3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

サトノワルキューレ

魅力的な馬は非常に多いんだけども ◎スカーレットカラー 【ローズステークス2018簡易予想】

3冠最終戦に向けての重要ステップレースだが、桜花賞オークスの上位馬が軒並み出走しないという状況でどうなんだろう。

そもそも今年の3歳牝馬戦線は比較的昨年末、今年前半の序列通りに決まってきているといっていい。
その中でいつも通り穴狙いをしてきて、狙いそのものは悪くなかったと思っているが、さすがに穴党には厳しい年だった。

展開利がどうとかではなく、単純に地力がそのまま着順に反映されていて、上位馬の中で展開によって多少着順が上下したという印象。

というわけで、桜花賞オークスの上位馬が未出走のここで本番の権利を得た馬も、本番では春の地力上位馬より夏で成長を遂げていないと勝負できないはず。

となると、ここはそれを見るために単に見るレースにするのがよさそう。


ただ、逆にここは荒れの要素が強いともいえる。
その視点でみると魅力的な馬がちょっと多すぎて…。遊び程度で参戦が妥当かな。

春でクラシック上位馬とそこそこ勝負できた馬で、ここで軽視されている馬を狙うべき。
スカーレットカラー、サトノワルキューレ、トーセンブレス、カンタービレ辺りが該当かな。

スカーレットカラーがおもしろい。
クラシック戦線で結果はでていないが、内容はそこまで悪くなく、世代2番手集団の上の方にはいるはず。
なのに、現在単勝11番人気。

春の地力の序列は俺の中では当レース出走馬の中ではトーセンブレスが最上位。スカーレットカラーはそのトーセンブレスとそこまで差がないと思う。
なのに、現在単勝11番人気。
買うしかないでしょう。

次はオークスでも狙ったカンタービレ。
そのオークスがびっくりするくらい案外だった。敗因を馬場に求めるか、距離に求めるかになるかな。
地力はここでも十二分に通用するはずも、馬場が合うかどうかがすべてだと思う。

他路線では成長が見えるウラヌスチャームをひろう。

◎スカーレットカラー

〇カンタービレ

△ウラヌスチャーム、トーセンブレス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

サトノワルキューレ 【フローラステークス2018出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : サトノワルキューレ 【梅花賞出走予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2018/1/27梅花賞5番2人気3着

1着メイショウテッコンは若葉S6着、
2着エタリオウはゆきやなぎ賞2着

ふつうにスタートしたがおとなしく後方追走。縦長の展開を後方3番手で内目に入れつつ、4角前で一団が詰まったときには外目につけて4角回りつつも直線で内を意識している感じ。
直線序盤で外からの馬に寄られて窮屈になりちょいブレーキの形。そこからもう一度伸びるが3着が精一杯。

最低でも騎手にこのメンツ相手に地力圧倒の意識はないと思われる。4角で外を回していく選択もあっただろうにそうはしなかった。
直線一旦ブレーキの形にはなったが、そうならなくとも1着はなかったかな。


■2018/3/10ゆきやなぎ賞4番4人気1着


若干出遅れ。最後方内追走。3角で外を回して位置取りをあげつつ直線。進路ができなかったので、少し外に出してから進路確保し再スパート。長くのびて前を差し切った。

まあ強いとは思う。500万下掲示板クラスの牡馬に勝てることは示した。ただ、ドスローの中早めに仕掛けてスピードにのったまま直線を迎えられたし、比較的恵まれた形。
とはいえ、長く伸びる力はある事は示したし、相手関係も決して悪くはない。

レース後コメント
1着 サトノワルキューレ(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。ロングスパートの形でも最後まで脚を持続してくれました。スタミナ豊富で能力のあるいい牝馬です」
【ゆきやなぎ賞】(阪神)~サトノワルキューレが外から差し切り2勝目 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■フローラステークス
なんとしてでも勝ちがほしい一戦。
だとは思うが、ここ2戦見る限り、4角前で外から早めに動いていく形しかもっていなさそう。
んで、それは今回の条件では比較的苦しいと思われる。
その形で東京開幕週で勝てるとしたら地力で他を圧倒していないといけないけれど、そこまでの地力を持っているならもっと騎手が自信を持って乗っているはず。
相手が牡馬だったということを加味したとしても、ここで抜けた力は持っていないはず。
だとすると、騎手人気もあるだろうここで買うには妙味なさすぎる。無視。

「デビュー戦を勝ったあと、オーナーと相談して『オークス一本に絞ろう』と決めたそうです。距離適性やそのレースぶりを見ても、桜花賞よりもオークス向きなのは明白だったため、こうしたローテーションで来たみたいですね。
オークスの権利獲りを狙うフローラSでは、デビューから手綱を取ってきたミルコ・デムーロ騎手が引き続き鞍上を務める。クラシック戦線においても、多くの有力馬に騎乗しているトップジョッキー。陣営としては、「本番のオークスでもこの馬を選んでくれるような走りをしてほしい」と願っている。
距離ならアーモンド以上。オークスは「サトノワルキューレの騎行」だ|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ