3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

競馬予想

もういっちょう! ◎サンリヴァル 【日本ダービー2018簡易予想】

まず前提として、ダノンプレミアムが地力抜けて上位で他は混戦。

単純地力はダノンプレミアム以外では皐月賞組が上位。

その皐月賞はダノンプレミアムが抜けたことで、地力最上位はステルヴィオだが、前有利になって、前で残る地力があるのはサンリヴァルとエポカドーロしかいないということで、的中できた。


さあダービー。まずダノンプレミアムが抜けているという前提は周知だろう。問題は皐月賞組と他路線組の序列と皐月賞組の中での序列。
それを踏まえてオッズをみると、皐月賞組馬券内の馬ががとてつもなく軽視されていることがわかる。

多くの人が皐月賞組<他路線組で皐月賞の結果はあてにならんと判断しているということ。

であれば穴党としては皐月賞組馬券内の馬を上位にとるのが自然。その皐月賞内でどれを選ぶかだが、
サンリヴァルとステルヴィオ普通にここでも有望でしょ。

現在1番人気はダノンプレミアム。
正直、隙はないと思う。自ら動いても最後が鈍らず、受けに回ってもきっちり勝ち切るという結果を見せられてはもはやどうにもならない。しかも1番枠でゲートも問題ない。
となると、どうにもならん。
問題は皐月賞回避による状態面だけ。その状態面が極めて不明。
8分くらいのデキであっても勝ってしまうくらいの地力差はあるとおもっているが、そのラインすらなくてもおかしくない。
この馬が単勝2倍つくのならここからでも…と思ってしまうが、皐月賞の儲けを1年持たせるスタンスの僕としてはここは軽視したい。

2番人気はブラストワンピース。
ダノンプレミアムとの勝負づけが済んでいる馬が多い中、未知の魅力も込みでの人気か。
強いとは思うが、この人気になるほどのパフォーマンスは現段階ではみせていない。
この世代は朝日杯組と比較していくと力関係がみえやすいが、この馬はそことの戦いがなく、ギベオン比較で見ると、距離伸びて世代上位に通用する可能性そのものはあるが、それだけでこの人気では全く妙味無し。無視。

3番人気はキタノコマンドール。
距離伸びてよさそうで皐月賞の内容もそこそこということで人気か。
ただ、この馬ペースがどこかで落ち着かないとダメだと思うけど、今回そういうレースにならないと思う。
距離はよくともメンバー的に展開には恵まれないはず。んで、それをはね返すほど地力上位ではない。無視。

4人気はワグネリアン。
強いとは思っているが、皐月賞段階でもステルヴィオには劣るとしていた馬。
条件変わってこちらに分がある、とは思えない。無視。

5人気はエポカドーロ。
地力評価しているので皐月賞で買ったわけで、その皐月賞を完勝したのにこの人気は不当かな、とは思う。
が、はたしてサンリヴァルとそこまで力差があるかというと極めて微妙。人気ないならサンリヴァルにより魅力を感じる。
そもそもこの馬、ここではどう戦うかかなり難しい。思い切って逃げるつもりくらいの競馬ができればいいが、一応皐月賞勝ち馬で、そこそこの人気を背負う立場。
そこそこのポジションでそこそこの着順になりそう。一応拾うが、勝ちは見えづらいかな。


5人気内で信用できる馬はいない。
それぞれに不安要素がある状態。
それなら同様に不安要素がある人気薄を買いたい。

枠が心配もどう考えてもここへの適性は高いサンリヴァル。

距離心配もダノンプレミアムを除けば地力最上位ステルヴィオ。

皐月賞は全く力発揮できない位置取りになったオウケンムーン。

この3頭の評価が低すぎる。

素直にこの3頭で攻める。

◎サンリヴァル

▲ステルヴィオ

△オウケンムーン、エポカドール

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

可能性があるとしたら ◎カンタービレ 【オークス2018簡易予想】

内外の枠差はなく、差し追い込み優勢の荒れづらいレース。
そこにポジションを取れる万能のラッキーライラックに、桜花賞でとんでもない脚を見せたアーモンドアイが人気している現状。
共に桜花賞時、桜花賞よりオークス向きだと思っていたが、その桜花賞でもワンツーだった。

もはやこの2頭が抜けてるでしょ。
という結論にしかならない。
ただ、それで儲けようと思うと結構な額をいれないといけないが、皐月賞の大勝ちをすでに今年維持したいスタンスの俺としてはそれはしたくない。

なら大荒れに張るしかないが…。

現在単勝1番人気はアーモンドアイ。
前走を見せられてはさすがに最上位評価をせざるをえないかなというところ。
ただ、その前走は間違いなく道中前の馬より恵まれた。
それにスピードに乗るまでに時間がかかる馬なのは間違いないので、取りこぼしは十二分に考えられると思う。
騎手のおそろしいまでの自信は気になるが、1番人気で取りこぼさないようにしっかりと1着を取りに行くとしたら、乗り方は比較的難しいと思う。
まぁ、最低でもここはこけてくれないとオッズつかないので…。無視。
きたら、やっぱりねという準備はできている。

単勝2人気はラッキーライラック。
んー穴がない。
間接比較をしていくと、今年の牝馬は結局阪神JF組が上位だし、その中でも上位だったリリーノーブルにも前走で完勝しており、正直一定の勝負づけは済んでいる状態。
距離伸びて逆転をとも思うが、この馬が距離延長でパフォーマンスを落とすとは思えず、普通にかけ金やオッズを考えなければこの馬にしかたどりつけない。
正直アーモンドアイが予想以上に人気しているので、この馬の単勝でもいいかなという気がする。
他馬がアーモンドアイに意識が行くなら前走からもこの馬が楽に抜け出してもなんら不思議はない。
複圏内ははずさないだろう。

単勝3人気はサトノワルキューレ。
前走は強かった。一頭だけ地力違ったというのは認める。
ただ、相手関係からは決して桜花賞組よりは上位に推せないし、ゲートがよくなくおそらく上位2頭より後ろからの勝負になる。そうなったときに自ら動いて勝ち切るほど上位人気2頭は甘くない。
んで、そうなると展開待ち、上位のミス待ちの立場になる。
んで、その展開待ち、ミス待ちがかなったときもおそらく別の馬が前にいると思う。
距離に対する信頼はもちろんあるし、その上騎手に対する信頼もあるので無視しづらいところではあるが、これを買うなら当然上位二頭も買うことになるし、そうするとこの馬の枠は3着でしかない。
荒れ予想の立場では絶対に手を出せないタイプの馬。無視。

4番人気はリリーノーブル。
出走馬の中では最も好きな馬。だからこそ桜花賞でも複圏内最有力とした。
しかしその桜花賞でラッキーライラックに完敗した。距離伸びて差が詰まるということはないと思われるので、この馬が勝ちを見るとするとラッキーライラックの後ろにつけて先に仕掛けて前に出るという戦い方かなと思っていたが、最内枠にはいったので、奇をてらわず普通にラッキーライラックの一列前で進めつつ、ラッキーライラックが後ろを意識してくれるのを期待するしかないかなと。
ただ、その戦い方になれば一か八かの戦い方ではなくなるので、おそらく大崩れはしないはず。
荒れ予想ならちょっと拾っておきたいかなと。

5番人気はオールフォーラヴ。
普通の穴狙いならこの馬かなというところ。アルメリア賞も実質勝ちの内容。
とすれば、普通に3連勝馬。
相手関係が微妙なのはランドネがスイートピーステークス勝ちながら、ここで11番人気になっていることからも明か。
まあ世代的には桜花賞組が上位にいるので他路線では相手関係が世代上位にはなり得ないわけで。そこは仕方がない。
現実的に勝ちえる武器があるかだが、それが結構難しい。ラッキーライラック&リリーノーブルより前につけられてかつ前がそこそこ飛ばしてくれる形であれば…くらいかな。
それなりの可能性は持っている馬の1頭だと思うが、この可能性にかけたときとオッズはちょっと釣り合っていないかなという印象。
それに最内にはいったリリーノーブルより前につけるのは比較的難しいと思うので、どうせ荒れ予想ならもっと大きく狙いたい。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

後方からの馬で一発を狙うのは現実的ではない。ラッキーライラック&アーモンドアイの2頭を差し切るのは難しいうえ、そもそもリリーノーブルを差し切るのも難しい。
であれば、道中前で戦う一発狙いの馬を狙うしか道はない。
オークスが前目の馬では残りづらいと分かった上で、一発を狙う。

カンタービレがおもしろい。
リリーノーブルと同じくらいの位置、もしくはそれより少し前につけられそう。
形はどうあれ桜花賞4着に入ったトーセンブレスに先着しており、理由はどうあれ桜花賞をパスしてオークス勝負してきた。
この2点だけで魅力はある。
苦しい立場ではあるとは思うが、一発を秘めているのは間違いない。その馬が現在単勝8番人気。
道中前の馬にしか一発の可能性はないと思う。

他はサヤカチャン。
今レースでの肝は、この馬がどれだけいくか、と、リリーノーブルがどこに位置するかだと思う。
んで、この馬が楽に行ったら穴をあけてもおかしくないと思う。
正直穴をあけるとしたら前走だと思っていたが、そこで最下位。そこから状態アップがないとなるとこの人気も納得だが、後方警戒の状態になればぎりぎり馬券内に残る可能性はある。

◎カンタービレ

〇ラッキーライラック

△サヤカチャン、オールフォーラヴ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

もういっかい! カフジバンガード【青葉賞2018超簡易予想】

休みがない…

全頭どころか人気どころもしっかり見られていない。

それなら共同通信杯につづいてもういっかい狙う!

カフジバンガードがおもしろい。
地力から見てこの人気は不当なのは間違いない。

ひとまずここはおっかける。

◎カフジバンガード

△エタリオウ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

荒れそうなにおいしかしない ◎ヴェロニカグレース 【フローラステークス2018超簡易予想】

比較的荒れ傾向のレースに、地力差があまりないメンツが集まり、上位人気はとりこぼしがあるタイプの馬が多い。

となると当然のあれ予想。

現在単勝1番人気はサトノワルキューレ。
ここまでの戦い方をみても信頼のおけるタイプではないのは間違いないし、
そこまで騎手も地力上位を確信している乗り方ではないことからも、1番人気であれば軽視から入るのが妥当。
オークス一本に絞ってきていることからも、ここは是が非でも落とせないレースではあるし、
複圏内という意味で比較的狙いはたてやすいところではあるが、そこまで地力差がないメンバーの中で勝つイメージは持ちづらい。無視。

2人気はサラキア。
2戦目にしてチューリップ賞4着は評価せざるを得ないし、結果的にチューリップ賞上位馬が世代上位を引っ張る形になっている今、この馬が弱いわけがない。
ただ、ゲートの悪さは素直にマイナスだろう。
絶対に獲りたい一戦だが、出遅れ前提では取れる選択肢が少なすぎる。
ここは地力最上位評価も取りこぼす方に張りたい。おさえまで。

3人気はオハナ。
レース内容そのものはここ3戦なにかしら評価できるものはあるが、相手関係が非常に貧弱で、
重賞で通用するメドは全く立っていないと思う。
その中でこの人気であれば買いの要素はない。

4人気はレッドベルローズ。
前走では前に位置したことが好結果を生んだが、それが距離延長でできたことなのか、相手関係からできたことなのか。
基本は相手関係からできたかなという感じ。もちろん前走があるので、ここも前に出す選択をするとは思うが、それがかなうかは微妙なところ。4人気で買いたくはならない。無視。

5人気はノームコア。
どう考えてもこの馬低評価過ぎると思う。前走が間隔あいてのものによる敗戦だとすると、ここで買わない手はないかな前に行ける馬だし、行ったら残りそうなメンバー構成。
ただ、外枠になってしまったのでその分はマイナスしたい。


ノームコアがそのままいって、サラキアが馬券内という形が最もありそうではあるが、確実に低評価オッズになっている馬が一頭だけいる。

ヴェロニカグレースがおもしろい。
対戦相手だけをみると、この馬かサラキアにいきつく。
オウケンムーンに0.2差で走れる馬がこのメンバーの中に入って単勝8番人気はさすがになめられすぎ。
やりづらい枠だとは思うがそれに目をつむれる人気になっている。
ここは狙い目。

◎ヴェロニカグレース

△ノームコア、サラキア

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

荒れる方に張るなら前の馬しかない! ◎サンリヴァル 【皐月賞2018簡易予想】

あー
仕事で時間がとれん
圧倒的1番人気になったであろう、そしてそれに納得せざるを得ない戦歴と内容を持つ馬の離脱。
展開的にもキーになりうる馬だっただけに、この馬の離脱によって全馬に可能性がでてきたかなと。
そしてその上の大雨。
これは荒れる方に張るしかないでしょう。

そして荒れる方に張るのであれば道中前の馬で勝負するパターンしかない。

んで、道中前の馬で水準級の地力を示している馬は2頭しかいない。
サンリヴァルとエポカドール。

サンヴァルがおもしろい。
上位人気馬に負けている状況だが、近2走は共に自身に向かない流れの中で一定の結果を出している。
前走はもう一つか二つ前で終わってほしかったところも、ダノンプレミアム以外とは展開次第でどうにでもなる地力差しかない。
前に行きたい馬が多いものの、この馬は是が非でもハナに…という馬ではないし、どう流れてもそこそこ対応してくる地力は持っていることは結果が示している。
ちょっと外枠すぎるかなというきらいはあるものの、この人気であれば狙いはたつ。

次はエポカドール。
前走をどう見るかがすべてかな。んでそこを高く評価したい。
現在単勝8番人気はちょっとなめられすぎな感。
まだ見ていない馬が多いのでなんともいえないが、この馬より上が8頭もいるとは思えないなあと。
その評価はステルヴィオが地力最上位前提ではあるので、そこがぶれると苦しいけれど、ひとまずダノンプレミアムが回避の今、ステルヴィオが1、2番人気におされそう。となると、この馬はもっと評価されていい。それくらい前走は内容濃いと思う。
もちろんその前走でも差されてしまったとなると、本番ではもっと工夫が必要となるし、そうしたときに大きく敗れる可能性も無きにしも非ずだが、そんなギャンブルしてくるタイプの陣営&騎手ではここまでの戦績からはなさそう。安全に勝てそうな通用しそうなレースを選択してきっちりとクラシックに出走をしてきた馬。
ここでも勝ちか大負けかのギャンブルはせずに運がよければ勝ちくらいをみて、きっちりと馬券内に残る戦い方をしてくると思う。んで、そうであればペース上がろうが大敗はしなさそう。
出していけるが問題だが、マイペース貫ければ可能性そのものはある。
人気になったら疑いたいところも、人気がこのままいくのであれば大きく狙いたいところ。

出走馬中、地力最上位はステルヴィオだと思っている。であれば、この馬が自然に浮上する。
先行しての安定感は信頼に値する。戸崎騎手に裏切られ続けているが、いつも買いたい馬に戸崎騎手がのっている…
それでもここは買うしかない。


他は、地力最上位ステルヴィオ。

◎サンリヴァル

〇エポカドール

△ステルヴィオ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ