3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

あ行

51キロなら可能性ある アールクインダム 【ラジオ日経賞出走予定馬】



レース後コメント
1着 アールクインダム(O.マーフィー騎手) 「テンションが高いと思っていましたが、厩舎がうまく仕上げてくれてリラックスしていました。道中は子供っぽいところがありますが、さらに成長していくだろうと思います。いい走りをして良かったです。テンションが鍵なので、ゆっくり行って急かさない方がいいと思います。距離も成長に合わせて延ばしていくのがいいでしょう」










ウーマンズハート 【オークス2020出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : ウーマンズハート 【桜花賞2020出走予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2020/4/12桜花賞6番10人気16着


スタート良く、前に出すが、外の馬が絡んできた段階で下げるも上げるもできず中途半端な位置でもまれる形での道中。進路もなく比較的疲れる展開になり4角では全く脚が残っていなかった。

んー非常に中途半端なレースにしてしまった印象。可能性がある一頭だと思っていただけに、ちょっと残念。チューリップ賞で地力上位ではないということがわかり、今回は前目につけてなんとか着狙いのはずがどこか中途半端になってしまったような感じ。ただ、騎手コメントから馬場が合わなかっただけなのかもしれない。

レース後コメント
16着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「馬の雰囲気は良くて、ゲートも上手に出てくれたので、出た位置でリズムよく折り合いをつけて運びましたが、今日は馬場に尽きますね。3コーナーで手応えが怪しくなりました」
【桜花賞】(阪神)デアリングタクトが無傷の3連勝で1冠目を制す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


◆オークス
基本的にこの馬の地力は高く、現在も重賞レベルにあるとは思っているが、前走より条件が良くなるところがほとんどない。
良馬場で巻き返しは十分あり得るが、その場合浮上してくる馬はもっといそう。
よりどころは左回りにかわることだけ。

なのだが、その変更が非常に魅力的なオッズになっている。
勝ちは左回りの新潟だけ。G1阪神ジュベナイルは善戦しており、チューリップ賞は控えて地力を測った試走、そして桜花賞の完敗。実質勝負して完敗は桜花賞のみ。
本当に馬場悪化で完敗しただけなのだとしたら…もしかする可能性はある。
後方まで下げて内をついての着狙い、にしたら一発あるかもレベルにはある。
とはいえ、さすがにここまで手は回せないかな。
ウーマンズハート、左回りの府中で逆襲だ/オークス(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
【オークス】最後の牝馬クラシック挑戦となる西浦勝一調教師 ゴドルフィン所有のウーマンズハートで参戦(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

アブレイズ 【オークス2020出走予定馬】

■2020/2/2新馬5番6人気1着


普通にでて普通に回って、ちょっと本気出して直線走ったら1着。

まさにそんな感じ。ただ、相手関係からは地力はかれないところも、かなり弱め。この時期の新馬戦ということもあるが、次走どの馬も未勝利抜けができていない。
芝マイル除外での参戦。狙った距離ではないが、距離に問題はなさそう。

レース後コメント
1着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手)
「調教の動きは良かったです。レースは探りながらでしたが、ゲートを出て好位につけられました。スパッと反応してくれましたし、これからですね」
【メイクデビュー】(京都6R)~キズナ産駒のアブレイズがデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【京都6R・3歳新馬】6番人気アブレイズがデビューV 藤井「これからが楽しみ」 : スポーツ報知

■2020/3/20フラワー13番12人気1着

0.1差2着レッドルレーヴはフローラステークス3人気7着。
0.4差3着シーズンズギフトはニュージーランドトロフィー5人気2着。

好スタート。外枠からダッシュ力ありだして番手追走。4角で前をとらえて、序盤でハナに立ちそのままおしきった。

長距離輸送ものともせずの完勝。前で勝負すると決めてのレースだったということ。
外枠からきっちり前を取りにこれるゲートとダッシュ力、直線序盤でハナに立って押し切れると騎手が判断しているということは地力もここでは抜けていると判断していたということ。
ここでは地力抜けているとみたい。

レース後コメント
1着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手)
「前目の競馬をと決めていました。スタート次第のところがあるのですが、スタートが決まって楽に2番手につけられました。キャリア2戦目でレースになれていないのか、フワフワするところがありましたが、かえって息が入りました。2戦2勝とまだ底を見せていませんし、トリッキーな中山コースや坂も経験できました。京都とはまた違ったコンディションで、結果が出せたのは大きいです」
【フラワーC】(中山)アブレイズが連勝で初重賞制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◆オークス
桜花賞パスしての参戦。ここ2戦だけ見ると、オッズ加味すると相当買いの要素は多い。
この馬重賞クラスの地力保持はほぼ間違いないと思う、前走はフロックではないはず。
軽視されている現状、買うならここしかない。
無傷の2連勝でオークスに挑むアブレイズ。「2400mの距離は大丈夫」|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
2戦2勝アブレイズは“競馬センスの塊” 陣営「体の心配なく調教できる」/トレセン発秘話 | 競馬ニュース - netkeiba.com
【オークス】フラワーCの覇者アブレイズ、史上最速3戦目での金星狙う : スポーツ報知

ウインマリリン 【フローラステークス2020出走予定馬】

■2019.12.21新馬11番6人気1着

未勝利を抜けた馬なし

好スタートで外から内にきりこみながら前に、行く馬にいかせて番手追走。
4角で前をとらえて直線中盤でしっかりのびて後続突き放しての勝利。

非常に安定した強い馬の勝ち方ではある。
ではあるんだけど、相手がさすがに弱すぎてちょっとなんともいえない。

レース後コメント
1着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「理想的なポジションをとれて、終いの脚はすごくよかったですね。この勝ち方なら昇級しても楽しみです」
【メイクデビュー】(中山5R)~ウインマリリンが新馬勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI



■2020/1/26若竹賞2番3人気5着

1着シーズンズギフトはフラワーカップ1人気3着
4着アカイイトは百日草特別2着

普通にスタートして枠なり中団追走。道中包まれて前走のように4角で動けない。直線も進路なく、少し外に出してちゅばんから伸びるがさすがに届かない。

追いきりで松岡騎手が「先々重賞を狙える」といったとのこと。


■2020/3/31ミモザ賞4番4人気1着

スタート良かったがスピードなく中団中目追走。無理して前に行く姿勢はなく、流れにのっての道中。新馬戦同様4角で前を射程に入れて直線先頭にたって中盤でのびて押し切る形。

新馬戦よりも道中後ろだったにも関わらずきちっと直線入り口で前にいて抜け出す形で、強い内容。
強さは見せているが、いかんせん相手がぬるい。一線級と比較もできないくらいのレベルでちょっとなんともできん。

レース後コメント
1着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「正直、新馬の時の方が背中を使えていました。火曜にスライドしたことで、馬体が増えた影響だと思います。それでもこの勝ち方ですから、能力があります。もっときれいな走り方ができるようになれば、もっと走れます。距離も1800m、2000mと延びた方がいいですね」
【ミモザ賞】(中山)ウインマリリンが 押し切りオープン入り | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


◆フローラステークス
人気薄いなら狙いたい馬の一頭。
というのもまだ全く底が見えていない。もしかしたら一流に迫るクラスの地力保持の可能性を持っている。1、3戦目は完勝ではあるが相手が弱くなんとも評価しづらい。
2戦目の出世レースで敗戦したが、はっきりとスムーズさに欠いたレース。4角から直線序盤ではっきりと進路がなかった。それを覆すほどの地力がないともいえるが、ちょっと勝ちにつながる乗り方ではなかったように思う。
長い距離を意識されてここまで来ている馬。その馬が地力不明で一流に迫る可能性が残っているのであれば、6人気以下なら全力で狙う。5人気内でもここの相手は比較的ぬるいので、完勝したって何ら不思議ない馬。無視はできない。
【フローラS】ウインマリリン 前走イレギュラー日程も「ダメージない」|au Webポータルスポーツニュース
【サンスポ賞フローラS】ウインマリリン軽い馬場合う(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

ウーマンズハート 【桜花賞2020出走予定馬】

■2019/8/3新馬12番3人気1着

レース後コメント
1着 ウーマンズハート(津村明秀騎手)
「折り合いは苦にせず、追い出してからいい反応でした。バネがあって楽しみです」
【メイクデビュー】(新潟5R)~ウーマンズハートが鋭い決め脚を発揮して完勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/8/25新潟2歳6番1人気1着

レース後コメント
1着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「強かったですね。新馬戦のレースぶりを見て、いい脚を持っていることはわかっていたので、いかにスムーズに行けるかということを気をつけました。フラフラしているところはありましたが、それでも差すのだから能力は相当なものです。このあと気性面も成長していけばさらに楽しみです」

(西浦勝一調教師)
「どっしりとして落ち着いてきました。直線でフラフラするのは引き続き課題ですね。それにしても現段階でこれだけ走れているのはすごいです。この先どこまで成長して、どのくらいの距離まで持つのか未知数ですが、とても楽しみです」
【新潟2歳S】(新潟)~ウーマンズハートが上がり32秒8の剛脚で決める | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【新潟2歳S】栗東レポート~ウーマンズハート | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2019/12/8阪神JF3番2人気4着


普通に出て内枠活かして前目につける。レシステンシアをみつつ抑えて追走。
直線まで内でおとなしくしたまま直線、仕掛けるが前に離されてさらに
内目で粘るが外から来た馬に交わされての4着。



レース後コメント
4着 ウーマンズハート(W.ビュイック騎手)
「追い切りで跨って状態が良いのは分かっていました。自信を持ってレースに臨みました。強気の競馬をしようと思っていました。今日の馬場が前残りだったので、後ろからだと難しいと思い、内枠を最大限に生かした競馬をしました。勝ち馬を射程圏に捉えながらのレースでしたが、逆に離されてしまいました。ですから勝ち馬が現状強かったのでしょう。まだ全体的に弱い部分があるので、来年良くなってくれば距離が伸びても大丈夫だと思います」
【阪神JF】(阪神)~レシステンシアがレコードで逃げ切り無傷の3連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【阪神JF】栗東レポート~ウーマンズハート | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2020/3/7チューリップ賞7番3人気6着

レース後コメント
6着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「レース前は少しテンションが高かったですが、何とか我慢してくれました。タメを利かせる競馬をするようオーダーされていたので、折り合いを重視して乗りました。道中は上手く折り合いがついて反応もしてくれていますが、伸び切れませんでした。3ヶ月ぶりの実戦でしたので、一度使われて次はもっと良くなるはずです」
【チューリップ賞】(阪神)マルターズディオサがハナ差の激戦を制し重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【チューリップ賞】栗東レポート ウーマンズハート | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


◆桜花賞
新馬戦、新潟2歳は非常に内容よく、地力上位は間違いない中での阪神JF。内枠を活かした競馬をしての掲示板は素直に評価していい。ただ、ここでの走り方を見る限り陣営が世代トップの地力保持を確信しているわけではないことははっきりした。
そして阪神JFを受けて、世代でどれくらいの位置にいるかを確認しにかかったのがチューリップ賞。
そこではっきり負けてしまって、さあどうするが今回。
普通に戦っては頭はない、というわけでおとなしく着狙いに徹してくるんじゃないかと思う。
んで、そうすると雨が降ること考えてもこの馬が馬券圏内に入る可能性は比較的高い。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ