3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ダッシングブレイズ

◎ノースストーム 枠の利を活かして闘える!【シンザン記念2015予想】

圧倒的内枠前有利なレース。
先週の京都金杯も2枠→1枠→1枠→4枠→4枠が掲示板という外枠の馬で一発狙おうという思いを一切許さない結果。
ヒモ荒れ傾向のレースではあるが、1~3番人気が7、8枠に入った今年、大きく荒れそうな予感しかしないのが逆に罠か。

現在netkeiba.com単勝1番人気はダッシングブレイズ
週中に見た通り、まあここ2戦の内容に不満はない。
前走で千両賞4着ペガサスボス、千両賞7着アドマイヤゴッドを破っており、千両賞5着、9着、11着の馬がここで6、7、8人気に推されていることからも、一定の人気を背負うのは当然も、果たして1人気になる馬かといわれると疑問。
ドスローのレースのみしか経験しておらず、ある程度速く流れたときのパフォーマンスは不明で、7枠に入り内に入り込めないと単純に距離ロスすることになりそう。
ここまでと同様の流れになれば圧倒する地力を秘めている可能性もあり、また実際そうなることもありそうなメンツではあるが、不明な要素の多い外枠馬を1人気で買う必要はない。無視。

2人気はグァンチャーレ
ここ出走馬中では地力証明がなされている馬で、どのような形になっても掲示板には載ってきそう。
ただ、1人気同様外枠に入り、騎手の判断がかなり問われるレースになりそう。
出遅れが怖いが、地力的に無視はできない。

3人気はナヴィオン
ここでは実績最上位であり、地力もおそらく最上位。
朝日杯からの参戦馬が結果を出しているレースであり、その朝日杯での敗因が馬場にあるのであれば、見限る要素は少ない。
ただ、大外枠に入った。12頭立てとはいえ、ここでの外枠は痛いはず。
メンバー的にはここは取りこぼしたくないところではあるが、内枠超優勢な状況でどうなるかというところ。押さえまでか。

4人気はクイーンズターフ
こっちに参戦か。
正直地力低目なメンツであり、というよりもこの馬が4人気になるくらいのメンツなわけで、勝ってもまあそこまで驚かないかもしれないが、この人気で買える要素はないと思う。

5人気はレンイングランド。
距離合わないと週中は見もしていなかったが、5人気内で最内枠に入り、前に行ける馬と好走条件はそろった。
ただ、それによって押し上げられている人気であるのは間違いなく、対戦相手からの地力比較以上の評価がされている印象。
初戦は折り合いを欠き、3走前は出遅れという敗因を考えると極めて安定した結果を残しており、背負った人気以上の着順で終えているのは事実であるものの、この人気で拾えるほど距離にめど立っている過去の戦歴ではないと見る。


5人気内から複軸をひっぱってくる予想スタイルとしても正直どの馬にも不安がある状況。
不明なことが多すぎて大きく金は賭けづらいレースになっている。それなら少額でも楽しめるように大きく狙いたい。
大きく狙うのであれば意地でも内枠から選びたい。12頭でのレースになったとはいえ、外枠の不利は軽減されても内枠の利はゆるぎないだろう。


ノースストームがおもしろい。
エリカ賞2014でも地力足りないとした馬ではあるが、エリカ賞より上位人気の地力が高いかというとそうでもないメンバーが揃った。
エリカ賞も決して悪い内容ではなく、戦前に思っていたよりずっと通用したと思う。新馬&未勝利同様内ラチ沿いを走るも、前の馬とのリズムが合わず中盤かかってしまった。そこでの消耗を考えると、地力発揮の形がとれればもしかする。
ここでも地力は劣るとは思うが、それを補うほどの内有利になっている。

新馬戦は出遅れ、大きく縦長になったレースを後ろから追走。4角で前にいた馬が残っており、2、4着馬も未勝利抜けを果たしておりそこまで悪いレースではないといえる。
未勝利戦は圧倒したが相手弱く、かつ比較的恵まれたレースではあった。ただ、決してスムーズに走ったものではないので、未勝利レベルでないことは証明している。

前に行ってしまいたいが、これまでのレースを見るとスタート後のダッシュ力は他に見劣る。それでも最内枠を活かしたレースはでき、いいポジションでレースを運べそう。
そしてそうなれば、外枠にいる地力上位との馬の差は消せる。

次はヤマニンマンドール
週中はこの馬でいこうと思っていたのだが、上位人気3頭とともに外枠。
この馬はこれまで決してスムーズな競馬ができておらず、もしスムーズな競馬ができたら通用の可能性は高い。
が、外枠で頭まではとなるとちょっと見えない。
ただ、「シンザン記念はクラシックに直結する出世レース」という視点で見ると、1人気馬かこの馬が勝つのがもっともしっくりくる。

◎ノースストーム

○ヤマニンマンドール

△グァンチャーレ、ナヴィオン、サトノフラム、ダンツメガヒット

ダッシングブレイズ【シンザン記念2015本命予定馬】

■2014/11/8新馬戦8番1人気1着

0.6差2着ゴールデンバローズは次走今レースと同じムーア騎手でダート未勝利勝ち。
5着コスモキーマンは次走未勝利勝ち、ひいらぎ賞13着。
完勝。
スタート悪くなく先頭集団後ろにつける。直線入ってから先頭に立ち半ばからちょっと押すとそのまま突き抜けた。上がり最速で、2着と0.6差とここではレベルが違った。
ただ、相手は強くはない。それでも勝ち方としては最高のパフォーマンスとみる。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京5~6R)~ダッシングブレイズ、レレマーマが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ダッシングブレイズ P.ブドー騎手
「ノーステッキで行けました。能力は高いと思います。馬の後ろに入れられて、引っかかることなく運べました。乗りやすい馬ですし、今日は8割ぐらいしか力を出していません。次も楽しみです。しかし、今後ステッキを入れたときにどんな反応を示すでしょうか。距離は1800mぐらいまでは大丈夫ですが、できればマイルの方がいいでしょう」



■2014/12/14こうやまき賞2番1人気2着

タイム差なし1着は新潟2歳Sでミュゼスルタンと0.6差5着、ききょうSでナヴィオンと0.1差2着、もみじSでアルマワイオリと0.6差1人気7着のブリクスト。
3着ペガサスボスは千両賞4着。
4着アドマイヤゴッドは千両賞7着。
スタート悪くなかったがダッシュ力なくか、意図してか中団後ろで進める。直線では内をつこうとするが、前が開かずちょっと進路を変えるがそこも詰まってロス、そこからさらに間をみつけて前に出て上がり最速でのびるがおしくも1着馬に届かず。

正直強い。500万下クラスは抜けているとみていい。
相手が相手だけにオープンクラス上位の地力か否かは不明も、ここでロスなくレースを運べていたらおそらく突き抜けていた。
1戦ごとの騎手乗り替わりに先を見て乗られている感じがしないのと前半早く流れたときの対応が気になるが、相手が微妙なシンザン記念では無視しづらいといえる。

レース後コメント
【こうやまき賞】(中京)~ブリクストがハナ差しのぐ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 ダッシングブレイズ 菱田裕二騎手
「調教からエンジンのかかりがあまり早くないイメージがありました。坂のあるコースはよかったと思います。直線で内に寄られて、バランスを崩すところがありました。大事に乗りすぎてしまったかもしれません」



ダッシングブレイズ吉村師は先を見据え「確実に賞金を加算してほしい」/シンザン記念 - netkeiba.com
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ