3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

勝負2

◎アオイプリンセス 地力上位は明白!【エルフィンステークス2016予想】

きさらぎ賞がどう考えても金を賭けるレースではないので、ここで大きく勝負する。

桜花賞に向けて重要で、クラシック路線を目指す馬は是が非でも取りたいレース。
重賞ではないながら、ここを勝てばレッドディザイアのように直接でも、ウォッカのように1レース調整してでも本番を迎えられるという一気にクラシックに向けて視界が開ける。

中穴狙いを謳っておきながら、先週のメイショウタチマチ同様、人気馬の中に明らかに地力上位が明白な馬がいる。

アオイプリンセスで勝負する。
人気でも仕方なし。ここ2戦からだけで、オープン通用の目途は立っている。
新馬戦でくだした2着ショウナンアヴィドは未勝利でレッドアヴァンセに完勝し、シンザン記念9着。
3着アグネスフェアリーは次走即未勝利勝ち。4着はシクラメン賞でレプランシュとタイム差なしのフロムマイハート。騎乗がよかったのもあるが、その後を考えて余裕があるローテを組むためにも落としたくないレースでしっかりとった。
そして前走はクロコスミアに0.2差負けしたものの、0.1差くだしたビービーバーレルはフェアリーステークス1着になった。このレースは新馬戦と違って出遅れから後半長い脚で迫ったレース。先行馬が上位を占めた中での2着は非常に強い2着といってよく、牝馬オープン通用の目途はたっているとみる。
エルフィンステークスを完勝すれば、牝馬路線重賞の勝ち馬候補に今後名前があがるのは間違いなく、買うならここしかない。若干枠がきになるところも、先週同様基本は単複で全力で狙う。


ここも先週同様相手は消極的に人気馬から拾う。セントポーリア賞より穴におもしろ目の馬は多いが、アオイプリンセスに勝つ形を持ってる人気薄はいないように思う。

ダイアナヘイロー
ここに出走するのがとにかく解せないが、単純に上位との地力差を図りつつあわよくば勝ってしまおうということだろう。
そう考えると、前走同様の逃げを見せてどうかという素直な戦い方ができるポジションではある。
前走の内容はかなりいいものの、相手レベルがわからないので未知の部分が当然多いが、それでも魅力はある。



◎アオイプリンセス

△ダイアナヘイロー

3歳クラシック戦線に勝つ!! : レッドアヴァンセ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エールデュレーヴ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : アオイプリンセス【エルフィンステークス2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ダイアナヘイロー【エルフィンステークス2016出走予定馬】

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|エルフィンステークス - 2016年2月6日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

◎メイショウタチマチ ここは落とせない!【セントポーリア賞2016予想】

昨年ドゥラメンテを輩出したレース。
ダービー&菊花賞出走をみるとそこそこ重要なレースの一つではある。

ダービー&菊花賞出走馬になりうるのは・・という視点で見ていこうと思ったが、なんか今年はここからオークス&秋華賞通用しそうな馬がいる。

メイショウタチマチで勝負する。
現在単勝2番人気。
人気でも仕方なし。ここ2戦のパフォーマンスは、この相手関係であれば素直に1枚上としていい。

新馬戦でハナに立ちそのままぶっちぎり、前走は出遅れもあり腹をくくって試走気味の位置取り。
ここは普通にゲートを切ればまず前に出すし、それが叶うメンバー構成。
先を見るとここは絶対に落とせないレースで、普通に走れればここで複勝圏内をはずすとは考えづらい。


相手も人気どころから3頭を消極的に拾う。
単勝1人気はサトノキングダム
正直前走だけではわからないというところ。騎手が明らかに地力上位を意識したレース運びをしているし、2着馬が次走未勝利戦を即抜けしていることからも、新馬戦として低レベルということもない。ただ、積極的に買う要素があるかと言われると・・。

5人気マコトルーメン。
勝浦騎手の評価が非常に高い馬で注目していたが、勝浦騎手が乗らないので買う気なえ気味・・。

6人気プレイヤーサムソン。
1枠にはいった今回は前走の内容であれば通用していい相手関係ではあるが、メイショウタチマチより上にとる要素はないかな・・・。


◎メイショウタチマチ

△サトノキングダム、マコトルーメン、プレイヤーサムソン

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|セントポーリア賞 - 2016年1月31日東京9R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

◎ギンザヴィクトリア 素直に穴狙い!【フェアリーステークス2015予想】

荒れ傾向、コースの割に枠による優劣も見えづらく、位置取りも大きな傾向はない先行差し優勢、
と、穴狙いで予想をしている人にとっては、ここしかないってほどのレースである。


現在 netkeiba.comの単勝1番人気はカービングパス
1番人気は驚き、最終的にどうなるか知らないが一応再度見直してみたが、際立ったものは感じず、ここで1人気になるほどのものを見せているかというとはなはだ疑問。
新馬戦で完勝。コーナーで外を回した内容も悪くなく力を見せてはいるが、相手が相手だけに特に際立って評価できるものではない。
新馬戦を評価されたか、単に相手関係からか前走間隔空いたにもかかわらず1番人気に推された。
ここではスローからの直線勝負になった。道中ロスがあった上でも対応したので、ここも内容は決して悪くはない。悪くはないが、いいわけでもなく、勝てなかったということは重く見たい。

もちろん最終的には3、4人気になるかもしれないが、そうなったとしても買いたいと思う要素がない。
前走から中山変わりはプラスに替わる可能性が高いし、幅の広さは感じる馬ではあるのだが、ここで勝つとすれば番手追走くらいでレースを進める必要がありそう。ただ、ここではその選択はとれないとみる。人気していて妙味がある馬ではない。無視。


2番人気はコートシャルマン
先を見てもここは絶対に取っておきたいところだろう。
地力低くないが、前走で現状での底は見えたとしたい。順調でなかった可能性もあるにはあるが、オープンクラス上位とは地力差がけっこうあり、1600の距離も自信が持てない。
それであればとれるところは取っておいてから余裕を持って春先を考えよう、という出走だと見たい。
点数を広げるのであればおさえは必要な1頭で、積極的に買う要素はないが地力無視できずといったところ。
ただ、1600に対応メドはたっておらず最終的に1人気になりそうなので、スルーする。


3番人気はテンダリーヴォイス
前走含めアルテミスS以外の馬券になっている3走は全て内をロスなく回ったもので、比較的恵まれたレースだった。馬券にならなかったアルテミスSは大外枠に入りロスが大きかったもの。
ここでは最内枠に入り、これまで北村騎手がやってきた乗り方がそのまま通用してしまいそうな雰囲気。
前走勝ち切れなかったことから500万クラスで抜けた地力を持っていないことは明白、ここで下手に勝ちに行こうと前で勝負しようとすると大敗もある。
ただ、北村騎手のコメントからも中団内に位置して闘いそうであり、複勝内はこの馬が最も信頼できるか。


4番人気はオーミアリス
狙いが非常に見えづらい。
賞金足りている馬が、斤量背負うなかあえてここに出走。素直に距離に対する結論を早めに出しておきたいといったところだろうか。
前走は間隔空いてのレースだった上、スムーズにいかず距離に対しての適性が見えないものになった。
フェアリーステークスで最も馬券になっている阪神JF組で最先着馬であれば無視はできない。

5人気はエヴァンジル。
週中はとりあげていないが、1600or1800勝ちの未勝利上がり即の馬っていうのはこのレースでは買いの馬ではある。
ここ2走を見ても一定の立ち回りのうまさは感じるものの、特に目立ったこともなくまた闘ってきた相手も弱い。
この手の馬は人気薄であれば買えるが、人気になっているときに買うような馬ではない。無視。


荒れるレース。荒れるという視点から見ていきたい。
上位人気以外でここまでのレースの内容からひろってこれるのはトーセンラークくらい。
であれば、力の割に人気がない馬を狙うのが穴狙いの常道。

赤松賞を経てここに挑む馬が7頭。人気着順推移は、
テンダリーヴォイス 3人気2着→3人気
ノットフォーマル 6人気8着→11人気
マラケシュ 7人気11着→12人気
カービングパス 1人気3着→2人気
ギンザヴィクトリア 9人気6着→14人気
アドマイヤピンク 5人気9着→8人気
メイショウメイゲツ 8人気4着→6人気


ギンザヴィクトリアがおもしろい。
8月未勝利でマイネルリードとハナ差、9月6日未勝利でココロノアイと0.4差、27日未勝利で1.0負かしたウインアシュリンが次走エヴァンジルに0.8差負け。
と、決してここで14番人気になる馬ではない。
赤松賞が評価を落とすようなものだったかといえば、そうではない。
スタート悪く後ろからになり、直線入ってからも常に外に逃げようとする中でのもので全く力を出せていない。
右回りになり新潟でみせた地力を発揮すればここでも十分に通用するとみる。


他はトーセンラーク
中山替わりは歓迎だろうし、出走馬中地力上位である。前走は完全に無視していいレースで、それを除けば非常に安定している戦績を残している。
地力高い安定馬が人気薄ならおさえて当然。


◎ギンザヴィクトリア

○テンダリーヴォイス

△トーセンラーク、オーミアリス、ノットフォーマル

人気ブログランキング

◎ノースストーム 枠の利を活かして闘える!【シンザン記念2015予想】

圧倒的内枠前有利なレース。
先週の京都金杯も2枠→1枠→1枠→4枠→4枠が掲示板という外枠の馬で一発狙おうという思いを一切許さない結果。
ヒモ荒れ傾向のレースではあるが、1~3番人気が7、8枠に入った今年、大きく荒れそうな予感しかしないのが逆に罠か。

現在netkeiba.com単勝1番人気はダッシングブレイズ
週中に見た通り、まあここ2戦の内容に不満はない。
前走で千両賞4着ペガサスボス、千両賞7着アドマイヤゴッドを破っており、千両賞5着、9着、11着の馬がここで6、7、8人気に推されていることからも、一定の人気を背負うのは当然も、果たして1人気になる馬かといわれると疑問。
ドスローのレースのみしか経験しておらず、ある程度速く流れたときのパフォーマンスは不明で、7枠に入り内に入り込めないと単純に距離ロスすることになりそう。
ここまでと同様の流れになれば圧倒する地力を秘めている可能性もあり、また実際そうなることもありそうなメンツではあるが、不明な要素の多い外枠馬を1人気で買う必要はない。無視。

2人気はグァンチャーレ
ここ出走馬中では地力証明がなされている馬で、どのような形になっても掲示板には載ってきそう。
ただ、1人気同様外枠に入り、騎手の判断がかなり問われるレースになりそう。
出遅れが怖いが、地力的に無視はできない。

3人気はナヴィオン
ここでは実績最上位であり、地力もおそらく最上位。
朝日杯からの参戦馬が結果を出しているレースであり、その朝日杯での敗因が馬場にあるのであれば、見限る要素は少ない。
ただ、大外枠に入った。12頭立てとはいえ、ここでの外枠は痛いはず。
メンバー的にはここは取りこぼしたくないところではあるが、内枠超優勢な状況でどうなるかというところ。押さえまでか。

4人気はクイーンズターフ
こっちに参戦か。
正直地力低目なメンツであり、というよりもこの馬が4人気になるくらいのメンツなわけで、勝ってもまあそこまで驚かないかもしれないが、この人気で買える要素はないと思う。

5人気はレンイングランド。
距離合わないと週中は見もしていなかったが、5人気内で最内枠に入り、前に行ける馬と好走条件はそろった。
ただ、それによって押し上げられている人気であるのは間違いなく、対戦相手からの地力比較以上の評価がされている印象。
初戦は折り合いを欠き、3走前は出遅れという敗因を考えると極めて安定した結果を残しており、背負った人気以上の着順で終えているのは事実であるものの、この人気で拾えるほど距離にめど立っている過去の戦歴ではないと見る。


5人気内から複軸をひっぱってくる予想スタイルとしても正直どの馬にも不安がある状況。
不明なことが多すぎて大きく金は賭けづらいレースになっている。それなら少額でも楽しめるように大きく狙いたい。
大きく狙うのであれば意地でも内枠から選びたい。12頭でのレースになったとはいえ、外枠の不利は軽減されても内枠の利はゆるぎないだろう。


ノースストームがおもしろい。
エリカ賞2014でも地力足りないとした馬ではあるが、エリカ賞より上位人気の地力が高いかというとそうでもないメンバーが揃った。
エリカ賞も決して悪い内容ではなく、戦前に思っていたよりずっと通用したと思う。新馬&未勝利同様内ラチ沿いを走るも、前の馬とのリズムが合わず中盤かかってしまった。そこでの消耗を考えると、地力発揮の形がとれればもしかする。
ここでも地力は劣るとは思うが、それを補うほどの内有利になっている。

新馬戦は出遅れ、大きく縦長になったレースを後ろから追走。4角で前にいた馬が残っており、2、4着馬も未勝利抜けを果たしておりそこまで悪いレースではないといえる。
未勝利戦は圧倒したが相手弱く、かつ比較的恵まれたレースではあった。ただ、決してスムーズに走ったものではないので、未勝利レベルでないことは証明している。

前に行ってしまいたいが、これまでのレースを見るとスタート後のダッシュ力は他に見劣る。それでも最内枠を活かしたレースはでき、いいポジションでレースを運べそう。
そしてそうなれば、外枠にいる地力上位との馬の差は消せる。

次はヤマニンマンドール
週中はこの馬でいこうと思っていたのだが、上位人気3頭とともに外枠。
この馬はこれまで決してスムーズな競馬ができておらず、もしスムーズな競馬ができたら通用の可能性は高い。
が、外枠で頭まではとなるとちょっと見えない。
ただ、「シンザン記念はクラシックに直結する出世レース」という視点で見ると、1人気馬かこの馬が勝つのがもっともしっくりくる。

◎ノースストーム

○ヤマニンマンドール

△グァンチャーレ、ナヴィオン、サトノフラム、ダンツメガヒット

◎アドマイヤガスト 枠を活かして戦える!!【福寿草特別2015予想】

昨年と同じ8頭、少頭数のレースになった。
皐月賞、ダービー掲示板内に来る馬があまり生まれていないレースで、少頭数になるのも仕方がないのかもしれない。
とはいえ、決して完全に無視できるレースではなく、皐月賞、ダービー等で基準にできる馬が出走していることがあるので馬券勝負はともかくチェックはしておきたい。

また、今年は少頭数に関わらず、例年以上に出走馬レベルは高いと思う。
500万下クラスは抜けそうな馬が多い。

現在単勝1番人気は、グリュイエール
新馬戦でエリカ賞勝ちのベルーフと同等もしくは上位の地力を見せ、2戦目未勝利戦で京都2000mをレコード勝ち(1.2差つけたオールマイアイは前々走レントラーに0.1差負け)、前走東スポ杯では地力がオープンクラスに足る可能性が高いことを示した。
その状況で、再度京都2000mに出走となれば、無視はできず中心視が妥当。
また、単勝オッズも現在2.8倍(1月3日深夜)と2番人気馬とほとんど差がないもので、だいぶなめられている印象。
ただ、単勝で目いっぱい買えるかというと微妙なところ。前走から、折り合いさえつけばここ通用といえるが、その折り合いさえつけばが気になるところ。
前走の反省点を前に行き過ぎたことなんてしていたら、ここで変に控えて、馬場を活かして前に粘られるっていう形も見える。
まあ、岩田騎手が地力高い馬で、ただ勝ちを目標にした時の取りこぼしの少なさったらないですが・・・。

2番人気は ロードユアソング
バイガエシより大きく評価されているというのは若干疑問も、新馬戦は強い勝ち方ではあった。直線半ばからしか本気で走っていないし、それでいて完勝であれば、一定の評価は可能。ただ、出走馬中で次走未勝利戦に出た馬が軒並みいいところなく負けている現状では、ここ通用かは何とも言えず、勝ったとしても過剰人気であることには変わりない。当然無視。
芝の王道路線での出世を見込んでいるといいながら、ここに出走させるのかあ。時期的には仕方ないのかなあ。

3番人気はバイガエシ
葉牡丹賞で複勝圏内が最も期待できるとした馬で、24キロ増というのは後に知ったがそれでもタイム差なし3着であればそこそこの地力は証明したと言っていい。先を見ての馬体増であるだろうし、ここで2勝目をあげたいところだろう。
京都の今の馬場がどうだろうという気もするが、前目につけて早めに仕掛ける素直な競馬でとりにくるでしょう。1番人気馬が今レース控える可能性が高いので、道中内目を走れる理想的なポジションで競馬できそう。
前走のように自分からは動くに動けない位置取りになることはこの頭数であれば少ないだろうし、500万下の地力はおそらく持っているので、無視できず。


少頭数で馬券としての面白さは微妙で、天候&馬場もはっきりしない状況。
どちらにせよ大きくは賭けられないので、少点数少額で遊ぶ。

アドマイヤガストがおもしろい。
ここ出走で来春に大きく活躍している可能性があるとすればこの馬。
次を見ているかもしれないが、ここは取れるレースとみての出走だろう。思ったより地力高い馬が揃ったが、この馬の今後を測るいいレースになりそう。
新馬戦で下した相手から500万下通用の可能性は高く、札幌2歳は地力高い馬が多かったレースで外枠からやりたいことがやれなかった中での8着。
もしここで勝ちに来るなら、前走の反省から枠を活かして前に着けるレース運びをするはず。
そしてそれをした際のパフォーマンスはどれほどのものかはまだ未知数であり、ここで突き抜ける可能性は十分。
軽視されているうちに馬券をとっておきたい。

他はグランアルマダ
先週千両賞で本命にした馬を再度狙う。先週は馬が全く出来上がっていなかった模様。スタート直後から全く前に行く気さえみえないもので何もしていない。
相手関係見ても先週が勝負だと思ったが、ここで連闘してくるのであれば一応押さえておく。500万下クラスであればぎりぎり足りる地力は有している、はず。

◎アドマイヤガスト

○グリュイエール

△グランアルマダ

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント