3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ナヴィオン

◎ノースストーム 枠の利を活かして闘える!【シンザン記念2015予想】

圧倒的内枠前有利なレース。
先週の京都金杯も2枠→1枠→1枠→4枠→4枠が掲示板という外枠の馬で一発狙おうという思いを一切許さない結果。
ヒモ荒れ傾向のレースではあるが、1~3番人気が7、8枠に入った今年、大きく荒れそうな予感しかしないのが逆に罠か。

現在netkeiba.com単勝1番人気はダッシングブレイズ
週中に見た通り、まあここ2戦の内容に不満はない。
前走で千両賞4着ペガサスボス、千両賞7着アドマイヤゴッドを破っており、千両賞5着、9着、11着の馬がここで6、7、8人気に推されていることからも、一定の人気を背負うのは当然も、果たして1人気になる馬かといわれると疑問。
ドスローのレースのみしか経験しておらず、ある程度速く流れたときのパフォーマンスは不明で、7枠に入り内に入り込めないと単純に距離ロスすることになりそう。
ここまでと同様の流れになれば圧倒する地力を秘めている可能性もあり、また実際そうなることもありそうなメンツではあるが、不明な要素の多い外枠馬を1人気で買う必要はない。無視。

2人気はグァンチャーレ
ここ出走馬中では地力証明がなされている馬で、どのような形になっても掲示板には載ってきそう。
ただ、1人気同様外枠に入り、騎手の判断がかなり問われるレースになりそう。
出遅れが怖いが、地力的に無視はできない。

3人気はナヴィオン
ここでは実績最上位であり、地力もおそらく最上位。
朝日杯からの参戦馬が結果を出しているレースであり、その朝日杯での敗因が馬場にあるのであれば、見限る要素は少ない。
ただ、大外枠に入った。12頭立てとはいえ、ここでの外枠は痛いはず。
メンバー的にはここは取りこぼしたくないところではあるが、内枠超優勢な状況でどうなるかというところ。押さえまでか。

4人気はクイーンズターフ
こっちに参戦か。
正直地力低目なメンツであり、というよりもこの馬が4人気になるくらいのメンツなわけで、勝ってもまあそこまで驚かないかもしれないが、この人気で買える要素はないと思う。

5人気はレンイングランド。
距離合わないと週中は見もしていなかったが、5人気内で最内枠に入り、前に行ける馬と好走条件はそろった。
ただ、それによって押し上げられている人気であるのは間違いなく、対戦相手からの地力比較以上の評価がされている印象。
初戦は折り合いを欠き、3走前は出遅れという敗因を考えると極めて安定した結果を残しており、背負った人気以上の着順で終えているのは事実であるものの、この人気で拾えるほど距離にめど立っている過去の戦歴ではないと見る。


5人気内から複軸をひっぱってくる予想スタイルとしても正直どの馬にも不安がある状況。
不明なことが多すぎて大きく金は賭けづらいレースになっている。それなら少額でも楽しめるように大きく狙いたい。
大きく狙うのであれば意地でも内枠から選びたい。12頭でのレースになったとはいえ、外枠の不利は軽減されても内枠の利はゆるぎないだろう。


ノースストームがおもしろい。
エリカ賞2014でも地力足りないとした馬ではあるが、エリカ賞より上位人気の地力が高いかというとそうでもないメンバーが揃った。
エリカ賞も決して悪い内容ではなく、戦前に思っていたよりずっと通用したと思う。新馬&未勝利同様内ラチ沿いを走るも、前の馬とのリズムが合わず中盤かかってしまった。そこでの消耗を考えると、地力発揮の形がとれればもしかする。
ここでも地力は劣るとは思うが、それを補うほどの内有利になっている。

新馬戦は出遅れ、大きく縦長になったレースを後ろから追走。4角で前にいた馬が残っており、2、4着馬も未勝利抜けを果たしておりそこまで悪いレースではないといえる。
未勝利戦は圧倒したが相手弱く、かつ比較的恵まれたレースではあった。ただ、決してスムーズに走ったものではないので、未勝利レベルでないことは証明している。

前に行ってしまいたいが、これまでのレースを見るとスタート後のダッシュ力は他に見劣る。それでも最内枠を活かしたレースはでき、いいポジションでレースを運べそう。
そしてそうなれば、外枠にいる地力上位との馬の差は消せる。

次はヤマニンマンドール
週中はこの馬でいこうと思っていたのだが、上位人気3頭とともに外枠。
この馬はこれまで決してスムーズな競馬ができておらず、もしスムーズな競馬ができたら通用の可能性は高い。
が、外枠で頭まではとなるとちょっと見えない。
ただ、「シンザン記念はクラシックに直結する出世レース」という視点で見ると、1人気馬かこの馬が勝つのがもっともしっくりくる。

◎ノースストーム

○ヤマニンマンドール

△グァンチャーレ、ナヴィオン、サトノフラム、ダンツメガヒット

ナヴィオン【シンザン記念2015予想人気馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : ナヴィオン【朝日杯フューチュリティステークス2014本命予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2014/12/21朝日フィーチュリティステークス8番5人気11着

週中はナヴィオン本命予定だったが予想外に人気したので、ちょっと評価を下げた。【朝日杯フューチュリティステークス予想】
ただもちろん、地力評価はしており、馬券にも組み込んでいた。
11着を聞いたときはかなり意外だった。

1着はベゴニア賞勝ち馬ダノンプラチナ。
2着はデイリー杯4着アルマワイオリ。
3着はいちょうS勝ちクラリティスカイ。
問題なくスタートするが、外から前に出たい馬も多そうであったからか、早く流れたからか位置を下げて中団に位置。
馬群の中に入ってしまい、前に出すこともできないうちに、外から後ろの馬にも交わされ、直線では後ろから数頭目になっており、そこから追おうとはするものの、全く反応せず直線半ばではもう次を考えているような状態。
もし、自分が勝負レースにしていて数万円数十万円賭けてたら「あ~~」って言ってしまいそうな気がする。
数千円だったから、まあ前半早く流れたし、福永騎手もいろいろ考えたんだろうなあで終わりましたが、この騎乗はどうなのだろう。
前々走、前走と好位につけるレースを試し、共にうまくいったわけではないが地力で上位着順になり、そこの試走をいかしてのここではなかったのか。
朝日杯は今年からコースが変わり、おそらくナヴィオンの地力がここで上位だと確信はもっていない福永騎手としてはどう乗るかはすごく難しいところではあったかもしれない。
それでも、中途半端に下げて馬群の中で道中なにもできず、直線入ってからも馬は動かず、結局何もせずっていうのはどうなのだろう。馬場の問題でまったく力を出せなかったのかもしれないが、であればもっと下げて自分から動ける位置につけたりと、何か工夫できなかったのか。
もちろん馬場が悪かったということで、何もできなかったという騎手コメントにウソはないだろうが、金をかけていた人を納得させられるとは思えない。

今レースも力を出し切ったレースではないので、評価を下げる必要はなく、むしろこれによって次以降人気が落ちるのであれば非常に魅力的で、福永騎手ナイス!と言いたくなるのだが、どうもシンザン記念でも上位人気に推されそうで・・・。


【シンザン記念】ナヴィオン 橋口師、ダービー連覇狙える逸材 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
仕切り直しとなるナヴィオンに橋口師「きれいな馬場で巻き返します」/シンザン記念 - netkeiba.com

◎コスモナインボールが押し切る!【朝日杯フューチュリティステークス予想】

今年から阪神競馬場で行われることになった朝日杯FS。
基本的には荒れにくく、前走成績がいい馬が安定のレース。
過去のレース傾向は一回リセットされるのか、変わらず引き継がれるのか・・・。

ただ、阪神1600になったことで、阪神JF同様、2歳戦なら若干外より枠有利で、差し勢圧倒というのは間違いないところだろう。


現在単勝1番人気はダノンプラチナ
最終的にはどうなるか不明も、この馬が1番人気は意外だった。
新馬戦1着のダイトウキョウがショウナンアデラに0.1差まで迫ったというくらいで、骨っぽい相手と闘ってきたわけでもなく、ただディープ産駒というだけで売れているような気がしてならない。
もちろん前走は非常に評価できるもので、ここで上位の地力保持はミッキーユニバース基準でも証明されているが、個人的にはそのミッキーユニバース基準でもクラリティスカイやブライトエンブレムを上位に取りたい。
また、内枠発走でなおかつ、土曜日に降雨予報があるとなるとこの馬の戦い方は非常に難しモノになる可能性が高い。スムーズに戦っても先頭でゴールできるか微妙なところをスムーズに走れない可能性が高いここは当然無視。


2番人気はクラリティスカイ
この馬も1番人気同様骨っぽい相手とは闘っておらず(つーか、OP重賞増えて強い馬がばらけてるから当然か)、基本的には前走の内容での人気。
その前走が非常に強い内容。人気になるのは最もなのだが、ブライトエンブレムより人気していい馬なのかということと、オッズ差を考えると圧倒的にネオルミエールを買いたくなることが気になるところ。
新馬戦で東スポ杯2人気に推されたクラージュシチーを新馬戦で破り、2戦目にしてレコードが出る馬場をこなしクラリティスカイと0.3差。プラスされた経験値とオッズ差を考えると、ネオルミエールが魅力的に映る。
オープンクラスの地力は証明されているものの、2番人気で積極的に買う要素はないと考える。手広くいくならおさえても・・くらいか。無視。


3番人気はアッシュゴールド
この馬もオルフェーブル全弟ということでの人気か。
新馬戦はそこそこのメンツとのレースであり、ソエの影響があったとのことだが、結果は完敗だった。それを陣営も感じて間隔をあけたのだろう。
次走未勝利線は逆に完勝。2,3着馬が4戦目にして未勝利戦を勝ち抜けていることからも、未勝利戦としてのレベルはそこまで低くはなく、未勝利戦クラスの相手であれば圧倒できる地力保持の証明はできた。
前走内容は決して悪いものではないし、レース後の池添騎手のコメントからも「先見て走ってるし、賞金加算できたからいいんだ勝たなくても」的ノリを感じることは感じるのだが(超曲解です)、このレースに限っていうとタガノエスプレッソとナヴィオンを上位に取りたいところ。過剰人気馬を買う必要はない。


4人気はブライトエンブレム
正直地力では他の馬を圧倒していると思う。それほど札幌2歳S勝ちの価値は高いとみる。
週中予想通り、1番人気であれば間隔あいたことと、時計のかかる馬場しか経験していないことを理由に切ろうかと思っていたが、上に3頭もいるまさかの状況。
馬場も渋って外枠。この馬に絶好の条件とみる。あとは状態のみも、他の馬券ベースでも4番人気のようであれば、全力で狙う価値はある。状態ベストでなくても、そこそこの状態でも勝つくらいの地力差はあると思う。


5人気はナヴィオン
本命にしようと思っていたので、だいたいこっちに書いた通り。
簡単に言うと、新馬戦がきちっとした相手に完勝し、ききょうオープンで500万下クラスの馬を圧倒し、前走で不利があっての3着であれば最低でもタガノエスプレッソ、アッシュゴールドより地力証明ができている、というもの。
ただ、それはアッシュゴールド、タガノエスプレッソよりオッズ的に軽視されていることが前提だった。タガノエスプレッソがここまで人気がなく、ナヴィオンが5番人気になるとは思わなかった。
もちろんおさえるが、この馬がこの人気であれば、もう少し大きく狙いたくなる。


内枠に1番人気が入り、前日降雨でどれくらい馬場に水っけが残るか不明、そして何よりコース替わり。
大きく荒れるほうに貼ってみたくなる。


コスモナインボールがおもしろい。
特に何があるわけではないのだが、唯一の3連勝馬が現在単勝10番人気。
さすがになめられすぎではないかと。
差しが決まりやすい条件とはいえ、雨が残ることが濃厚で、雨克服済の力のある先行馬は十分に残ることは可能。
新馬戦は9着。1着ミュゼエイリアンはかなり強いと思っている馬で、次のレースではおそらくいいところをみせるだろう。そして2着はココロノアイ。まあ、相手どうこうではない負けっぷり。騎手はメンコに敗因を求めていて、素直にそれを信じておこう。馬場に原因を求めるパターンが多いと思いきや、次走次次走共に緩い馬場だったことをみても、馬場悪化は苦にしないタイプと断定できる。
2走目の未勝利戦も後に未勝利を勝ち上がった馬がいないほどレベルの低い相手で勝ったからといって・・というレース。
アスター賞は馬場が悪い中完勝も、2着テンダリーヴォイスはアルテミスS10着。3着マイネルリードはベゴニア賞でダノンプラチナに1.5ちぎられている低レベルな相手。
前走アイビーS2着は東スポ杯6人気6着のスワーヴジョージ。3着はロジチャリス。ロジチャリスは芙蓉Sでジャストドゥイングに0.1差負けている馬で、この馬が今レースの1番人気だったことからも相手レベルは高くはない。ちなみに5着ダイトウキョウは新馬戦でダノンプラチナを破っている。

これまでのレースからはオープンクラス通用の地力証明はされていない。
が、当然ながらここで通用しないという根拠もまるでない。
そんな馬が、枠、馬場、相手構成と自分の土俵で闘えそうで単勝10番人気なら買うしかない。


他は、週中有力馬の1頭と考えていた ジャストドゥイング
ブライトエンブレムが地力抜けていると想定しているので、必然的にこの馬も。ただ、馬体がまた増えていると聞いては本命視しづらい。


◎コスモナインボール

○ブライトエンブレム

△ナヴィオン、ジャストドゥイング、ネオルミエール

人気ブログランキング

ナヴィオン【朝日杯フューチュリティステークス2014本命予定馬】

■2014/8/3新馬戦3人気1着

新馬戦らしいといえる超スローの後半勝負のレース。
スタートは悪くないので、外枠ということもあってか徐々に位置を下げ後ろからのレースを選択。直線になると、大外から鋭く伸びた。
2着は阪神JFを制した牝馬ショウナンアデラ。3着レッドブラッサムは次走未勝利抜け。4着ダイワインパルスはダートに場を移して未勝利抜け。
この最低でも未勝利抜けの地力を持つ2~4着馬が道中1~3番手でレースを作ったということを考えると、この馬の地力はかなり高いといえる。
レース後ショウナンアデラに乗った蛯名騎手が「勝った馬が強い」というのも納得の内容。

レース後コメント
【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~ナヴィオン、トーホウハニーが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ナヴィオン(的場騎手)
「調教師からは、癖がない馬だと聞いていました。前半はゆったり運べて、直線ではいい脚で伸びてくれました。エンジンが掛かってからが良かったです」
(赤木助手)
「賢い馬です。体高が低めの馬なので、今後大きくなりそうで、成長力もありそうです。今日は素質だけで勝ってくれました」

人気ブログランキング

■2014/8/31新潟2歳ステークス2人気6着

再度外枠に入り、道中最後方から追走。直線で大外に出すが、どうにもならず・・というレース。
直線で外寄りを通った馬が上位に来ていることからも、外枠スタート普通→道中後方→直線大外という選択そのものが悪かったとは思えないが、意図的に道中最後方の位置取りをしたのか、ただスピードについていけなかったのかが問題。ついていけなかったとすると、超スローの後半勝負以外は対応できない可能性もあり。
上位3頭はオープンクラス通用するだろう(している)馬であり、この時点でのそこいらと0.7差は絶望的な差ではないものの、新馬戦をみているとちょっと物足りなく地力はもっと僅差とみる。

レース後コメント
【新潟2歳S】(新潟)~ミュゼスルタンがレコードで重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
6着 ナヴィオン 的場勇人騎手
「スタートして、折り合いもピタッとついていました。いい感じで直線に向きましたが、結果としてもう1列前でもよかったのかもしれません。せっかくのチャンスだけに残念です」



■2014/9/27ききょうステークス1人気1着

レース後福永騎手が「後ろから行きすぎないように」と指示があったということからも、前走の敗因を陣営が位置取りに求めていることは明らかで、騎手乗り替わりもそのあたりのことが原因なのだろう。
スピードについていけるか否かを確かめるためなのか、他馬との関係か、阪神1400のこの舞台を選択し勝ち切った。
初の内枠であったにもかかわらず、後ろから行きすぎないようにという指示を受けていた割には道中後方に位置していることからも、試したいことが試せたレースとは思えない。
内容的には完勝で、2着、3着馬は500万下クラスの地力の馬であること、2着馬が前走1つ上にいたブリクストであり、その馬が2番人気になっていることから、オープンクラス上位の地力は証明されていないが、500万下クラスの馬には完勝できる地力は証明した。

レース後コメント
【ききょうS】(阪神)~ナヴィオンが追い比べから抜け出して完勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ナヴィオン(福永騎手)
「後ろから行きすぎないようにと指示がありました。スタートを出てくれましたし、イメージ通りのポジションでした。ただ、手応えが悪く、本気になったのは最後だけです。そういう中で今日勝てたことは大きいですし、これからもっと良くなると思います。ただ、まだまだ子供です」
(橋口弘次郎調教師)
「外に出した時、差すなと思い、楽に見ていられました。1400mですから、こういう乗り方になりますよね。この後は予定通り、デイリー杯から朝日杯FSに向かいます」



■2014/11/15デイリー杯2歳ステークス1人気3着

前走で試せなかったからか、再度内枠から前に出して積極的にポジションを取りに行く作戦も、ハナにたちそうになると位置を下げ、あららという感じで後方に。
かかった3番に進路をとられてさげる形で軽くブレーキがかかる、恐ろしくスムーズさに欠ける内容での3着。
1、2着馬と勝負付けは全くついておらず、むしろこの内容でこの着順着差であれば、地力上位においても問題ないとすら思う。

レース後コメント
【デイリー杯2歳S】(京都)~タガノエスプレッソが重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 ナヴィオン 福永祐一騎手
「スタートをよく出て、いいポジションにつけられましたが、引っかかっている馬に前に入られて後ろに下がってしまいました。馬がしっかりしてきて、好位でレースができるようになっていただけに、あの不利は残念です」
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ