3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

勝負2

スローになればこの馬しかいない! ◎アメリカンワールド 【共同通信杯2018予想】

近3年の勝馬を見ても、昨年のスワーヴリチャード、一昨年のディーマジェスティ―、3年前のリアルスティールと勝ち馬はクラシック戦線での活躍を確約されているといっても過言ではないレース。

人気サイドで決まりやすいとはいえ、近5年でも6番人気が馬券内に2度入っていて、未知の馬も多いこの時期の3歳戦らしい結果も出ている。

今年もおもしろいメンバーが揃った。ちょいあれはあっていいメンバー構成だと思う。

現在単勝1番人気はグレイル
単勝1倍台の圧倒的人気。強いのは間違いない。たとえここで負けたとしてもクラシック戦線で一定の人気を背負って、そして結果を出す可能性は高いと思うほど地力は高い。
ただ、ここは比較的とりこぼしが考えられる条件になっていると思う。
間隔があいたこと、初左回りであるということ、賞金足りている立場で是が非でも連対をというたちばではないこと、大外枠であること、比較的スローで流れるレースで先行馬が揃っていること。
ベストな状態ではなくても馬券内に入ってくるほど地力は高いと思うし、自ら動ける馬なので大敗は考えづらいが、自らうごいても届かない形はあると思う。この人気であればそちらに賭けたい。
前走で下した相手だけ見てもここで無視できる馬ではないので、おさえはするが中心視はしたくない。


単勝2人気はステイフーリッシュ
どこかで賞金加算を考えないといけないです。という前走後の陣営のコメントからも、思った以上にやれたという感じだろう。実際前走は前が崩れたレースになったとはいえ、重賞通用の目途を立てないようだとは思う。
ただ、この馬の場合相手にかなり左右されると思うし、不利な位置から自らそれを打開するという形は今のところ持っていない。先行勢が多いここで、スローで流れてで、新馬戦のようなレースをするにはちょっと手ごわい相手なのではないかなと思う。形が向いたら楽勝も、ここはこの馬に向いた形にならないと思う。無視。


単勝3人気はサトノソルタス
新馬上がりでかつ間隔空いた馬というだけで、ちょっと躊躇してしまう。
が、その躊躇をぶちやぶる可能性は秘めていると思わせる新馬戦ではあった。
ただ、やはり未知の部分しかないし、最内枠ですっと出られないと力発揮できずの形も十分あり得る。現段階ではどうしてもこの馬の頭は見えづらいので、きたらあきらめの無視。


4人気はゴーフォザサミット
ある程度前をとるのが必須だと思う。とれさえすれば、馬券内に入ってなんらおかしくない地力は担保されていると思う。
ただ、この相手では未勝利戦のようなレース運びはできないし、先行勢が揃ったここは外枠になってしまったこともありどう戦うかが非常に難しい。地力評価しているし、馬券内は比較的見える馬ではあるが、頭は見えない。この馬を買うなら3番人気馬も買いたいかな。無視。


5人気はオウケンムーン。
距離伸ばして結果を出してきた馬が距離短縮。目を見張るものはなく、前走よりパフォーマンスを上げる必要があると思うが、距離短縮でこの馬は活きないと思う。
ダービーをみたら面白いかもしれないが、まだ先かなというところ。無視。


例年通り、クラシック戦線で活躍できる可能性がある馬が揃った印象も、人気馬は比較的とりこぼしの可能性が高い気がする。
穴が最も少ない1番人気馬は賞金がたりていて、大外枠となればもしかして…は考えられる。
スローで流れる想定だとすると非常に魅力的な馬がいる。


アメリカンワールドがおもしろい。
スタートが非常によく、かつダッシュ力もあるため、内枠に入ったここはまず前に出ていいポジションで戦える。
そして道中がスローで流れれば、前走の圧勝っぷりを見ても重賞で通用してなんら不思議ではない。
ゲートが非常に安定しているため、まず力は出し切れる。
その力が重賞で通用するかだけが焦点だが、何かを行かせてかつスローで流れた場合は通用するとみたい。
大きく勝負する。

他は、ブラゾンダムール
アメリカンワールドと同タイプで、新馬戦の相手関係からもアメリカンワールドがくる形であればこの馬も残っていておかしくない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎アメリカンワールド

△ブラゾンダムール、グレイル

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


条件揃った!! ◎コスモイグナーツ 【京成杯2018簡易予想】

過去はともかく、近年はクラシック戦線を見た時には重賞の割にあまり重要ではないレース。

ホープフルステークスもあって、今年も実績的には小粒な面々の出走となった。

それを受けてか新馬上がりのデルタバローズが前日オッズ一番人気、イェッツトが5番人気に推されている。


現在1番人気はデルタバローズ
圧勝してもおかしくないが、未知な部分が多い中1番人気で買えるかと言われると…
そもそも前走は相手レベルは決して低くないが、馬場が特殊だった。
ここはメンツレベルが低いのでこの馬の地力を買うのはわかるが、1番人気に足る信用度はない。
無視。

2番人気はジェネラーレウーノ
ここへのステップとして意味のある葉牡丹賞の勝馬はひとまず拾っとけではある…
この馬、ここまででクラシック通用の力は見せていない。
だが、それが逆に京成杯としては怖いものではある。
それでも大外枠はさすがにきつい。いかにも京成杯向きの馬ではあるものの、大外枠で無視。

3番人気はコズミックフォース
切る要素はない馬の一頭ではある。ただ、積極的に買う要素も特にないかな、とレースを見る限りは思うのだが、いかんせんルメール騎手の評価がとても高いのが気になって仕方なし。
でも今レースはルメール騎手騎乗停止による意図しない乗り替りちょいと評価さげでおさえまで。

4番人気はダブルシャープ。
普通に考えるとこの馬かなという気がする。タワーオブロンドンに勝ち、ロックディスタウンとタイム差なし、ダノンプレミアムに0.6差はここでは大威張りできる実績。
ただ、この馬を買うなら買いたい馬がいるという感じ。無視できる馬ではないが、おさえまで。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

終わってみたらデルタバローズやエイムアンドエンドあたりが抜けていた、という結末はありえるが、レース前の段階ではそちらにかけるより馬券的妙味を追いたい。
そもそもこのレースは、レース経験がある馬が馬券内に残る傾向がある。
レース数を経験しており、そしてクラシックでは活躍できなさそう、という条件では
やはりダブルシャープにひかれるのだが、どの馬もめがあるメンツがそろっているのは間違いない。
それならもう少し人気薄を狙いたいところ。

コスモイグナーツがおもしろい。
東スポ杯組を見限るのは早いと思っている。と言いながら、シャルルマーニュ、カフジバンガードと裏切られ続けているのだが、もう一回攻めてみたい。
その東スポ杯はペースが苦しいし、アイビーステークスはシャルルマーニュより内容悪いと思う。ただ、ここのメンツも決して高くはない。
デルタバローズが案外であれば、ジェネラーレウーノが大外に入ったここは大いなるチャンスだ。
大きめの勝負でいく。

◎コスモイグナーツ

△ダブルシャープ、コズミックフォース、サクステッド





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

◎アオイプリンセス 地力上位は明白!【エルフィンステークス2016予想】

きさらぎ賞がどう考えても金を賭けるレースではないので、ここで大きく勝負する。

桜花賞に向けて重要で、クラシック路線を目指す馬は是が非でも取りたいレース。
重賞ではないながら、ここを勝てばレッドディザイアのように直接でも、ウォッカのように1レース調整してでも本番を迎えられるという一気にクラシックに向けて視界が開ける。

中穴狙いを謳っておきながら、先週のメイショウタチマチ同様、人気馬の中に明らかに地力上位が明白な馬がいる。

アオイプリンセスで勝負する。
人気でも仕方なし。ここ2戦からだけで、オープン通用の目途は立っている。
新馬戦でくだした2着ショウナンアヴィドは未勝利でレッドアヴァンセに完勝し、シンザン記念9着。
3着アグネスフェアリーは次走即未勝利勝ち。4着はシクラメン賞でレプランシュとタイム差なしのフロムマイハート。騎乗がよかったのもあるが、その後を考えて余裕があるローテを組むためにも落としたくないレースでしっかりとった。
そして前走はクロコスミアに0.2差負けしたものの、0.1差くだしたビービーバーレルはフェアリーステークス1着になった。このレースは新馬戦と違って出遅れから後半長い脚で迫ったレース。先行馬が上位を占めた中での2着は非常に強い2着といってよく、牝馬オープン通用の目途はたっているとみる。
エルフィンステークスを完勝すれば、牝馬路線重賞の勝ち馬候補に今後名前があがるのは間違いなく、買うならここしかない。若干枠がきになるところも、先週同様基本は単複で全力で狙う。


ここも先週同様相手は消極的に人気馬から拾う。セントポーリア賞より穴におもしろ目の馬は多いが、アオイプリンセスに勝つ形を持ってる人気薄はいないように思う。

ダイアナヘイロー
ここに出走するのがとにかく解せないが、単純に上位との地力差を図りつつあわよくば勝ってしまおうということだろう。
そう考えると、前走同様の逃げを見せてどうかという素直な戦い方ができるポジションではある。
前走の内容はかなりいいものの、相手レベルがわからないので未知の部分が当然多いが、それでも魅力はある。



◎アオイプリンセス

△ダイアナヘイロー

3歳クラシック戦線に勝つ!! : レッドアヴァンセ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エールデュレーヴ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : アオイプリンセス【エルフィンステークス2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ダイアナヘイロー【エルフィンステークス2016出走予定馬】

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|エルフィンステークス - 2016年2月6日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

◎メイショウタチマチ ここは落とせない!【セントポーリア賞2016予想】

昨年ドゥラメンテを輩出したレース。
ダービー&菊花賞出走をみるとそこそこ重要なレースの一つではある。

ダービー&菊花賞出走馬になりうるのは・・という視点で見ていこうと思ったが、なんか今年はここからオークス&秋華賞通用しそうな馬がいる。

メイショウタチマチで勝負する。
現在単勝2番人気。
人気でも仕方なし。ここ2戦のパフォーマンスは、この相手関係であれば素直に1枚上としていい。

新馬戦でハナに立ちそのままぶっちぎり、前走は出遅れもあり腹をくくって試走気味の位置取り。
ここは普通にゲートを切ればまず前に出すし、それが叶うメンバー構成。
先を見るとここは絶対に落とせないレースで、普通に走れればここで複勝圏内をはずすとは考えづらい。


相手も人気どころから3頭を消極的に拾う。
単勝1人気はサトノキングダム
正直前走だけではわからないというところ。騎手が明らかに地力上位を意識したレース運びをしているし、2着馬が次走未勝利戦を即抜けしていることからも、新馬戦として低レベルということもない。ただ、積極的に買う要素があるかと言われると・・。

5人気マコトルーメン。
勝浦騎手の評価が非常に高い馬で注目していたが、勝浦騎手が乗らないので買う気なえ気味・・。

6人気プレイヤーサムソン。
1枠にはいった今回は前走の内容であれば通用していい相手関係ではあるが、メイショウタチマチより上にとる要素はないかな・・・。


◎メイショウタチマチ

△サトノキングダム、マコトルーメン、プレイヤーサムソン

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|セントポーリア賞 - 2016年1月31日東京9R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

◎ギンザヴィクトリア 素直に穴狙い!【フェアリーステークス2015予想】

荒れ傾向、コースの割に枠による優劣も見えづらく、位置取りも大きな傾向はない先行差し優勢、
と、穴狙いで予想をしている人にとっては、ここしかないってほどのレースである。


現在 netkeiba.comの単勝1番人気はカービングパス
1番人気は驚き、最終的にどうなるか知らないが一応再度見直してみたが、際立ったものは感じず、ここで1人気になるほどのものを見せているかというとはなはだ疑問。
新馬戦で完勝。コーナーで外を回した内容も悪くなく力を見せてはいるが、相手が相手だけに特に際立って評価できるものではない。
新馬戦を評価されたか、単に相手関係からか前走間隔空いたにもかかわらず1番人気に推された。
ここではスローからの直線勝負になった。道中ロスがあった上でも対応したので、ここも内容は決して悪くはない。悪くはないが、いいわけでもなく、勝てなかったということは重く見たい。

もちろん最終的には3、4人気になるかもしれないが、そうなったとしても買いたいと思う要素がない。
前走から中山変わりはプラスに替わる可能性が高いし、幅の広さは感じる馬ではあるのだが、ここで勝つとすれば番手追走くらいでレースを進める必要がありそう。ただ、ここではその選択はとれないとみる。人気していて妙味がある馬ではない。無視。


2番人気はコートシャルマン
先を見てもここは絶対に取っておきたいところだろう。
地力低くないが、前走で現状での底は見えたとしたい。順調でなかった可能性もあるにはあるが、オープンクラス上位とは地力差がけっこうあり、1600の距離も自信が持てない。
それであればとれるところは取っておいてから余裕を持って春先を考えよう、という出走だと見たい。
点数を広げるのであればおさえは必要な1頭で、積極的に買う要素はないが地力無視できずといったところ。
ただ、1600に対応メドはたっておらず最終的に1人気になりそうなので、スルーする。


3番人気はテンダリーヴォイス
前走含めアルテミスS以外の馬券になっている3走は全て内をロスなく回ったもので、比較的恵まれたレースだった。馬券にならなかったアルテミスSは大外枠に入りロスが大きかったもの。
ここでは最内枠に入り、これまで北村騎手がやってきた乗り方がそのまま通用してしまいそうな雰囲気。
前走勝ち切れなかったことから500万クラスで抜けた地力を持っていないことは明白、ここで下手に勝ちに行こうと前で勝負しようとすると大敗もある。
ただ、北村騎手のコメントからも中団内に位置して闘いそうであり、複勝内はこの馬が最も信頼できるか。


4番人気はオーミアリス
狙いが非常に見えづらい。
賞金足りている馬が、斤量背負うなかあえてここに出走。素直に距離に対する結論を早めに出しておきたいといったところだろうか。
前走は間隔空いてのレースだった上、スムーズにいかず距離に対しての適性が見えないものになった。
フェアリーステークスで最も馬券になっている阪神JF組で最先着馬であれば無視はできない。

5人気はエヴァンジル。
週中はとりあげていないが、1600or1800勝ちの未勝利上がり即の馬っていうのはこのレースでは買いの馬ではある。
ここ2走を見ても一定の立ち回りのうまさは感じるものの、特に目立ったこともなくまた闘ってきた相手も弱い。
この手の馬は人気薄であれば買えるが、人気になっているときに買うような馬ではない。無視。


荒れるレース。荒れるという視点から見ていきたい。
上位人気以外でここまでのレースの内容からひろってこれるのはトーセンラークくらい。
であれば、力の割に人気がない馬を狙うのが穴狙いの常道。

赤松賞を経てここに挑む馬が7頭。人気着順推移は、
テンダリーヴォイス 3人気2着→3人気
ノットフォーマル 6人気8着→11人気
マラケシュ 7人気11着→12人気
カービングパス 1人気3着→2人気
ギンザヴィクトリア 9人気6着→14人気
アドマイヤピンク 5人気9着→8人気
メイショウメイゲツ 8人気4着→6人気


ギンザヴィクトリアがおもしろい。
8月未勝利でマイネルリードとハナ差、9月6日未勝利でココロノアイと0.4差、27日未勝利で1.0負かしたウインアシュリンが次走エヴァンジルに0.8差負け。
と、決してここで14番人気になる馬ではない。
赤松賞が評価を落とすようなものだったかといえば、そうではない。
スタート悪く後ろからになり、直線入ってからも常に外に逃げようとする中でのもので全く力を出せていない。
右回りになり新潟でみせた地力を発揮すればここでも十分に通用するとみる。


他はトーセンラーク
中山替わりは歓迎だろうし、出走馬中地力上位である。前走は完全に無視していいレースで、それを除けば非常に安定している戦績を残している。
地力高い安定馬が人気薄ならおさえて当然。


◎ギンザヴィクトリア

○テンダリーヴォイス

△トーセンラーク、オーミアリス、ノットフォーマル

人気ブログランキング
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ