3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

勝負3

◎イマジンザット 一発かますのはこの馬!【弥生賞2016予想】

チューリップ賞が部分的にも当たらないというもはや泣くしかない結果。
今の精神状態で弥生賞買ってどうなる気もしないが、当然本番を見て無視できないレース。
ちょうど少頭数で馬券的には大金を賭けるレースでもないので、ちょっと手を出しておこうかと。

現在単勝1番人気はリオンティーズ
まあ、強いね。それしかないと言ってもいいほど。マカヒキの新馬戦にのりその際に「すごく強い馬」と言ったデムーロがリオンディーズを絶賛していてこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがないと言うほど。
2戦消化しかしていないが新馬戦での相手も新馬戦レベルでは低くないし、前走は3着以下が思ったほど活躍していないのは気になるが、そんなの関係ないくらい3着以下とは差をみせているし、ちょっと穴が見つけられない。
エアスピネルとは勝負付けは済んでいないとみているが、そのエアスピネルもどうにもこうにも強いので、ここで無視する要素はない。

人気ブログランキング

2番人気はマカヒキ
この馬は未知の部分が多い。
リオンディーズと同じ2戦消化ではあるが、前走が新馬戦以上にドスローでヨーイドンの競馬になったので、実質1戦しただけの情報しかないといっても過言ではない状態。新馬戦も前走もラストの脚はすごいが、周りの馬をみても普段以上の脚をみせているので、馬場&ペースに助けられたところが大きい。
もちろんここで通用してもおかしくはないと思うが、未知の部分が多い中でエアスピネルより単勝で買われるのはちょっとわからん。
ただ、3強の中で本気度が最も高いのはこの馬で間違いない。先々を見るとここは権利取り云々だけではなくしっかりと2着内で賞金加算したいはずだし、本番ではまず騎乗しないルメールをここで騎乗させるのもとりあえずここを獲りにきたということだろう。オーナーの意向ということだが、朝日杯上位2頭にぶつけにきたというその姿勢も自信の表れだろう。
勝負度合い高くとも、2番人気になっているこの馬の未知に賭けるくらいならもっと大きく狙いたいところ。無視。

人気ブログランキング

3番人気はエアスピネル
リオンディーズ同様強い、としか言えない。
新馬戦&デイリー杯と共に完勝だし、相手もそこそこのメンツ、そして内容も非常にいい。
朝日杯では負けはしたがそれまでの2走と同様の走りをしたらG1ではなりたくもないのに早めに単独先頭にたってしまい、予想外に1頭強い馬がいて外から差されたという形。
この馬は立場的に試してみて2着でもいいかなという乗りかたが許されない中で3戦を戦ってきていて、ここでやっといろいろ試せる。ここの走り方は着順というより本番でいかにリオンディーズに勝つかを意識して乗られる試走の色が強くなると思う。
リオンディーズを負かすならダービーより皐月賞だと思うので、ここは騎手の乗りかたに注目しておくだけにする。
それでも地力がリオンディーズと共に抜けているのであっさり連対するかもしれないが、個人的にはどんな負け方しても皐月賞で買う予定なのでここは静かにしておいてほしい。
輸送もあるし少しおさえくらい。

人気ブログランキング

リオンディーズ&エアスピネルはとにかく強いし、マカヒキは未知の部分が多い。
3強だよに納得するしかないわけで、3頭が切れないが、マカヒキの未知の部分はかなりの未知であるのは事実で、他2頭は先に照準を合わせている馬。この相手を避ける馬が多い中、力量差を測るためにここに出走してきた馬が一角を崩しても不思議はない。
現在4人気になっているタイセイサミットがその候補筆頭でマカヒキに割って入る可能性は充分にあるし、朝日杯2頭が明らかに試走模様なのでスムーズなら朝日杯の差は埋まるか・・・という感じ。
だが、ここに期待するなら馬券的妙味が全くない。どうせ一角崩しにかけるならもう少しひねりたい。

イマジンザットがおもしろい。
今回も馬場がどうなるかわからんが、前走の敗因が馬場であればまだ見限るのは早い。
着差以上の差は感じたが、新馬戦では全く未完成の状態でサトノキングダムと0.2差で走っており、ここ通用の地力保持の可能性は残っている。

そもそも、陣営クラシックを意識したコメントを早い段階から出していた馬で、いろいろ選択肢があった中で、クラシックにつながりがあるつばき賞を選んだということにもその期待はみえる。そして輸送もあるのに中一週で強いメンバーが揃ったここに出走してくるというのも何らかの要素をオーナー含め見ているのだろう。
現在6人気なら買いの要素はある。



◎イマジンザット

△リオンディーズ、タイセイサミット、エアスピネル

ウマニティ
KLAN

人気ブログランキング

3歳クラシック戦線に勝つ!! : イマジンザット【弥生賞2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : マカヒキ【弥生賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : リオンディーズ【弥生賞出走2016予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エアスピネル【弥生賞2016出走予定馬】

◎ロッテンマイヤー 内枠活かして一発かませ!【クイーンカップ2016予想】

中穴予想を謳っていて、6人気以下から1頭、5人気内から1頭の2頭を軸に馬券構成していくスタイルの自分ですが、ここ数週は人気馬ずくし。

きさらぎ賞はサトノダイヤモンド1人気1着
エルフィンステークスはアオイプリンセス2人気11着
セントポーリア賞はメイショウタチマチ2人気2着
若駒ステークスはノーブルマーズ5人気2着

と、人気馬のみ。アオイプリンセスの負けは何度映像見ても意味不明だが。

今週こそはいつも通り無理人気薄狙い!と思いつつも共同通信杯は頭数が少なくて狙っても大したオッズがつかなそうなので狙うはここ。

現在単勝1番人気はメジャーエンブレム
まあ当然だわなと。阪神ジュベナイルの完勝具合を見ても、あの段階で2歳最上位は明らかで、その勝ちっぷりを越えるインパクトを与えている馬が当レースに見当たらず、アルテミスステークスで敗れはしているが、負けて強しの内容であり、むしろ強さしか感じなかった。どう考えても他の出走馬より地力は数枚上で、負けるとすれば外枠に入って内枠の利を活かした馬にやられる形だと思ったが、うち寄りの枠に入ってその不安もない。
スタートが非常にいい馬でポジションは確保できるため、進路できずのとりこぼしもなさそうでちょっと逆らえないか。
レースを選べる立場でありながらクイーンカップを選んでくるということは、陣営の狙いであろう、ここにもそこそこベストの状態で挑んで間隔あけて本番にベストを持ってくるという2戦とも落とさないスタンスだともとれる。
ただ、ここにベストで挑む必要が全くない馬であることは間違いないわけで、斤量1キロ負担で圧倒的人気であれば人気薄の食い込みを一考したい。

人気ブログランキング

2番人気はサプルマインド
昨年8月の新馬戦勝ち後デムーロ騎手が「今一番強い牝馬」と言った馬で、白菊賞ではデムーロがジャパンカップが行われた東京にいて乗らなかったが、ここは再度のデムーロ。期待しかない。責任とれと(笑)
ではあるが、2番人気&外枠で買えるかというと極めて微妙。ここ2走だけでは重賞クラスの地力はみせていない。戦えるとしたら内枠の利を活かしての闘いだが、ちょっとさすがに今の馬場を考えると外すぎるかなと。
一定の地力保持は新馬戦だけで担保されているが、それが重賞クラスかは未知。その未知にかけるには枠を考えると少しオッズが見合わないかな。ほんとに軽くのおさえまで。

人気ブログランキング

3人気はビービーバーレル
安定馬は人気しているときは軽視の方向で考えてしまうので、正当な評価ができないところはあるものの、この馬は相手関係に総じて恵まれている印象。内容的にはよかったフェアリーステークスもエルフィンステークスで7着になった馬が1人気だったレース。
道中ハナで1着、それ以外は掲示板そして東京ではいまいちというはっきりとした戦歴ではあるが、陣営のいうようにハナがどうとかいう馬ではない可能性は充分にあり、単に地力どおり走ってきたといえるのではないか。そこまで地力を評価できないように思う。
もしここでハナに立てたとしても、外枠のロスはあるし、前が楽になるメンツではなさそう。相対的に地力不安があり、斤量1キロ負担で、楽に逃げることもできなさそうとなるとちょっと手が出ない。

人気ブログランキング

4人気はラブリーアモン。
京成杯で1人気におされたウムブルフに完勝した未勝利戦は評価できるものの、外枠にはいったここではちょっと強調材料がない印象。後方内に入れて我慢して内をついて着狙いという形はあると思うが、その可能性にかけるならもっと人気薄を狙うべき。

人気ブログランキング

5人気はルフォール
新馬戦の勝ち方は圧巻だが、相手が微妙でかつ大外枠。さすがに現段階で手が出る馬ではない。

人気ブログランキング

1番人気が圧倒的だという事実は無視できないものの、内有利の状態で2~5人気がこぞって外より枠。1番人気が大きく、2番人気がちょいと抜けてるかなという気はするものの魅力的な人気薄は多いレースになっているように思う。荒れの下地は整った。
1番人気馬以外で当レース出走馬の中に明確に桜花賞を目指すと明言している馬が2頭いる。1頭は2番人気でデムーロが新馬戦後現段階で最も強い牝馬といったサプルマインド。


ロッテンマイヤーがおもしろい。
陣営が桜花賞出走目標を明言している馬。未だ新馬戦1勝を消化したのみの馬。その立場でありながらのこの発言は不気味さしかない。
1強状態であり、ルフォールと共に未知の部分に期待がかかり地力以上の評価を受けているのは間違いない。それでも単勝7人気の現状であれば非常に魅力ある。
新馬戦は距離ロスの多い中直線すぐにハナにたちそのまま押し切る強い内容。
その新馬戦0.2差2着ミッキーディナシーは次走未勝利0.1差3着でその時の勝ち馬ステイキングダムは新馬戦でメイショウタチマチの0.2差負け、未勝利でミッキーロケットに0.1差負けの馬。
メイショウタチマチを500万下トップクラス以上と位置付けているので、間接比較では当馬もそれと同等もしくはそれ以上の地力は持っている可能性が高い。
新馬戦後の1600ならという騎手コメントも心強く、内枠に入ったここは枠の利を活かせる可能性が高く一発に賭ける価値は十分にある。


他は内枠で着狙いができる人気薄馬を薄く拾う。


◎ロッテンマイヤー

○メジャーエンブレム

△フロンテアクイーン、ペルソナリテ、サプルマインド

3歳クラシック戦線に勝つ!! : サプルマインド【クイーンカップ2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ビービーバーレル【クイーンカップ2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ルフォール【クイーンカップ2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : メジャーエンブレム【クイーンカップ2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ロッテンマイヤー【クイーンカップ2016本命予定馬】

人気ブログランキング

KLAN
ryouyaさんの競馬予想|デイリー杯クイーンカップ GIII - 2016年2月13日東京11R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

◎ノーブルマーズ 【若駒ステークス2016予想】

例年通りの少頭数レース。

そして変わらず出世レースになってもおかしくないメンツが揃った印象。
素直に上位人気馬が強いと思うので、馬券的な妙味はなく馬券は遊び程度だが春を見て重要なレースにはなりそうで一応みておく。

現在単勝1人気はマカヒキ
前走はレース運びも相手関係も新馬戦の流れとしては全く問題なしといえる。
が、ドスローであった割に追走に苦労していたように映ったので、レースが流れた時どうなるかが未知数。
未知数に賭けるにはさすがに人気を背負いすぎてしまいそう。
この相手を圧倒するようであれば、素直にクラシック候補と言っていいと思うが、ここで金は賭けづらい。

2人気はブラックスピネル
前走ホープフルステークスで中心視した馬で、4着に負けはしたが、まだ地力を疑うほどではない。個別の投稿でも書いたが、敗因を陣営が位置取りに求めてるっぽいので、少頭数とはいえ大外枠に入ってどういう競馬をするかが少し不安。
現段階では世代トップを脅かすレベルにあると思うし、ここは楽に勝ってクラシック戦線にのってほしい。

3人気はロスカボス。
前走の敗戦はちょっと解せない、流れ合わなかったとはいうこととはいえ、ちょっと評価を下げなければいけないかなという着順ではあった。ただ、前々走ではブラックスピネルを距離ロスさあれどきっちり勝っているため、ブラックスピネルを評価している以上この馬を評価しないわけにはいかない。


と、まあ3人気以内をほぼ切れない形。一応距離を加味するとブラックスピネル→ロスカボス→マカヒキの順とするが、ここまでの着順云々で馬券を狙うほどの根拠は作れない。
1点勝負前提でもう少し人気薄を狙いたい。

ノーブルマーズがおもしろい。
馬ごみを気にする馬で前にいって味が出る、控える競馬をしたときは競馬を教えるためと馬と騎手がコメントしていることからも、とにかく前に行きたい馬。
その陣営が今レースはハナにたつことを明らかにしており、それが叶いそうなメンバー。
萩ステークス組を無視できない状況の中、あのレースができればここでも通用していい。

◎ノーブルマーズ

△ブラックスピネル、ロスカボス

人気ブログランキング

2016年1月23日(土) 京都10R 若駒ステークスの予想
ryouyaさんの競馬予想|若駒ステークス - 2016年1月23日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
最新トラックバック
最新コメント