3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ジャズファンク

◎アドマイヤガスト 勝負はここか!【若駒ステークス2015予想】

去年のトゥザワールドはじめ、少頭数のレースになることが多いにもかかわらず、クラシック活躍馬を多く輩出している注目のレース。
圧倒的1人気になってもおかしくなかったシュヴァルグランの出走取り消しにより、一気に混戦模様になった。 ヒルノマレットグランアルマダが出走しないということで、週中にあまりチェックできなかったが、この中にクラシック戦線活躍馬がいるかどうか。2頭が出走しないのであれば、レース傾向から将来性のありそうな馬を狙いたい。

現在1人気はアダムスブリッジ
基本前走だけで買いたくなる馬ではない。
和田騎手の新馬戦とは全然違うというコメントを重く見るには人気しすぎている。無視。

2人気はストーンウェア。
新馬戦で500万下掲示板連戦のフミノムーンに0.2差。新馬戦、未勝利ともに直線入り口では後方も一気に延びて上がり最速でまとめてさしきった好内容。
少頭数のこのレースはこの馬にとってやりやすいものになりそうだし、将来性も感じるこのレース傾向に非常に向いていると思われる馬の1頭。素直に評価。

3人気はジャズファンク
野路菊ステークス、ひいらぎ賞共に軽視していい敗戦ではあり、当レース出走馬では最も地力証明がされているとはいえるが、将来性を見るには戦歴に傷がつきすぎているのは気になる。


再度アドマイヤガストで勝負する。
前走福寿草特別は勝負に来ていると思ったが、最後の伸びのなさをみるとやはり間隔あいた影響と見てよさそう。
当馬の地力はここではっきりする。足りないなら足りないではっきりするまで買っておきたい魅力のある馬。

◎アドマイヤガスト

人気ブログランキング

ジャズファンク【若駒ステークス2015・若竹賞2015予想人気馬】

■2014/7/27新馬5番3人気1着

2着ウォーターラボはトーセンバジルに0.3差。
3着サトノラーゼンはトーセンバジルに0.2差
スタート良く内にもぐり4、5番手先行。直線に入ると狭い内をついて抜けると一気に後続を離した。
距離ロスはなかったが、直線も必要なところでスッと伸びたのは好印象。

レース後コメント
【メイクデビュー】(札幌5~6R)~ジャズファンク、トウカイバレットが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ジャズファンク 池添謙一騎手
「調教で乗ったときにいい印象を受けましたが、その調教通りのレースでした。スタートについてはあまりゲートの出は速くないと聞いていましたが、しっかりと出てくれました。ペースが遅くて、さすがに少しハミを噛むところがありましたが、馬の後ろにつけて何とか我慢してくれました。最後は狭いところからしっかり伸びてくれました。これからまだまだよくなるでしょうし、今後が楽しみです」

人気ブログランキング

■2014/9/20野路菊ステークス6番2人気6着

7頭の少頭数戦。
0.5差1着ダノンメジャー。
0.2差4着は当レースにも登録のあるヒルノマレット。
スタート悪くなかったが、下げて内に入れ最後方追走。スローで進み直線一団横に広がるが、新馬戦同様最内を通して仕掛けが入ったときは他馬より伸びはあったが最後伸びきれずの敗戦。内にこだわる乗り方にも好感が持てるし、一団のレースで6着といえど、一定の力はみせていてそこまで悲観する内容ではない。
札幌2歳ステークスを除外になり1週延びたことで最後の一伸びを欠いたか。


■2014/12/21ひいらぎ賞11番2人気6着

1着キャットコイン。
道中枠なりの外目中団。直線伸びを見せたがさすがにペース的にどうにもならなかった。
前に行った馬が軒並み沈み、道中後方の3頭が上位独占のレース。このレースも前走同様悲観するものではなく、ペース違えばころっと順位が変わってもおかしくない。


■2015/1/5寒竹賞6番4人気2着

0.1差1着は京成杯5人気9着タケルラムセス。
3着は野路菊S3着グランカマラード。
前一団最後方につける形で道中内にいれ、最終コーナースピードをあげて外に出し直線中盤からさらに伸びた。
1着馬がロスなく走れていることを考えると、同等かそれ以上の地力は持っているとみてよさそう。

タケルラムセスが京成杯で敗れていることからも、この馬の評価も難しいところではあるが、内枠をひけば大敗はなさそうではある。距離は2000&コースは京都の方が合っていそう。

人気ブログランキング

◎レッドブラッサムが普通に逃げ切る!【ひいらぎ賞2014簡易予想】

1番人気はミッキーユニバース
週中見たように、予想通りの抜けた人気。朝日杯の基準馬として全レースを見たが、朝日杯の人気馬面々ともそこそこやれており、500万下クラスの上位の地力を有していることはこれまでのレースで完全証明している。
内枠で前に行く馬が圧倒しているコースで外枠に入ったものの、前に行ける脚があり若干のロスにしかならないかもしれない。
ただ、今回は内枠に2番人気であり力のある逃げ馬がいる。これまでのレースを見てもマイペースにいかなくても、そこそこの結果を出しており、決してベストの形で流れなくても上位に残る可能性はあるにはあるが、買うなら頭は取りこぼすほうにかけたくなる。
また、1戦しか消化していない馬が3人気に推されており、その3番人気馬の地力も高く500万下は通用するもの。
結構な好メンバーが揃ったここで断トツの一番人気に推されるのであれば、無視したいところ。
2頭or3頭馬券で買うなら外せない馬ではあるが、見合ったオッズにならなそうだ。


2番人気はレッドブラッサム。
新馬戦は1着ナヴィオン、2着ショウナンアデラに0.1差の3着。ナヴィオンがとにかく強い競馬ではあるが、ショウナンアデラも結果を出した今、この馬は評価せざるをえない。
2戦目である未勝利戦も1番人気で逃げ勝ち。ここでは地力が違った。
2戦とも逃げるつもりはなかったがスピードがあって、自然に前にと騎手が言うくらいで、内枠にはいったここはあえて控える試走をする必要はないだろう。素直に前にいって勝負するだろう。
そして、そうだとすれば敵はいない。


3人気はロッカフラベイビー。
新馬戦は牝馬限定戦ながらかなりの力をみせた勝ち。道中中団でずっと馬群の中で窮屈な競馬を強いられ、直線半ばで前が開いた瞬間に抜け出す形。
騎手もかなり余裕をもって直線を迎えており、勝つのがわかっていたかのような乗り方だった。


4人気はジャズファンク。
新馬戦で0.3差くだしたサトノラーゼンは次走未勝利戦でトーセンバジルの0.2差2着になっている馬。
ただ、終始内を回ってのレースでコースロスは全くないものだった。


5人気はマイネルグルマン。
左回り、東京コースが合わなかっただけ・・の可能性は十二分にあるが、レースを見る限り、上2頭をまとめてくだす形は浮かばない。


思った以上にいいメンバーが揃った印象も実質は1、2番人気の闘いの様相。
馬券内であれば1,2戦消化の全頭に何かしらの買い理由がつけられてしまいそうなほどではあるが、1、2番人気に勝つまでの根拠は自分の予想法であると見いだせない。1人気を無視して馬券を組むとおもしろい勝負になりそうなものだが、全頭みる時間はないので、いつも通り1頭馬券を。


レッドブラッサムで勝負する。
このメンバーで、このコースで内枠に入ったのであれば素直に前に出て、これまで通りの形で走るはず。そしてそうすれば勝てる地力を有している。
いろいろ試すのは次以降のレースでいい。ここはきちっと取りに来る。
人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント