3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

イモータル

◎ブランボヌール とにかく荒れろ!【NHKマイルカップ2016予想】

年間でこの季節だけは競馬をしようと思っているのに、忙しい。

しかし、NHKマイルカップは荒れ予想を祈る穴予想派にとって外せないレース。思いっきり振り切りたいところ。

現在単勝1人気はメジャーエンブレム。
牡馬牝馬ともに超一戦級が揃うわけではない、NHKマイルカップ。今年も魅力ある馬はそろったが、世代トップクラスからはちょいかけくらいのメンツという印象で、その中でこの馬のこれまでの勝ち方は際立っているので当然の1人気か。
ルメールがこれまでの牝馬の中で一番強いといった馬。この相手では落とせない。

ただ、前走はまさかの位置取りでの敗戦。締まったペースで結果を出してきていて、本番無意味に競ってくる馬がいないように、クイーンカップで布石を打ち、それは完全に成功しているように見えた。桜花賞をみても、他騎手は行ってくださいといっているような形でひとまずマイペースで行ける状態だった。その中でのあの競馬で敗戦でのここ出走。予定通りのはずはない。
そもそも、過去10年クイーンカップから桜花賞の臨戦での勝ち馬が過去出ていないのはわかっている中、それでも間隔を重視して桜花賞に臨んだ馬。その馬が予定外のここ出走はどうなのか。

このレースは確実に前に出してペースを中盤緩めることはないだろうし、前走よりは間違いなくやりやすい条件ではあると思うが、1番人気で積極的に買うほどではないとみる。おさえまで。

人気ブログランキング

2番人気はロードクエスト。
地力的には最上位だと思うが、周りの馬の動向に左右される馬。遅いペースでかつ距離ロスを食わない形にならないと苦しい。地力下位の馬には取りこぼさないが、同レベルの馬に対するとどうしても自分から勝ちに行けないのがもろに響き掲示板といったところ。
新馬&新潟2歳を終えた段階で世代上位確定としたが、その後勝ち切れていない。ただ、ペースが合わなかったなかでも強さそのものは見せており、ここでも大敗の画は浮かばない。ここ数戦の敗因を距離に求めるとするならばここは絶好で、雨も悪くない。買いの要素は十分にある馬ではある。
問題はメジャーエンブレムが作るレースはこの馬には向きそうにないこと。2頭の1、2着は相当地力が抜けてないとありそうになく、イモータルが5人気のメンツであれば、抜けている可能性そのものはあるものの、それにかけるには魅力的で買いたくなる馬が他に多い。

人気ブログランキング

3人気はティソーナ。
連勝馬に打倒上位2頭を託すといったところか。枠や脚質からも確実に前に行くだろうメジャーエンブレムの後ろを追走という一発かませるかもの期待はかかるが、前走よりパフォーマンスを上げるとは考えづらい。人気通り決まったレースで1倍台の1人気に押されたレース。そして前々走勝ち後、ルメール騎手に距離は1400の方がいいとコメントした。前走よりメンツが揃い、前にも後ろにも地力上位を証明してきている馬がいて、距離もベストではない。その上で3人気。未知の魅力にかけるには人気し過ぎ感。無視。

人気ブログランキング

4人気はトウショウドラフタ。
マイルで結果が出ず、距離短縮で勝ち数を伸ばして、マイル重賞に再挑戦の図。
前走でブレイブスマッシュを逆転しているのを距離短縮が活きたとみるか、成長したとみるかだが、成長で逆転とみたとしても前走2着のブレイブスマッシュが現在単勝11番人気。明らかにこの馬が過剰に評価されている、もしくはブレイブっスマッシュが過小評価といえる。
後ろからのレースを選択すると明らかにロードクエストに劣るので、前目のレース選択をするだろうが、そうした時も未知でやはりマイルは不安。
どうとったしても、ブレイブスマッシュをこの馬よりブレイブスマッシュを買いたくなる。無視。

人気ブログランキング

5人気はイモータル。
前走クラシック通用の地力保持の可能性もある馬として、本命にした馬。
前走は勝たなくてもいいレースで思い通りの結果を残し、ここ1本に絞っての臨戦で他馬より明らかにここへの意気込みは強い。
敗戦には理由があるし、まだ底はみえていない馬。ここを見た前走の勝ち馬ディーマジェスティが皐月賞を獲ったことを考えると、無視できる馬ではない。中心視。

人気ブログランキング

戦歴からは1、2番人気が素直に評価できるが、どちらも同時に馬券内という画は浮かびづらい組み合わせ。しかしその2頭はともにここにベストとは考えづらい状況。
それに決して内目枠優位のレースではない中で、内目に人気馬ずらり。まあ内、前有利馬場っぽいが。
穴党は逆に張れってことでここは外枠から買いたい。

ブランボヌールがおもしろい。
基本的に函館2歳ステークス勝ち馬は春は買いにくい馬ではあるが、今年の函館2歳ステークスの勝ち方は例年にないものだった。それに完全前哨戦仕様のファンタジーステークスでのワントゥワンで間接比較すると、状態7分といった紅梅Sシンハライト、エルフィンSレッドアヴァンセと同レベルの評価はできる。そして阪神JF3着と、世代上位馬と差がないレベルであることは明白。
として、桜花賞でも拾った馬。
岩田騎手がおろされ、三浦騎手初騎乗でのレースだった前走。メジャーエンブレムが引っ張る想定で一発を狙った騎乗は悪くなかった。馬体減の状態不安どうこうよりもまだ馬をつかみきれていなかっただけ、というよりメジャーエンブレムが想定と違った走りをしただけとしたい。
メジャーエンブレム以外の牝馬が軒並み人気薄の状態だが、メジャーエンブレム比較でこの馬に可能性がないはずがない。馬体次第もこのオッズなら積極的に狙いたい。

他も大きく狙う。
ニュージーランドT回避となったとはいえ、尋常じゃなくなめられているシャドウアプローチとトウショウドラフタ比較でブレイブスマッシュ、内枠好位につけて行ける馬アーバンキッドを拾う。


◎ブランボヌール

○イモータル

△ロードクエスト、メジャーエンブレム、シャドウアプローチ、ブレイブスマッシュ、アーバンキッド

ウマニティ





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

◎イモータル 少頭数だし未知の魅力に賭けてみる【共同通信杯2016予想】

クイーンカップがヒットしてかなりの余裕ができたので、当初馬券的には全く妙味がなさそうなレースのここは手を出す予定ではなかったのだが、ちょっと買ってみようかなと。
それにしてもクイーンカップ。ルメールはすごい騎手だなと。

内枠圧倒的有利なレースで、4角4番手内は必須。かつ内枠圧倒的有利な現在の馬場状況。出走馬が例年より少ないのがどう影響するかはあるものの、素直に買うなら内枠先行馬を買いたくなるが・・・。

現在単勝1人気はハートレー
この馬の地力には若干懐疑的だ。これまでのレースはスタートよくなかったが、その出遅れが大きく影響しない中での勝利であり、初戦のオーダードリブン&2戦目のロードクエスト共にまだ勝負付けは済んでいない内容だった。もちろんその2頭が世代上位の地力保持の可能性が残っているので、当馬がクラシック通用のレベルである可能性はあるが、その段階の馬を1人気で買えるかと言われると極めて微妙。
ただ、今回も少頭数レースになり出遅れてもマイナスにならないこれまでと同様のレースになる可能性はあり、その中ではこの相手であれば上位なのは当然間違いない。また本番出走が確定している立場なので、スタートさえよければ前に行く可能性が大いにあると思っている。そういうあまり距離ロスがない競馬になったときが未知数ではあるので完全無視は難しいか。
1人気&大外枠では積極的に買う要素は少ないというくらいの位置づけ。

人気ブログランキング

2番人気はスマートオーディン
過去対戦相手からは当レース出走馬の中では最も地力保持が担保されている馬だと思う。
スタートを普通にでてもその後のスタートダッシュ力に明らかにおとるため、ハートレーと違ってこの馬は後方からのレースを選択せざるをえなさそうということ、そしてドスローのレース経験しかないことがマイナスだとは思うが、当レースは少頭数出走になり最内枠も出遅れがいい方向に作用する可能性もあり、またペースも早くならないレースであるので、マイナスの点が影響しない可能性が高い。
最下位のプロフェットが京成杯1着になった3歳戦線でそこそこのメンツが揃った萩ステークス。そこで2着に負けたときの騎手コメントが、新馬戦と全く違って最後も足を使えていないというもの。騎手のこの馬に対する高評価と素直に受け止める。距離ロスが多少あっても勝ってしまうレベルの可能性がある中ではどう考えても切れない。中心視。

人気ブログランキング

3人気はメートルダール
クイーンカップを見る限りルメール騎手が乗るというだけで買いたくなる状態(笑)
6人気以下なら飛びつく馬ではあるが、この人気ではちょっと手が出しづらい。信用できないタイプの馬。前走も前に行くと明言し、ゲートもそこまで悪くなかったにもかかわらず、後方からのレースになった。その上間違いなく取りに行ったレースでメンツ的には微妙な中で2着内に入れなかったのは重く見たい。後ろからいって外を回す形では上位人気2頭にはまず通用しなさそうで、戦い方も非常に難しい。
ただ、新馬戦&葉牡丹賞から500万下レベルは抜けているのは間違いないと思う。特に葉牡丹賞は陣営がビシッとやっていないという中でのあのレース内容であり、評価できるもの。
重賞通用は見えても勝ちまではみえないかなというところ。乗り替わりで前内目で走って勝ちの可能性は十二分にあるが、2番人気が切れないなかではちょっと拾えないかな。


とまあ3人気内を明確に切れない状況。ただ、これまで後ろからの競馬を選択してきた馬ばかりとはいえる。
こういう時は逆の馬を選択するのが穴党の常道。
内目が圧倒的な馬場を加味しても普通に考えればリスペクトアースにいきつく。
だが、共同通信杯は過去本番活躍馬を多数輩出しているレース。そのレースの格を考えた時に、クラシック通用の可能性を秘めた馬がいる。

イモータルで勝負する。
現在上位3頭に次ぐ4番人気。もっと有力馬が多いレースで軽視されたときに買いたかったが、10頭立てなので仕方なし。とにかくまだまだ全く地力が測れていない一頭。地力不明の馬は人気では買わないスタンスだが、大勝はできないレースだと思っているので、ここは軽い気持ちで狙ってみたい。
初戦は完勝も相手レベルが低くなんとも言えず、サウジアラビアRCは直線で動きたいときに動けず内容的には最上位クラスではあるものの、ここ出走の他上位馬が次走以降重賞で馬券に絡めていない状況。
前走朝日杯は9着も、世代トップクラスの上位2頭を除けば差はないレース。ソエ放牧明けで馬体不安、阪神コース出走を進言した騎手の意図しない乗り替わり、結果的に致命的になった出負け、馬群の中で自由度が全くない道中、騎手が指摘するテンションと全くかみ合わないレースだった。
普通に走った時にどれくらいのものなのかに期待したい。外目の枠に入ったここで買う馬ではないとわかってはいるものの、もしかしたらクラシック通用の抜けた地力を持っている可能性がある馬。
大金は賭けられないレース。先につながる可能性のある馬に期待してみたい。

他はリスペクトアース。
1~3人気が道中後ろからで戦ってきた馬で、前に行く可能性のあったハートレーが少頭数ながら大外枠。
先行勢が少ない中で内枠に入ったこの馬に勝ってくださいの形ではある。
ここ2走見る限りゲートいい上に、スタートダッシュ力もありハナを取ろうと思えばまず取れそうだし、ロスなく進めるのは間違いなさそう。
ただ、ここまで条件が揃うと逆に買いづらい。というのも、この馬に恵まれた形になっているということは他騎手も知っており、何も抵抗せずに負けることなんて許されない。それに意図しない騎手変更。
個人的には本番出走が確定していて何かを試してみたいハートレー横山騎手が黙っているとは思えず楽はさせてくれないのではと思っている。


◎イモータル

○スマートオーディン

▲リスペクトアース

3歳クラシック戦線に勝つ!! : リスペクトアース【共同通信杯2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : イモータル【共同通信杯2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : メートルダール【共同通信杯2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : スマートオーディン【共同通信杯2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ハートレー【共同通信杯2016出走予定馬】

KLAN
ryouyaさんの競馬予想|共同通信杯 GIII - 2016年2月14日東京11R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

イモータル【共同通信杯2016本命予定馬】

■2015/8/9新馬戦8番1人気1着

3着フィンガーポストは次次走未勝利抜け
1.1差5着グレンツェントは次走ダートで未勝利即抜け

好スタートも行く馬多く、控えて外目先行追走。ペースが遅かったのもあって前を伺いながら折り合いをつけ先頭との差をつめつつ、しっかり進路確保できる位置につけ一団で直線。半ばから仕掛けると一気に突き抜けた。
完勝だが、ストレスがかかる形でもなかったし、相手が相手だけに評価は微妙なところ。

レース後コメント
1着 イモータル(戸崎圭太騎手)
「初戦からセンスのよさを見せてくれました。追ってよさそうな馬で奥がありそうなタイプですし、クセもありません」
(須貝尚介調教師)
「強かったです。坂路よりもトラックの方がきれいでしなやかなキャンターをする馬で、新潟コースは合っていると思っていて、その通り走ってくれました。これだけ暑い日に走ったので、今後については無理せず体調を見ながら考えます」
【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~イモータル、プリンシパルスターが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/10/10サウジアラビアRC12番1人気2着

タイム差なし負け1着はホープフルステークス7着、京成杯12着ブレイブスマッシュ
タイム差なし3着アストラエンブレムはシンザン記念4着
0.1差4着リセエンヌはフェアリーステークス1人気7着、エルフィンステークス7着
0.2差5着ハレルヤボーイは東スポ杯5着、朝日杯12着

普通に出たが外枠ということで馬なりで中団追走。道中縦長になったので、内に入れたい意図は見えたが、さすがにそんなタイミングもなくそのまま追走。外目につけて直線に入るがちょっとごちゃつき進路つくれず仕掛け遅れた、ラストはしっかりと伸び前との差をつめたが先に抜け出していたブレイブスマッシュに届かず。
非常に難しい。当初はそこそこのメンツが集まっていて、次走の出走に期待していたが、このレースの出走馬がこぞって次走以降OPクラスで通用していない現状をどう見るか。ただ、このレースだけみれば一番に近い地力は持っていそう。

レース後コメント
2着 イモータル(須貝尚介調教師)
「窮屈なところがありました。最後はいけるかなと思いましたが、もったいなかったです。ただ、賞金は加算しているので、春までに逆算して馬の様子をみていきたいです」
(戸崎圭太騎手)
「直線でもう少しスムーズに走らせてあげられればよかったです。一度切り替えてからもよく伸びていますし、強いと思います」
【サウジアラビアRC】(東京)~ブレイブスマッシュがハナ差V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/20朝日杯7番5人気9着

1秒差1着リオンディーズ
0.9差2着エアスピネル

乗り替わり。理由はわからないが、前走の騎乗はちょっといかがなものかというものがあったとしてもおかしくない内容ではあった。
他の馬のスタートよかったこともあるが、出負けで仕方なく後方中目追走。道中馬に囲まれる形になり、自由度はなかった。直線外に出して追い込もうとするがちょっとどうにもならなかった。ただ、直線スパート後も伸びなかったのは事実。
このレースでの評価はかなり難しい。そもそもソエ放牧明けでコンディション不安がある中でのレースではあったし、乗り替わりでもあった。全く自由がきかない道中であったし、理想の位置取りにならなかった。道中の騎乗云々よりも、周りが揃ってスタートよかっただけに出負けが響いた感。騎手コメントにあるテンションに敗因を求めてよいものか。
ただ、2頭の地力が抜けていたレースで、この内容でこの着順は3着とは同等以上の評価をしたいところ。

レース後コメント
9着イモータル(武幸)乗ってから凄くテンションが高くなった。(馬場に出て)落ち着くかと思ったんだけど…。
【朝日杯FS】戦い終えて ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

人気ブログランキング
【朝日杯FS】イモータル&シャドウアプローチ 2頭出し須貝調教師を直撃

共同通信杯
人気次第でかなりおもしろい馬だと思う。というより未知の部分がかなり多いしその未知の部分の幅が広い可能性がありそう。良くも悪くもまだ全く地力発揮がされていない中での結果としては決して悪くないこれまでのレース。もしかしたらもしかする。
出走馬が少ないのがオッズ的にはマイナスだが、この馬には向く可能性もある。中心視予定で。

【共同通信杯】イモータル、メンコで一変 陣営“前走とは動きが違う” ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
最新トラックバック
最新コメント