3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

超簡易予想

◎ジョルジュサンク 一発狙うしかない【菊花賞超簡易予想】

今年の3歳牡馬は素直に上位人気馬の地力が高いレースが多く、穴狙いが非常に難しい。

前哨戦仕様で前哨戦を完勝してきた地力圧倒のサトノダイヤモンド、ディーマジェスティが内より枠に入り、ここは素直にこの2頭を評価するしかない状況。

大きな勝負をすることができないレースは難しいなら、少額で夢馬券を狙うのが妥当。


ジョルジュサンクがおもしろい。
もはやこの馬の大逃げに期待するしかない。前走は全くやる気がないとしか思えないレースだし、その前3走は地力不足をカバーできる流れにならなかった。
最も人気がない立場ながら好枠に入ったここは一か八かで勝負をかけるには最適なポジションにいると思う。大逃げ失敗しても責められない立場であれば、ここは勝負してほしい。

他はシュペルミエール。
ジョルジュサンクが大逃げで残りきる形を想定で、2強が早く追っかけるしかなくなった状態で利を得るのは、こちらも好枠のこの馬。


2-4一点勝負で行く。

◎ジョルジュサンク

〇シュペルミエール





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

◎ラストインパクト どう考えてもなめられすぎ【有馬記念2015予想】

さあ有馬記念。

自分は2歳戦しかみていないので、勝負は当然ホープフルステークス。
それでもどうせなんで有馬もそれなりに買っておこう。

ぱっと見明らかに例年よりメンツレベルは低い。

ならば当然世代レベル高い3歳馬で攻めるのが常道だが、ゴールドシップ、ラブリーデイに続く3~5番の単勝人気に収まっていて、なおかつ並びで外枠となると妙味はない。

素直に穴狙い。

ラストインパクトがおもしろい。
3歳組が斤量込みでちょっと有利かなとは思うがそれらが人気背負って外枠、不安定なゴールドシップに、走りづめで距離不安のあるラブリーデイ、そして中山2500となると地力差は埋まるし、埋まるくらいの地力差しかないメンバー構成。
となると、昨年のメンツで7人気になり、今年のジャパンカップで7人気2着の馬がここで現在単勝9人気。この馬を買わずして何を買うと思ってしまう。
前走のメンツもそこまでではなくとも、本レースで目標になりそうなラブリーデイより内枠となれば、前走内容からもここでも十分に戦える。


◎ラストインパクト

△アドマイヤデウス、トーセンレーヴ、マリアライト

人気ブログランキング

◎シングウィズジョイ ドンキ圧倒なら割り込める!! 【秋華賞2015超簡易予想】

えー、なんというかつまらないことばっかりに追い立てられるという残念な生活になりつつある。

3歳クラシック戦線に勝つと銘打っておきながら、真剣に予想した春の数レースでも穴予想で本命がはずれるのはまあ仕方ないとしても、5人気内の序列もずれてたりと散々だった。

秋は仕切りなおして・・というより、そろそろ来年のクラシックのためにもレースを見たいのに・・。


さて秋華賞。なんやかんやでしっかり見られないのが非常に残念で仕方ないが、前哨戦を見た限り、
これレッツゴードンキが抜けてるでしょ。


現在1人気はミッキークイーン。
いや、流石に無理だろ。オークス予想で評価しなかったから、というわけではなく(それもあるにはあるが)、大外枠で勝ちきるほどの力はまずない。
オークスも基本的には恵まれての勝利だと思っていて、もちろん恵まれれば勝てるレベルでの地力保持はここでもあるが、オークスと違って挑戦者の立場ではなく、そして大外枠。
どう考えても恵まれない。絶対無視。

2人気はタッチングスピーチ。
ローズステークスはレッツゴードンキの強さが光っただけのレースで、着順は特に参考にならないと思う。
そこの1着が評価されてのこの人気。
そもそもこれまでのレースを見ても自らレースを打開できるタイプではなく、相手任せの競馬をしている馬、この面子の中に入って2番人気では全く魅力なし。

3人気はレッツゴードンキ。
強い。
春から変わらず、純粋に一番強いのはこの馬だろう。ローズステークスをみてもあの流れで4着は相当すごい。前哨戦仕様であの競馬、本番は圧倒か。
普通に走れば。当然中心視。

4人気はトーセンビクトリー。
前走は勝ちにいったレースではなく、上位着順を目指し、かつ春上位馬との地力差を測ったレース。
間違いなく、照準はここにあった。比較的内目の枠に入り、好位につけるダッシュ力があり、1,2人気より複圏内としてはまだ信用できるのではないかと思う。

5人気はクイーンズリング。
オークス予想のときと同様。桜花賞時点で馬券に組み込んでいないのに、ここで買うことはない。


レッツゴードンキが上位かなと。
絡んでくるのは道中どこの馬か。ローズステークスが道中後ろの馬決着になり、それらの馬が素直に人気している状況なら、穴党は当然前に行く馬に張るべき。

シングウィズジョイがおもしろい。
オークスから続いて追っかける。
オークスはただただ、距離が合わなかったし、前走はあの内容。
レッツゴードンキを消耗させるだけの役割ではだめでしょ。というより、レッツゴードンキと共に馬券内に入る地力はフローラステークス以前を見ても持っているし、ここまで低評価なら狙いは十二分に立つ。

オークスではフローラ組の人気がなさすぎるとして上位3頭全部買うというばかっぷりをみせたが、ここでもマキシマムドパリは抑えておく。勝算が一切ない出走だとは思えない。調子上昇での出走。

春にレッツゴードンキと並んで最上位評価したココロノアイは骨折明けで現在6人気。内枠に入り、十分に面白みはあると思うが、手が出しづらい微妙なオッズ。
キャットコイン。レッツゴードンキ、ココロノアイよりは地力下も柔軟性ありという形で扱ってきたが、クラシック2戦では恵まれない面が強かった。状態不明もここまで人気急落ならおさえておいて損はない。

◎シングウィズジョイ

○レッツゴードンキ

△マキシマムドパリ、ココロノアイ、キャットコイン

◎シングウィズジョイ 前で運べれば馬券内【オークス2015超簡易予想】

今日も仕事ってどういうこと?と。

クラシック戦線で勝負するスタイルなのに、まともに予想もできんという。。
桜花賞全力勝負してはずしてさんざんだし。。

あー時間無いなあーと思いながら出馬表をnetkeiba(2015/05/24 東京 11R オークス(G1) / 出馬表|レース情報(JRA) - netkeiba.com)で見ていたら、比較的面白い単勝オッズ序列になっている印象。


単勝1番人気はルージュバック。
桜花賞に続いて再度の1人気。桜花賞予想時にも書いたが、地力面は疑いなく上位としていいとは思っているが、桜花賞で勝ちを見て出走していた前提とすると内容はかなり悪いと思う。
アンドリエッテ川田にマークする馬を間違えたと言われ、そのアンドリエッテはルージュバックより前でゴールしている状況。
そしてそのアンドリエッテが今レースで現在単勝8人気であるならば、アンドリエッテの方が魅力あり。またキャットコイン比較でもこの馬に魅力は感じない。
もちろん桜花賞時に懸念していた初多頭数が響いた敗戦ともとれるが、再度のちょい抜け1人気なら無視が妥当。

2人気はレッツゴードンキ。
桜花賞予想時もココロノアイと並んで最上位としていたが、桜花賞後もそれは変わらない。
展開はもちろんあるが、恵まれただけであそこまで完勝はできないので、再度最上位評価でいいだろう。
ただ、より注目される立場になって最内枠。逃げて折り合いがつく馬であることが前走で証明されたものの、舞台変って思い切っていけるかどうか。かなり難しいところだと思う。

3人気はミッキークイーン。
桜花賞除外となり、忘れな草賞を勝ってここに出走。
忘れな草賞は強い勝ち方ではあると思うが、3番人気は評価され過ぎだろう。
キャットコイン、アンドリエッテが桜花賞で上位と対抗できる地力を持っていることが証明されたとはいえ、クイーンカップでキャットコインに完敗しているし、内容的にはアンドリエッテより上位にも取りづらい。
ロカ比較でも地力最上位レッツゴードンキ&ココロノアイとは差がある形。
馬券内の形が見えづらい上、人気となっていては穴党は真っ先に切りたい馬の1頭だろう。

4人気はココロノアイ。
桜花賞時に軸にして、今年の勝ち分をほぼすべて失ったわけだが、地力は変わらず信用している。
桜花賞は評価できるものではないが、ラスまで馬券内を狙った騎乗ではなかったし、戦績からしてもレッツゴードンキと大差ないわけで、ここでも地力上位は間違いない。
内枠に入り、前走よりは戦いやすいのは間違いないものの、陣営は間違いなく桜花賞を狙って2歳時を送っており、距離延びて良さがでる馬ではないのは明白。地力上位を活かして早めに仕掛ける競馬でどこまでといったところか。

5人気はクイーンズリング。
桜花賞予想時と特に印象は変わらず。強さは見せているが、納得いかない面が多いし、買うならまだ桜花賞。
桜花賞で買わなかったのに、ここで買う理由はない。


世代上位馬が揃った桜花賞組に別路線組がどう絡むかというレース。
桜花賞で上位人気に推された1部の面々が力を発揮できず終わったことからも混沌としたオッズ状況になっている状態。
その中でも特に目をひくのがフローラ組の低人気っぷり。
穴党はここから入っていくのが妥当だろう。

シングウィズジョイがおもしろい。
前目でレースを作れる立場にいる人気薄馬で、距離延長は歓迎。
買いの要素はある中で、単勝10人気なら充分狙いは立つ。


他もフローラ組をおさえる。

◎シングウィズジョイ

○レッツゴードンキ

△ココロノアイ、マキシマムドパリ、ディアマイダーリン

人気ブログランキング

◎ヤマカツエース【NHKマイルカップ超簡易予想】

新潟2歳を評価してきた身としてはそこの上位3頭が地力上位だと思っているが、オッズからヤマカツエースの評価が低すぎる。

素直に前走評価でヤマカツエースで問題ない。
最新トラックバック
最新コメント