3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

どーでもいい話

夏競馬に続いて秋競馬2歳戦も払戻金上乗せ

JRA、秋競馬でも2歳戦の単勝に払戻金上乗せを実施 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

夏競馬で2歳戦の売上あがったのかな。特に関係ないと思ってたけれども。

オークス2017各馬をパッと見て

桜花賞出走組を中心に考えていくのが基本のレース。

今年は桜花賞の雨の影響をどう見るかが非常に難しいが、ネット競馬を見る限り、人気だった馬or馬券に絡んだ馬は順当に人気しそう。
桜花賞で人気し、馬券に絡んだリスグラシュー、レーヌミノル、ソウルスターリングは順当にここでも5人気以内濃厚。桜花賞前からここ勝負を明言していたアドマイヤミヤビも上位人気になりそう。
桜花賞出走組でここで低人気になりそうなのは、桜花賞で14人気だったディアドラ、桜花賞4人気16着だったミスパンテールの2頭。
オッズだけならミスパンテールは考えたいところ。


枠による有利不利はあまり見られず、荒れ傾向もない地力上位が素直に上位に来るレース。
人気する桜花賞組の序列を決め、買う馬を絞りつつ、フローラステークス組&ミスパンテールを混ぜて…という形から入ることになるかな。

馬券的には若干魅力欠けるなあ。さあどうするか。


人気薄で来るとしたらこの馬!! ◎ファタモルガーナ【天皇賞春2017予想】

基本3歳クラシックにつながるレース以外見てもいないものの、近年1人気がとんでいて、10番以下人気も馬券になっているレースに手を出さないわけにはいかない。
というわけで、少額で遊んでみようかなと。


内枠有利は明白、平均順位で見ても4枠内を買っておけばよさそう。

まず1番人気に推されているキタサンブラックの地力は疑いようがない。
素直に結果から信用していいし、また去年の勝ち馬で、休み明けの前走でもしっかりと勝ち切っている。
内枠有利の中で内枠に入り、ライバル視されるサトノダイヤモンドより不安要素は少ないように思う。
問題はオッズに見合うかどうかだが、複勝内候補としては最も信用できると思う。どうせ1人気を中心市するレースではないし、少額で遊ぶ馬券構成の中で無視できる馬ではないと思う。

人気ブログランキング

一方のサトノダイヤモンドも地力は当然評価だけれど、外枠に入って、さらに外枠に前目を狙う馬がいて、内枠に前に行ける馬が多い現状では、どこかで必ず外を回すロスがでるのは明白。この距離でロス前提で2人気で買うほど抜けた地力ではないと思う。

人気ブログランキング

シャケトラ。まあ3人気は妥当かなと。傾向的にも最も結果が出ている1枠に入って、これまでのレースからも内枠に入った時は流れのままに中団前目でレースしていてここでも最内枠に入って距離ロスのないレースを選択はするはず。ただ、ゲート後のダッシュ力は微妙で内枠に前目で競馬する馬が揃ったここではオッズを加味すると他の内枠馬に魅力を感じる。

人気ブログランキング

4番人気はシュヴァルグラン。着順だけを見ると充実一途という感じで、去年より地力は上がっているとは思う。ただ、ここでどう戦うかは非常に難しい。着狙いするほど上位と差があるわけではないが、キタサンブラック&サトノダイヤモンドよりセールスポイントがある馬でもないかなと。
内枠に入って位置取りをそこまで下げることはしないと思うが、キタサンブラックのすぐ後ろをとれそうにもない。さてどうするか、陣営の戦略次第な感。ハマれば馬券内は十分に見える馬ではあると思う。

人気ブログランキング

ゴールドアクター。強いでしょ。ちょっとなめられてる感。1、2番人気より上には取れないとは思うけど、前哨戦仕様であろう前走での負けでシャケトラより下位人気になる馬ではないと思う。昨年の1番人気馬。枠の並びは恵まれていないように思うが、そこは信頼できる騎手。拾っておきたい。

人気ブログランキング

1人気馬が内枠から前に行く馬で、内枠寄りにもその直後につけたい馬が揃った。穴狙いの人のセオリーではここはどう考えても道中後方に位置する馬で馬券構成するのが妥当。
ではあるものの、
キタサンブラックの地力信頼で、ゴールドアクターは地力高いがちょっと恵まれていない並び、シュヴァルグランは複圏内の形はある、とすると明らかに評価の低い馬がいる。


ファタモルガーナがおもしろい。
昨年7着馬。1着キタサンブラックが現在1人気、3着シュヴァルグランが4人気、ハナ差6着だったアルバートが6人気、12着ゴールドアクターが5人気、昨年2,4,5着馬は今年は出走しないとなると、この馬の現在15番人気は明らかに軽視されている。
その昨年のレースはこの馬にとっては全く力を見せられないものだった。位置取りが後ろになり過ぎての7着はむしろ評価を上げていいレースだった。その後地力低下がみられるかというとそんなことはなく、前走は流れ向かないし、前々走ではアルバートに勝ってもおかしくないレースをしている。
陣営はひどく弱気だし、9歳はさすがに気になるが、着狙いに徹せられる人気に位置しているわけで、無理に頭を狙うことはしないはず。着狙いで走って人気薄が突っ込んでくるとしたらこの馬でしょう。

他はラブラドライト。
距離延長で着順を上げている馬が、内枠でキタサンブラックや他の馬との枠の並びもほぼ理想。ここで穴をあけずにいつあける!というほどの条件。斤量的に手を出しづらいところだけれど、漁夫の利を狙える位置で競馬を進められそう。ここは拾っておきたい。


◎ファタモルガーナ

〇ラブラドライト

△キタサンブラック、シュヴァルグラン、ゴールドアクター





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

皐月賞出走馬を一通り見て

レース的に面白くなりそうだった桜花賞と比べると、こちらは馬券的に面白くなりそう。

じゃんけんの関係になっている馬が多いようで、実はそうでもなくて全くの未対戦だったり、同じ相手に勝ち負けしていたりとどれを上に見るかが難しい。

上位人気になりそうな馬もどこか信用しきれない。その中でカデナは安定した戦績ではあるが、桜花賞で馬場あれど大敗したアドマイヤミヤビに負けているという現状。
そんなこんなで牡馬の世代レベルが疑われ、ファンディーナに人気が集まる形。
素直に強い馬といえるファンディーナではあるが、これまでの相手とレース内容から未知の部分が多く、人気が寄るなら疑いたくなる。カデナは決して弱い馬ではないし、桜花賞を受けた今もアドマイヤミヤビは地力最上位クラスだと思っている。

この手の上位5人気内が地力的に競っている時は結局5人気内の決着になることが多いように思うし、素直に1、2番人気馬は評価を受けて当然だと思う。けれども、このメンバー構成なら当然大荒れ期待。

ぱっと見は不当な人気のアウトライアーズか、マイスタイル、あたりにペルシアンナイトをからめて大きく振ってみようかなと。

桜花賞2017出走馬を一通り見て

ソウルスターリング、アドマイヤミヤビが人気になりそうだが…。

いや、つえーよこの2頭。

他にも面白そうな馬は多いものの、ぱっと見は勝負づけはほぼついてしまっている印象を受けるほどの、チューリップ賞&クイーンカップでの勝ち。
この2頭が内枠にでも入ればまだ面白みはあるものの、2頭が揃って頭を外す形をぱっと見は考えづらいな。

アエロリット…うーん、そこそこ人気しそうだし…。さあどうするか。
年に数度しかしない勝負で、その中でも好きな桜花賞&皐月賞。どうせなら大きく狙いたいが…。

これから2週じっくり考えよう。
最新トラックバック
最新コメント