3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

競馬予想

荒れそうだけども… ◎ノーブルカリス 【水仙賞2018超簡易予想】

クラシック戦線を考えると特に重みのないレース。

今年も、一線級にはないので、あえてここを選び確実に取りに来ていると考えるのが妥当かな、というレベルの馬がそろった感じ。

1番人気はこれまでの対戦相手から一定の地力保持は見えるが、ほぼ底は割れている。この馬が1人気なら他をということで、1戦を楽に取ってきた馬が2、3番人気になっているが新馬戦の内容からの信頼度は低い。

それならば展開利で押し切れる可能性に賭けるべき。

ノーブルカリスがおもしろい。
前走同様、前に出てロスなくマイペースにもちこめれば残れる。1戦消化だけの馬で、前走で特に地力上位をみせているわけではないが、正直それは2,3番人気の馬も大して変わらない。
であれば、より人気がなく展開利が得られる馬に賭けるのが王道。

他はロサグラウカ。
このメンツで抜けた地力を持つ可能性があるのはこの馬。未知で人気でもここはおさえておきたい。陣営のコメントからも無駄なレースを走らせたくないという意思が伝わるし、あえて相手レベルが低めのここを取りに来たと考える。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎ノーブルカリス

△ロサグラウカ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ここは通過点!! ◎ブレステイキング 【フリージア賞2018簡易予想】

新馬あがりの2頭が人気しているが…

現在1番人気はエリスライト。
人気なら疑いたいところ。まあ新馬戦一戦しか消化していない状況なので、何とも言えないが、ひとまず出遅れても少頭数で不利はなく、楽な一戦だったのは間違いない。
終わってみれば圧倒的地力上位だったわけだが、ここで3、2番人気で2、3着となった馬が、次走未勝利で結果が出ていない。3番人気2着だったモンヴァントゥは次走4人気で1.6秒離されての16着。2番人気3着だったビンクダイキリは次走8人気で先頭から2秒離されての11着となると、ここと地力差が相当あるということがわかっても、そもそも未勝利レベルで圧倒的上位かどうかすらもあやしい。
素質馬がこの馬をさけて楽なメンツとなった新馬戦となったのかもしれないが、この一戦でひとまず500万下で1人気して買いたくなる要素はない。
フリージア賞はクラシック戦線につながるレースではなく、地力上位の馬が出走することはないとはいえ、さすがに買いづらい。無視。

2番人気はギベオン。
エリスライト同様、恵まれた一戦消化をどうとるか。2着馬は次走未勝利を勝ち上がっていて、次走チューリップ賞に出走予定の馬。その未勝利戦メンツもそこまでレベル低くないので、この馬はそこそこのレベルにあるととることもできる、その馬に勝っているこの馬も評価したくなる。
が、2着馬より明らかにこのレースでは恵まれた。距離伸びるのはよさそうで、1人気のエリスライトよりは買いやすいとは思うが、この馬を信用するには人気しすぎかな。無視。


フリージア賞は過去クラシック戦線につながっていないレース。
とはいえ、陣営がクラシックを視野にいれた発言をしており、500万下レベル上位の地力は持っていそうな馬が出ている。

ブレステイキングでしかたなし。
3番人気と人気しているが、ここは仕方ない。共同通信杯に登録から脚元不安で回避でここ出走になったが、問題はその脚元不安のみ。
距離がほしいと前走後騎手がコメントしていて、その通り距離があるレースを選択したとしたら、ここは落とせない。共同通信杯でも一定の人気を背負ったであろうほどで、地力はまずこのメンツなら上位。
クラシック戦線にのるためにはより確実に一戦とりにきたとみたい。
この人気であれば全力で狙いたい。

他はプロトスター。
このクラス通用の地力保持が確実な馬がかなり軽視されている。ここは狙うしかない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


◎ブレステイキング

△プロトスター

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

これしかないでしょう! ◎ダークナイトムーン 【つばき賞2018超簡易予想】

これダークナイトムーンが勝ち負けできない画が浮かばないんだが。

◎ダークナイトムーン

3歳クラシック戦線に勝つ!! : ダークナイトムーン 【つばき賞2018出走予定馬】





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

穴目でも候補が多いレース 【デイリー杯クイーンカップ2018雑予想】

ぱっと見は荒れそうだが、非常に穴候補になりそうな馬が多いレースになっているように思う。

あまり顕著な傾向がないレースではあるが、土日見る限り、外は伸びなさそうで、道中内を通る馬を買いたいかなと。

ナラトゥリスがおもしろい。
赤松賞1着マウレアが阪神JFで結果を出し、ここで1番人気。であるのに、赤松賞で0.1差3着だったこの馬が現在単勝9人気はなめられすぎ。
決して1着がないタイプの馬ではないだけにただ、地力が軽視されているということ。
赤松賞の内容もここまで単勝オッズで差がつくほどの地力差はないように思う。
この馬に形向けば赤松賞の内容だけ見てもここで通用する。それに新馬戦もサンリヴァルにとタイム差なしで走っていて、ここまでなめられる馬でないのは明白。
あとは形が向くかだが、内枠から内々を回して我慢してのレース運びになれば普通にやれて全くおかしくない。


他はハトホル。
世代的にも比較的上位にとれそうなテトラドラクマが3人気ならこの馬に先着しているというだけで、この馬を狙う価値はある。馬込みが苦手でということで直線外にだして戦う選択をしてきたが、ここは人気もないし、一発を狙える立場。直線内をついてくる可能性もあり、それなら馬券内に入る可能性は十分にある。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎ナラトゥリス

△ハトホル

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

スローになればこの馬しかいない! ◎アメリカンワールド 【共同通信杯2018予想】

近3年の勝馬を見ても、昨年のスワーヴリチャード、一昨年のディーマジェスティ―、3年前のリアルスティールと勝ち馬はクラシック戦線での活躍を確約されているといっても過言ではないレース。

人気サイドで決まりやすいとはいえ、近5年でも6番人気が馬券内に2度入っていて、未知の馬も多いこの時期の3歳戦らしい結果も出ている。

今年もおもしろいメンバーが揃った。ちょいあれはあっていいメンバー構成だと思う。

現在単勝1番人気はグレイル
単勝1倍台の圧倒的人気。強いのは間違いない。たとえここで負けたとしてもクラシック戦線で一定の人気を背負って、そして結果を出す可能性は高いと思うほど地力は高い。
ただ、ここは比較的とりこぼしが考えられる条件になっていると思う。
間隔があいたこと、初左回りであるということ、賞金足りている立場で是が非でも連対をというたちばではないこと、大外枠であること、比較的スローで流れるレースで先行馬が揃っていること。
ベストな状態ではなくても馬券内に入ってくるほど地力は高いと思うし、自ら動ける馬なので大敗は考えづらいが、自らうごいても届かない形はあると思う。この人気であればそちらに賭けたい。
前走で下した相手だけ見てもここで無視できる馬ではないので、おさえはするが中心視はしたくない。


単勝2人気はステイフーリッシュ
どこかで賞金加算を考えないといけないです。という前走後の陣営のコメントからも、思った以上にやれたという感じだろう。実際前走は前が崩れたレースになったとはいえ、重賞通用の目途を立てないようだとは思う。
ただ、この馬の場合相手にかなり左右されると思うし、不利な位置から自らそれを打開するという形は今のところ持っていない。先行勢が多いここで、スローで流れてで、新馬戦のようなレースをするにはちょっと手ごわい相手なのではないかなと思う。形が向いたら楽勝も、ここはこの馬に向いた形にならないと思う。無視。


単勝3人気はサトノソルタス
新馬上がりでかつ間隔空いた馬というだけで、ちょっと躊躇してしまう。
が、その躊躇をぶちやぶる可能性は秘めていると思わせる新馬戦ではあった。
ただ、やはり未知の部分しかないし、最内枠ですっと出られないと力発揮できずの形も十分あり得る。現段階ではどうしてもこの馬の頭は見えづらいので、きたらあきらめの無視。


4人気はゴーフォザサミット
ある程度前をとるのが必須だと思う。とれさえすれば、馬券内に入ってなんらおかしくない地力は担保されていると思う。
ただ、この相手では未勝利戦のようなレース運びはできないし、先行勢が揃ったここは外枠になってしまったこともありどう戦うかが非常に難しい。地力評価しているし、馬券内は比較的見える馬ではあるが、頭は見えない。この馬を買うなら3番人気馬も買いたいかな。無視。


5人気はオウケンムーン。
距離伸ばして結果を出してきた馬が距離短縮。目を見張るものはなく、前走よりパフォーマンスを上げる必要があると思うが、距離短縮でこの馬は活きないと思う。
ダービーをみたら面白いかもしれないが、まだ先かなというところ。無視。


例年通り、クラシック戦線で活躍できる可能性がある馬が揃った印象も、人気馬は比較的とりこぼしの可能性が高い気がする。
穴が最も少ない1番人気馬は賞金がたりていて、大外枠となればもしかして…は考えられる。
スローで流れる想定だとすると非常に魅力的な馬がいる。


アメリカンワールドがおもしろい。
スタートが非常によく、かつダッシュ力もあるため、内枠に入ったここはまず前に出ていいポジションで戦える。
そして道中がスローで流れれば、前走の圧勝っぷりを見ても重賞で通用してなんら不思議ではない。
ゲートが非常に安定しているため、まず力は出し切れる。
その力が重賞で通用するかだけが焦点だが、何かを行かせてかつスローで流れた場合は通用するとみたい。
大きく勝負する。

他は、ブラゾンダムール
アメリカンワールドと同タイプで、新馬戦の相手関係からもアメリカンワールドがくる形であればこの馬も残っていておかしくない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎アメリカンワールド

△ブラゾンダムール、グレイル

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


最新トラックバック
最新コメント