3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

勝負1

◎マイネルシュバリエ 同じ負け方同じコースでしないよね?【京成杯2015予想】

クイーンズリングがルージュバック、ショウナンアデラに割ってはいる地力である可能性が本当に出てきたな。

さて京成杯。
比較的堅い結果が多く、
クラシック戦線活躍馬が生まれにくいとはいえ、コースから受ける印象よりもずっと外枠、差し馬が優勢な重賞らしいレース。

現在単勝1人気はブラックバゴ
前走では決してオープンクラス上位の地力は示していない、恵まれたレース。
もちろん恵まれれば上位に入れる地力を保持したことは証明しているわけだし、また前走が限界だったわけではなくまだ地力が明白になったわけではない。
地力高い方に張ることも可能も、1人気でそれに賭けるほどの魅力は感じない。無視。

2人気はクラージュシチー
『前走未勝利戦でぶっちぎっているのが人気の根拠であれば、相手が弱かっただけで一刀両断できるのだが、新馬戦の内容が悪くないのが無視できないところ。
いちょうステークス2着のネオルミエールにクビ差負けの新馬戦もネオルミエールとその当時は同等の地力は証明されているレース内容だった。
ただ、そのネオルミエールの新馬戦時の力は全く不明。陣営コメントやレース後騎手コメントをみても、比較的期待度の高い、来年春を意識されている馬のようで、新馬戦の勝負度合いはかなり低かった。それでいて勝つのだからネオルミエールが強いといえるか、クラージュシチーも含め弱かったとなるのか・・・。
2番人気で買う馬ではない。無視。』
前走時に書いたものだが、東スポ杯を終えてプラスにするところは特にない。ネオミエールの活躍から地力がオープンクラスは自明であるものの、前走はスムーズな競馬での結果。評価を上げる点はないとみる。
前走から考えられることとしては外枠でもまれず走れば好結果という可能性。それを踏まえると最内枠の今回は苦しい。
何があったか知らないが、前走後出走予定を表明していたエリカ賞をパスしてのここ勝負は重賞通用の目途がたっているとも考えられるが、それは前走前にもわかっていたこと。前走買っていないのに再度2番人気で買う意味はない。

3人気は ベルーフ
正直1番人気になってもおかしくないかなと思っていたので、他の馬券種ベースでもこの位置につける人気であれば押さえておきたいところ。
ただ、週中にみたようにここまで比較的恵まれたレースをして結果を出している馬、頭数の少ない力を発揮しやすいレースで結果を出してきた馬であることは事実であり、17頭立て大外枠に入ってこれまで通りの力を出せるかは疑問。それでも3人気であれば一応押さえておく。

4人気は ソールインパクト
未勝利戦いい内容でナイトフォックスを破り、東スポ杯で馬券になり、ホープフルステークスでブラッコバゴより評価できる内容ということで、ブラックバゴより魅力はあるので、このままの人気になるようであれば、狙いは立つ。前走と違い外枠に入ったところが若干心配も、複勝圏内では最も信頼できる。

5人気はタケルラムセス
大敗がなさそうな器用さを持った馬だとは思うが、まだオープンクラスでの通用の目途はたっていない。
もちろん通用の可能性もあり、重賞で結果を出す前に買うという考え方も間違っていないとは思うが、それで買うとすると人気しすぎている。複勝も同様の評価がされている状態では魅力ない。無視。

人気ブログランキング

エリカ賞、ホープフルステークス、寒竹賞を経由した馬が複数馬出走しており、それぞれ上位に入った馬が上位に人気している状況。
ただ、それぞれ下位入線した馬にも魅力的な馬が多い。
ダノンリバティもここまで軽視されるなら買いだし、前走の内容から逆転あり得るクールガーもいいのだが・・・。


マイネルシュバリエで勝負する。
東スポ杯、ホープフルと連続で本命にしてきたが、再度勝負。前走は本命にしたものの馬体重に増減なしということで評価さげざるを得なかったが、今回も基本的には同様。
札幌2歳ステークスを重く見ているのも変わらずで、もう1戦だけ本命にしたい。堅い決着、外枠差し馬の傾向を覆せる地力を秘めているはず。

戦前の評価としては間違いなくホープフルステークスの方がメンツが揃っていたと考えられ、柴田騎手としては前回よりも余裕があるはず。
とにもかくにも、ホープフルステークスと同様の舞台で、同じようにフォワードカフェと共に沈んだら何で出走したの?という話。
前走戦前に東スポ杯の敗因を馬体重としていた騎手&陣営が前走後ホープフルステークスでの敗因に馬体重をあげないのが若干気になるところも、さすがにもう調整不足は許されない。


他はバルビエール
地力差をそのまま反映したレースにはなっていないものの、ルージュバックと0.3差は素直に評価していい。この中にそのレベルの馬が多くいるとは思えない。
が、結構評価されている模様、ならば当然なめられすぎのコスモナインボール。前走でも狙った馬で特に大きく評価を下げるような内容ではないわけで、当然狙いは立つ。そもそも自分の形で走れなかったのにも関わらずG1で0.8差は地力評価していい時期にきている。

◎マイネルシュバリエ

○ソールインパクト

△ベルーフ、コスモナインボール、ダノンリバティ、クールガー

人気ブログランキング

◎ダイワバーチュー これまで通り走れば完勝できる!【菜の花賞2015予想】

地力が直接反映されない波乱度の高いコースではあり、ここ2年も人気薄が馬券に絡んでいる。

現在netkeiba.comを見る限り1番人気はグリシーヌシチー。
さすがに最終的にはもっとさがるだろうが、5番人気内に収まりそうな勢い。
未勝利勝ち上がりまでに3戦を要したがそこそこの相手と戦ってはいる。
新馬戦。
0.3差負けた1着ホワイトエレガンスはサフラン賞9着、赤松賞5着、ひいらぎ賞12着。同レース2着デュアルメジャーもくるみ賞6着、黒松賞4着、朱竹賞4着。3着4着馬も共に未勝利はすぐにぬけているが、500万下で足踏みしている馬ばかり。新馬戦でグリシーヌシチーを含め上位5頭が揃って未勝利抜けはレベル高いとも言えるが、揃って500万下で壁にぶつかっている。
グリシーヌシチーはスタート後即押して前に出し内2列目に入れるきちっと勝ちに来た騎乗。そのまま直線に向き、若干前が狭かったが、進路を変えずに内を攻めるも、回りのスパートから若干遅れた。上がり速かった馬が上位を占めるレースだったが、前にいた馬と同じ上がりしか見せられなかった。上位馬が揃って500万下掲示板が精一杯の状態なことを考えるとこの馬もそのレベルとしたいところ。
その後の未勝利戦でトーセンラークと0.6差、ニシノクラッチと0.2差の負け、福島1800で石川騎手で51㎏逃げ切り勝ちを見ても、やはり500万下掲示板載れるか載れないかの地力とみるのが妥当。
ここの相手をみても、馬場&コース利を得られたとしても、その地力で馬券に絡めるほど甘い相手ではない。無視。

2番人気はメイショウサワヤカ。
ショウナンアデラと0.2差はここでは威張れるものの、新馬戦でダイワバーチューに負けており、前走0.2差離しているホワイトウインドが中山1600に勝ってのここ参戦、前走0.4差3着スマイルミーティアがレッドブラッサムに0.5差負けている状況で、前2頭がともに当馬より内枠に入っていて、地力はレッドブラッサムの方が上とどれかには負けそう。
前走も内の狭いところをついて最後は流す楽勝も、ロスのない競馬であり、複勝圏内安定馬でもないと思う。
最低でもダイワバーチュー&レッドブラッサムよりオッズがつかないと頭では買えない。無視。

3人気はクイーンズリング。
新馬戦に続き大外枠。その新馬戦は本当に強い勝ち方。外枠からスタート良くかつダッシュ力もあり前に出す。直線入り口には勝ちを確信できる手ごたえで、入り口すぐ突き放す。最後は差をつめられるがそこはもう緩めている楽勝。
来春にはルージュバック、ショウナンアデラに割ってはいる可能性のある馬にも見えるほど。ただ相手のレベルが高くはないのでなんともいえない面もある。
地力が伴っている可能性がかなり高いと思うが、前走は全くストレスのかからない競馬であるわけだし、今回人気しそうなことを考えると大外枠割引も含め中心視はできない。おさえ。

4人気はマキシマムドパリ。
新馬戦は大外枠で距離ロスがあったレース、前走は縦長の展開で恵まれたものであるものの強い勝ち方で完勝。
相手に恵まれているところもあり、この2走だけで外目枠のここで人気するならちょっと軽視したい。
というより、外枠でこの馬を買うのであれば、クイーンズリングとレッドブラッサムを買いたくなる。

5人気はレッドブラッサム。
ひいらぎ賞で人気でも本命にした馬で、地力は高いと思う。
ここも地力では相手になる馬は少なく、素直に上位評価をしたい。
ただ、そのひいらぎ賞でスタート悪くなかったのに前につけられず、馬群の中の苦しいポジショニングだったとはいえ、前に出られない際の脆さが露呈した形。
道中前に行った馬が軒並み下位になったレースにもかかわらず、どのタイミングでものびることなくでの負け。
ここは絶対にとりたいレースではあるものの、人気していて買える馬ではないことが前走で明らかになった。
地力上位は認めつつも大外枠に入ったここでは中心視はしづらい。さすがにもう少し人気するだろうし、押さえまで。


まだまだオッズは変化するだろうが、どの馬にも何かしら大きめの不安があり、この5頭に複軸にしたくなる馬はいない。
むしろ現状軽視されている馬に複軸にしてもいいような馬がいる。6番人気以下を複軸にするのは自分の決め事に反するが新年いきなり狙ってみたい。最終的には結構人気しているかもですが・・。

ダイワバーチューがおもしろい。
もっと人気するものだと思っていたが、現在8人気。さすがに最終的にはもっと評価されるだろうが、自分が想定していた以上にオッズがつきそうで俄然買いたくなってきた。
新馬戦の相手で芝未勝利を勝ちあがったのが0.6差5着で本レースにも出走するメイショウサワヤカ。
次走ショウナンアデラと0.2差で走っており、当レースでも人気している状況。
メイショウサワヤカが外枠ということで下げて直線内をつく選択をし、それがこの馬にあっていたわけではないかもしれないが、ダイワバーチューも枠の割には距離ロスのある競馬だった。ここはダイワバーチューを上に取りたい内容。
サフラン賞は馬場があわなかったということだが、かなりうまく乗られている。とはいえ、0.5差1着は阪神JF6着のスマートプラネットであることを考えると、ここでの相手関係みると決してわるくない。
前走赤松賞は直線半ばで前をカットされ勝負どころでのブレーキで何もできなかったもので無視できる。
好枠に入りここは素直に中心視していい。


◎ダイワバーチュー

△クイーンズリング、レッドブラッサム、ホワイトウインド、エクストラファイン

人気ブログランキング

◎マイネルシュバリエ 前が残り大荒れる!【ホープフルステークス2014予想】

ラジオNIKKEI杯から変わっての初戦。
朝日杯の開催場が変わってどうなるかというところだったが、皐月賞と同じ舞台となりなかなかのメンツが揃った印象。
昨年のラジオNIKKEI杯勝ち馬はワンアンドオンリー、一昨年エピファネイアは共に今日有馬記念に出走で人気に推されている馬。ここ出走の馬に来年のクラシック戦線で活躍する馬がいておかしくない。
だが、現時点では大きな地力差はみられない。
大荒れを期待したいところ。

現在単勝1番人気はダノンメジャー
強い!というレースはこれまで見せていないように思うが、スタートよく前につけられるときも行く馬がいたらおさえてそれに続くレースを選択した前々走、スタート悪く後方からになった前走で共に1、2着という安定感は大いに評価できる。それを踏まえると、現在の2番人気とほとんど差のないオッズはちょっと甘く見られているともいえるかもしれない。ただ、世代で抜けた地力を持っている可能性は低い。
前走の乗り方から小牧騎手のこの馬に対する評価はかなり高いと思われ、ここで無視できる馬ではないが、安定感で買われる1人気馬は抑えまで。


2番人気はティルナノーグ
前走の負けによって現状はトーセンバジルに勝っているだけの馬。
とはいえるのだけど、そのトーセンバジルが葉牡丹賞を勝っていることでこの馬も一定の評価をするしかないともいえる。
ただ、500万下クラスは圧倒できる地力は有しており、取りこぼしの少ない走りができる馬、としていた中での前走0.7差負け。騎手曰く馬場の影響ということだが、武騎手の乗り方からもこれまでの自信は見られず、オープンクラスでこの馬の地力が抜けているとはおそらく思っていないと思われる。
そんな状態での2番人気。まだ人気する現状ではこの馬勝負はしづらく、軽視が妥当。


3人気はシャイニングレイ
新馬戦上がりの馬。その新馬戦圧勝は認めるし、そこで格の違いをみせつけたのは事実。ではあるが、いかんせん相手が次走未勝利戦で軒並みいいところがない。それは道中ハナで2着に粘った1人気馬も同様。この状況での3番人気で買いの要素はないとみる。


4人気は ソールインパクト
前走後、騎手に乗り方によっては勝っていたかもしれないと言わせた馬。
とはいえ、前走はほぼ地力を出しきっての3着とみる。
その前の前3走で骨っぽい相手に勝ってはおらず、新馬戦のミュゼスルタンには完敗とあっては、距離延長がプラスに働くとは思えない。無視。


5人気はタンタアレグリア。
週中にとりあげなかった馬。
新馬戦でフォワードカフェ、未勝利戦でディアコンチェルトにきっちり負け。
自分の予想法ではこの手の馬がきたら諦める。

人気ブログランキング

上位人気馬は強いとは思うが、特に抜けていることはないことが明らかな状況。
他馬と地力差がまだはっきりしておらず、また人気薄馬の中にも恵まれず結果が出ていないだけで、地力は高い今だからこそまだ狙える馬は多い。

マイネルシュバリエがおもしろい。
東スポ杯から再度本命に。
何がどうあれ札幌2歳ステークスを評価しないわけにはいかない。
0.2差1着ブライトエンブレムは朝日杯2人気7着。朝日杯は間隔空いてのもので、トップには若干地力足りないかも・・とは思うがまだ地力上位に位置させられる状況。
タイム差なし3着レッツゴードンキは阪神JF2着。4着ミュゼエイリアンは百日草特別3着で昨日エリカ賞を勝ったベルーフと0.1差。葉牡丹賞は条件合っていないだけ。
6着アルマワイオリは朝日杯2着。
7着ミッキーユニバースは前走鼻出血もいちょうS3着でクラリティスカイ0.3差、ネオルミエールとタイム差なし。
と、どこまでもオープンクラスに通用する馬ばかり。その中でも地力上位を示したこの馬を評価しない理由はない。
前走の負けは東京コースが合わなかったとしていいと思う。馬体重増加の中でも勝とうとするレースをした騎手含め陣営にも好印象で、ここは素直に前に出て自分のペースで押し切ると見る。

昨日のエリカ賞。ヒルノマレットがまさか後方2頭目につけるとは思わなかったのですが・・・マイネルシュバリエは大丈夫でしょう。


次は コメート
マイネルシュバリエの方が人気なかったのでそちらを上位にとったが、マイネルシュバリエの馬体重によってはこちらを上位にみたいほど。
前走は新潟2歳ステークスでみせた地力をそのまま発揮した形で、新潟2歳ステークスは評価できる。
新潟2歳ステークスは札幌2歳ステークスと同様に上位馬が順当に活躍しており、レースレベルは高い。
その中でコメートの内容はかなりよく、3着馬同等であり、1,2着馬と同等もしくはちょい下の地力を示している。
であれば、普通にその地力を発揮すればここで通用する。
また、マイネルシュバリエが前に行ってくれる形はこの馬に向く可能性が非常に高く、マイネルシュバリエがベストの状態でなければこの馬が台頭する。


他は レトロロック
千両賞、エリカ賞にも登録していたがここを選択。陣営のいろいろな都合があるかもしれないが、素直にここでも勝算ありとみる。前々走の暴走2着、それを踏まえてのおさえておさえて何もできなかった前走だけではまだオープンクラスに足りないとは言い切れず、普通に走れば十分に通用する可能性がある。その可能性にかけるのにちょうどよい人気具合になっており、狙いはたつ。

札幌2歳ステークス5着のフォワードカフェ、新潟2歳ステークス出走の13着のディアコンチェルトもおさえておく。
ジャジャウマナラシを忘れてた。

個人的には前2頭そのままを期待も、上2頭が馬券に絡んだ時に大きく取りたいのでいつもより多めにおさえる。
全力勝負!!


◎マイネルシュバリエ

○コメート

△レトロロック、ダノンメジャー、フォワードカフェ、ディアコンチェルト、ナンヨーテンプル、ジャジャウマナラシ

人気ブログランキング
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ