3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2015牡馬3歳

ブライトエンブレム【皐月賞2015出走馬】

■2014/6/28新馬戦7番3人気1着

2着ジャストドゥイング次走未勝利1着、芙蓉ステークス4人気1着、東京スポーツ杯2歳S5人気10着。朝日杯13着。クロッカスSでニシノラッシュと0.7差。
4着ギンパリは次走未勝利でジャストドゥイングに0.5差負け3着、次次走未勝利勝ち、新潟2歳ステークス13人気12着。
5着トリルビーは次次走未勝利戦でギンパリに0.4差負け。

スタート悪く後方から。外を回し4角前に仕掛けるが直線入り口はまだ後方。4角を大回し、直線も大外。長く伸びて最後にしっかり差し切る、距離ロスの多い強い内容。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京5R)~ブライトエンブレムが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ブライトエンブレム(田辺騎手)
「いいモノを持っています。調教の感じではもうワンパンチ欲しいと思いましたが、能力があります。後ろから行ったのは作戦ではなかったのですが、馬場のいいところも通れましたし、追い出しのタイミングも計ることが出来ました」



■2014/9/6札幌2歳ステークス2番5人気1着

2着はマイネルシュバリエ東京スポーツ杯2歳S8人気12着。
3着レッツゴードンキは阪神JFで2着。桜花賞勝ち。
4着ミュゼエイリアンは共同通信杯4着、毎日杯勝ち。
1人気7着だったミッキーユニバースはいちょうS3人気3着、ベゴニア賞2人気2着


強い。強すぎる。
変わらず出が悪く、後方から。早めに集団に外を追走。3角過ぎから徐々に差を詰めていき、直線大外に大きく出したときは中団。そこからも変わらず伸び続けラストは余裕をもっての勝ち。
くだした相手からもこの圧勝は非常に価値が高い。
出遅れから大外での超距離ロス。前走もそういう競馬であるものの、展開が向いただけでは片づけられない圧勝だと思う。

レース後コメント
【札幌2歳S】(札幌)~ブライトエンブレムが大外一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ブライトエンブレム 田辺裕信騎手
「スタートはうまくいきませんでした。キャリアが浅いので、道中は折り合いに気をつけようと思っていました。しかし、素直で操作しやすい馬でした。早めに前をとらえようと思い、上がっていきましたが、ロスがある中で終いまでがんばって走ってくれました。直線では先団に並びかける勢いが違ったので、これならいけるかなと思いました。ゲートの出が不安定で、キャリアも浅いですが、そのぶん伸びしろはたくさんあるので、今後も楽しみです。来年のクラシックに向けてがんばってもらいたいです」

人気ブログランキング

■2014/12/21朝日フューチュリティステークス16番2人気7着

1着ダノンプラチナ。
2着ニュージーランド3着アルマワイオリ。
3着クラリティスカイ。

前2走よりスタートよかったが、ダッシュ力なく後方目。スタートよかったこともありこれまでより早めに位置をあげ中団につける。そのままこれまでと変わらず外々を回して3角過ぎから仕掛け、外で直線に入る。序盤伸びかかったが、案外の伸びで、外から1着馬にかわされ、内の馬にも切れ負けた。
速い脚がないということがはっきりした、で終わるにはちょっと納得いかないものではある。他馬より地力圧倒していると思っていたので、もっとやれてよかったのではないかなあ。
陣営は3、4角で外に振られた不利を敗因の1つにあげているが、それによる7着であれば若干負けすぎな感。
ただ、レース後の疲れが全くなかったとのことからも力を出せない展開であったというのは間違いなさそう。

どこに敗因を求めるかだが、戦前から陣営も距離不足を嘆いている状態でのレースではあったし、素直にマイルのペースについていくのに脚を使ったとみる。前2走よりだいぶ早く位置取りをあげていて、そのためラストの伸びを欠いたというところか。
とはいえ、その程度で7着は0.5差とはいえ前走のパフォーマンスからはちょっと想像できない。距離延長でひとまず見直し。

【朝日杯FS】戦い終えて ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
7着ブライトエンブレム(田辺)馬場の悪いところを回避していいとこを走れたけど、瞬発力、速い脚がない。

人気ブログランキング

■2015/3/8弥生賞5番4人気2着


変わらず後方から。内にいれ道中追走。3角過ぎから外にだし4角を回す。4角コーナーリングで内にいた馬が外に膨らんだため予定より外を回し直線入り口は変わらず後方2番手。そこから長く伸び続け、他の面々がばてるなか変わらず伸び続けたものの、抜け出していたサトノクラウンに届かず2着。

強い馬なのは間違いない。
戦前次走をみていることを明確にしており、試走であったこのレースで、きっちりと結果を出した。
シャイニングレイ&クラリティスカイが敗れていることからもこの馬に向いた馬場であったことは間違いないと思うが、馬場だけで見限れない魅力が大いにある。

レース後コメント
【弥生賞】(中山)~サトノクラウンが無傷の3連勝でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手)
「今日は折り合いに気をつけていましたが、クリアしてくれました。馬場が渋ったのもよかったです。良馬場でも時計がかかればいいと思います。4コーナーで内から寄られる不利がありましたが、最後は勝った馬と脚色が一緒でした。ただ、ゴールをすぎて1~2コーナーの感じがよかったです。賞金を加算してくれましたし、この結果は自信になります」

人気ブログランキング

皐月賞。
正直、勝つならここかなという気がする。馬場がどうかであり、むしろ問題はそれだけだろう。その馬場がどうもこの馬に向きそうにないものになりそうで、そうであれば必然的に、クラリティスカイやダノンプラチナが台頭してしまう。
一見どっちに張るかだが、この馬はどうしても見限れない。

コメート【皐月賞2015出走馬】

以前に書き込みしたものに追記する形で。
3歳クラシック戦線に勝つ!! : コメート【ホープフルステークス2014本命予定馬3】

■2014/7/6新馬戦13番8人気6着

0.9差1着は札幌2歳ステークス5着、アイビーS2人気7着フォワードカフェ。
4着カズノテナンゴは次走未勝利で1.9差くだした馬。
スタート悪くなかったが前に出る馬に塞がれて、位置取りを下げる。
ちょっと早めに仕掛けようとするがうまく前に出せず、直線内に入れて一発を狙うが前がうまく開かずなんとなくでなだれ込んだ形。
力は出せていないが、目立つものはないレース。


■2014/7/26未勝利戦13番8人気1着
前走の反省を活かし前目につける。早めに先頭にだし、後ろから迫られるとさらにひと伸びして完勝。
内容は非常にいいが相手弱く、地力測れない。

現段階でも未勝利抜けした馬がいないメンツ。
素直に相手の地力低いと決定していい。


レース後コメント
【2歳未勝利】(福島1R)~コメートが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 コメート(嘉藤騎手)
「2戦目でキッチリ変わってきました。追ってからもしっかりしていましたし、1頭になってフワフワしましたが、後ろが来ればまた伸びそうな感じでした。このままうまく行ってくれればと思います」

人気ブログランキング

2014/8/31新潟2歳ステークス10番12人気4着

0.4差1着は前走新馬戦でソールインパクトを0.2離したミュゼスルタン。
2着は東京スポーツ杯で1人気2着だったアヴニールマルシェ。
0.2差3着はくるみ賞勝ち、京王杯2歳ステークス1人気3着のニシノラッシ。
5着ブリクストはこうやまき賞1着、もみじS1人気7着でアルマワイオリと0.6差。
6着はナヴィオン。
スタート後前に出し位置をとりにいくが、前に行く馬が多く若干おさえて中団追走。枠が枠なだけに外目を回し、直線に。
鋭い反応はなかったけど、ずっと伸びており一定の地力を有していることは証明。
スムーズさに欠いたレースをしたことを考えると、3着馬と同等以上の評価は可能で、1、2着馬と0.4差であれば地力発揮なら逆転も・・というところ。

サトノクラウンと共にベールに包まれていたミュゼスルタンがスプリングステークスで地力を見せた。骨折明け、前の馬が上位の流れでの7着は評価していい。そこと0.4差は悪くはない。ミュゼスルタン皐月賞でてほしかったなあ。
2着アヴニールマルシェは東スポ杯でサトノクラウンとタイム差なし2着。共同通信杯でリアルスティールと0.5差5着。
この2頭は状態そこそこでもNHKマイルカップ出走ならまず上位人気に推されるはずの馬。
3着ニシノラッシュも京王杯2歳ステークス1人気3着、クロッカスステークス勝ちと結果を出しており。
この3頭とほぼ同等の地力保持はほぼ確定しているので、展開の助けがあれば一線級ともやれていい。3頭ともマイル以下の距離でのローテを選択しているのは非常に気になるが。。


レース後コメント
【新潟2歳S】(新潟)~ミュゼスルタンがレコードで重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
4着 コメート 嘉藤貴行騎手
「評価は受けていませんが、よくがんばってくれました」

人気ブログランキング

■2014/11/2きんもくせい特別3番1人気1着

少頭数ということもあり番手追走と理想の位置につける。直線前で仕掛け先頭で直線を向く、半ばから抜け出し最後は2着馬に詰められるが危なげなく勝ち切る。
前走で証明した地力をそのまま発揮した形。ここは完勝といっていいと思うが、相手が弱い可能性が高く、前走から評価をあげる内容ではなかった。
ただ、素直に先行したときの地力はオープンクラスでも通用する下地はあるため、人気落ちて軽視されるようであれば、先行できれば通用する可能性が高い。
さて、ホープフル。
新潟2歳での結果がある分ヒルノマレットより若干信用度は高いか。現在(24日)netkeiba.comで単勝12番人気で約80倍。複勝ワイドベースでもこのあたりの人気になるのであれば、枠とメンツによっては全力で勝負することも考える。

3着ノットフォーマルが桜花賞でバリバリ恵まれて0.9差5着。コメートも同様に展開の助けが得られればノットフォーマルよりはずっと通用する。ホープフルでこの馬がこなかったらクラシック前に今年の競馬資金が終わっていた。助かった。。

レース後コメント
【きんもくせい特別】(福島)~コメートが人気に応える | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 コメート(嘉藤騎手)
「最後は差を詰められはしましたが、並んでからはまた伸びて、危なげないレースだったと思います。競馬が上手で、重賞でも掲示板に載るだけあっていい馬です。今のところ弱点らしい弱点はありません」

人気ブログランキング

■2014/12/28ホープフルステークス6番8人気2着

0.2差1着は怪我で皐月賞回避となってしまったシャイニングレイ。
3着は京成杯2着、スプリングステークス6着ブラックバゴ。
4着はソールインパクト。

悪くないスタートで番手の内と狙い通りの位置取りで道中追走。
内枠でロスなく進めるものの前が詰まっていいタイミングでスパートをかけられなかった。その中でも直線狭いところをついて伸びてきた。
狙ったタイミングでスパートをかけられれば1着もあったかと思う。
恵まれた1着馬とちょっとロスのあった3着馬とは同等の地力保持だと見ていいか。
ただ、相手関係からどれくらい評価していいかかなり難しい。次走弥生賞でシャイニングレイが1つ上の着順7着であり、3着ブラックバゴがスプリングステークスで6着。
弥生賞でシャイニングレイが状態どうだったかというのもあるが、単純に展開&馬場が合わなかったとすると、コメートも同様であったとみて、馬場回復で共に浮上の可能性も。

レース後コメント
【ホープフルS(GII)】(中山)~シャイニングレイがデビュー2連勝で重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
2着 コメート(嘉藤騎手)
「悔しいです。あそこまで行ったら勝ちたかったです。2着で賞金加算出来たのは大きいです。レースが上手ですね」

人気ブログランキング

■2015/3/8弥生賞11番8人気8着

1着サトノクラウン。
2着ブライトエンブレム。
3着タガノエスプレッソ。

スタートよく一気に前に出し内に入れようとするが、内からシャイニングレイに並ばれ内に入りきれずにおさえて3番手中追走。
4角前でスパートするしかないレースで、直線内の前に行った馬が軒並み負けたレースであり、そこまで悲観する内容ではないと思う。シャイニングレイが7着となっていることから、新潟2歳ステークスの上位馬比較からも展開や馬場の影響とみていいだろう。
そして、やっぱりブライトエンブレムは強いなと。

レース後コメント
【弥生賞】(中山)~サトノクラウンが無傷の3連勝でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
8着 コメート(嘉藤貴行騎手)
「スタンド前でシャイニングレイが出てきて、ハミをかんでしまいました。それでもいい形で4コーナーまで行けましたが、そこから苦しくなりました」

人気ブログランキング

皐月賞。
馬券内の可能性ある馬だと思う。最低でも人気以上の可能性はある。
この馬の魅力はコース、枠、馬場関係なく、道中悪くない位置がとれるゲートとダッシュ力。そういう意味ではここではハナにたつ選択が一番おもしろそう。そして狙えば外枠でもハナに立てそうなメンバー構成。
きんもくせい特別後の騎手の弱点らしい弱点がないというコメントも心強い。弱点がないのに弥生賞何もできなかったよね、というのは目をつむって、ペースを作れれば良馬場で浮上。

キャットコイン【桜花賞2015出走馬】

以前に書き込みしたものに追記する形で。
3歳クラシック戦線に勝つ!! : キャットコイン【クイーンカップ2015予想人気馬】

■2014/10/11新馬1番6人気1着


若干出負けで中団後方内目につける。新馬戦らしいスロー一団のレースになったが、いける限り位置取りをあげ、直線入ってからも前があかず出すに出せない。前3頭が抜けて2番手と空間ができた残り200メートルあたりから仕掛けてぎりぎり間に合ったというレース。
レース後騎手が結果よりも・・と言っているのは決して嘘ではなく、直線の乗り方に絶対にこのレース勝つというものは感じなかった。それでも勝ったのは評価できるが、4着馬のみ未勝利抜けの低調面子が相手。地力証明はされていないとみてよさそう。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京4R、5R)~オメガハイヌーン、キャットコインが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 キャットコイン(柴田善騎手)
「上手に走ってくれました。今日は結果よりも落ち着いて競馬が出来るかがポイントでした。そこが大きいですね。それでもすごい脚でしたね」

人気ブログランキング

■2014/12/21ひいらぎ賞14番8人気1着

0.2差2着アドマイヤピンク。
0.3差3着ロッカフラベイビー。

スタート悪くなかったが、スタートダッシュ力なくまた外枠であったため、後方外目追走。
ハイペースで進む中、最後方からずっと外をまわって直線。直線半ばでは抜け出していた。

見た目のインパクトは強いが、道中後方の馬が上位を占めるレースで、流れ向いたといえそう。
ただ、外を回されたコースロスはあり、ラストで同様に道中後ろからで競馬した2、3着馬をもう一伸びして離しているのは十分に評価できる。

クイーンカップ。人気するなら無視から入るのが妥当だと思う。地力証明はなされておらず、未知の魅力はたぶんにあるが、その魅力は人気すると相殺されてしまう。未知の人気馬と過剰人気馬が馬券に絡んで負けても後悔なしのスタンスの自分は全く魅力感じない。
ひいらぎ賞後、この馬を強かったと評した2着馬騎乗の丸山騎手。その2着馬アドマイヤピンクは次々走春菜賞でしっかり0.7差負けになっている事実も重く見たいところではある。

2着アドマイヤピンクはアネモネステークスでテンダリーヴォイスに0.3、メイショウメイゲツに0.2差負け。
3着ロッカフラベイビーはクイーンカップにも出走し0.4差7着。
決して弱い面子ではなかったとはいえるが、トップ級からは明らかに落ちる馬が相手。ロスも考えると完勝といえ、評価は必要もクイーンカップを勝った後にみても人気するならクイーンカップでは自分は買えないなと思ってしまう。


レース後コメント
【ひいらぎ賞】(中山)~キャットコインが外からまとめて差し切る | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 キャットコイン(柴田善臣騎手)
「初戦は窮屈でしたが、今回は外に回して、のびのびと走っていました。グイグイと伸びてくれましたし、自分も気持ちがよかったです」
(二ノ宮敬宇調教師)
「神経質な馬で、1回使うと体が減ってしまいます。早い時期か遅い時期のトライアルでもう1回使いたいと思いますが、様子を見ながら考えます」

【クイーンC】美浦レポート~キャットコイン | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
人気ブログランキング

■2015/2/14クイーンカップ6番2人気1着

2着桜花賞出走かなわなかったミッキークイーン。
3着は阪神JF1人気8着、チューリップ賞3人気4着ロカ。
0.1差4着アンドリエッテ。
0.2差5着メイショウメイゲツ。

若干出負けし後方内追走。4角前で位置取りをあげつつ外よりに出し直線。徐々に伸びて前目に追いつき中盤ハナに立ち、後続に迫られるもそのまま押し切った。
3~5着馬がアネモネステークス&チューリップ賞で結果を出しており、それらの馬を微差とはいえくだしているのだから評価はすべきも、アンドリエッテ比較でココロノアイ&レッツゴードンキと並ぶ地力を持っていると判断するのはちょっと危険な気がする。外を回して位置取りをあげ直線で差すという形は桜花賞につながるものではあると思うが、直線外を通った馬が上位を独占しておりキャットコインより直線内でゴールしたメイショウメイゲツ&シングウィズジョイは共にアルテミスステークスでココロノアイに完敗している。
ロスはあるし、他馬と接触したということだし、形が向いただけという勝ちではないが、ココロノアイ&レッツゴードンキより地力は下と見ざるをえないか。もちろん負けておらず未知の魅力があるのは事実ではある。

レース後コメント
【クイーンC(GIII)】(東京)~キャットコインが無傷の3連勝で重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 キャットコイン(柴田善騎手)
「意外と楽に先頭に立って、すごく力をつけていることが分かりました。向正面では外の馬と接触しましたが、折り合いは心配のない馬ですし、怒らずに落ち着いて走っていました。デビュー戦、2戦目とひ弱な部分があり、どんと来いという感じではなかったのですが、今日は返し馬から落ち着きが出ていました。1回放牧に出したら背丈も伸びていました。飼い葉がもっと食べられるようになり、体が大きくなってくれればいいですね」
(二ノ宮敬宇調教師)
「ゲート練習をしたこともあって、今日はすごく落ち着いていました。追い切って体が減らずに使えたということが大きかったです。牧場から帰ってきて余裕もありましたし、調整もしやすかったです。この後、トライアルか本番に直行かは、オーナーと相談したいと思います」

【クイーンC】美浦レポート~キャットコイン | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
人気ブログランキング

桜花賞。
アンドリエッテ比較で6人気netkeiba.comなら買いとしたが、今見たら5人気でレッツゴードンキより人気になっている。他の馬券種でどういう人気かわからないが、ココロノアイ&レッツゴードンキより上の評価をするのは難しいように思う。
ここで十分通用する地力は持っているとは思うが、強い!!という印象のあるレースはない。逆にそれにより甘く見られている面があると思うので、そういう意味では買いの要素はある。これまでのレースで特にマイナスするようなところはなく、全てのレースに柔軟に対応している。問題は他の上位馬との力関係のみ。陣営に世代上位の地力の自信が見えないところも気になる。ショウナンアデラがいたから当然といえば当然だが。。

【桜花賞】栗東レポート~キャットコイン | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【桜花賞】ルージュバック8番 大竹師「ここならちょうどいい」 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
【桜花賞】キャットコイン 48歳善臣、初クラシックへ「いい雰囲気」 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
人気ブログランキング

ティルナノーグ【共同通信杯2015予想人気馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : ティルナノーグ【ホープフルステークス2014予想人気馬】

↑ 前々走まで ↑

■2014/12/28ホープフルステークス15番3人気10着

1着シャイニングレイ。
2着は新潟2歳S4着コメート。
3着京成杯2着ブラックバゴ。

外枠ということもあってか、普通にでたが位置取りを下げ後方2番手中目に入れる。さらに下げて最後方追走。
3角前から外目に出し押して位置取りをあげようとするが、あげられずその状態で4角をむかえるその段階で勝ちはないといったレース。4角では大きく外を回して直線を向き、伸びまで案外。

馬券買っていた人はどう思ったか知らないが、個人的にはこのレースは非常に評価できると思っている。馬をというより武騎手の騎乗ぶりに。
おそらく大外枠に入った段階で勝ちをあきらめ、馬の地力把握と着狙いに徹したと思われる。結果的にも7、8枠に入った他4頭は下から4頭になっていて英断といっていい。
最後方内にいれ、3角から仕掛け直線で脚を出し切ってどこまで伸びるかというのを明らかにする試走という位置づけにして、次走以降を見たレースだっただろう。
ただ、内に入れきれずかつ、早めに仕掛けたのに位置取りをあげられなかった。これは馬の地力が思った以上に低かったか調子が悪かったか。

共同通信杯。前走時も書いたが武騎手がこの馬を世代上位の地力と位置づけていないことは明白であり、乗り替わりである今回に期待するのは若干酷であるように思うが、ホープフルは評価を落とす内容ではないし、ここの結果で地力評価を確定させたい。

レース後コメント
【ホープフルS】戦い終えて ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
10着ティルナノーグ(武豊)器用さがないし、外に振られ難しい競馬になった。

人気ブログランキング

リアルスティール【共同通信杯2015予想人気馬】

■2014/12/27新馬4番1人気1着

2着リベレーター、3着メイショウリンクスが次走未勝利抜け。

スタートよく前にでるが、押して先行しようとする馬が多かったためというより、先を見据えてで、おさえて中団枠より外目追走。
3角過ぎから位置を徐々にあげ4角回りながら前を抜きつつ、先頭に並んで直線。入り口では他馬より楽な手ごたえで半ばから突き放した。
年末の新馬戦とはいえ、0.6差つけた2着、1秒差つけた3着が次走未勝利を即勝ちしていることからも決して新馬戦としてレベルの低いものではなく、この馬の能力が未勝利レベルでは抜けたものということは証明できている。

共同通信杯。クラシック戦線で重要なレースであるここで、新馬戦直後の馬が勝つ画はどうしても浮かばないし、馬券内に入った馬ですらぱっと浮かばないほど。
人気薄であれば考える余地は大いにあるが、ここは過剰な人気を背負うのは明白であり、馬券的妙味は全くない。

レース後コメント
【メイクデビュー】(阪神5~6R)~リアルスティール、スマイルフォースが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 リアルスティール(福永祐一騎手)
「スタートがあまり......と聞いていましたが、トップスタートでしたね。逃げてもいいレースはできたと思いますが、先々を考えて、下げてレースをしました。道中はスムーズでしたし、終いの脚も速く、抜け出してからは物見をしていました。ここではモノが違いますね。楽しみな馬です」


人気ブログランキング

【阪神新馬戦】リアルスティール突き放して3馬身半差V ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
最新トラックバック
最新コメント