3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

勝負3

◎ストリートキャップ 混戦!【若竹賞2015予想】

クラシック活躍馬は出ていないが、ステップレースで活躍する馬を若干ながら輩出しているレース。

現在単勝1番人気はエイムハイ
若駒ステークスの方が合っていそうと思ったが、こちらを選択か。
ソールインパクトと好勝負をしたナイトフォックスと僅差は一定の評価は必要も、2走ともうまくのられてのもの。
本質的に中山は合っていないのではないかと思う面があるので1走みたいところ。


2番人気はペルセヴェランテ
地力が高い可能性は高いものの、今回は勝ちにこだわったレースはしない模様。
それでも、百日草特別4人気4着コアプライドより地力高いと思われる新馬戦は評価するしかなくおさえは必要か。


3人気はエミネスク
新馬戦でダノンリバティ、スモーキーナイトとの地力差が明白になり、前走は展開向いた。
ここでは通用するレベルにあるかもしれないが、人気している状況で買う馬ではない。無視。
それでも3人気は若干なめられてるかな。


4人気はコティニャック。
梅花賞に出るものだとばかり思っていたが、1週前倒しでここ出走は調子がいい証か。
次走未勝利圧勝のショウボートに競り勝った新馬戦は悪くない。直線並ばれてからも1度もハナ譲らなかった根性は先を期待してしまうものだった。
将来性にかけるならこの馬か。

人気ブログランキング

6人気以下の馬にもそこそこ先が期待できそうな馬が複数頭いて、ペルセヴェランテ、コティニャックが抜けていない限り、人気薄の決着になってもおかしくない地力差しかないと思う。内枠のサブライムカイザーも見れることだし。

それでもストリートキャップで勝負する。
現在5人気。
3人気エミネスクは前走東スポ杯10番人気4着、この馬は11番人気11着。
この差をどうみるかだが、最終コーナー前に行った馬が負けているレースであり、まだ勝負付けは済んでいない。
内枠がほしがったところだが、このクラスであれば充分に通用すると思う。

◎ストリートキャップ

人気ブログランキング

◎ウインバニラスカイ 今年のメンバーなら人気薄狙い!【紅梅ステークス2015簡易予想】

桜花賞&オークス好走馬をちょくちょく出している2015年牝馬クラシックを考える上できっちりとみておきたいレース。
ではあるものの、出走馬を眺めていると、毎年ながら結果を見てから振り返ればいいよね的ところが大きい、馬券を当てるのが難しいような気が・・・。
小波乱自体はよくあるレースなので、一通りレースをみたら少額で遊ぶだけにしておこうかと。


現在単勝1番人気はコンテッサトゥーレ 。
新馬戦は非常に強い勝ち方。スタートあまりよくなかったが、ダッシュ力あり好位につけ、直線半ばでスパートすると一気に突き抜けた。ここでは力違った。
ロスがあった競馬ではなく、また相手も次走以降未勝利抜けした馬がいない面子。展開恵まれた面が強い新馬戦を受けてでは、圧倒的1番人気の上で買うには若干不安。

2番人気はアルマオンディーナ。
新馬戦完勝、2戦目で阪神JF5着はオープンクラス地力上位の証明。6着を0.5差離しているのも評価できる。
ではあるものの、阪神JFは非常にうまくのられていて、着順通りの評価をしていいか微妙な面もある。
それでもこの相手ではとりこぼさないか。

3番人気はラッフォルツァート。
6戦消化で掲示板をはずしていない安定馬。5着になったレースも馬場&距離が合わなかったと敗因も明白であり、それを除くと全レース馬券になっているといえる。
ただ、内容をみていくと強さを見せているレースはなく、また相手関係にも恵まれている。同じようなレベルの相手と未勝利戦で戦い続けての掲示板であり、3番人気で買いたくなる馬ではない。

4番人気はクローソー。
新馬戦の勝ち方が圧巻過ぎ。
外枠スタートだったが、押していくと他馬とダッシュ力違い一気にハナに。内に寄せながら楽に走り、直線スパートで上がり最速2着に7馬身差の圧勝劇。
インパクトの強い勝ち方でいかにも次走人気しそうというもの。
ただ、雨の中のレースで意図的に前に出して、そのまま逃げて自分のペースでの完勝、義騎手で斤量51㎏とこの先につながるレースではないとは思う。
地力高い可能性自体は当然あるものの、であったとしても過剰人気するここでは狙いはたたない。

5番人気はエフェクト。
現段階ではファンタジーSはムーンエクスプレスが阪神JF4着になったものの、低レベルだったとみるしかない。3番人気でここで地力足りないと思われるラッフォルツァートもウインソワレに先着した実績があるほどで、人気と地力はかみ合っていない印象。
阪神JFは全く気にしなくていい敗戦ではあるが、やはりファンタジーS負けは重く見て、ここでは地力足りないとみる。一般馬相手に通用したといえるかどうかはここの結果で判断したいところ。


ウインバニラスカイがおもしろい。
ラッフォルツァートに未勝利で勝っており、その後500万下を2戦してのここで、ラッフォルツァートは3番人気でこっちは11番人気。
前走つわぶき賞でも2番人気ラッフォルツァート、10人気ウインバニラスカイであったため、未勝利での先着はほぼ無視されている状態。
はたしてそこまで地力差があるのか?といったところ、前走の大敗は馬場が全く合わずで無視できる。
未勝利戦の内容は非常によく、1400がベストで地力は十分に通用すると思う。番手につけるか、楽にハナをとれれば上位と人気ほどの差はない。

◎ウインバニラスカイ

人気ブログランキング

◎ペガサスボス 2番人気は確定と思っていたら・・【白梅賞2015超簡易予想】

全く買う気がなかったレースもペガサスボスが4人気と聞いては買うしかない。

1人気は断然でエイシンカラット。
新馬戦は1.2差つける超楽勝。ハナに立ちスピードで押し切る形。直線でも差を広げる力を見せた。
前走白菊賞もダッシュ力あり前に行くが、ハナに出ようとする馬がいるのでおさえる。直線で内から伸びをみせるが馬場よかった外を通った馬にさされる。
直線入り口で前にいた馬の中では最先着しており見限れる内容ではないものの、距離の限界を意識しておきたい内容とみていい。

ナリタスターワンは、新馬戦でひいらぎ賞、ジュニアカップ共に4着で内容的にはもっと上位でもよかったマリオーロを0.3離していることは評価できる。間隔空いても相手が相手だけにここも勝負になりそうも、ただ陣営のコメントからも本当の勝負は間違いなくここではなく次以降であり、地力でここを勝ってしまうかもしれないが、手は出しづらい。

ペガサスボスしか残らない。

◎ペガサスボス

◎グランカマラード 騎手替わりで順当に圧倒する!!【寒竹賞2015簡易予想】

シーザリオが通ったレースとはいえ、近年はクラシック戦線を考えると軽視していいレースではある。
牡馬だけの今年は余計に軽視してもいいかもしれない。

福寿草特別と共に先週半ばにケンにしようと思ってたのに、オッズを見ていてちょっと気が変わった。
福寿草特別も失敗したわけで、ケンと決めたレースに参戦していいことないだろうけど、少し参戦してみよう。

現在netkeiba.com単勝1番人気はブライトバローズ。
正直、先週始めに登録馬見たときにこの馬が人気するとは思わなかった。馬体が見れる人や血統に詳しい人が見ると違うのだろうか。
ここ2戦が弱いものではないけれど、決して500万下通用のパフォーマンスではないと思う。
新馬戦は進路がなくなったりとロスは多いものではあったし、前走も決してスムーズにというわけではなかった中での結果というのは評価できる。2戦とも東京2000でのものでありながら、タイプの違うレース内容に対応できた力も一定の評価はできる。
ただ、対戦相手のその後のレースを見ても地力はそろって低く、また、ここ2戦東京で戦った形は500万下クラスの中山に通じるものとは思えない。
地力高い方に張るには1番人気の現状ではちょっと難しいところ。無視。

2番人気はニシノオタケビ
葉牡丹賞で本命にした馬。
新馬戦での対戦相手関係、百日草特別での内容は非常にいいし、そして積極的なレース出走で春を意識されているというのも好印象で本命にした。
ただ、さすがに使いすぎだろう。百日草特別の段階でレース後騎手が疲れをあげており、勝負の前走で掲示板にものれないとなるとここでは買いづらい。
それでも相手関係は楽になり、前走0.2差負けのバイガエシが福寿草特別を勝ちとなったので若干気になるものの、ここで買ってもあまり妙味がない。


1、2番人気に魅力は感じないが、新馬上がりの馬が2頭いて、共に一定の魅力はある状態、間隔空いたマイネルポルトゥス、デバイスドライバーの2頭もブライトバローズと地力差以上のオッズ差がついているように思う。

それでも、グランカマラードで仕方なし。
この中なら地力はまず一番高いと思う。
これまでのレースを見ても乗り替わりはプラスに働く可能性が高く、素直に複勝圏内の可能性は最も高いと思う。
乗り難しいキレで勝負すると何もできない馬ではあるが、そこは戸崎騎手の腕を信用したいところ。

◎グランカマラード

人気ブログランキング



◎ナイトフォックス 人気でも仕方なし!【ジュニアカップ2015超簡易予想】

クラシック戦線に乗る馬が出走するレースではなくて、どちらかというと短距離を中心にその後活躍する馬が多く出ているイメージのレース。

今年の出走馬を見ていてもクラシック戦線で活躍しそうにはない馬が多い。
1番人気に押されているエイムハイも、新馬戦でこの時期としてはそこそこの相手にそこそこの内容で勝ってはいるが、この面子で1番人気はやや過剰という印象。
本当に陣営が地力高く今春を見ているのであれば別のレースを選択するのでは?もちろんここなら勝てるということかもしれないが・・。

皐月賞、ダービーは難しくとも、NHKマイルカップならという馬がいる。

ナイトフォックスがおもしろい。
ソールインパクトに0.1差負け、アサクサリダーダー0.4差勝ちはこの面子であれば十分に胸を張れるもの。
前走の相手はさすがに弱く勝って当然も、くしくも後ろからのレースを試せるという絶好のレースになった。
さすがにここで道中後ろの選択はしないと思うし、現在単勝3人気の騎手替わりのマリオーロより買いの要素は多いとみる。

◎ナイトフォックス

人気ブログランキング
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ