3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

簡易予想

地力とオッズが見合っていない馬はこれ! ◎カフジバンガード 【スプリングステークス2018簡易予想】

弥生賞より明らかに地力が低い馬が揃った。
ただ、それでも決して圏外の馬ばかりではなく、もしかしたら本番でものラインにはいる馬が揃った印象。
そして非常に混戦。枠の並びだけで着順が大きく変わってもおかしくなく、勝つラインの地力保持で、ハマればの形をもっている馬が多い。
荒れの要素が強いメンツに、堅く収まる傾向があるスプリングステークス。
さてどうなるか。


現在単勝1番人気はステルヴィオ
地力は高い。ダノンプレミアムが世代最上位クラスがはっきりしたので、その馬にしか敗れていないこの馬を評価しないわけにはいかない。ダノンプレミアムがいなければ4連勝だったともいえる。
ただ、この馬は決して安定馬ではなく、ダッシュ力がないだけに、外枠に入ると後方からしか戦えないし、そうるすると前が残る形になるとそれを一気にぶっちぎるには比較的ロスが多い形になってしまう。それなら内枠ならというとそれもダッシュ力がないだけに、外に出せなかったら力出し切れずもある。とにかく戦い方が難しい。
騎手が再三距離の短さに対して言及しているように、勝負はもう少し先かなという印象。
ここは賞金が足りている立場なので、いろいろ試してみるレースではあると思う。
1番人気であればまず疑うべき。世代トップクラスではないにせよ、第二グループくらいのそこそこのメンツが揃っているここで、あえてこの1番人気馬に手を出す意味はないかな。
地力高いことは間違いなくとも、賞金足りている立場でここまでと同じように走ってここで勝ってもほぼ無意味。そんななか走りの幅の狭い1番人気馬を買うのはおもしろみがないと考える。

何かを試したいところだろうが、次をみた時にそこまで無理するほどのレベルでもなく、これまで通り走ってどこまで成長しているかを測るくらいのレースになると思う。
メンバー的に地力上位は自明でも、条件は決して良いわけではなく、ベストをここに持ってくる必要のない1番人気馬。無視。

2番人気はエポカドール
きさらぎ賞をパスして前走をきちっと取りに来たことからも、しっかりと勝てるレースを選んでいる印象。ここもクラシックまでのレースの中で最も混戦になっていると思うし、勝算はあるとみるべき。
ただ、この馬ここまでの相手が総じてぬるい。この馬がレースのペースを支配できれば残れる地力は持っていそうではあるが、他の上位人気馬がそれを許してくれなさそう。枠はあるものの一番大敗が見えづらい馬ではあると思うが、馬券に絡むまでの地力保持はこれまでのレースからは読み取れないと思う。人気薄から攻めるなら拾わざるを得ない一頭だとは思うが、頭までは見えないかな。

地力は不安だが、形的には拾わざるを得ない馬の一頭という感じは変わらない。中目の枠に入って、前にいくコスモイグナーツを早い段階で落としてハナにたってペースをコントロールできれば、という感じか。ただ、コスモイグナーツも権利取りをみたら行くしかない立場。そんなに簡単にはいかなそう。
それでも、前走500万下クラス勝ち馬を買いたいレースで、かつ前目の馬を攻めたいところ。そういう視点ではこの馬しかいない。拾うしかない。

3番人気はルーカス
東スポ杯組を評価し続けてきたが、思ったほどの結果が出ておらず、ワグネリアンも怪しいと思ったら、弥生賞ではきっちり結果をだしてきた。東スポ杯は比較的敗因の見えるレースだったので、もしかしたらワグネリアンよりの地力であったということも充分にありうる。
そして前走の負け。前に厳しいレースで負けたことそのものは仕方ないにしても、サンリヴァルにははっきり負けた。そのサンリヴァルが弥生賞で世代最上位クラスには劣ることがはっきりしたので、この馬の評価が非常に難しくなった。ただ、なんといっても前走は状態ベストではないことははっきりしていた中でのもの。回避の話題も上がっていたほどの中のレースだったわけで。
前走予想時の時も書いたが、基本的にはオープンクラスの地力は担保されていると思っているのでここでも狙いはたつが、世代最上位クラスには現段階ではまず足りない。
このレースは現段階で評価されている馬より、これからの馬が勝つレース。この馬の舞台ではないかなという気も…。おさえまでかな。

まあ基本的には変わっていないが、枠も並びもこの馬向きになったと思う。前走予想段階でオープンクラスの地力保持は担保されていると思っていたわけで、このメンツでならまず地力上位。前走はサンリヴァルには完敗の形も、そのサンリヴァルが世代最上位クラスに次ぐところくらいにおそらく位置しているので、そこに状態不安の中完敗はちょっと甘く見てもいいかなと。
複勝圏内ならこの馬かな。


4番人気はゴーフォザサミット
地力は通用。ただ、その地力がこの条件で出し切れる可能性は比較的低いとみる。一気のスパートはこの馬ができないのは過去のレースから自明だし、ある程度前につけて早めに仕掛けつつじわじわ伸びての形しかないが、前走の出遅れをみてしまっては信用まではできない。出遅れても早めに動いて勝負になる地力は持っているとは思うが、当然ながら前走同様そこそこの地力馬が揃っていて、その中で上位人気に推されていては手が出しづらい。

枠が決まってさらに手が出しづらくなったかな。前走後ろからになってある程度通用してしまったがために、ここでは無理しては行きづらい。権利取りが最低条件の中、前がある程度速くなりそうな形ならこの枠では無理して序盤から前目を無理して狙うのではなく、後ろから黙って権利取りを狙うことに照準を合わせてくると思う。んで、その走りではこの人気に魅力を感じない。無視。


5番人気はハッピーグリン。
ステルヴィオがここで地力圧倒であれば、当然この馬も評価されてしかるべき。
それに前走500万下勝ち馬というこのレースの傾向的にも当てはまる馬ではある。
ただ、この馬はとにかく是が非でも本番の権利が欲しい馬。勝ちよりもまず権利とりを優先ならこの馬も枠的には後ろから走らせるはずでそうなったときに根本的に地力が足りているかが微妙なラインだと思う。
ステルヴィオがもし仮にこの中でも圧倒的に地力上位だとしたら、コスモス賞でタイム差なしで走った2着ミスマンマミーアが馬場やコースに関係なくもう少しやれていいはず。
もちろん前走の勝ちは評価すべきだが、オープンクラスの地力保持かは微妙なラインだと思う。複圏内をみた時に枠&展開利を得られる可能性はあるが、それに賭けるには人気し過ぎかなと。無視。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

枠が決まった時にがっかりした。
当レースでは人気馬を一通り見た時にこの馬にしようと思っていた。
が、枠がなあ…。それでもこのオッズなら狙ってみる。

カフジバンガードがおもしろい。
ゴーフォザサミットとともにゲートを普通に出れば可能性がある一頭。その馬がネット競馬では現在単勝7番人気。それなら買いだ。
シンザン記念が賞金加算を目指す勝負レースだったと思う。出遅れから形向かず、前走も出遅れから出し切れずのレースが続いていて、いい枠に入って前半で前目につけることができればこの相手関係であればまず戦えるはず。ずっと馬場悪化を望むコメントを陣営は出しているが、こうやまき賞を見る限り良馬場で問題なさそう。
スタートさえきまれば、もしくはスムーズに出遅れを挽回できれば…というのはゴーフォザサミットと同様だが、この馬の方が人気がないし、前走まではこっちの方が地力上位とみていた。その前走も直線ロスのあった分を考慮するとこちらをまだ上にとりたい。
混戦模様のここならこの馬がスタート決める方にかけてみる。

もしゲートをスムーズに出たとしてもストレートに好位にはいれるわけではないので、この枠はけっして歓迎ではないが、ゴーフォザサミットとオッズ差がここまであるようであれば狙ってみたい。


◎カフジバンガード

〇ルーカス

△エポカドーロ、レノヴァール

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

少しでもクラシック戦線をおもしろくしてくれ! ◎サンリヴァル 【弥生賞2018簡易予想】

牡馬クラシック戦線最重要ステップレース。

しかし、ここはダノンプレミアム圧倒だと思っていたので、チューリップ賞で勝負したが、チューリップ賞が地力通りの結果。
個人的にはリリノーブルが3着になってくれると嬉しかったので、その通りになったのでひとまずはよしとする。
チューリップ賞が固く終わったので、このままでは面白くない。弥生賞に荒れ期待。

現在単勝1番人気はダノンプレミアム。
現状この馬を最上位に取るしかない戦歴と過去レースの内容。まあ賞金足りているし、ここは単にたたき台でしかない。試したいことも特にないだろうし、ここにベストを持ってくる理由は一つもない。
チューリップ賞の面々のようにそれでも他馬と差がある可能性があるくらいぬけているとは思うが、頭は取りこぼしてくれないと、クラシック戦線が面白みなさすぎる。

2番人気のワグネリアン。
当然強いものと思って扱ってきたが、東スポ杯組がことごとく結果を出せていない。
もしかしたらこの馬はそのクラスに圧勝できるレベルでしかないのかも…の疑念が出てきた。
ひとまずこのメンツで買うのは危険だと思う。無視。

3番人気はオブセッション。
唯一、ダノンプレミアムに地力勝る可能性がある馬。前走はおそろしいほどに評価できるし、その一戦だけでこの人気は納得。ただ、おそらくある程度後ろからになるし、馬券内をはずす展開も見える。3番人気では買いづらい。

4番人気はジャンダルム。
ホープフルステークス組が1着馬を含めて世代上位かはかなりあやしい。人気薄状態で買うならともかく、評価されている中では買いづらいし、ここはメンバーも揃った。買うなら人気を落とす次だろう。勝つ形は持っている馬なので、人気薄なら考えるというレベル。
そもそも賞金が足りているわけで、ここはいろいろ試したいレース。武騎手が何かやってくれるはず。買うなら次。


サンリヴァルがおもしろい。
ホープフルステークスで最も評価すべきはこの馬。ホープフルステークスでは人気では買えないとしたが、内容はかなりいい。先行勢総崩れのレースで唯一光ったものをみせ、かつ上位に来たこの馬はオープンクラスの地力保持確定。
それならば若干ながら地力疑問符がついてきたワグネリアン、取りこぼしの多いであろう馬オブセッション、賞金足りているダノンプレミアム&ジャンダルムより前で終わっても何ら不思議ではない。
全力で狙う。

他はリビーリング。
人気落ちしたタイミングでは絶対に買っておきたい一頭。ここで勝てば次は間違いなく人気になる馬。買うしかない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎サンリヴァル

〇リビーリング

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

人気でもこの馬しかいない!と思っていたが… ◎コズミックフォース 【すみれステークス2018簡易予想】

クラシック戦線を考えるとしっかりと見ておきたいレース。

最低でも4角1、2番手にいる馬を買うべきレースではあるが、ゲート後のダッシュ力がある馬は基本この距離をこの時期に選択してこない。ゆったりと入るレースを好む馬がそろった印象。


現在単勝1番人気はキタノコマンドール
1戦消化でこの人気ではちょっと手をだしづらい。前走はメンツレベルが特別低いことはないものの、そこより地力上位ではあるとは思うが、ペースが少しでも早くなると前はとれなさそう。
少頭数とはいえ、外目の枠になったのもつらい。無視。

3番人気はスズカテイオー
ケイティックレバーとともにダッシュ力がある程度あるため、1番枠は非常においしい。この馬が素直に前に行きそうで、ケイティックレバーとのハナ番手で進みそう。んで、このレースは4角でそこに位置していればどちらかはもしくは両方とも馬券になるレースなので、ちょっと色気を持ってしまう。
ただ、1戦消化だけの馬でケイティックレバーより地力は担保されていない。
買うなら両方か、ケイティックレバーのみかというところかな。

4番人気はケイティックレバー。
正直もっと人気すると思っていたので、この人気ならちょっと買いたいなと思ってしまう。
というのも、このメンツの中ではダッシュ力があり、前に行こうと思えば行ける馬ではあるのが大きい。若駒ステークスで本命にしたように形向けば勝つ地力は担保されていたし、それは今回も同じだと思う。上位人気に強敵がいるとは思っているが、ここも前に行けそうなのは狙いはたつかな。
個別の予想段階ではこの馬がもっと人気になって、他の前に行く馬と共倒れになる形を想定していたので、このメンツで4番人気になるならさすがにおさえておきたい。

5番人気はシエラネバダ
ケイティックレバーに先着しているという事実は評価したいが、決して予定通りの出走ではないわけで、前に出して戦うことは枠的にも難しいかなと思うので、ここは一走みたいところ。5番人気なら一発勝負してみる価値はあると思うが、それに賭けるには根拠が薄い。


コズミックフォースでしかたなし…かな。
個別予想の段階ではこの馬しかいないと思ったが、ケイティックレバーの人気が意外なほどなく、スズカテイオーが1番枠と戦いやすい枠に入り、この2頭にも魅力を感じる。
それでも初志貫徹。
少頭数で内枠ならここは前目に出していくはず。前走の内容からもオープンレベルの地力は持っていることは証明されたので、ある程度前に出せれば、まず大丈夫。
賞金的にもここは賞金加算必須のレース。馬にとっても勝負のレースであることは間違いない。
ただ、前走が展開向いてハマった感があるし、この馬も決してダッシュ力がある馬ではないので、前に出ない可能性はある。そこが若干不安なので、思いきって賭けられない面はある。
ケイティックレバーとの斤量差が活きれば馬券には絡むはず。

◎コズミックフォース

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここは通過点!! ◎ブレステイキング 【フリージア賞2018簡易予想】

新馬あがりの2頭が人気しているが…

現在1番人気はエリスライト。
人気なら疑いたいところ。まあ新馬戦一戦しか消化していない状況なので、何とも言えないが、ひとまず出遅れても少頭数で不利はなく、楽な一戦だったのは間違いない。
終わってみれば圧倒的地力上位だったわけだが、ここで3、2番人気で2、3着となった馬が、次走未勝利で結果が出ていない。3番人気2着だったモンヴァントゥは次走4人気で1.6秒離されての16着。2番人気3着だったビンクダイキリは次走8人気で先頭から2秒離されての11着となると、ここと地力差が相当あるということがわかっても、そもそも未勝利レベルで圧倒的上位かどうかすらもあやしい。
素質馬がこの馬をさけて楽なメンツとなった新馬戦となったのかもしれないが、この一戦でひとまず500万下で1人気して買いたくなる要素はない。
フリージア賞はクラシック戦線につながるレースではなく、地力上位の馬が出走することはないとはいえ、さすがに買いづらい。無視。

2番人気はギベオン。
エリスライト同様、恵まれた一戦消化をどうとるか。2着馬は次走未勝利を勝ち上がっていて、次走チューリップ賞に出走予定の馬。その未勝利戦メンツもそこまでレベル低くないので、この馬はそこそこのレベルにあるととることもできる、その馬に勝っているこの馬も評価したくなる。
が、2着馬より明らかにこのレースでは恵まれた。距離伸びるのはよさそうで、1人気のエリスライトよりは買いやすいとは思うが、この馬を信用するには人気しすぎかな。無視。


フリージア賞は過去クラシック戦線につながっていないレース。
とはいえ、陣営がクラシックを視野にいれた発言をしており、500万下レベル上位の地力は持っていそうな馬が出ている。

ブレステイキングでしかたなし。
3番人気と人気しているが、ここは仕方ない。共同通信杯に登録から脚元不安で回避でここ出走になったが、問題はその脚元不安のみ。
距離がほしいと前走後騎手がコメントしていて、その通り距離があるレースを選択したとしたら、ここは落とせない。共同通信杯でも一定の人気を背負ったであろうほどで、地力はまずこのメンツなら上位。
クラシック戦線にのるためにはより確実に一戦とりにきたとみたい。
この人気であれば全力で狙いたい。

他はプロトスター。
このクラス通用の地力保持が確実な馬がかなり軽視されている。ここは狙うしかない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


◎ブレステイキング

△プロトスター

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

この馬しかいないでしょ ◎グローリーヴェイズ 【きさらぎ賞2018簡易予想】

まさにの出世レース。
ここから1頭はクラシック戦線で馬券に絡むといってもいいほどのレース。

今年は久々に出走馬10頭越えでここの馬券内の内1頭はどこかで活躍することでしょう。
その視点で見ると先々活躍しそうである新馬上がり良血ダノンマジェスティが無敗ということで、人気を集めるのも納得か。

現在単勝1番人気はダノンマジェスティ
過剰人気だと思う。そもそもこのレースは新馬上がり即の馬があまり来ないレースとそこそこの経験が求められる。
それにこの馬の新馬戦は全く底をみせていないが、内容的にはそこまで評価できるものではないと思う。
馬場に助けられてのタイムと、相手関係に助けられての勝ちっぷり、それに意図せぬ乗り替りとなるとここのメンツを圧倒するほどの地力ならもはやどうにもならん。きたらあきらめの無視。

3番人気はカツジ
実績はNO1だし、素直に強いと思う。ただ、賞金を少し持っている立場であり、ここは距離に対する試走の色が濃い。
距離は持ちそうな感はあるし、中途半端な状態での試走はマイルカップに進むかどうかの決断がつかないので、ある程度状態は整えてきているだろうが、頭への意気込みは当然他馬より低いはず。
展開が向きそうなだけに無視は難しいとは思うが、おさえまで。

4番人気はサトノフェイバー
逃げ馬がそこそこ成績を残しているレースで、前走騎手は行く気がなかったといってはいたので、もっと先をみてここはおさえる可能性はなくはないが、賞金加算は必須だし、ここも勝ちだけをみるとやはり逃げの一手だろう。
そしてゲートもその後のダッシュ力もそこそこあるので、この並びなら狙えばまずハナでスローに落としてレースを引っ張るはず。形は向く。
ただ、この馬の地力はまだ未知。前走は展開にかなり助けられているし、その上相手レベルも不明。1番人気と同じ未知ならまだこちらを買いたいが、新馬戦からはそこまで秘めたる地力は感じない。余裕があったらちょいおさえ。


とことんの出世レース。やはり先をみられる馬を狙いたい。
グローリーヴェイズでしかたなし。
連日の人気馬狙いで、もはや穴狙いの影を潜めているがここら辺のレースは仕方ない。
遅いペースしか経験していないものの、新馬で逃げ、2戦目で最後方という両極端の競馬で内容と着順が伴ったのは素直に評価したい。
ただ、新馬は決して逃げようとは思っていなかったのに押し出されての逃げ、2戦目は出遅れて仕方なくの最後方と、共に意図したレースはできなかった。前半のペースがあがったらおそらくついていけないし、かといって後ろからのレース選択はしたくないだろうきさらぎ賞。でも今回は多分ペースはあがらない。この馬として非常に戦いやすいものになりそう。
そこで、さあどう乗るか、だが、騎手はデムーロ。どう戦うかは騎手を信頼できる。となると、素直にここは信頼かなというところ。
地力は高い。重賞級かはまだわからないが、上位人気では信用できる方の馬ではあると思う。
共同通信杯ではなくここを選択してきたのも素直に組みやすしということでいいと思う。
大きく狙いたい。

他はレッドレオン。
もう少し人気するとおもったので、この人気ならおさえたい。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎グローリーヴェイズ

△カツジ、レッドレオン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ