3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

チューリップ賞2018

地力上位2頭に2頭が割って入る! ◎サヤカチャン 【チューリップ賞2018予想】

桜花賞最重要ステップレース。

阪神JF組の再戦が注目であるが、その序列をここで決めることに意味はない。上位2頭はすでに出走できる立場であり、ここにベストを持ってくる必要がない。
ただ、その二頭はきっちりと強い馬であり、ここを試走と位置付けていても試すようなことがほぼないと言ってもいいような状況。
馬券としては非常に難しい。本命サイドで大きく賭けるには状態面が不明だし、かといって人気薄は絶対的に上位二頭に地力が劣る。3、4番人気にかけるのは中途半端。さあどうするか。

現在単勝1番人気はラッキーライラック
個人的には現状では桜花賞ではリリノーブルをより評価している。こちらはここで完勝して桜花賞で着順を落としてオークスで勝つという形が最もしっくりくる。
正直状態ベストであればまずここはリリノーブル以外敵がいないと思う。というより、リリノーブルがベストでなければどの馬も敵ではないかもしれない。それくらい前走の内容がいい。前走は位置取りよく形は向いたとは思うが、これまでと違う位置取りでも競馬ができたことは評価できる。
ただ、ここは前哨戦。その分の割引はしておきたい。それでもちょっと敗戦は見えづらいなあ。


単勝2番人気はリリノーブル
先をみた乗り方を終始されていて非常に好感が持てる。ただ、先を見ているだけにここで勝つ意味はない。
ここは3着くらいにしてもらって本番で狙いたい。という願望。
正直地力だけをみたときに1,2番人気を切る要素がないように思う。しかしこの馬にとっても前哨戦。取りこぼす方に張りたいところ。

単勝3番人気はマウレア。
ここは是が非でも権利が欲しいレース。そういう意味では頭にこだわる必要はない。そうすると非常に可能性のある枠の並びになったとは思う。
ただ、クイーンカップでも部分的にこの馬に勝っている馬は多いとして無視しただけに、相手強化のここでこの人気であればちょっと買いづらい。

単勝4人気はサラキア
単純にみるとここの上位2頭は抜けた地力保持だと思っている。そこを覆すとするとまだ新馬上がり即のこの馬に期待といったところの人気か。
ただ、この馬単純に未知の魅力というだけではないのが難しいところ。
新馬戦圧勝で、そこの2着馬が次走未勝利で圧勝したことからも時期が時期とはいえ、500万下レベルの地力保持の可能性は高い。
何より、今の立場で陣営がクラシック出走について言及しており、非常に期待が高い。
上位二頭を超える地力保持の可能性もありうる。大外枠に入り出遅れても前走を見る限り挽回は効く。ここは買っておきたい。

単勝5人気はシグナライズ
地力はまず足りない。全馬が状態ベストだとすると、上位2頭のどちらかには必ず負けると思う。ただ、その上位2頭は前哨戦。相手が八分のできだとして…でもそれでもここは苦しいのではないかと思う。
前走が力負けだとするとこの馬は500万下クラス最上位の地力は持っていない。力負けではなく単純に前半のペースが合わなかったと考えることはできるが、その流れになったとしたら、別の人気馬台頭が考えられるように思う。この人気では魅力ない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

阪神JF組がそこまで結果が出ていないので、もしかしたら世代上位の面々の勝負でなかった可能性は出てきているが、それでも上位2頭は強いと思っている。アルテミスステークスも勝っている1着馬に、新馬から常にクラシック戦線をみて乗られているリリノーブルはまず世代上位の地力だと思う。
その相手と真っ向から戦って勝てる馬は今レースにはいないと思う。
では上位二頭の力比べとなるかというと、その2頭は完全なる叩き台。ここは割って入る馬は複数いるとみる。
1頭はサラキア。
新馬上がりの馬で未知の部分は当然あるが、陣営の評価がすこぶる高く、さらに新馬戦の内容からも500万下クラストップレベルの可能性は高い。さらに上であれば、前哨戦仕様の2頭に立ち向かえる可能性はある。

もう一頭は展開利を得られる馬を狙いたい。

サヤカチャンがおもしろい。
楽に逃げられれば結果を残せている馬。リリノーブルあたりが逃げを試してこない限り、ここは楽に逃げられる可能性がある。
逃げて2着の未勝利戦の勝ち馬はマイハートビート、逃げて1着未勝利の2着馬はシグナライズ、アルテミスステークスはラッキーライラックと0.1差となると楽に逃げられれば十分圏内の地力保持とみていい。マイペースでいければ権利くらいとれてもいいレベルにはある。
その馬が、7番人気であれば賭けてみる価値はある。


◎サヤカチャン

〇サラキア

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

サラキア 【チューリップ賞2018出走予定馬】

■2018/1/21新馬5番1人気1着

0.3差2着ナリタハーデスは次走未勝利戦で0.6差の勝ち

出遅れもすぐにダッシュで位置取りをあげて中団枠なり追走。早めに位置をあげ3角では4番手。そのまま直線に入り、内目で進路をとり、間を割ってスパート。長く長く伸びて最後は突き放した。

出遅れは問題も、ダッシュ力はあるようでそれをみこしたようなレース運び。2着馬が次走圧勝していることからもこの時期の新馬戦としては決してレベル低くない中でこの勝ち方は期待してしまう。

レース後コメント
1着 サラキア(池添謙一騎手)
「ゲートに不安な部分があって出なかったのですが、それ以外はすごく上手に走ってくれましたし、直線もいい反応でした。もう一段ギアがありそうですし、新馬としてはいい勝ち方だったと思います。次(2戦目)が大事になると思いますが、距離は問題ないと思いますし、楽しみです」
(池添学調教師)
「思っていたくらいはスタートを出てくれましたし、良かったです。この脚で新馬なら良いところにつけられるだろうと思いましたが、その通りの競馬ができました。なんとかクラシックにいい状態で向かえるように、オーナーサイドとも考えていきたいと思います」
【メイクデビュー】(中京5R)~サラキアが断然人気に応えデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆チューリップ賞
普通に見ると上位2頭がぬけているので、この手の未知の馬に期待するしかないかなという状況か。ただ、未知の魅力ではあるものの、期待はしたくなる馬。というのも、そもそも今のこの馬の状況で新馬戦後陣営からクラシック戦線出走の話が出てくるだけでそれだけの地力保持を陣営が感じているということは間違いない。それに新馬の勝ち方もなかなかに圧巻。2着馬が次走未勝利を圧勝していることからも、500万下クラスの地力保持とみていい。そうすると、ここの上位人気3頭以外とは意外に差がない可能性はある。500万下クラス勝ち抜けの馬はいるが相手に恵まれているところもあって、500万下クラス上位の地力が担保されている馬は上位3頭にはいないわけで。
上位2頭は最低でも前哨戦仕様で先を見た馬。つけ入る隙はある。
もちろん未知の部分がありすぎてどう戦えばいいかがわからないが、前走同様の形であっても可能性はある。
【チューリップ賞】サラキア、未知の魅力!実績馬撃破に挑む : スポーツ報知

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

シグナライズ 【チューリップ賞2018出走予定馬】

■2017/8/26新馬16番1人気3着
0.3差1着ベゴニア賞3着、こぶし賞3着エントシャイデン
0.3差2着次走未勝利抜け、クリスマスローズ2着、黄梅賞2着ラストプリマドンナ

■2017/9/23未勝利8番1人気2着
0.1差1着サヤカチャン

レース後コメント
2着 シグナライズ(C・ルメール騎手)
「まだ子供です。直線に向いていい感じでした。いい瞬発力を持っていると思いましたが、脚を使うまで少し時間がかかるタイプでした。長くいい脚を使う馬で、リラックスすればもう少し長い距離もこなせそうです」
【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)~ビッグスモーキー、サヤカチャン、マイスターシャーレが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/11/5未勝利10番1人気1着
0.2差2着スターリーステージは次走未勝利抜け、シンザン記念6着


■2017/11/19秋明菊賞7番1人気4着

0.4差2着ナディアは阪神JF18着

スタート悪くないがダッシュ力なく置いて行かれる形で後方外目追走。3角から前との差を詰めておき、外を回して直線。序盤で前にとりつき、中盤すぎムチを2発いれたら一気に突き抜けた。

完勝。形が大きく向いたわけでもないので、この相手には素直に完勝できる地力があるとみていい。ただ、その相手が500万下クラスでも善戦できている馬ではないので、500万下クラスで掲示板やっとのレベルよりは数段上ということしかわからないかな。

レース後コメント
1着 シグナライズ(C.ルメール騎手)
「だんだん頭が良くなってきた感じです。テンションの高さも少しずつ落ち着いてきました。今日は1400m戦でペースが速く、リラックスして走らせることが出来ました。直線での反応も早く、ゴールまで加速しました。ポテンシャルの高い馬です」
(藤原英昭調教師)
「中1週でしたが強い内容でした。フランケル産駒でテンションの高いところはありますが、スピードと力のある馬です。難しい面のある馬なので、その辺に注意しながら大きな目標を考えていきたいと思います」
【秋明菊賞】(京都9R)~人気のシグナライズが大外から突き抜け連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2018/1/14紅梅ステークス1番1人気4着

0.5差1着モルトアレグロは阪神JF5着、くるみ賞勝ち
0.3差2着ラブカンプ―はかささぎ賞勝ち

普通にでて1枠だったので前に行こうと押すが、変わらずダッシュ力足りず他の速い馬に行かれる形、縦長の中4番手内目を追走。4角前でちょい外に出して直線は前3頭が内を通る中大きく外を走る。前走より早くムチが入ったが前との差が詰まらず、さらに外から来た馬にもかわされた。

前走より最初に脚を使う形になってしまったのでそれが響いたかもしれない。レース後のコメントからも単純に伸びなかったということもあるのかもしれないが、前走とは違い当然ながら上位は500万下クラスは抜ける力がある馬だということを考えると、500万下クラス以上オープン掲示板の地力と考えることもできるかな。

レース後コメント
4着 シグナライズ(ルメール騎手)
「道中はリラックスして走っていましたが、直線はハミを取らず、反応出来ませんでした。よく分かりません」
【紅梅S】(京都)~モルトアレグロが好位追走からゴール前抜け出す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆チューリップ賞
現在ネット競馬で単勝4番人気。4番人気ではちょっと魅力に欠けるかな。というより、どう戦っても上位2頭どちらかには負けてしまうという印象。
クラシック戦線を考えるとここは絶対に権利取りが必要で、それを踏まえると前哨戦仕様の上位2頭より圧倒的に勝負がかりなので、その分の魅力はあるのだが、その魅力が相殺されてしまう4人気…。
サヤカチャンにも届かなかった未勝利戦がある中で、サヤカチャン8番人気となるとどうしてもそちらに目が行く。
ただ、この馬の場合は3着狙いはしやすい馬だとは思う。勝つためにはどうしても無理をしないといけないと思うが、3着狙いであればペースが遅くなる方に張ってマイペースでいかせれば3着はいける。
それでも 4人気の現状なら無視。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

サヤカチャン 【チューリップ賞2018出走予定馬】

■2017/8/12新馬14番2人気2着
0.2差1着ハイヒールはアルテミスステークス7着、阪神JF16着

レース後コメント
2着 サヤカチャン(坂井瑠星騎手)
「調教の通りに乗りやすくて、操縦性は高いです。一度使って上積みがありそうです。きれいな馬場の方が良さそうです」
【メイクデビュー】(札幌)~ハイヒールがデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/8/26未勝利11番2人気5着
1.2差1着レッドレグナントは次走サフラン賞勝ち

■2017/9/2未勝利8番4人気2着
0.4差1着マイハートビートは紫菊賞1着、ホープフル7着、若駒ステークス2着

■2017/9/23未勝利4番5人気1着
0.1差2着は秋明菊賞1着シグナライズ

レース後コメント
1着 サヤカチャン(坂井瑠星騎手)
「スタートセンスも良く、無理せず楽にハナに立って行けました。直線も余力がありましたし、追ってからの脚もしっかりしていました」
【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)~ビッグスモーキー、サヤカチャン、マイスターシャーレが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/10/8りんどう賞4番5人気5着

■2017/10/28アルテミスステークス6番13人気2着
0.1差1着ラッキーライラック

レース後コメント
2着 サヤカチャン(松岡正海騎手)
「いいレースができました。ハナにこだわっていたわけではないですし、マイペースで行くことができました。まだ成長の余地がありますね。距離はマイルがベストでしょう」
【アルテミスS】(東京)~ラッキーライラックが無傷で重賞制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/12/10阪神ジュベナイルフィリーズ1番8人気14着

レース後コメント
14着 サヤカチャン(松岡正海騎手)
「ゲートで元気がありませんでした。返し馬からかかるところもなく、気が乗っていない感じです。全体的に元気がありませんでした」
【阪神JF】(阪神)~ラッキーライラックが無傷で2歳女王に! | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2018/1/7フェアリーステークス1番5人気12着

レース後コメント
12着 サヤカチャン(松岡騎手)
「アルテミスSの時はやる気十分でしたが、今日はフワフワとしてテンに行けませんでした。出して行ってるんですが動きが鈍かったです」
【フェアリーS】(中山)~プリモシーンが重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2018/2/3エルフィンステークス6番7人気11着

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆チューリップ賞
前走はハナにたつまでに苦労しただけに仕方なしだとすると、逃げさえ打てれば一定の結果は残せている馬。逃げ馬を拾っておきたいこのレースだけに可能性はある。
穴目なら最低でもこうなったら馬券内の可能性があるという馬を買いたいがこの馬はまさにその形を持っている。
アルテミスステークス組が結果を残しており、かつ逃げ馬も悪くないレース。逃げればそこそこの結果を出しているこの馬、一発ありえる。
逃げて2着の未勝利戦の勝ち馬はマイハートビート、逃げて1着未勝利の2着馬はシグナライズ、アルテミスステークスはラッキーライラックと0.1差となると楽に逃げられれば十分圏内の地力保持とみていい。今後のクラシック戦線での活躍は正直見えないところではあるが、上位2頭が前哨戦仕様であればここはハマれば通用の下地はある。拾う。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

リリーノーブル 【チューリップ賞2018出走予定馬】

■2017/10/28新馬13番2人気1着

0.7差3着ナスノカツラは次走未勝利抜け、菜の花賞4着

スタートよく前に出るが、先行絶対の意志はなく内の馬をみながら落ち着いてすすめる。外目中団で進める。さらに外から馬がきて馬群の中で進め直線。
進路ない状態で直線も恐ろしいほど落ち着きをみせつつ間を割って進路確保。進路できたらじわっとのびつつラストは突き放した。

つっよい。完勝。相手レベルが低いので着差から印象を素直に受け取りたくはないが、スタート後即騎手が地力上位を確信しているような乗り方がなされていること。騎手のコメントにもあるように馬込みに入れて先をみた乗り方を指せていることからも明らかだ。500万下上位は確定か。

レース後コメント
1着 リリーノーブル(内田博幸騎手)
「強かったですね。あえて下げて、馬込みに入れてレースをしました。しっかり対応してくれて、先につながるレースができたと思います」
(藤岡健一調教師)
「調教で動いていたのでそこそこやれると思っていました。途中少し行きたがっていましたが、追ってからも良かったですし、いい勝ちっぷりでした。この後は様子を見て決めようと思います。距離的には1600mくらいで、と考えています」
【メイクデビュー】(東京4R、5R)~プロミストリープ、リリーノーブルがデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/11/26白菊賞4番1人気1着

0.2差2着スカーレットカラーは未勝利戦でシャルルマーニュを0.4差で勝ち、アルテミスステークスでラッキーライラックに0.4差負けの5着、フェアリーステークス2着
0.7差7着レッドランディーニは次走エルフィンステークスで3着

変わらずゲート良く、ハナにも行ける勢いだったがおさえて番手内追走。そのまま内々を回して直線。そこでも最内をついて抜け出すと一気に突き放した。2着馬に迫られるが、そこではもう流していた。

変わらず強い。ここは確実に取りに来た感じだが、前走同様地力が違った。500万下も楽に勝ってしまったな・・・という印象。大敗は見えないタイプの馬。2着馬もそこそこやれている馬で形向いたとはいえこの完勝は価値がある。

レース後コメント
1着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「スムーズに運べましたし、凄く良い馬ですね。将来性は高いと思います」
【白菊賞】(京都)~リリーノーブルが人気に応える | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2017/12/10阪神ジュベナイルフィリーズ7番3人気2着



【阪神JF】栗東レポート~リリーノーブル | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

変わらずゲート良く出るが内枠の馬が前に出たのでおさえて先行枠なり追走。外から来た馬にも前に行かせて落ち着いた動きも、4角前から外を回しつつ位置取りをあげていく。直線序盤でスパートし、前を射程圏に入れて一気に抜け出しをはかるが、中盤過ぎからラッキーライラックにかわされそのままゴール。

中1週での出走と、世代でのレベルを測るための試走的かなとも思ったが、その通り正攻法で勝ちに来た感じのレース。多頭数だったので、これまでのようにスムーズにいかなかった面はあるものの、流れは向いたし、状態面を無視すれば1着馬には完敗かなといった感じ。ただ、ここは勝負!というレースではなくやはり世代の中でこの馬がどれくらいに位置するのかを測ったレースだとは思う。

レース後コメント
2着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「中1週のレースでしたが、テンションが上がることなくいい内容のレースでした。抜け出してからつかまりはしましたが、今日のところは勝ち馬が強かったということで内容的には良かったと思います。来年は逆転できるようにこれから過ごしていければと思います」
【阪神JF】(阪神)~ラッキーライラックが無傷で2歳女王に! | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆チューリップ賞
正直、あまり欠点が見えない馬だと思う。そういう意味ではすでに完成されていてこの先大化けはしないという見方もできるかもしれないが、決してそうではないと思う。新馬も白菊賞も先をみた乗り方をされていて、阪神JFへの出走も決してそこで終わりの勝負ではなかった。
桜花賞で買いたくなった。
だからこそ余計にここは負けてほしいところ。これまで通り走って、3着くらいで、人気をおとして本番逃げを打つっていうのがみたいな。
ここだけの話をすると、前走では勝ち馬より展開向いたと取ることもできるので、ただ勝つだけなら逃げるくらいの気持ちで前に出て勝負するのが得策かとは思うが、それをしてもし勝ってしまうと本番人気しちゃうからなあ。
試走の位置づけで軽く流してほしい。それでもラッキーライラックと共に馬券内候補の筆頭ではあると思う。ここでは買いたくないなあ。

【チューリップ賞】リリーノーブル5馬身突き放す - サンスポZBAT!競馬
【チューリップ賞】栗東レポート~リリーノーブル | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
最新トラックバック
最新コメント