3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

シンザン記念2015

◎ノースストーム 枠の利を活かして闘える!【シンザン記念2015予想】

圧倒的内枠前有利なレース。
先週の京都金杯も2枠→1枠→1枠→4枠→4枠が掲示板という外枠の馬で一発狙おうという思いを一切許さない結果。
ヒモ荒れ傾向のレースではあるが、1~3番人気が7、8枠に入った今年、大きく荒れそうな予感しかしないのが逆に罠か。

現在netkeiba.com単勝1番人気はダッシングブレイズ
週中に見た通り、まあここ2戦の内容に不満はない。
前走で千両賞4着ペガサスボス、千両賞7着アドマイヤゴッドを破っており、千両賞5着、9着、11着の馬がここで6、7、8人気に推されていることからも、一定の人気を背負うのは当然も、果たして1人気になる馬かといわれると疑問。
ドスローのレースのみしか経験しておらず、ある程度速く流れたときのパフォーマンスは不明で、7枠に入り内に入り込めないと単純に距離ロスすることになりそう。
ここまでと同様の流れになれば圧倒する地力を秘めている可能性もあり、また実際そうなることもありそうなメンツではあるが、不明な要素の多い外枠馬を1人気で買う必要はない。無視。

2人気はグァンチャーレ
ここ出走馬中では地力証明がなされている馬で、どのような形になっても掲示板には載ってきそう。
ただ、1人気同様外枠に入り、騎手の判断がかなり問われるレースになりそう。
出遅れが怖いが、地力的に無視はできない。

3人気はナヴィオン
ここでは実績最上位であり、地力もおそらく最上位。
朝日杯からの参戦馬が結果を出しているレースであり、その朝日杯での敗因が馬場にあるのであれば、見限る要素は少ない。
ただ、大外枠に入った。12頭立てとはいえ、ここでの外枠は痛いはず。
メンバー的にはここは取りこぼしたくないところではあるが、内枠超優勢な状況でどうなるかというところ。押さえまでか。

4人気はクイーンズターフ
こっちに参戦か。
正直地力低目なメンツであり、というよりもこの馬が4人気になるくらいのメンツなわけで、勝ってもまあそこまで驚かないかもしれないが、この人気で買える要素はないと思う。

5人気はレンイングランド。
距離合わないと週中は見もしていなかったが、5人気内で最内枠に入り、前に行ける馬と好走条件はそろった。
ただ、それによって押し上げられている人気であるのは間違いなく、対戦相手からの地力比較以上の評価がされている印象。
初戦は折り合いを欠き、3走前は出遅れという敗因を考えると極めて安定した結果を残しており、背負った人気以上の着順で終えているのは事実であるものの、この人気で拾えるほど距離にめど立っている過去の戦歴ではないと見る。


5人気内から複軸をひっぱってくる予想スタイルとしても正直どの馬にも不安がある状況。
不明なことが多すぎて大きく金は賭けづらいレースになっている。それなら少額でも楽しめるように大きく狙いたい。
大きく狙うのであれば意地でも内枠から選びたい。12頭でのレースになったとはいえ、外枠の不利は軽減されても内枠の利はゆるぎないだろう。


ノースストームがおもしろい。
エリカ賞2014でも地力足りないとした馬ではあるが、エリカ賞より上位人気の地力が高いかというとそうでもないメンバーが揃った。
エリカ賞も決して悪い内容ではなく、戦前に思っていたよりずっと通用したと思う。新馬&未勝利同様内ラチ沿いを走るも、前の馬とのリズムが合わず中盤かかってしまった。そこでの消耗を考えると、地力発揮の形がとれればもしかする。
ここでも地力は劣るとは思うが、それを補うほどの内有利になっている。

新馬戦は出遅れ、大きく縦長になったレースを後ろから追走。4角で前にいた馬が残っており、2、4着馬も未勝利抜けを果たしておりそこまで悪いレースではないといえる。
未勝利戦は圧倒したが相手弱く、かつ比較的恵まれたレースではあった。ただ、決してスムーズに走ったものではないので、未勝利レベルでないことは証明している。

前に行ってしまいたいが、これまでのレースを見るとスタート後のダッシュ力は他に見劣る。それでも最内枠を活かしたレースはでき、いいポジションでレースを運べそう。
そしてそうなれば、外枠にいる地力上位との馬の差は消せる。

次はヤマニンマンドール
週中はこの馬でいこうと思っていたのだが、上位人気3頭とともに外枠。
この馬はこれまで決してスムーズな競馬ができておらず、もしスムーズな競馬ができたら通用の可能性は高い。
が、外枠で頭まではとなるとちょっと見えない。
ただ、「シンザン記念はクラシックに直結する出世レース」という視点で見ると、1人気馬かこの馬が勝つのがもっともしっくりくる。

◎ノースストーム

○ヤマニンマンドール

△グァンチャーレ、ナヴィオン、サトノフラム、ダンツメガヒット

クイーンズターフ【フェアリーS2015・ シンザン記念2015予想人気馬】

■2014/12/14新馬9番1人気1着

フェアリーステークス出走濃厚なようだが、2015/01/12 中山 11R フェアリーS(G3) / 出馬表|レース情報(JRA) - netkeiba.comではシンザン記念で4人気フェアリーステークスでは8人気設定になっている。
シンザン記念、フェアリーステークス共に前走ダートの馬は出走馬が少ないものの1頭もきていないので、まったくノーマークだったが、ディープインパクト産駒ということで人気しているのかシンザン記念で4人気であるので一応見ておく。

2着トーホウレゼルヴ次走未勝利勝ち。
牝馬戦ダートからの参戦。
序中盤若干早く流れたレースも次走未勝利即勝ちで道中前目につけていた馬が2、3着であることから一定の地力は見せている。
縦長の展開をスタート後少し置かれたが、中盤からぐんぐん伸びて4角では番手グループにつけ、直線でも脚は衰えずきっちり差しきり。
強い勝ち方ではあるが、いかんせんダートのもので人気している状況では買う馬ではないが、軽視されるようなら。

レース後コメント
【メイクデビュー】(阪神4~5R)~クイーンズターフ、ナガラフラワーが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 クイーンズターフ 横山典弘騎手
「よく勝ってくれました」
須貝尚介調教師のコメント
「人の言うことをよく聞く、乗りやすい馬です。いい度胸があります。左前を落鉄しながらもこの脚ですからね。能力を感じます。まだまだ成長途上の馬ですから、春に向けて順調に成長してもらいたいですね」

人気ブログランキング

グァンチャーレ【シンザン記念2015予想人気馬】

■2014/7/26新馬戦13番9人気5着

0.8差1着は野路菊S6人気4着、エリカ賞9人気9着ヒルノマレット。
0.5差2着はKBSファンタジーS3人気3着ウインソワレ。
3着は先週未勝利抜けのピンストライプ。クラリティスカイと0.7差。
6着はデイリー杯2歳S2人気2着アッシュゴールド。
2人気7着ネオスターダムは5戦目未勝利抜け。
10着タガノレグルスも3戦目未勝利抜け。
逃げて11着アイオシルケンはラジオN杯京都2歳Sで5着。
出遅れて道中後方。直線外に出し追うがウインソワレより外に位置することになり、上がり最速も距離ロスが大きく5着まで。中盤ペースが上がったときにもう少し前につけておきたかったか。
そこそこのメンツが揃っていたことを考えると、内容は決して悪くないが51キロのものでどうか。


■2014/8/17未勝利8番2人気1着
2着は新馬戦で0.5差離されたウインソワレ。
3着は同様に10着だったタガノレグルス。
2、3着馬が道中1、2番手を走っていた形であり、前走0.5差負けのウインソワレを差しきったことから斤量軽いものの、地力的には上位であることを証明した形。
直線でのごぼう抜きであり、小回りを考えると地力が未勝利レベルでないことは証明。
当然前走より相手には恵まれていが、ウインソワレと同等の地力保持といっていい。

レース後コメント
【2歳未勝利】(小倉1~2R)~ブラッククローバー、グァンチャーレが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 グァンチャーレ 義英真騎手
「前走は折り合いを欠いて5着。今日は折り合いを重視して、終い勝負でレースに臨みました。馬群に入ると周りを気にしていましたが、これから成長していってくれればと思います」

人気ブログランキング

■2014/10/11いちょうステークス11番6人気6着

0.5差1着は朝日杯3人気3着クラリティスカイ。
0.2差2着は朝日杯6人気4着ネオミエール。
3着は札幌2歳S1人気7着、ベゴニア賞2人気2着ミッキーユニバース。
大きく出遅れ。ポツンと最後方から800メートル過ぎから徐々に前に出しつつ直線を向き、大外から。
直線内をついた馬が上位を占める状態ではさすがに届かず。2着と0.2差は内容考えるとかなりの善戦。
この斤量になっても走れることがわかり、完勝の1着馬と恵まれなかった3着馬以外とは地力差はほとんどないと思う。


■2014/11/1萩ステークス2番4人気3着

6頭立て。
1着はラジオN杯京都2歳S3人気6着エイシンライダー。
2着はシクラメン賞1着ポルトドートウィユ。
普通にスタートし少頭数ということもあり自然にハナに立つ。そのまま直線に入り序盤で1着馬に並ばれるがくいさがる根性をみせる。
が、中盤以降で力尽き離されてしまっての3着。
ハナに立ちスローにペースを作る競馬を試せたし、ラス前でペースをあげたことでラストは甘くなってしまったが、十分に対応できた。
直線後半での騎手の上下運動が半端なく、この着差は騎手の安定のなさも影響していると思う。
オープン通用目途を立てたとも言える内容。

レース後コメント
【萩S】(京都)~エイシンライダーがデビュー2連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 グァンチャーレ(義騎手)
「チークピーシーズをつけた効果もあって、ゲートを出るようになっていました。結果的には逃げずに馬群で持ち味を生かす方が良かったかもしれませんが、進歩がありました」

人気ブログランキング

■2014/11/24東京スポーツ杯2歳ステークス6番7人気7着

0.3差1着は2戦目だったサトノクラウン。
1人気2着は新潟2歳S2着アヴニールマルシェ。
0.1差3着はホープフルS4着ソールインパクト。
普通にスタートし中団内目追走の理想の形。ちょっと行きたがっているように見えたが、うまくなだめて直線を向く。
直線に入りエンジンをかけるが直後に前が詰まり、一旦ブレーキ。そこから再度伸びての結果でこれでの0.3差は地力を発揮している。前走で目途をたてたオープン通用の地力をそのまま発揮。
相手次第で十二分に馬券になりそうなことを証明。

レース後コメント
【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~サトノクラウンがゴール前でとらえる | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
7着 グァンチャーレ 武豊騎手
「インコースを狙っていきましたが、前が開きませんでした。残念です。しかし、走りますよ」



順調に来ているグァンチャーレに北出師「輸送距離の短い京都はいい」/シンザン記念 - netkeiba.com

ヤマニンマンドール【シンザン記念2015本命予定馬2】

■2014/9/14新馬9番7人気3着

1着はいちょうS1人気10着、千両賞3人気9着シンザン記念にも登録のあるサトノフラム。
2着は3戦目ダートで未勝利抜けしたフィドゥーシア。
スタート悪く後方から。直線大きく外に出し内によれながらのスパート。
2着は捉えられなかったが、地力としては2着よりは上。1着馬は馬場に恵まれた可能性が高いがそれでも地力は上にするしかないか。

レース後コメント
【メイクデビュー】(阪神5R)~サトノフラムが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 ヤマニンマンドール 小牧太騎手
「スタートで後手を踏んでしまいました。しかし、走る馬ですよ。今日はこの馬がいちばん強いレースをしたのではないでしょうか」

人気ブログランキング

■2014/10/4未勝利14番2人気1着
2着は前走0.1差負けのフィドゥーシア。
前走同様まっすぐ走らないが、ここでは地力が違う。
とはいえ、中盤ある程度のペースでずっと流れていた中で0.3差に粘った2着馬も弱くない。

レース後コメント
【2歳未勝利】(阪神1~2R)~シュバリエブラン、ヤマニンマンドールが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ヤマニンマンドール 岩田康誠騎手
「スタートが決まって中団で運べましたし、すごく楽な競馬ができました」



■2014/12/28千両賞14番4人気11着

スタートよくなく後方から。道中馬が行きたがるのを押さえて、後方外目追走。
直線で外に出すが、馬が多く挟まれるような形でエンジンがかかりきらないまま終わってしまった印象。
地力は発揮できていない。
間隔空いてのレースだったことも含め次走期待。


普通にゲートを出てロスなく走れたら・・というのを夢想したくなるオッズになりそうで注目しておきたい。
出遅れたら負けの馬場状態になりそうではあるが、そこにかける価値がある馬である可能性が・・・。

新馬戦で負けているサトノフラムとの取捨が一応難しくはあるが、前に行ける馬が有利のシンザン記念において、サトノフラムはどう考えても妙味がないオッズになりそうであること(netkeiba.comで5人気予想)、前々走はともかく千両賞の敗戦が金をかけるには不安がありすぎることからヤマニンマンドールを上にみたい。

ダッシングブレイズ【シンザン記念2015本命予定馬】

■2014/11/8新馬戦8番1人気1着

0.6差2着ゴールデンバローズは次走今レースと同じムーア騎手でダート未勝利勝ち。
5着コスモキーマンは次走未勝利勝ち、ひいらぎ賞13着。
完勝。
スタート悪くなく先頭集団後ろにつける。直線入ってから先頭に立ち半ばからちょっと押すとそのまま突き抜けた。上がり最速で、2着と0.6差とここではレベルが違った。
ただ、相手は強くはない。それでも勝ち方としては最高のパフォーマンスとみる。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京5~6R)~ダッシングブレイズ、レレマーマが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ダッシングブレイズ P.ブドー騎手
「ノーステッキで行けました。能力は高いと思います。馬の後ろに入れられて、引っかかることなく運べました。乗りやすい馬ですし、今日は8割ぐらいしか力を出していません。次も楽しみです。しかし、今後ステッキを入れたときにどんな反応を示すでしょうか。距離は1800mぐらいまでは大丈夫ですが、できればマイルの方がいいでしょう」



■2014/12/14こうやまき賞2番1人気2着

タイム差なし1着は新潟2歳Sでミュゼスルタンと0.6差5着、ききょうSでナヴィオンと0.1差2着、もみじSでアルマワイオリと0.6差1人気7着のブリクスト。
3着ペガサスボスは千両賞4着。
4着アドマイヤゴッドは千両賞7着。
スタート悪くなかったがダッシュ力なくか、意図してか中団後ろで進める。直線では内をつこうとするが、前が開かずちょっと進路を変えるがそこも詰まってロス、そこからさらに間をみつけて前に出て上がり最速でのびるがおしくも1着馬に届かず。

正直強い。500万下クラスは抜けているとみていい。
相手が相手だけにオープンクラス上位の地力か否かは不明も、ここでロスなくレースを運べていたらおそらく突き抜けていた。
1戦ごとの騎手乗り替わりに先を見て乗られている感じがしないのと前半早く流れたときの対応が気になるが、相手が微妙なシンザン記念では無視しづらいといえる。

レース後コメント
【こうやまき賞】(中京)~ブリクストがハナ差しのぐ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 ダッシングブレイズ 菱田裕二騎手
「調教からエンジンのかかりがあまり早くないイメージがありました。坂のあるコースはよかったと思います。直線で内に寄られて、バランスを崩すところがありました。大事に乗りすぎてしまったかもしれません」



ダッシングブレイズ吉村師は先を見据え「確実に賞金を加算してほしい」/シンザン記念 - netkeiba.com
最新トラックバック
最新コメント