒ステークス2016出走予定馬】

↑前々走まで↑

■2016/1/23若駒ステークス5番1人気1着

0.2差2着はシンザン記念10人気7着、デイリー杯7人気3着ノーブルマーズ
0.5差3着は萩S1着、ホープフル4着、すみれS2着ブラックスピネル

普通にスタートして少頭数だったのもあり枠なり馬なりで5、6番手追走。ドスローの中折り合って、直線外に出してスパートを我慢してじわじわ仕掛けて中盤過ぎで一気にスパートで前をとらえた。

微妙。予想段階で新馬戦の内容がよくこの馬からいくしかないもののペース上がった時をみたいので1走見る、ここで勝ったら最低クラシック通用レベルだろう、としたのだが、さらに遅いペースでのレースになり、新馬戦でわかっていた強さ以上のものは見られなかったように思う。
個人的にはノーブルマーズとブラックスピネルをオープンクラス通用と思っていて、ここまで何度か買っているのでそこに勝ったことは評価したいが、ブラックスピネルは自分の形ではなかったし、ここで本命にしたノーブルマーズは思っていた通りの競馬をしてくれたのでそこには完勝も着差は0.2差と、どの視点からも新馬戦終えた段階より一段上くらいの評価上げくらいしかできない。

レース後コメント
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「マイナス10キロのせいか、体のシルエットがよかったですね。とにかく乗りやすい馬。ストライドもよく、長くいい脚を使いますね。強いレースでした。今は何も言うことがありません」
【若駒S】(京都)~断然人気のマカヒキが快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

弥生賞
1、2戦とも同じようなレースを勝ったという感じ。もちろんその2戦とも、特に前走はそこそこの相手関係なのでもちろん強いのは間違いないが、新馬戦時は速い時計が多い日だったし、前走は自分の形ではないブラックスピネルもそこそこの脚をみせたレース。ペースが少しでも早くなった時が全くの未知。
そこに対応してくる可能性はあるが、それにしては評価されすぎてしまう形。

先々をみるとここは権利云々ではなく2着内で賞金加算もしておきたいはずで、この1戦に賭ける熱は明らかに朝日杯上位2頭よりはあるだろう。
本番はまずサトノダイヤモンドに乗るルメールをここで騎乗させるのは解せないが、それだけこのレースを取りに来ていると見てもいいか。
個人的にはここの結果関係なく本番では買わないので、ここで前走と同じようなペースの中でリオンディーズと競って勝って、本番人気を背負ってもらう形が理想。
オーナーの意向ということだが、今の段階でこの相手にぶつけにくるというその意気込みには心揺さぶられるが、ひとまず現段階で中心視できる馬ではないと思う。

「一番強い相手にぶつける」という金子真人オーナーの進言があり参戦が決定した。
マカヒキ腕試しの一戦を心待ち/弥生賞|極ウマ・プレミアム

【弥生賞】マカヒキ、クラシック戦線頂点へ - 予想王TV@SANSPO.COM

【弥生賞】栗東レポート~マカヒキ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

◎ノーブルマーズ 【若駒ステークス2016予想】

例年通りの少頭数レース。

そして変わらず出世レースになってもおかしくないメンツが揃った印象。
素直に上位人気馬が強いと思うので、馬券的な妙味はなく馬券は遊び程度だが春を見て重要なレースにはなりそうで一応みておく。

現在単勝1人気はマカヒキ
前走はレース運びも相手関係も新馬戦の流れとしては全く問題なしといえる。
が、ドスローであった割に追走に苦労していたように映ったので、レースが流れた時どうなるかが未知数。
未知数に賭けるにはさすがに人気を背負いすぎてしまいそう。
この相手を圧倒するようであれば、素直にクラシック候補と言っていいと思うが、ここで金は賭けづらい。

2人気はブラックスピネル
前走ホープフルステークスで中心視した馬で、4着に負けはしたが、まだ地力を疑うほどではない。個別の投稿でも書いたが、敗因を陣営が位置取りに求めてるっぽいので、少頭数とはいえ大外枠に入ってどういう競馬をするかが少し不安。
現段階では世代トップを脅かすレベルにあると思うし、ここは楽に勝ってクラシック戦線にのってほしい。

3人気はロスカボス。
前走の敗戦はちょっと解せない、流れ合わなかったとはいうこととはいえ、ちょっと評価を下げなければいけないかなという着順ではあった。ただ、前々走ではブラックスピネルを距離ロスさあれどきっちり勝っているため、ブラックスピネルを評価している以上この馬を評価しないわけにはいかない。


と、まあ3人気以内をほぼ切れない形。一応距離を加味するとブラックスピネル→ロスカボス→マカヒキの順とするが、ここまでの着順云々で馬券を狙うほどの根拠は作れない。
1点勝負前提でもう少し人気薄を狙いたい。

ノーブルマーズがおもしろい。
馬ごみを気にする馬で前にいって味が出る、控える競馬をしたときは競馬を教えるためと馬と騎手がコメントしていることからも、とにかく前に行きたい馬。
その陣営が今レースはハナにたつことを明らかにしており、それが叶いそうなメンバー。
萩ステークス組を無視できない状況の中、あのレースができればここでも通用していい。

◎ノーブルマーズ

△ブラックスピネル、ロスカボス

人気ブログランキング

2016年1月23日(土) 京都10R 若駒ステークスの予想
ryouyaさんの競馬予想|若駒ステークス - 2016年1月23日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
最新トラックバック
最新コメント