3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

競馬予想

◎サトノダイヤモンド 降参!【きさらぎ賞2016簡易予想】

過去、勝ち馬に限らず馬券になった馬にそうそうたる名前が連なっている、クラシック戦線は当然秋以降を視野に入れたとしても超重要レース。
今年も今後の活躍が見込まれるセレクトセール高額馬2頭が出走。それを受けてもあるのか近年通り少頭数のレースになった。2頭の影響でこのレース出走を辞めた馬もいるはずで、逆にクラシック路線を目指しつつここに出走してくる馬にもなんらかの思惑があるとは考えられるところ。



現在土曜の深夜。エルフィンステークスを単複ワイドで全力勝負をすることを決めた後、当レースを予想しようと1~3人気を順に見ていったが、これはちょっと馬券を買うレースではないかなと。
1~3人気にほとんど穴を見つけられない上、決して過剰人気にもならなそうで穴目の馬を見ていく気も起きないというところ。中穴狙いができるレースではあるものの今年は難しいかなと思ってしまう。


前走オープンクラスに出走している馬がいない、間接的にもオープンクラス通用メドたっている馬もいない、例年に比べて戦績的には緩いメンツがそろったのは事実なんだが、どうにもこうにもサトノダイヤモンドが抜けていそう。

サトノダイヤモンドで仕方なし。
もまれてもまれての競馬をしていないし、オープンクラス通用実績があるメンツとは間接的にも戦っていないのが穴かと思うが、この馬を避けてか少頭数でかつオープンクラスでそこそこ戦った馬の出走もない。この馬に不安点がないレースになってしまった印象。
新馬戦でくだしたロイカバードとの力関係がどうかだが、ロイカバードが力を出せない形にもっていった騎手のうまさは当然あったものの、それを加味しても格付けは済んだかなという印象。なによりサトノダイヤモンドの新馬戦はそれほど調教もやってないと陣営が表明するなかでのものだった。馬場の違いでの逆転を期待するしかないロイカバード陣営という構図か。
ロワアブソリューはサトノダイヤモンドがロイカバードをとにかく意識して前への警戒が薄くなったら、そのまま残る可能性は充分にあるといえる。がたぶん前への意識が薄くなることはない。ロイカバードを意識しなければならないほどの地力差だと騎手は考えていないと思う。でなければ、ダービーを意識したコメントは出さんでしょと。
断トツ1人気濃厚だろうが、どうにもならんかな。

3歳クラシック戦線に勝つ!! : ロワアブソリュー【きさらぎ賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ロイカバード【きさらぎ賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : サトノダイヤモンド【きさらぎ賞2016出走予定馬】

ノガロやレプランシュあたりは間違いなく2強に割って入ってやると思っての出走だと思うし、その可能性もなくはないんだろうけれど・・・
ノガロは、上位3頭に割って入るという視点でレースを見ていくとスムーズさを欠いてエアスピネルと1.0差ならというところに期待したくなるが、その後の負けた相手が相手なだけに、もしここで勝つレベルであればその辺には形どうあれ勝ってなきゃいけないかなと。
レプランシュは前走の2,3着馬を基準に見るとサトノダイヤモンド&ロイカバードより明らかに地力低く、問題なくゲートでてかつ着狙いに徹して何とか割り込めるかもくらいかなと。
どちらにせよ3連系の馬券を買うなら精査する必要はあるが、大枠ではサトノダイヤモンドより上にはまずとれない。

◎サトノダイヤモンド

人気ブログランキング

◎アオイプリンセス 地力上位は明白!【エルフィンステークス2016予想】

きさらぎ賞がどう考えても金を賭けるレースではないので、ここで大きく勝負する。

桜花賞に向けて重要で、クラシック路線を目指す馬は是が非でも取りたいレース。
重賞ではないながら、ここを勝てばレッドディザイアのように直接でも、ウォッカのように1レース調整してでも本番を迎えられるという一気にクラシックに向けて視界が開ける。

中穴狙いを謳っておきながら、先週のメイショウタチマチ同様、人気馬の中に明らかに地力上位が明白な馬がいる。

アオイプリンセスで勝負する。
人気でも仕方なし。ここ2戦からだけで、オープン通用の目途は立っている。
新馬戦でくだした2着ショウナンアヴィドは未勝利でレッドアヴァンセに完勝し、シンザン記念9着。
3着アグネスフェアリーは次走即未勝利勝ち。4着はシクラメン賞でレプランシュとタイム差なしのフロムマイハート。騎乗がよかったのもあるが、その後を考えて余裕があるローテを組むためにも落としたくないレースでしっかりとった。
そして前走はクロコスミアに0.2差負けしたものの、0.1差くだしたビービーバーレルはフェアリーステークス1着になった。このレースは新馬戦と違って出遅れから後半長い脚で迫ったレース。先行馬が上位を占めた中での2着は非常に強い2着といってよく、牝馬オープン通用の目途はたっているとみる。
エルフィンステークスを完勝すれば、牝馬路線重賞の勝ち馬候補に今後名前があがるのは間違いなく、買うならここしかない。若干枠がきになるところも、先週同様基本は単複で全力で狙う。


ここも先週同様相手は消極的に人気馬から拾う。セントポーリア賞より穴におもしろ目の馬は多いが、アオイプリンセスに勝つ形を持ってる人気薄はいないように思う。

ダイアナヘイロー
ここに出走するのがとにかく解せないが、単純に上位との地力差を図りつつあわよくば勝ってしまおうということだろう。
そう考えると、前走同様の逃げを見せてどうかという素直な戦い方ができるポジションではある。
前走の内容はかなりいいものの、相手レベルがわからないので未知の部分が当然多いが、それでも魅力はある。



◎アオイプリンセス

△ダイアナヘイロー

3歳クラシック戦線に勝つ!! : レッドアヴァンセ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エールデュレーヴ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : アオイプリンセス【エルフィンステークス2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ダイアナヘイロー【エルフィンステークス2016出走予定馬】

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|エルフィンステークス - 2016年2月6日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

◎メイショウタチマチ ここは落とせない!【セントポーリア賞2016予想】

昨年ドゥラメンテを輩出したレース。
ダービー&菊花賞出走をみるとそこそこ重要なレースの一つではある。

ダービー&菊花賞出走馬になりうるのは・・という視点で見ていこうと思ったが、なんか今年はここからオークス&秋華賞通用しそうな馬がいる。

メイショウタチマチで勝負する。
現在単勝2番人気。
人気でも仕方なし。ここ2戦のパフォーマンスは、この相手関係であれば素直に1枚上としていい。

新馬戦でハナに立ちそのままぶっちぎり、前走は出遅れもあり腹をくくって試走気味の位置取り。
ここは普通にゲートを切ればまず前に出すし、それが叶うメンバー構成。
先を見るとここは絶対に落とせないレースで、普通に走れればここで複勝圏内をはずすとは考えづらい。


相手も人気どころから3頭を消極的に拾う。
単勝1人気はサトノキングダム
正直前走だけではわからないというところ。騎手が明らかに地力上位を意識したレース運びをしているし、2着馬が次走未勝利戦を即抜けしていることからも、新馬戦として低レベルということもない。ただ、積極的に買う要素があるかと言われると・・。

5人気マコトルーメン。
勝浦騎手の評価が非常に高い馬で注目していたが、勝浦騎手が乗らないので買う気なえ気味・・。

6人気プレイヤーサムソン。
1枠にはいった今回は前走の内容であれば通用していい相手関係ではあるが、メイショウタチマチより上にとる要素はないかな・・・。


◎メイショウタチマチ

△サトノキングダム、マコトルーメン、プレイヤーサムソン

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|セントポーリア賞 - 2016年1月31日東京9R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

◎ノーブルマーズ 【若駒ステークス2016予想】

例年通りの少頭数レース。

そして変わらず出世レースになってもおかしくないメンツが揃った印象。
素直に上位人気馬が強いと思うので、馬券的な妙味はなく馬券は遊び程度だが春を見て重要なレースにはなりそうで一応みておく。

現在単勝1人気はマカヒキ
前走はレース運びも相手関係も新馬戦の流れとしては全く問題なしといえる。
が、ドスローであった割に追走に苦労していたように映ったので、レースが流れた時どうなるかが未知数。
未知数に賭けるにはさすがに人気を背負いすぎてしまいそう。
この相手を圧倒するようであれば、素直にクラシック候補と言っていいと思うが、ここで金は賭けづらい。

2人気はブラックスピネル
前走ホープフルステークスで中心視した馬で、4着に負けはしたが、まだ地力を疑うほどではない。個別の投稿でも書いたが、敗因を陣営が位置取りに求めてるっぽいので、少頭数とはいえ大外枠に入ってどういう競馬をするかが少し不安。
現段階では世代トップを脅かすレベルにあると思うし、ここは楽に勝ってクラシック戦線にのってほしい。

3人気はロスカボス。
前走の敗戦はちょっと解せない、流れ合わなかったとはいうこととはいえ、ちょっと評価を下げなければいけないかなという着順ではあった。ただ、前々走ではブラックスピネルを距離ロスさあれどきっちり勝っているため、ブラックスピネルを評価している以上この馬を評価しないわけにはいかない。


と、まあ3人気以内をほぼ切れない形。一応距離を加味するとブラックスピネル→ロスカボス→マカヒキの順とするが、ここまでの着順云々で馬券を狙うほどの根拠は作れない。
1点勝負前提でもう少し人気薄を狙いたい。

ノーブルマーズがおもしろい。
馬ごみを気にする馬で前にいって味が出る、控える競馬をしたときは競馬を教えるためと馬と騎手がコメントしていることからも、とにかく前に行きたい馬。
その陣営が今レースはハナにたつことを明らかにしており、それが叶いそうなメンバー。
萩ステークス組を無視できない状況の中、あのレースができればここでも通用していい。

◎ノーブルマーズ

△ブラックスピネル、ロスカボス

人気ブログランキング

2016年1月23日(土) 京都10R 若駒ステークスの予想
ryouyaさんの競馬予想|若駒ステークス - 2016年1月23日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

◎ナムラシングン 今年一発目の大勝負!【京成杯2016予想】

昨年エリカ賞&ホープフルステークスからの出走馬が掲示板独占したレース。

今年エリカ賞が未開催。その目的はホープフルステークスにメンツを集めるためとのこと。
にもかかわらず、ホープフルステークスからの出走馬数は昨年より減っている形。ホープフルステークスよりここの方がメンツレベルは落ちていると思うので、例年よりもホープフルステークスを意識してもいいのでは。

そして何より1、2枠の成績が悪いレースで上位人気2頭が1、2枠。なんともかんとも波乱の予感。


現在単勝1番人気はウムブルフ
単勝1人気はかなり疑問。3頭馬券では1番の方が評価されているが、2番人気もどうかと思う。
前走をもっての高評価だとは思うが、同日開催の葉牡丹賞よりも評価できないし、かつ相手関係にかなり恵まれている。
単純に地力以上の評価がなされている印象であり、レース的に結果が出ていない2番枠。
馬具使用で前走から普通に走っているという陣営だが、その前走の相手が相手だけに上位人気で買う馬ではないと思う。無視。


2人気はメートルダール
前走ビシッとやっていないという中でのあの結果は評価してよく、500万下クラスは抜けている地力証明は為されているとは思う。ただその前走はヒプノティストとタイム差なしでの勝ちであり、1、2番人気になっているここで最内枠にはいっても金を賭けられるかというと微妙なところ。
前走の内容がいいので、今走も後ろから行く形にするだろうが、それだけ考えるとこの枠はかなり戦いづらい。
地力評価でおさえてもいいが、他の人気馬に良さげな馬がいるので思い切って無視。


3人気はマイネルラフレシア
買わない方向で考えたかった、人気している安定馬ではあるが、上位2頭より評価している馬で上2頭が最内に入ったのでここは無視しづらい。
大敗しないタイプのレースをする馬でアイビーステークスでもヒプノティストにタイム差をつけており、2人気より買いやすい。前走も大きく評価を下げる内容ではなく中心視せざるをえない。


4人気はユウチェンジ
マイネルラフレシアを評価するとすると、アイビーステークスからこの馬も評価せざるを得ない。
これまでどのレースも大きくぶれのない地力どおりの着順であることから、ブラックスピネル比較でホープフルステークスより低レベルのメンツとみていいここでは人気通りの評価をしていい。マイネルラフレシとの比較が非常に難しく、アイビーステークス内容だけではほぼ互角ととる。前走が着狙いらしい乗りかたであったが、今回は勝ちに行く競馬が求められる。前走の乗りかたから勝ちに行った時の騎手に対する不安があるので3人気を上にとっておきたい。おさえ。


5人気はプロフェット
萩ステークス組が一定の結果を出しているので少頭数の前走での負けだけで見限るのは早いし、レインボーライン比較でマイネルラフレシより上にとりづらいものの大きく下というわけではない。
ただ、3,4人気より強調する材料がないように思う。余裕があれば少額おさえ。


1、2番人気は疑いたいが他は切りづらい現状。人気薄どころでも狙いたい馬が多く荒れ予想で行きたいが、3、4番人気の安定度とそれに次ぐ地力がありそうな5人気も相手なりの正当なオッズ順になっている印象で難しい。単勝人気最上位で地力も最上位評価のマイネルラフレシアを中心に人気薄も拾っておきたい。

やはり何と言っても気になるのは、通常多く出走しているホープフルステークス組が3頭、ということ。エリカ賞が未開催で昨年であればエリカ賞に出走していたはずの馬がホープフルに出た可能性もあると前提とするとかなり少なく、そして5人気以内に1頭もない。
昨年掲示板独占のホープフル&エリカ賞出走組、経由組が少ない今年も、このあたりから選ぶのがおもしろそう。


ナムラシングンがおもしろい。
昨年経由馬全頭が掲示板に入ったエリカ賞組。そのエリカ賞未開催で代わりに開催されたのが500万下のレース。そこ経由の唯一の馬がこの馬。
新馬戦負けたのはラジオ日経杯京都2歳1着ドレッドノータス、前1、2着は世代最上位の可能性馬と新馬戦で当レースで1人気に勝っている馬。
大外枠で道中どこで戦うかがわかりづらいが、傾向からも内になるよりはずっとよかった。現在単勝8人気。どう考えても軽視され過ぎ。
大きく狙う。


他はブレイブスマッシュ
ホープフルステークスはここより明らかにレベル高い馬が集まっていた。そこで本命にし狙った馬で、位置取りが後方の試走風味が敗因。距離不安がなくなったここはある程度前で戦うことが明白で、前走より期待できる。前走より期待出来れば相手関係からここは上位期待できる。オッズもかなり恵まれている印象。

ホープフルステークスからプランスシャルマン。ナムラシングン評価からケルフロイデをおさえ。


◎ナムラシングン

○マイネルラフレシア

▲ブレイブスマッシュ

△プランスシャルマン、ケルフロイデ、ユウチェンジ


人気ブログランキング





続きを読む
最新トラックバック
最新コメント