3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ま行

マイネルシュバリエ【京成杯2015本命予定馬2】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : マイネルシュバリエ【ホープフルステークス2014本命予定馬1】

↑ 前々走まで ↑

■2014/12/28ホープフルステークス5番7人気12着

1着シャイニングレイ。
2着コメート。
前走に続けて12着。敗因の一つとして陣営があげていた馬体重の大幅増。さすがに絞って挑んでくるかと思いきや、変化なくの参戦。もちろん馬体重だけではないが、これだけで買いではなくなっていた。
スタート悪かったが、ダッシュ力あり番手につける。早めにハナに立ち直線に先頭で入る。ほぼ理想形の位置取りだったと思うが、直線半ばで他馬に交わされ、そこから粘れず後退。0.7差の12着。
東スポ杯同様馬場が合わず、道中ハナを争ったフォワードカフェも13着であり、形向かなかったといえるかもしれないが、1、2着も道中前目の馬でありここを敗因とは言いづらい。

それでも、着順から受ける印象ほど負けていないともいえ、札幌2歳ステークスを重く見ている自分としてはまだ見限らない。絞れてくるようなら。

人気ブログランキング

マイネルシュバリエ鞍上柴田大「もっと上を目指せる器」/京成杯 - netkeiba.com
コスモナインボールなど、京成杯厩舎情報/美浦トレセンニュース - netkeiba.com
【京成杯】マイネルシュバリエ 豪州生まれの“新兵器”で激走だ ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
【京成杯】マイネルシュバリエ、メンコ着け軽快 柴田大「状態いい」 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

マイネルサージュ【寒竹賞2015予想人気馬】

■2014/12/7新馬6番1人気1着

アヤのついたレース。1着馬失格により繰り上げ1着。
道中中団につけ、4角前で大きく外に出し、直線外から強襲もさらにその外からピンクブーケに差される形。
道中1、2番手の馬が馬券内に残っていることからもこの馬の内容は悪くないといえるが、失格になった1着馬には完敗の形で、2着以下の馬がそこまで強くない中では・・・。

レース後コメント
【メイクデビュー】(中山5R、6R)~ソリッドアクシス、ピンクブーケが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 マイネルサージュ(柴田大騎手)
「反応も良く、しっかり走っていますし、いいレースが出来たと思いますが、勝ち馬は切れました。次ですね」

人気ブログランキング

マイネルシュバリエ【ホープフルステークス2014本命予定馬1】

■2014/7/27新馬戦7番1人気1着

0.6差4着に葉牡丹賞8人気7着のアサクサリーダー。次走未勝利でソールインパクトの0.5差3着になっている。
スタート悪くなくクリアスカイと並ぶ形でハナで進める。早めからじわじわ仕掛け直線先頭で少し離すが、外からピュアノアールに並ばれてしまうも、そこからもうひと伸びしての勝利。道中並んで前につけていた馬が14、15着であることから完勝といえるが、2着も含め他出走全馬が次走以降の未勝利戦で軒並み何もできていないことから、これらの馬とは地力違うとしかいえないところ。

レース後コメント
【メイクデビュー】(福島5R)~マイネルシュバリエが人気に応える | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 マイネルシュバリエ 柴田大知騎手
「調教で教えたことがレースでできました。物見をしていましたが、仕掛けてからの反応はすごかったです。グッと沈んで、ストライドが伸びます。控えてもいい脚が使えそうです。今後が楽しみです」

人気ブログランキング

■2014/9/6札幌2歳ステークス11番11人気2着

0.2差1着はブライトエンブレム。
タイム差なし3,4着はレッツゴードンキに、ミュゼエイリアン。
6着はアルマワイオリ。7着ミッキーユニバース。
スタートそこまでよくなかったが、前に出し2番手集団で追走。前にいた2頭に比べて騎手の手がだいぶ早く動いていたが直線半ばで前2頭を抜き、そのままなだれ込む。長く脚を使うタイプの模様。
1着ブライトエンブレムは朝日杯2人気7着。現状ではちょっとたりないのか・・と思う面もあるが世代の中でも未だ地力上位に位置していると思う。
3着は阪神JF2人気2着。
4着ミュゼエイリアンは葉牡丹賞で2人気6着。ただ、葉牡丹賞の条件はこの馬には全くあっていなかったので、まだ地力判断できていない馬。
6着道中同じような位置にいたアルマワイオリは朝日杯2着馬。
レースのメンツレベルは決して低くなく、ここで内容の濃い競馬をした当馬を評価しない理由はない。

レース後コメント
【札幌2歳S】(札幌)~ブライトエンブレムが大外一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 マイネルシュバリエ 柴田大知騎手
「4コーナーで気をつかうところがあって、突っ張って走っていました。それでも何が何でも前へ出そうと、声を出しながら気合をつけました。後ろから突かれてもがんばってくれましたし、上出来です。能力の高さを証明してくれました。勝った馬は脚が違いましたが、この馬も調教で教えていることが全部できていますし、今後が楽しみです」

人気ブログランキング

■2014/11/24東京スポーツ杯2歳ステークス7番8人気12着

スタート後から前に出し、途中から先頭でレースを進める。悪くないペースで逃げていたが、直線でまったく粘れず大敗。
コーナーでバランスを崩していたので、左回りが合わなかっただけで力負けではないとみたい。
また馬体重が+20キロと陣営の本気度も低かったか。
本気度が低い心意気で挑んだレースなのであれば、逃げずに控えるレースを試してほしかった面も多少あるが、一応勝ちにいったレースではあると思うので、0.9差は負けすぎ感も・・。
ただ、このレースで本命にした身としては、この馬の地力はオープンクラスで充分通用するとみているのでまだ見限らない。

ミッキーユニバース【ひいらぎ賞2014予想人気馬】【朝日杯基準馬】

今週の勝負レースはもちろんG1朝日杯だが、朝日杯で上位人気が予想される3頭(ブライトエンブレム、クラリティスカイ、ダノンプラチナ)と直接対決している馬が、今週のひいらぎ賞に出走するので、見ておく。
ミッキーユニバース。
ひいらぎ賞に出走すればおそらく上位人気におされるであろう500万下クラス上位の地力を有しており、3頭の比較に最適だ。
ミッキーユニバース基準の間接比較の結論としては、地力は、ブライトエンブレム>クラリティスカイ>>>ダノンプラチナとしておく。もちろん枠や調子、出走メンバーなどでつまる地力差だとは思うが、上2頭のパフォーマンスは相当いいと思う。

■2014/8/17新馬戦1人気1着

0.5差つける逃げ切り勝ち。道中2番手につけた4着ラインレジェンドが4戦目で未勝利抜け。
今レース出走馬で芝未勝利戦を抜けた唯一の馬がラインレジェンドであることから、その地力の馬が4着だったことを考えると、逃げて0.5差は相手弱いながら完勝。

レース後コメント
【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ミッキーユニバース、グラスエトワールが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ミッキーユニバース 北村宏司騎手
「他の馬を行かせてと思ったのですが、スタートを上手に出て、誰も行かなかったので押し出される感じでハナに立ちました。物見をしていましたが、最後まで馬は冷静でしたし、スイッチが入らないまま終わってしまった感じです」



■2014/9/6札幌2歳ステークス1人気7着

前走が圧巻だったため1番人気におされる。中枠から再度の逃げ。
このメンツで逃げてどこまでやれるか測ったとも言えるレースで、結果的にはこの馬にとってかなり厳しい競馬にはなった。現時点では上位馬より地力は一枚落ちるという結論でいいと思う。
近年の勝ち馬にはコディーノ、レッドリヴェールがおり、重要な位置づけのレース。陣営は敗因をスタートでもたつきかかったことを上げていたが、メンツが揃っていたと見るのが妥当。
1~4着馬は素直に強い。ブライトエンブレムと0.7差。それにしても何度見てもブライトエンブレムは地力高い。朝日杯はやはりこの馬か。


■2014/10/11いちょうステークス3人気3着

これまで同様逃げようとしたが、ハナを譲る形で道中2番手追走。マイペースでいけない厳しい形になったが、それでも3着は500万下なら上位の地力があることは証明している。
クラリティスカイと0.3差、ネオルミエールとハナ差。クラリティスカイも強い競馬をしており、朝日杯通用の地力であるのは間違いないが、札幌2歳ステークスの方がレベル高いメンツとみる。

レース後コメント
【いちょうS】(東京)~クラリティスカイがレコードで重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 ミッキーユニバース(北村宏騎手)
「スタートは急かさずに出ましたが、前に出たところで少し掛かっていました。しかし、逃げ馬に先頭を譲ったところでまた冷静に走ってくれました。勝ち馬に並ばれたところでは盛り返そうとしてくれましたが、離されてからはさすがに苦しかったです」



■2014/11/30ベゴニア賞2人気2着

1着ダノンプラチナとは0.5差。ダノンプラチナの強さが光るレース。いちょうSで0.1差負かしたニシノクラッチに再度0.1差つけていることから、500万下レベルのメンツにそれより地力が高いダノンプラチナが加わっている形とみていい。

レース後コメント
【ベゴニア賞】(東京)~ダノンプラチナが3馬身差で快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 ミッキーユニバース(北村宏騎手)
「勝ち馬は着差以上に手応えが楽でしたね。もう少し気持ちが抜けて走れると、同じペースでもひと踏ん張り出来ると思います」
最新トラックバック
最新コメント