3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ストリートキャップ

◎ストリートキャップ 混戦!【若竹賞2015予想】

クラシック活躍馬は出ていないが、ステップレースで活躍する馬を若干ながら輩出しているレース。

現在単勝1番人気はエイムハイ
若駒ステークスの方が合っていそうと思ったが、こちらを選択か。
ソールインパクトと好勝負をしたナイトフォックスと僅差は一定の評価は必要も、2走ともうまくのられてのもの。
本質的に中山は合っていないのではないかと思う面があるので1走みたいところ。


2番人気はペルセヴェランテ
地力が高い可能性は高いものの、今回は勝ちにこだわったレースはしない模様。
それでも、百日草特別4人気4着コアプライドより地力高いと思われる新馬戦は評価するしかなくおさえは必要か。


3人気はエミネスク
新馬戦でダノンリバティ、スモーキーナイトとの地力差が明白になり、前走は展開向いた。
ここでは通用するレベルにあるかもしれないが、人気している状況で買う馬ではない。無視。
それでも3人気は若干なめられてるかな。


4人気はコティニャック。
梅花賞に出るものだとばかり思っていたが、1週前倒しでここ出走は調子がいい証か。
次走未勝利圧勝のショウボートに競り勝った新馬戦は悪くない。直線並ばれてからも1度もハナ譲らなかった根性は先を期待してしまうものだった。
将来性にかけるならこの馬か。

人気ブログランキング

6人気以下の馬にもそこそこ先が期待できそうな馬が複数頭いて、ペルセヴェランテ、コティニャックが抜けていない限り、人気薄の決着になってもおかしくない地力差しかないと思う。内枠のサブライムカイザーも見れることだし。

それでもストリートキャップで勝負する。
現在5人気。
3人気エミネスクは前走東スポ杯10番人気4着、この馬は11番人気11着。
この差をどうみるかだが、最終コーナー前に行った馬が負けているレースであり、まだ勝負付けは済んでいない。
内枠がほしがったところだが、このクラスであれば充分に通用すると思う。

◎ストリートキャップ

人気ブログランキング

ストリートキャップ【若竹賞2015予想人気馬】

■2014/9/6新馬2番4人気1着

2着は次走ニシノオタケビに勝ち未勝利抜け、アイビーSでロジチャリスと0.1差で6人気4着のレッドルモンド。
普通にスタートしダッシュ力を活かして中団内を追走。そのまま内で直線に入るが、前がふさがり進路がない。
半ば過ぎに少しあいたところから一気に伸びて完勝。
直線進路がなかなかできなかったので、もっと早く仕掛けられていればもっと差をつけていたと思われるもの。
距離ロスはなかったが、このメンツの中では地力上位だったといえる内容。

レース後コメント
【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ストリートキャップ、キャプテンシップが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ストリートキャップ 岩田康誠騎手
「おとなしくて乗りやすい馬。流れに乗っていい競馬ができました。スピードを生かす競馬ができました」

人気ブログランキング

■2014/9/28芙蓉ステークス8番2人気3着

0.2差1着はジャストドゥイング。
0.1差2着はアイビーS1人気3着、新馬でアヴニールマルシェとタイム差なし負けのロジチャリス。
前に出していって3、4番手追走。人気馬が同じように前につけるレースになり、それらの馬より外枠だったこの馬にとっては若干乗りづらいものになったかもしれない。
4着以下に0.4差つけており、上位2頭には大きく劣っていることはなさそう。ロジチャリスが世代上位のアヴニールマルシェとそこそこいい勝負をしているため、この馬も一定の評価は必要。

レース後コメント
【芙蓉S】(新潟)~ジャストドゥイングが叩き合いを制す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 ストリートキャップ 戸崎圭太騎手
「ペースが遅く、少し噛むところはありましたが、許容範囲でした。直線に向いて、1着馬と2着馬の外に出したときは手応えがよく、一旦前には出たのですが......。上位2頭は能力が高いですし、まだ2戦目でこれだけやれるのですから、これから楽しみです」



■2014/11/24東京スポーツ杯2歳ステークス5番11人気11着

1着サトノクラウン、2着アヴニールマルシェ。
前走芙蓉ステークス1着だったジャストドゥイングは10着。
前に出そうとするが内隣枠の3、4番の馬も前に出したので外目を回すことになってしまった。そのまま直線を迎えるが、前に行った馬が軒並み沈むレースを覆す地力はなかったというところ。
これだけでオープンクラスで通用しないとは決め付けられないが、ここまでのレースを含めて、アヴニールマルシェより2枚ほど下の地力は確定か。

このレースの着順で軽視されるようであれば、そこそこのメンツがいるとはいえ、若竹賞では買いの要素はあると思う。

レース後コメント
【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~サトノクラウンがゴール前でとらえる | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
11着 ストリートキャップ 柴山雄一騎手
「楽にいい位置につけられましたし、最後も伸びてくれると思いましたが、他の馬の脚が上回っていました。ただ、止まっている感じはありません。まだ緩いところはありますが、競馬は上手です」

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント