3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2018牝馬

レッドサクヤ 【オークス2018出走予定馬】

■2018/4/8桜花賞5番12人気7着


普通に出て前にいけそうだった外からも馬が来たのでちょっと控えて、外目にだしつつ前目追走。
そのまま回して、直線向いてスパート伸びてはいるが、前と後ろの人気馬にしっかりとやられた。

馬券内の可能性がある馬だと思っていたが、さすがに展開厳しかった感。
厳しい展開の中地力そのものはみせたレースだとは思う。
さすがにこの戦い方では恵まれてもラッキーライラック&リリーノーブルには勝てない。内をつく選択をすると思ったが、ここまでの戦い方通り正攻法の戦いを選択してきた。
これまでは地力上位を騎手が意識してそう乗って来たのかと思ったが、もしかしたら道中包まれたら力発揮できないタイプなのかも。


◆オークス
んー、基本はクラシックの穴馬としての評価は変わらないが、距離伸びてはたして人気馬との差がつまるか、というと…。
マウレアとは地力差はそんなにないと思うが、そのマウレアも買いづらい現状ではちょっと苦しいかなという感じ。
ただ、着狙いに徹すればそこまで大敗する馬ではないはず。
勝ちは見えなくとも、馬券内にいてもおかしくはない地力保持ではあると思う。まぁでも普通に考えれば厳しいかな。
地力と人気のつり合いはとれていない1頭ではあるので、おさえとしては拾いたいかな。
【オークス】上昇サクヤ 全開!満開!アーモンド2冠止める― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル
【オークス】前哨戦上位馬がズラリ! 関西馬7頭の1週前追い切りコメント | トピックス | 競馬ラボ

マウレア 【オークス2018出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : マウレア 【桜花賞2018出走予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2018/4/8桜花賞17番4人気5着


外枠から普通にスタートしたが、内の馬が前に出たし、ペースもそこそこだったので控えて後方から追走。内に入れるタイミングはなかったのでおとなしく外目を追走し、直線。進路はあったしさあスパートするだけの形に持っていけた。それでも伸びを欠いてのなだれこんだ形。

んー5着になったということで、そこそこの地力保持を見せたという感じ。
正直ここではもっと負けると思っていた。
過去のレースでも敗戦自体には理由がつけられるし、地力は評価していたが桜花賞は向かないし、ここで勝負するには全力勝負の連戦になり過ぎていると思っていた。
その中での5着は評価していい。

レース後コメント
5着 マウレア(武豊騎手)
「枠なりのレースは出来ました。内に入ろうと思いましたが入れず、外を回って勝ち切るほどの力が今の時点ではないですね」
【桜花賞】(阪神)~アーモンドアイが直線一気の末脚で戴冠 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◆オークス
そもそも桜花賞前に、桜花賞の条件ではラッキーライラックとリリーノーブルには地力劣るとはっきりしていた。
その桜花賞も展開的には上記2頭より形は向いたと思う。武騎手は枠を敗因の一つにあげているが、前が決して楽をしたレースではないだけに…。
ただ、武騎手の中でも桜花賞を絶対に獲るというスタンスではなく、どちらかというとオークスの試走というスタンスだったと思う。
そういう意味で距離変わって絶対に逆転ができないというほどの地力ではないとは思うし、可能性そのものはあると思う。かといってここで買えるかというと、はっきりと買えない。
というのも前走を踏まえてもここで人気がそこまで落ちないという現状がある。
ラッキーライラックより前を取らないと話にならないけれど、それができたとしてもリリーノーブルにも地力劣り、後ろにはアーモンドアイがいる。ちょっとこの3頭をまとめて負かす画は見えない。枠に恵まれればもしかするが、その可能性にかけるには人気しすぎ。
同じくらいの可能性がある馬は人気薄にいそうな気がする。
着狙いで走れば複圏内の可能性はあるかもだが、それでももっと人気薄に同じくらいかそれ以上に人気ない馬がいるだろうくらいの可能性しかないように思う。無視。
【オークス】マウレア 楽々と1馬身先着「距離が延びるのは大丈夫」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リリーノーブル 【オークス2018出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : リリーノーブル 【桜花賞2018出走予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2018/4/8桜花賞9番3人気3着


普通に出て、ちょい控えて外目先行で追走。
ペースが速かったからか少し下げつつそのまま外を回して直線。外を回していたので直線はしっかり進路確保できる予定だったからか、早めにスピードにのせて直線序盤からスパートもアーモンドアイに早めにかわされ、ラッキーライラックには届かなかった。

複圏内最有力馬とした身からすると納得のレース運びだった。しかしそれでもラッキーライラックより下で終わるというのは、地力の高さはみせたが、正直ラッキーライラックには地力で劣るとはっきりしてしまったかなという感。このレース前まではラッキーライラックより上の可能性を秘めているかなと思っていたが、ちょっとこの負け方ではラッキーライラックより上にはとれないな。
ただ、決して奇をてらって勝ちに行くという選択をせずに確実に上位着順を狙う乗り方ではあったと思うので、一か八かで1着を取りに行くという選択をしたら何か変わるかもと思わせる最後の脚だったとは思う。

レース後コメント
3着 リリーノーブル(川田騎手)
「いい状態に厩舎が仕上げてくれて、いいレースが出来ました。ラッキーライラックとは差を詰めることが出来ましたが、もう1頭強い馬がいましたね」
【桜花賞】(阪神)~アーモンドアイが直線一気の末脚で戴冠 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◆オークス
まあ普通に乗ったらまずラッキーライラックに勝てんでしょう。差し優勢のオークスだし、思い切って後ろから早めに位置取りをあげていくっていう戦い方をするかなあと。
この馬も内容はこれまでずっといいわけで、地力上位は確実。それでもラッキーライラックに勝つ形はちょっと見えづらい。
とはいえ、桜花賞組でラッキーライラックより前になる可能性のある馬はぱっと見はこの馬しかいない気も…。
穴狙いは非常に苦しいな。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アーモンドアイ【オークス2018出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : アーモンドアイ 【桜花賞2018出走予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2018/4/8桜花賞13番2人気1着

0.3差2着ラッキーライラック
0.4差3着リリーノーブル

若干出負けで後方から。枠なり外のまま後方2番手を追走。そのまま外を回して直線。序盤から一気に加速して前目に上がってきたと思ったら、そのまま頭まで突き抜けた。

強い。正直ここまで強いとは思っていなかった。ひとまず素直に圧勝と言っていいと思う。
ちょっと道中後ろ目の馬に逆転は見えづらいと思われる勝ち方ではあった。

レース後コメント
1着 アーモンドアイ(ルメール騎手)
「後ろのポジションから、直線ですごい脚を使ってくれました。信じられないくらいで、すごくいい気持ちです。直線では自分から走り出してくれました。素晴らしかったです。後ろからだったので、前の馬だけを見ていました。直線ではバランスがすごく良かったです。瞬発力はアンビリーバブルでした。大人になってパワーアップしていました。ラッキーライラックは1番人気でしたが、1番自信がありました。距離だけが心配でした。スタートの後はスピードがあまり乗りませんでしたが、ラスト20mが一番素晴らしかったです。長い距離でもいけると思いますし、オークスでも勝てると思います。トリプルクラウンを考えてもいいでしょう」
【桜花賞】(阪神)~アーモンドアイが直線一気の末脚で戴冠 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◆オークス
前走をみせられては無視はできないかなと思う。
そもそも桜花賞予想でも書いたが、この馬桜花賞より、オークスで勝負したいと思っていた馬だった。その馬が桜花賞でも圧勝したとなるとどうにもならんかなと思ってしまう。
ただ、やはりスタートは良くないし、ここ2走があるので、今回も基本うしろからいくしかない。
その中で不器用なこの馬がとりこぼすことは十二分に考えられる。1番人気濃厚なわけで、その取りこぼしに賭ける方がおもしろいとは思う。
それでももちろん無視できる馬ではない。あれ予想をしたいものの、なかなかに難しそうだな。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

サラキア 【フローラステークス2018出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : サラキア 【チューリップ賞2018出走予定馬】

↑ 前々走まで ↑

■2018/3/3チューリップ賞10番4人気4着

0.7差1着ラッキーライラック
0.4差2着マウレア
0.3差3着リリーノーブル

出遅れて後方中目追走。離され過ぎは良くないと思ったか、内には入れずに前にとりつくが、決して無理はしない。そのまま進んで直線。中目のままスパートして馬の間を通してくるが上位3頭には迫れず。

まあ上位が地力圧倒なので、それに次ぐ着順は桜花賞組がいなければ…というのはある。
ただ、今回のレースはどう考えても頭を見たレースではなかった。
地力は明らかに前3頭には劣る。その一角崩しにいったレースかなという感じ。
だったが、届かなかった。

レース後コメント
4着 サラキア(池添謙一騎手)
「ゲートで馬が下がった時にスタートを切られて後方になってしまいました。最後はいい脚を使っているだけにスタートが痛かったですね」
【チューリップ賞】(阪神)~ラッキーライラックが無傷の4連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■フローラステークス
チューリップ賞の上位が桜花賞でも上位だったわけで、それに次ぐ着順だったこの馬を評価しないわけにはいかない。
ただ、スタートが悪いのは素直にマイナス。
結局前走のような形にせざるを得ないわけで、上位は見えるが頭までは…というところ。
当レースははっきりとりにいかねばならないので、さてどうするかだが、スタートが悪いと選択肢が狭すぎる。人気になるここは中心視するには不安が多い。
おさえまで。
【フローラS】美浦レポート~サラキア(池添謙一騎手) | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
最新トラックバック
最新コメント