3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

競馬予想

これは買うレースではないかな ◎ナンヨープランタン 【こぶし賞2018超簡易予想】

ケイアイノーテックに逆らいづらい状況。
ただ、それはケイアイノーテックそのものの地力がどうこうよりも、単に相対的に評価せざるを得ないという感が強い。
こういう場合は荒れる方に張って…となるのだが、その候補が見つけられない。

個人的にはシャルルマーニュを評価しているし、500万下レベルの地力保持は担保されていると思うのだが、前走の負けがちょっと解せないし、もう少し人気を落としてほしいところ。

普通に買うとケイアイノーテック、シャルルマーニュになるが、それに全力でいけるほど両馬ともに自信はもてないのがつらいところ。

これらの馬を逆転できる可能性のある馬を狙いたい。
ナンヨープランタンがおもしろい。

重賞でそこそこやれているカシアスを新馬戦で負かしているので一定の地力保持は確約されている。距離が長い方がいいということを陣営は前走後語っており、間隔空いたここは可能性をみた試走であるのはまず間違いとは思う。ただ、それがあってのこの人気なわけで、買うなら早いうちにって感じかな。
少額で遊ぶ。

◎ナンヨープランタン

〇ケイアイノーテック

△シャルルマーニュ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この馬しかいないでしょ ◎グローリーヴェイズ 【きさらぎ賞2018簡易予想】

まさにの出世レース。
ここから1頭はクラシック戦線で馬券に絡むといってもいいほどのレース。

今年は久々に出走馬10頭越えでここの馬券内の内1頭はどこかで活躍することでしょう。
その視点で見ると先々活躍しそうである新馬上がり良血ダノンマジェスティが無敗ということで、人気を集めるのも納得か。

現在単勝1番人気はダノンマジェスティ
過剰人気だと思う。そもそもこのレースは新馬上がり即の馬があまり来ないレースとそこそこの経験が求められる。
それにこの馬の新馬戦は全く底をみせていないが、内容的にはそこまで評価できるものではないと思う。
馬場に助けられてのタイムと、相手関係に助けられての勝ちっぷり、それに意図せぬ乗り替りとなるとここのメンツを圧倒するほどの地力ならもはやどうにもならん。きたらあきらめの無視。

3番人気はカツジ
実績はNO1だし、素直に強いと思う。ただ、賞金を少し持っている立場であり、ここは距離に対する試走の色が濃い。
距離は持ちそうな感はあるし、中途半端な状態での試走はマイルカップに進むかどうかの決断がつかないので、ある程度状態は整えてきているだろうが、頭への意気込みは当然他馬より低いはず。
展開が向きそうなだけに無視は難しいとは思うが、おさえまで。

4番人気はサトノフェイバー
逃げ馬がそこそこ成績を残しているレースで、前走騎手は行く気がなかったといってはいたので、もっと先をみてここはおさえる可能性はなくはないが、賞金加算は必須だし、ここも勝ちだけをみるとやはり逃げの一手だろう。
そしてゲートもその後のダッシュ力もそこそこあるので、この並びなら狙えばまずハナでスローに落としてレースを引っ張るはず。形は向く。
ただ、この馬の地力はまだ未知。前走は展開にかなり助けられているし、その上相手レベルも不明。1番人気と同じ未知ならまだこちらを買いたいが、新馬戦からはそこまで秘めたる地力は感じない。余裕があったらちょいおさえ。


とことんの出世レース。やはり先をみられる馬を狙いたい。
グローリーヴェイズでしかたなし。
連日の人気馬狙いで、もはや穴狙いの影を潜めているがここら辺のレースは仕方ない。
遅いペースしか経験していないものの、新馬で逃げ、2戦目で最後方という両極端の競馬で内容と着順が伴ったのは素直に評価したい。
ただ、新馬は決して逃げようとは思っていなかったのに押し出されての逃げ、2戦目は出遅れて仕方なくの最後方と、共に意図したレースはできなかった。前半のペースがあがったらおそらくついていけないし、かといって後ろからのレース選択はしたくないだろうきさらぎ賞。でも今回は多分ペースはあがらない。この馬として非常に戦いやすいものになりそう。
そこで、さあどう乗るか、だが、騎手はデムーロ。どう戦うかは騎手を信頼できる。となると、素直にここは信頼かなというところ。
地力は高い。重賞級かはまだわからないが、上位人気では信用できる方の馬ではあると思う。
共同通信杯ではなくここを選択してきたのも素直に組みやすしということでいいと思う。
大きく狙いたい。

他はレッドレオン。
もう少し人気するとおもったので、この人気ならおさえたい。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎グローリーヴェイズ

△カツジ、レッドレオン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

人気馬ならこの馬なんだけど ◎レッドサクヤ 【エルフィンステークス2018超簡易予想】

そうそうたるメンツを輩出しているクラシックに向けての重要レース。

そして、比較的顕著なレース傾向がある。

人気馬外枠圧倒で、新馬上がりの馬が即活躍、たまにある穴は逃げ馬、前目の馬、というもの。


1~3人気が外枠に入ったここは素直に人気馬から入りたくなる。
が、今年は新馬即はダート戦上がりのマルモマリアのみというメンツ。全馬がそこそこの地力保持も世代最上位クラスだとは思えない戦歴。

それでももしかしたらの視点で見て残るのは2頭だけ。

レッドサクヤでしかたなし。
2戦目の敗戦がポジションがとれなかったのと、馬場が悪い中でのレース後間隔詰めての長距離輸送だったことを敗因とすれば、実質力負けは前走のみ。インディチャンプが世代でのどのあたりに位置する馬かがまだ不明だが、地力高い可能性そのものはまだ残っている。
このメンツならその可能性にかけてみる価値はあると思う。
ただ、ダッシュ力がないので、理想のレースができない可能性も高く、その中でのこの人気では大きくはかけられないかなと。

他はサヤカチャン。
近2走は1枠発進で逃げられなかった。
アルテミスステークス分走れればここは圧勝のメンツだろうと思うので、逃げ馬が残るレース傾向を踏まえてもおさえておきたい。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎レッドサクヤ

△サヤカチャン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

買うならここしかない! ◎ウォルビスベイ 【セントポーリア賞2018超簡易予想】

ドゥラメンテを輩出したレース。

先を見てのレースとすると…で未勝利明け、新馬明けの馬が1、2番人気になっているが、2頭ともにオッズには見合わないと思う。

現在単勝2番人気のリビーリングは新馬戦の内容が半端なくかっこよく、印象の強い勝ち方ではあって、先を考えると期待できる一頭ではあるが、前走は相手がぬるく未知数の部分が多すぎる。
人気薄ならともかく、人気しているのならまだ買うとしても先だろう。

素直に経験を積んでいる馬を狙いたい。

ウォルビスベイがおもしろい。
武騎手の評価が高い一頭。前走は1番人気になって当然かなと思ったが、案外の結果。ただ、その一走で人気を落とすのであれば、手は付けておきたい。
一線級と差がある馬ではあると思うが、500万下クラスの地力保持はまず間違いない。他の未知の人気馬に頼るなら最低限の地力保持が担保されているこの馬から入るのが妥当。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここは落とせない ◎ディロス 【若竹賞2018超簡易予想】

クラシック戦線において重要ではないレースではあるものの、去年のウインブライトの例もあるので一応出走馬をみてみた。
6人気以下と1番人気以外の5番人気内を合わせて馬券を買うスタイルの自分としては不服だが、ここは黙って1番人気。

ディロスでしかたなし。
2戦連続人気馬を買うのはどうかと思うが、このメンツでの馬券外はまず見えない。
500万下通用のメドは新馬戦だけでもたてているし、前走の負けも意図的でなければ騎手のせい。
ルメールに戻ったここは取りこぼせない。
世代トップクラスとは差があるものの、クラシック戦線前哨戦通用の可能性は十分に秘めていると思う。

◎ディロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
最新トラックバック
最新コメント