3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ブランボヌール

◎ブランボヌール とにかく荒れろ!【NHKマイルカップ2016予想】

年間でこの季節だけは競馬をしようと思っているのに、忙しい。

しかし、NHKマイルカップは荒れ予想を祈る穴予想派にとって外せないレース。思いっきり振り切りたいところ。

現在単勝1人気はメジャーエンブレム。
牡馬牝馬ともに超一戦級が揃うわけではない、NHKマイルカップ。今年も魅力ある馬はそろったが、世代トップクラスからはちょいかけくらいのメンツという印象で、その中でこの馬のこれまでの勝ち方は際立っているので当然の1人気か。
ルメールがこれまでの牝馬の中で一番強いといった馬。この相手では落とせない。

ただ、前走はまさかの位置取りでの敗戦。締まったペースで結果を出してきていて、本番無意味に競ってくる馬がいないように、クイーンカップで布石を打ち、それは完全に成功しているように見えた。桜花賞をみても、他騎手は行ってくださいといっているような形でひとまずマイペースで行ける状態だった。その中でのあの競馬で敗戦でのここ出走。予定通りのはずはない。
そもそも、過去10年クイーンカップから桜花賞の臨戦での勝ち馬が過去出ていないのはわかっている中、それでも間隔を重視して桜花賞に臨んだ馬。その馬が予定外のここ出走はどうなのか。

このレースは確実に前に出してペースを中盤緩めることはないだろうし、前走よりは間違いなくやりやすい条件ではあると思うが、1番人気で積極的に買うほどではないとみる。おさえまで。

人気ブログランキング

2番人気はロードクエスト。
地力的には最上位だと思うが、周りの馬の動向に左右される馬。遅いペースでかつ距離ロスを食わない形にならないと苦しい。地力下位の馬には取りこぼさないが、同レベルの馬に対するとどうしても自分から勝ちに行けないのがもろに響き掲示板といったところ。
新馬&新潟2歳を終えた段階で世代上位確定としたが、その後勝ち切れていない。ただ、ペースが合わなかったなかでも強さそのものは見せており、ここでも大敗の画は浮かばない。ここ数戦の敗因を距離に求めるとするならばここは絶好で、雨も悪くない。買いの要素は十分にある馬ではある。
問題はメジャーエンブレムが作るレースはこの馬には向きそうにないこと。2頭の1、2着は相当地力が抜けてないとありそうになく、イモータルが5人気のメンツであれば、抜けている可能性そのものはあるものの、それにかけるには魅力的で買いたくなる馬が他に多い。

人気ブログランキング

3人気はティソーナ。
連勝馬に打倒上位2頭を託すといったところか。枠や脚質からも確実に前に行くだろうメジャーエンブレムの後ろを追走という一発かませるかもの期待はかかるが、前走よりパフォーマンスを上げるとは考えづらい。人気通り決まったレースで1倍台の1人気に押されたレース。そして前々走勝ち後、ルメール騎手に距離は1400の方がいいとコメントした。前走よりメンツが揃い、前にも後ろにも地力上位を証明してきている馬がいて、距離もベストではない。その上で3人気。未知の魅力にかけるには人気し過ぎ感。無視。

人気ブログランキング

4人気はトウショウドラフタ。
マイルで結果が出ず、距離短縮で勝ち数を伸ばして、マイル重賞に再挑戦の図。
前走でブレイブスマッシュを逆転しているのを距離短縮が活きたとみるか、成長したとみるかだが、成長で逆転とみたとしても前走2着のブレイブスマッシュが現在単勝11番人気。明らかにこの馬が過剰に評価されている、もしくはブレイブっスマッシュが過小評価といえる。
後ろからのレースを選択すると明らかにロードクエストに劣るので、前目のレース選択をするだろうが、そうした時も未知でやはりマイルは不安。
どうとったしても、ブレイブスマッシュをこの馬よりブレイブスマッシュを買いたくなる。無視。

人気ブログランキング

5人気はイモータル。
前走クラシック通用の地力保持の可能性もある馬として、本命にした馬。
前走は勝たなくてもいいレースで思い通りの結果を残し、ここ1本に絞っての臨戦で他馬より明らかにここへの意気込みは強い。
敗戦には理由があるし、まだ底はみえていない馬。ここを見た前走の勝ち馬ディーマジェスティが皐月賞を獲ったことを考えると、無視できる馬ではない。中心視。

人気ブログランキング

戦歴からは1、2番人気が素直に評価できるが、どちらも同時に馬券内という画は浮かびづらい組み合わせ。しかしその2頭はともにここにベストとは考えづらい状況。
それに決して内目枠優位のレースではない中で、内目に人気馬ずらり。まあ内、前有利馬場っぽいが。
穴党は逆に張れってことでここは外枠から買いたい。

ブランボヌールがおもしろい。
基本的に函館2歳ステークス勝ち馬は春は買いにくい馬ではあるが、今年の函館2歳ステークスの勝ち方は例年にないものだった。それに完全前哨戦仕様のファンタジーステークスでのワントゥワンで間接比較すると、状態7分といった紅梅Sシンハライト、エルフィンSレッドアヴァンセと同レベルの評価はできる。そして阪神JF3着と、世代上位馬と差がないレベルであることは明白。
として、桜花賞でも拾った馬。
岩田騎手がおろされ、三浦騎手初騎乗でのレースだった前走。メジャーエンブレムが引っ張る想定で一発を狙った騎乗は悪くなかった。馬体減の状態不安どうこうよりもまだ馬をつかみきれていなかっただけ、というよりメジャーエンブレムが想定と違った走りをしただけとしたい。
メジャーエンブレム以外の牝馬が軒並み人気薄の状態だが、メジャーエンブレム比較でこの馬に可能性がないはずがない。馬体次第もこのオッズなら積極的に狙いたい。

他も大きく狙う。
ニュージーランドT回避となったとはいえ、尋常じゃなくなめられているシャドウアプローチとトウショウドラフタ比較でブレイブスマッシュ、内枠好位につけて行ける馬アーバンキッドを拾う。


◎ブランボヌール

○イモータル

△ロードクエスト、メジャーエンブレム、シャドウアプローチ、ブレイブスマッシュ、アーバンキッド

ウマニティ





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

ブランボヌール【桜花賞2016出走予定馬】

先週投稿分に、気になる騎手発言&ニュースを追記しました。
■2015/6/27新馬4番2人気1着

タイム差なし2着はりんどう賞2人気2着、紅梅5着メジェルダ
0.5差3着は次次走未勝利抜け、アネモネSで14人気2着アッラサルーテ
1.3差5着は札幌2歳、アルテミス3着、阪神ジュベナイル8着クロコスミア

普通にスタートし押して前に出そうとするが、ダッシュ力なく大人しく内に入れて追走。ハイペースの中内を進めて直線。一瞬空いた馬間をついて抜け出す。
正直結果的にハイペースで流れて位置取りがうまくはまった感はあるものの、勝負強さは見えたかな。

レース後コメント
1着 ブランボヌール(岩田騎手)
「最初はモタモタしていましたが、3コーナーからは自分で行く素振りを見せました。抜け出してからフワッとするところもありました」
【メイクデビュー】(函館5R、6R)~ブランボヌール、コラッジョーゾが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/7/26函館2歳9番1人気1着

0.6差2着は阪神ジュベナイル11着、エルフィンステークス9人気9着メジャータイフーン
0.6差3着は京王杯10着ヒルダ
0.9差7着は2人気におされたメジェルダ

前走同様普通にスタートしたがダッシュ力なく中団追走。またまたハイペースで進んだので、それが功を奏した形も、今回は早めに外に出し自ら位置取りを押し上げて直線外から一気に抜け出した。

完勝。新馬戦で2着だったメジェルダが2番人気だったわけで、メンツレベルはしれたものだが、そのメジェルダに0.9差つけたということは大きく評価できる。レース後メジェルダにのった四位騎手は馬場を敗因にあげているが、ペースについていけなかった可能性もありそう。
そういういみでも前走と併せ、今回の勝ち方であれば距離が延びても・・の感はある。

レース後コメント
1着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「2走目でどんなレースをするかと思っていましたが、落ち着いてレースができました。内を走ってもゴチャつくと思い、外を回ってきましたが、いい末脚だったと思います。普段からピリピリする馬ですが、このレースへ向けてスタッフがよく仕上げてくれました」
【函館2歳S】(函館)~ブランボヌールが3馬身半差でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/11/7ファンタジーステークス6番1人気3着

タイム差なし1着は阪神ジュベナイル5人気9着キャンディバローズ
タイム差なし2着は6人気だったメジェルダ
タイム差なし4着はワントゥワン

スタートよくハナをうかがう勢いだったが、外からも1頭押してきたので、おさえて内に入れる選択をして、3番手内目追走。
そのまま内を回して直線も最内をそのまま狙う。進路もあって延びるが前も交わせずなんとなくで流れ込んだだけといった感じ。
メジェルダにも負けた形だが、戦前から叩き台仕様だということは明言しており、距離延長、輸送の影響というより単純に状態に敗因を求めたい。ペースが合わなかった可能性は残るがそれは叩き台仕様のここでは判断できないかなと。

レース後コメント
3着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「休み明けで馬は落ち着いていました。勝ちたかったのですが......。馬体がパワーアップして、力みもそれほどありませんでした。1600mはもつと思います」
【ファンタジーS】(京都)~キャンディバローズが叩き合い制す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/13阪神ジュベナイルフィリーズ11番3人気3着

0.5差1着はアルテミスS2着、クイーンカップ1着メジャーエンブレム
0.2差2着は新潟2歳2着、アルテミスS5着ウインファビラス
0.1差4着はアルテミスS4着、紅梅S4着のペプチドサプル
0.2差7着はアルテミスS1着デンコウアンジュ
1.8差14着は12人気メジェルダ

普通にスタートし無理せず中団外目追走。馬群の中で自由度がない追走になった。3角過ぎから外目に出しながら直線。進路はあったので即スパートするが伸びきれないが長く脚を使って最後までばてず伸びての3着。キレ勝負ではちょっと大変そうもそうでなければ上位と勝負できる地力保持ということはみせた。距離に対する不安はあまりないと思われる。

レース後コメント
3着 ブランボヌール(中竹和也調教師)
「ジョッキーによると、バカついた馬がいて外を回らされる形になったということでした。ただ、外から伸びているのはこの馬だけでしたし、がんばってくれたと思います」
【阪神JF】(阪神)~メジャーエンブレムが人気に応えてGI初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

ブランボヌールの主戦岩田は「馬は成長しているから、僕も成長しないと」/阪神JF - netkeiba.com
人気ブログランキング

■2016/3/5チューリップ賞10番5人気14着

1着シンハライト
2着ジュエラー
3着ラベンダーヴァレイ

思い切って前に行く気だったかもしれないが、スタートがそこまでよくなかったので内枠の馬に前に出られる。ダッシュ力活かして前にはつけるも、ところどころおさえながら前方外目追走。直線仕掛けるが、前に馬がいる内を狙っての進出で早い段階から進路が確保できそうになかったように思う。

道中距離ロスがあったから、その分を埋めるための選択だったかもしれないし、馬がまっすぐ走らなかっただけなのかもしれないが、ちょっと上位に来るのは無理な直線だったように見えた。直線で伸びてくれなかったとのこと。伸びなかったので内をついていこうとしたのかもしれないものの、ちょっと着順をあげようという意識は見えなかった。
賞金足りていて、前哨戦仕様明言馬の1頭だったので、敗戦自体はそこまで重くないものの、ちょっと内容悪いかなと。

レース後コメント
岩田騎手(ブランボヌール=14着)「好位の外めを折り合って流れに乗れましたが、直線で全く伸びてくれませんでした。仕上がりが良かっただけに、(敗因が)よく分からないです」
【チューリップ賞】14着ブランボヌールの岩田「全く伸びてくれませんでした」 : スポーツ報知
14着ブランボヌール(岩田)トモがついてこなくて、バラついた走りだった
【チューリップ賞】戦い終えて ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

【チューリップ賞】栗東レポート~ブランボヌール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI





■桜花賞
ディープインパクト産駒で初函館勝利した、世代最初の重賞制覇馬。
そして阪神JFでもしっかり馬券に絡んだ馬でもある。

基本的に函館2歳ステークス勝ち馬は春は買いにくい馬ではあるが、今年の函館2歳ステークスの勝ち方は例年にないものだった。それに完全前哨戦仕様のファンタジーステークスでのワントゥワンで間接比較すると、状態7分といった紅梅Sシンハライト、エルフィンSレッドアヴァンセと同レベルの評価はできる。そして阪神JF3着と、世代上位馬と差がないレベルであることは明白。
前走の負けでどれくらい評価が落ちるかだが、地力を考えて不当な人気になるようであれば買いの要素はある馬だと思う。

フィリーズレビューではなく、叩き台仕様明言でチューリップ賞に出走したというだけで、細かい勝ちに重きを置いておらず、ただただ桜花賞を獲りに来ているとみていい。
そのチューリップ賞の内容がどうにもこうにもむずかしい。戦前前哨戦仕様でまだまだ状態ベストではないと陣営がいっていたのに、レース後岩田騎手は状態良かったので敗因わからんということで。もし前走の敗因が状態や馬場にないとしたらこの馬の苦手とするペースではなかったはずだし素直に完敗で、本番はほぼ目がないと思う。
ただ、状態未完成でのレースであるとしたら、着順から受ける印象ほど負けていないし、内容が結構ひどいものだったので、内枠に入ってロスなくすすめられれば、掲示板内の可能性は秘めていると思う。メジャーエンブレムが作る流れが向くことは阪神JFで明らかであるので、オッズによっては拾っておきたい馬ではある。
ただ、このレースでどのように戦うのかがとにかく難しい。仮想桜花賞として最適なメンバーで最適なペースになったと思うのだが、そこでの着順が着順だけに同じようにはしにくくなってしまったし。
個人的には思い切って前に出してレースを荒れさせてほしいと思っているが、どうだろう。岩田騎手は昨年レッツゴードンキにものっていて、桜花賞と相性のいい騎手。なにかやってくれという願いを込めておきたい。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」
続きを読む

◎ビービーバーレル 一発かませるのはこの馬しかいない!!【桜花賞2016仮予想】

メジャーエンブレムが強すぎて、地力から考えるとメジャーエンブレム→シンハライト以外の形は見えない。
ただ、それだと当然馬券としてのおもしろみはまったくない。
アルテミスSで途中緩めてデンコウアンジュに差され、ここ2戦マイペースでぶっとばして圧勝していることを考えると、ここでそれをやられるとまず勝てる馬はいないと思う。
そして、まずここでもそれを狙ってくるはず。

この馬に勝つにはまずそれを阻止する必要がある。そしてそれができる馬が一頭しかいない。






ビービーバーレルがおもしろい。
この馬がハナに立ってペースを作れる立場になれば、場は荒れる。
場を荒らしてかつ、マイペースを作れた時に勝ち切る地力は充分にある。

まず、前走メジャーエンブレムに真っ向から勝負を挑んだ姿勢が素晴らしい。そしてしっかり負かされたことから、メジャーエンブレムのペースで戦ったら何もできないということははっきりした。
レース後石橋騎手がメジャーエンブレムはおかしいくらい強い、とコメントしていることからも、ルメール騎手の「本番で競ってきたら潰すから」という前走で唯一の主張はしっかりと石橋騎手に届いた形。

そこで、本番で石橋騎手が取れる形は2つしかない。
1着目指して一か八かでとにかくハナにたち、ペースをコントロールし切って戦う。
1着は諦め、逃げるメジャーエンブレムを無視して番手追走でメジャーエンブレム以外のペースをコントロールするか。
どちらでくるかは、枠とゲート次第だろうが、どちらをとっても馬券内に残る可能性はあるように思う。そしてこれ以外の形であれば、まず何もできずに終わる。

クイーンカップでは1着を目指して・・のレースをしようとしたが、スピード差がありすぎて内枠から前に出すメジャーの前に出すこともできなかった。
ここは、この馬が内目の枠に入って、メジャーエンブレムがさらに内に入る形か、メジャーが大きく外枠になる並びになって、なんとしてでも前に出してほしい。


他はここ勝負明白の阪神JF組。
ウインファビラス
傍目には完敗に映った阪神JFにおいて、レース後「春にリベンジ」とコメントした松岡騎手の意地を買いたい。
最低でもあの段階において、デンコウアンジュと並びメジャーエンブレムにつぐ地力だったのは間違いないと思っている。チューリップ賞の着順が悪すぎるものの、前哨戦負け→本番は年末と同じパターン。
メジャーエンブレムより前の形はちょっと苦しいかなとは思うものの、前走の敗戦によって人気落ちること明白なここで無視する必要はない。


デンコウアンジュ
どれくらいオークスをみているのかがわからないので、桜花賞ベストなのかどうかがはっきりしないが、アルテミスSは決してフロックではなく、地力は高い。
アルテミスSのように後方で溜めて、みたいなほぼ勝ちが見えない一か八かの戦法はとってほしくないなあと思っていたら、阪神JFは明確に勝ちを狙ってきたし、前走もここの試走としてはほぼ100点の騎乗だったと思っている。
そしてやっと絶対勝ちを目指さなくてもいい立場になった。ここは最高にはまって1着。そうでなくとも掲示板という脚をためてのレースをしてくるはず。


ブランボヌール
可能性という面でいうと、この馬にも一発あると思っている。
フィリーズレビューではなく、チューリップ賞に出走したという事実だけで、間違いなく先は見ておらず勝負はここ一本だと思われる。


◎ビービーバーレル

○メジャーエンブレム

▲ウインファビラス

△デンコウアンジュ、ブランボヌール、シンハライト


3歳クラシック戦線に勝つ!! : メジャーエンブレム【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ウインファビラス【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : デンコウアンジュ【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : レッドアヴァンセ【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : シンハライト【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ジュエラー【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ブランボヌール【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ビービーバーレル【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ラベンダーヴァレイ【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : アッラサルーテ【桜花賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : アットザシーサイド【桜花賞2016出走予定馬】





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】

ブランボヌール【桜花賞2016出走予定馬】

■2015/6/27新馬4番2人気1着

タイム差なし2着はりんどう賞2人気2着、紅梅5着メジェルダ
0.5差3着は次次走未勝利抜け、アネモネSで14人気2着アッラサルーテ
1.3差5着は札幌2歳、アルテミス3着、阪神ジュベナイル8着クロコスミア

普通にスタートし押して前に出そうとするが、ダッシュ力なく大人しく内に入れて追走。ハイペースの中内を進めて直線。一瞬空いた馬間をついて抜け出す。
正直結果的にハイペースで流れて位置取りがうまくはまった感はあるものの、勝負強さは見えたかな。

レース後コメント
1着 ブランボヌール(岩田騎手)
「最初はモタモタしていましたが、3コーナーからは自分で行く素振りを見せました。抜け出してからフワッとするところもありました」
【メイクデビュー】(函館5R、6R)~ブランボヌール、コラッジョーゾが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/7/26函館2歳9番1人気1着

0.6差2着は阪神ジュベナイル11着、エルフィンステークス9人気9着メジャータイフーン
0.6差3着は京王杯10着ヒルダ
0.9差7着は2人気におされたメジェルダ

前走同様普通にスタートしたがダッシュ力なく中団追走。またまたハイペースで進んだので、それが功を奏した形も、今回は早めに外に出し自ら位置取りを押し上げて直線外から一気に抜け出した。

完勝。新馬戦で2着だったメジェルダが2番人気だったわけで、メンツレベルはしれたものだが、そのメジェルダに0.9差つけたということは大きく評価できる。レース後メジェルダにのった四位騎手は馬場を敗因にあげているが、ペースについていけなかった可能性もありそう。
そういういみでも前走と併せ、今回の勝ち方であれば距離が延びても・・の感はある。

レース後コメント
1着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「2走目でどんなレースをするかと思っていましたが、落ち着いてレースができました。内を走ってもゴチャつくと思い、外を回ってきましたが、いい末脚だったと思います。普段からピリピリする馬ですが、このレースへ向けてスタッフがよく仕上げてくれました」
【函館2歳S】(函館)~ブランボヌールが3馬身半差でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/11/7ファンタジーステークス6番1人気3着

タイム差なし1着は阪神ジュベナイル5人気9着キャンディバローズ
タイム差なし2着は6人気だったメジェルダ
タイム差なし4着はワントゥワン

スタートよくハナをうかがう勢いだったが、外からも1頭押してきたので、おさえて内に入れる選択をして、3番手内目追走。
そのまま内を回して直線も最内をそのまま狙う。進路もあって延びるが前も交わせずなんとなくで流れ込んだだけといった感じ。
メジェルダにも負けた形だが、戦前から叩き台仕様だということは明言しており、距離延長、輸送の影響というより単純に状態に敗因を求めたい。ペースが合わなかった可能性は残るがそれは叩き台仕様のここでは判断できないかなと。

レース後コメント
3着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「休み明けで馬は落ち着いていました。勝ちたかったのですが......。馬体がパワーアップして、力みもそれほどありませんでした。1600mはもつと思います」
【ファンタジーS】(京都)~キャンディバローズが叩き合い制す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/13阪神ジュベナイルフィリーズ11番3人気3着

0.5差1着はアルテミスS2着、クイーンカップ1着メジャーエンブレム
0.2差2着は新潟2歳2着、アルテミスS5着ウインファビラス
0.1差4着はアルテミスS4着、紅梅S4着のペプチドサプル
0.2差7着はアルテミスS1着デンコウアンジュ
1.8差14着は12人気メジェルダ

普通にスタートし無理せず中団外目追走。馬群の中で自由度がない追走になった。3角過ぎから外目に出しながら直線。進路はあったので即スパートするが伸びきれないが長く脚を使って最後までばてず伸びての3着。キレ勝負ではちょっと大変そうもそうでなければ上位と勝負できる地力保持ということはみせた。距離に対する不安はあまりないと思われる。

レース後コメント
3着 ブランボヌール(中竹和也調教師)
「ジョッキーによると、バカついた馬がいて外を回らされる形になったということでした。ただ、外から伸びているのはこの馬だけでしたし、がんばってくれたと思います」
【阪神JF】(阪神)~メジャーエンブレムが人気に応えてGI初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

ブランボヌールの主戦岩田は「馬は成長しているから、僕も成長しないと」/阪神JF - netkeiba.com
人気ブログランキング

■2016/3/5チューリップ賞10番5人気14着

1着シンハライト
2着ジュエラー
3着ラベンダーヴァレイ

思い切って前に行く気だったかもしれないが、スタートがそこまでよくなかったので内枠の馬に前に出られる。ダッシュ力活かして前にはつけるも、ところどころおさえながら前方外目追走。直線仕掛けるが、前に馬がいる内を狙っての進出で早い段階から進路が確保できそうになかったように思う。

道中距離ロスがあったから、その分を埋めるための選択だったかもしれないし、馬がまっすぐ走らなかっただけなのかもしれないが、ちょっと上位に来るのは無理な直線だったように見えた。直線で伸びてくれなかったとのこと。伸びなかったので内をついていこうとしたのかもしれないものの、ちょっと着順をあげようという意識は見えなかった。
賞金足りていて、前哨戦仕様明言馬の1頭だったので、敗戦自体はそこまで重くないものの、ちょっと内容悪いかなと。

レース後コメント
岩田騎手(ブランボヌール=14着)「好位の外めを折り合って流れに乗れましたが、直線で全く伸びてくれませんでした。仕上がりが良かっただけに、(敗因が)よく分からないです」
【チューリップ賞】14着ブランボヌールの岩田「全く伸びてくれませんでした」 : スポーツ報知
14着ブランボヌール(岩田)トモがついてこなくて、バラついた走りだった
【チューリップ賞】戦い終えて ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

【チューリップ賞】栗東レポート~ブランボヌール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI





■桜花賞
ディープインパクト産駒で初函館勝利した、世代最初の重賞制覇馬。
そして阪神JFでもしっかり馬券に絡んだ馬でもある。

基本的に函館2歳ステークス勝ち馬は春は買いにくい馬ではあるが、今年の函館2歳ステークスの勝ち方は例年にないものだった。それに完全前哨戦仕様のファンタジーステークスでのワントゥワンで間接比較すると、状態7分といった紅梅Sシンハライト、エルフィンSレッドアヴァンセと同レベルの評価はできる。そして阪神JF3着と、世代上位馬と差がないレベルであることは明白。
前走の負けでどれくらい評価が落ちるかだが、地力を考えて不当な人気になるようであれば買いの要素はある馬だと思う。

フィリーズレビューではなく、叩き台仕様明言でチューリップ賞に出走したというだけで、細かい勝ちに重きを置いておらず、ただただ桜花賞を獲りに来ているとみていい。
そのチューリップ賞の内容がどうにもこうにもむずかしい。戦前前哨戦仕様でまだまだ状態ベストではないと陣営がいっていたのに、レース後岩田騎手は状態良かったので敗因わからんということで。もし前走の敗因が状態や馬場にないとしたらこの馬の苦手とするペースではなかったはずだし素直に完敗で、本番はほぼ目がないと思う。
ただ、状態未完成でのレースであるとしたら、着順から受ける印象ほど負けていないし、内容が結構ひどいものだったので、内枠に入ってロスなくすすめられれば、掲示板内の可能性は秘めていると思う。メジャーエンブレムが作る流れが向くことは阪神JFで明らかであるので、オッズによっては拾っておきたい馬ではある。
ただ、このレースでどのように戦うのかがとにかく難しい。仮想桜花賞として最適なメンバーで最適なペースになったと思うのだが、そこでの着順が着順だけに同じようにはしにくくなってしまったし。
個人的には思い切って前に出してレースを荒れさせてほしいと思っているが、どうだろう。岩田騎手は昨年レッツゴードンキにものっていて、桜花賞と相性のいい騎手。なにかやってくれという願いを込めておきたい。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

◎アドマイヤリード 総じて阪神JF組の人気がなさすぎる!!【チューリップ賞2016予想】

桜花賞に向けての最重要ステップ。

賞金が足りている有力馬がたたき台としてこのレースを選択している場合が多く、それでありながら、馬券はかなり手堅くまとまる傾向で、そこが人気馬の取捨を難しくする。
ステップ仕様の人気馬からどの馬を選ぶかが勝負のレース。

っていうのは毎年わかってはいるんだけど、やはり状態不明のステップ仕様の人気馬より、ここで本番出走が決まる人気薄どころを狙いたいんだよなあ。


現在単勝1番人気はジュエラー
人気馬の中で本番出走微妙な賞金状況で普通に考えればここにベストに近い状態で挑むであろう一頭。それに重賞連勝記録継続中のデムーロが乗るとなれば、人馬共に本気度は高いとみていいだろう。
ただ、このメンツの中で1人気でこの馬を買うか、と言われるとちょっと考えてしまう。
2戦目でシンザン記念で連対したというその事実だけで買いの要素はあるのはもちろんだが、共に比較的対戦相手には恵まれている。
それに2レースともスタートよくなく、今回もスタートよくないとすると枠的に致命傷になりうると思う。新馬戦のような地力で圧倒するレースはできないだろうし、中途半端なレース選択をせざるを得なくなりそう。
また、仮にうまくスタートできたとしても、これまで後ろからのレース選択をして上位にきている中で思い切って前につけられるかは賞金的に試走という位置づけではないこの馬としては難しいだろう。
黙って権利取りに徹してくれば安泰だろうとは思うが、騎手に連覇がかかる中でどうなるか。
まあその辺はデムーロがうまく乗ってくれるでしょう、というところではあるが、1人気であれば思い切って馬券外に賭けてみたい。

人気ブログランキング

2番人気はレッドアヴァンセ
ここ2走の勝ちっぷりが圧巻。デムーロ騎手が絶賛した馬。
ゲート不安を前走後武騎手がコメントしているが、戦いやすい外枠に入り非常に無視しづらくなった。
ただ、この馬は勝負レースを連続している。新馬前から先を見据えられていた馬で、新馬未勝利の2戦の足踏みは痛かった。それは陣営も語っており、ここ2戦はレース後陣営が勝負をかけたと語っている。
そもそも500万下→チューリップ賞の2戦勝負を避け、エルフィンステークス1戦で勝負することを選択したわけで、ここは相当余裕残しの状態であるとみて間違いない。もちろん直行せずにここ1走挟むということは状態不安がないことの証明ではあるが、それでもやはり不安はある。枠が枠なので完全無視は難しいが頭は取りこぼすほうに賭けて薄く拾う。

人気ブログランキング

3人気はシンハライト
騎手が距離延びた方がいいと言い、陣営が状態もベストではないと言う中で紅梅Sを勝ったのは地力の証明。
2戦消化だけの馬にしては対戦相手からも地力証明がなされており、信用度は高い。
池添騎手が乗り味を絶賛している馬で、陣営も一貫して桜花賞を意識したコメントを出していることからもかなり期待されている馬でもあり馬券に組み込まざるを得ない印象。
ただ、ここ2走の走りからだけ言うと部分部分の武器ではどれも他に優っている馬が出走しているように思うし、阪神JF上位組より地力は劣るとみているので、どこをとっても基本は未知の部分の可能性に賭けることになる。
賞金的に余裕があることと、枠を考えると、練習してきたゲートがうまくいけばおそらく前に行っての勝負をすると思われるが、出遅れるとジュエラー同様致命傷になりうる。
状態良さそうで、切るにはかなり勇気がいるが、紅梅Sからの臨戦は結果が出てないことも踏まえて、地力評価しつつもここはスルー。

人気ブログランキング

4人気はウインファビラス
本番で狙いたい馬の1頭。そのためにもここは本番で人気にならない程度に負けてほしいと思っている。
アルテミスステークスでは陣営はレース後、本番を見据えての調整だったと言い、松岡騎手もそれを分かった上での騎乗。本番では陣営も松岡騎手も前回よりもよくなっていて勝負になると事前に話していて、その本番では松岡騎手は明らかにアルテミスステークス時と乗りかたが違って、直線でも限界まで追っていた。
はた目にはどうしようもないほどの差かなと思ったが、レース後「悔しい、春にリベンジ」とコメント。なんともかっこいい。
そして春の本番は次。阪神JFのパターンで行くと、チューリップ賞は素直に試走で無理はさせないはず。事前インタビューでもやたらと前哨戦としては・・というコメントを連発していて、100%状態微妙だろうなと。
常にそこそこのレベルの相手とやっているが、そのメンツに勝ち切れておらず、状態ベストでない中で勝ち切れるほどではないかなと思う。
阪神JFのメンツが強いと思っているので、そこで最上位のこの馬はここでは地力最上位と思っているが、本番で買いたいので連対してほしくないという願望もこめて薄く薄く拾う。

人気ブログランキング

5人気はブランボヌール
他の一部の有力馬と同様賞金は足りており、ここは叩き台仕様を明言。そもそもフィリーズレビューではなくここに出走の段階で次しか見ていないともとれる。
過去10年勝ち馬のG1勝ち馬ゼロの世代最初の重賞を完勝した馬、目指すはG1勝ちのみか。
ちょっとどこかわからなかったが、前走はぶつけられていたとのことだし、地力の高さは見せての内容でこの馬の地力も疑ってはいない。ただ、やはり2着馬を上位にとりたいし、ここでも2着馬より本気度合いは低いと見る。
岩田騎手がここを区切りとして関東に移るとのこと。さすがに根性みせろと思うものの、騎手と共に枠も含めここではちょっと買いづらいかな。

人気ブログランキング

6人気はデンコウアンジュ
この馬も賞金足りている馬の一頭。そしてその中で最も取捨が難しい印象。
もちろん桜花賞が目標なのは間違いないだろうが前走で積極的な競馬をしたので、今回は後方からおとなしくのレースを選択するはず。そしてそれがハマれば状態ベストでなくても勝ってしまうくらいの地力は持っていそう。新馬未勝利段階ではそこまでの馬ではないかなくらいだったのが、前走の内容から大きく評価を上げざるを得なかった。
ただ、地力そのものは2着馬の方を評価しているし、後方からおとなしくがハマる可能性は桜花賞よりは高くともちょっと厳しいレースだと思っているので、積極的には買いづらい。それでもメジャーエンブレムに土を付けた事実があるのにここまで舐められるとなると妙味は大いにあると思う。たぶんないだろうが、単勝15倍つくこのまま推移するようであれば、単勝も考えたい。

人気ブログランキング

今年は1頭強い馬はいるものの、例年通り本番でも期待できる有力馬が揃った印象。
チューリップ賞は近5年で4年阪神JF組が馬券内に2頭絡んでいる阪神JF組圧倒のレース。今レースのメンバーをみても前走阪神JF組を買っておけば当たりそう感も漂うほど。
そしてもう一つ忘れてはいけないのは、7、8枠が内枠を圧倒しているということ。

堅く収まることの多いレースではあるが、人気馬を薄くおさえつつ、人気薄が突っ込んでくるイメージで大きく狙いたい。

アドマイヤリードがおもしろい。
阪神JFは余力がなかった。この馬は強い。
後でもろもろ追記予定も、ひとまず有力馬がステップ仕様でペース落ち着けば突き抜けると思う。


次はクロコスミア。
阪神JF組、そして外枠。条件はそろった。
アルテミスステークスでデンコウアンジュとほぼ同等の評価ができる競馬をしており、デンコウアンジュは外枠だったらもっと重く見られていただろう、ここでも十分に通用の可能性のある馬。であれば、この馬の現在15、16番当たりの人気は明らかに不当。このままの人気であれば大きく狙ってみたい。
ただ、さすがに走り過ぎな印象でアドマイヤリードを上に取りたい。


他は、人気薄2頭からいくので広く拾う。
人気馬と、近3年馬券になっている逃げ馬候補、そして外枠の馬を。


◎アドマイヤリード

○クロコスミア

△レッドアヴァンセ、ウインファビラス、デンコウアンジュ、クィーンズベスト、カイザーバル、クリノラホール


ウマニティ
KLAN

人気ブログランキング

【チューリップ賞】追って一言 - 予想王TV@SANSPO.COM続きを読む
最新トラックバック
最新コメント