3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2016競馬予想

6頭立てか…◎モンテアーサー 【野路菊ステークス2018簡易予想】

メイショウサムソンを輩出したレースで、昨年の勝ち馬はダービー馬となったワグネリアン。

ここを勝てばクラシック路線にのりやすいわけで、ある程度の素質馬が揃う本気度の高いレースであるのは間違いない。

んで、その視点で今年のメンツを見てみると…
6頭立てかぁという感じ。新馬あがりの3頭が上3頭人気で、重賞を惨敗してきた3頭が下3頭人気とわかりやすい構図。

買うレースではないかなというのが第一印象。
というのも、上位人気3頭に現段階で優劣はつけづらいし、下位人気3頭が勝ったら先につながるレースにはならなそう。
少頭数レースになり、地力通りの決着の可能性は高いとおもうけれど、天気も微妙でなんともなあ。

穴党だけどさすがに6頭立てでは難しいかな。下位人気3頭が勝ってもおもしろくないし、普通に人気決着の方に張りたい。

モンテアーサーで勝負する。
1戦消化の3頭ともそれぞれ魅力がある馬ではあるけれど、現段階ではこの馬が最も信頼できる。
初戦の内容がいい。道中前有利のレースを出遅れ後ろからで4角大外を回して前に出てそのまま内に入れつつの完勝。道中前目で次走を走った3、5着馬が次走即未勝利抜けをしていることからも、相手関係からも一定の評価が可能。
ひとまずヴェロックスと単勝オッズが思ったより開いている。最低でもオッズほどの差はないとみる。

◎モンテアーサー

△ヴェロックス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

もういっちょう! ◎サンリヴァル 【日本ダービー2018簡易予想】

まず前提として、ダノンプレミアムが地力抜けて上位で他は混戦。

単純地力はダノンプレミアム以外では皐月賞組が上位。

その皐月賞はダノンプレミアムが抜けたことで、地力最上位はステルヴィオだが、前有利になって、前で残る地力があるのはサンリヴァルとエポカドーロしかいないということで、的中できた。


さあダービー。まずダノンプレミアムが抜けているという前提は周知だろう。問題は皐月賞組と他路線組の序列と皐月賞組の中での序列。
それを踏まえてオッズをみると、皐月賞組馬券内の馬ががとてつもなく軽視されていることがわかる。

多くの人が皐月賞組<他路線組で皐月賞の結果はあてにならんと判断しているということ。

であれば穴党としては皐月賞組馬券内の馬を上位にとるのが自然。その皐月賞内でどれを選ぶかだが、
サンリヴァルとステルヴィオ普通にここでも有望でしょ。

現在1番人気はダノンプレミアム。
正直、隙はないと思う。自ら動いても最後が鈍らず、受けに回ってもきっちり勝ち切るという結果を見せられてはもはやどうにもならない。しかも1番枠でゲートも問題ない。
となると、どうにもならん。
問題は皐月賞回避による状態面だけ。その状態面が極めて不明。
8分くらいのデキであっても勝ってしまうくらいの地力差はあるとおもっているが、そのラインすらなくてもおかしくない。
この馬が単勝2倍つくのならここからでも…と思ってしまうが、皐月賞の儲けを1年持たせるスタンスの僕としてはここは軽視したい。

2番人気はブラストワンピース。
ダノンプレミアムとの勝負づけが済んでいる馬が多い中、未知の魅力も込みでの人気か。
強いとは思うが、この人気になるほどのパフォーマンスは現段階ではみせていない。
この世代は朝日杯組と比較していくと力関係がみえやすいが、この馬はそことの戦いがなく、ギベオン比較で見ると、距離伸びて世代上位に通用する可能性そのものはあるが、それだけでこの人気では全く妙味無し。無視。

3番人気はキタノコマンドール。
距離伸びてよさそうで皐月賞の内容もそこそこということで人気か。
ただ、この馬ペースがどこかで落ち着かないとダメだと思うけど、今回そういうレースにならないと思う。
距離はよくともメンバー的に展開には恵まれないはず。んで、それをはね返すほど地力上位ではない。無視。

4人気はワグネリアン。
強いとは思っているが、皐月賞段階でもステルヴィオには劣るとしていた馬。
条件変わってこちらに分がある、とは思えない。無視。

5人気はエポカドーロ。
地力評価しているので皐月賞で買ったわけで、その皐月賞を完勝したのにこの人気は不当かな、とは思う。
が、はたしてサンリヴァルとそこまで力差があるかというと極めて微妙。人気ないならサンリヴァルにより魅力を感じる。
そもそもこの馬、ここではどう戦うかかなり難しい。思い切って逃げるつもりくらいの競馬ができればいいが、一応皐月賞勝ち馬で、そこそこの人気を背負う立場。
そこそこのポジションでそこそこの着順になりそう。一応拾うが、勝ちは見えづらいかな。


5人気内で信用できる馬はいない。
それぞれに不安要素がある状態。
それなら同様に不安要素がある人気薄を買いたい。

枠が心配もどう考えてもここへの適性は高いサンリヴァル。

距離心配もダノンプレミアムを除けば地力最上位ステルヴィオ。

皐月賞は全く力発揮できない位置取りになったオウケンムーン。

この3頭の評価が低すぎる。

素直にこの3頭で攻める。

◎サンリヴァル

▲ステルヴィオ

△オウケンムーン、エポカドール

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スローになればこの馬しかいない! ◎アメリカンワールド 【共同通信杯2018予想】

近3年の勝馬を見ても、昨年のスワーヴリチャード、一昨年のディーマジェスティ―、3年前のリアルスティールと勝ち馬はクラシック戦線での活躍を確約されているといっても過言ではないレース。

人気サイドで決まりやすいとはいえ、近5年でも6番人気が馬券内に2度入っていて、未知の馬も多いこの時期の3歳戦らしい結果も出ている。

今年もおもしろいメンバーが揃った。ちょいあれはあっていいメンバー構成だと思う。

現在単勝1番人気はグレイル
単勝1倍台の圧倒的人気。強いのは間違いない。たとえここで負けたとしてもクラシック戦線で一定の人気を背負って、そして結果を出す可能性は高いと思うほど地力は高い。
ただ、ここは比較的とりこぼしが考えられる条件になっていると思う。
間隔があいたこと、初左回りであるということ、賞金足りている立場で是が非でも連対をというたちばではないこと、大外枠であること、比較的スローで流れるレースで先行馬が揃っていること。
ベストな状態ではなくても馬券内に入ってくるほど地力は高いと思うし、自ら動ける馬なので大敗は考えづらいが、自らうごいても届かない形はあると思う。この人気であればそちらに賭けたい。
前走で下した相手だけ見てもここで無視できる馬ではないので、おさえはするが中心視はしたくない。


単勝2人気はステイフーリッシュ
どこかで賞金加算を考えないといけないです。という前走後の陣営のコメントからも、思った以上にやれたという感じだろう。実際前走は前が崩れたレースになったとはいえ、重賞通用の目途を立てないようだとは思う。
ただ、この馬の場合相手にかなり左右されると思うし、不利な位置から自らそれを打開するという形は今のところ持っていない。先行勢が多いここで、スローで流れてで、新馬戦のようなレースをするにはちょっと手ごわい相手なのではないかなと思う。形が向いたら楽勝も、ここはこの馬に向いた形にならないと思う。無視。


単勝3人気はサトノソルタス
新馬上がりでかつ間隔空いた馬というだけで、ちょっと躊躇してしまう。
が、その躊躇をぶちやぶる可能性は秘めていると思わせる新馬戦ではあった。
ただ、やはり未知の部分しかないし、最内枠ですっと出られないと力発揮できずの形も十分あり得る。現段階ではどうしてもこの馬の頭は見えづらいので、きたらあきらめの無視。


4人気はゴーフォザサミット
ある程度前をとるのが必須だと思う。とれさえすれば、馬券内に入ってなんらおかしくない地力は担保されていると思う。
ただ、この相手では未勝利戦のようなレース運びはできないし、先行勢が揃ったここは外枠になってしまったこともありどう戦うかが非常に難しい。地力評価しているし、馬券内は比較的見える馬ではあるが、頭は見えない。この馬を買うなら3番人気馬も買いたいかな。無視。


5人気はオウケンムーン。
距離伸ばして結果を出してきた馬が距離短縮。目を見張るものはなく、前走よりパフォーマンスを上げる必要があると思うが、距離短縮でこの馬は活きないと思う。
ダービーをみたら面白いかもしれないが、まだ先かなというところ。無視。


例年通り、クラシック戦線で活躍できる可能性がある馬が揃った印象も、人気馬は比較的とりこぼしの可能性が高い気がする。
穴が最も少ない1番人気馬は賞金がたりていて、大外枠となればもしかして…は考えられる。
スローで流れる想定だとすると非常に魅力的な馬がいる。


アメリカンワールドがおもしろい。
スタートが非常によく、かつダッシュ力もあるため、内枠に入ったここはまず前に出ていいポジションで戦える。
そして道中がスローで流れれば、前走の圧勝っぷりを見ても重賞で通用してなんら不思議ではない。
ゲートが非常に安定しているため、まず力は出し切れる。
その力が重賞で通用するかだけが焦点だが、何かを行かせてかつスローで流れた場合は通用するとみたい。
大きく勝負する。

他は、ブラゾンダムール
アメリカンワールドと同タイプで、新馬戦の相手関係からもアメリカンワールドがくる形であればこの馬も残っていておかしくない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎アメリカンワールド

△ブラゾンダムール、グレイル

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


人気馬でいくしかない! ◎ケイティックリバー 【若駒ステークス2018簡易予想】

まさに出世レース。

馬券に絡んだ馬で息の長い馬が非常に多く、比較的頻繁にG1戦線、クラシック戦線で活躍する馬を輩出しているレース。

その観点からみると、今年は少々小粒に映るが、上位2人気に推されている馬は共に新馬上がりの馬で、2頭とも先の活躍の可能性を秘めているように映る馬ではある。

現在単勝1番人気はスーパーフェザー
超高額馬。良血馬対決となった新馬戦を勝ち上がっての即参戦。良血ということでここでも人気しているが、前走を見る限り決してクラシック戦線で通用のメドはたっていない。
ロスのある競馬ではあったが、相手で未勝利を勝ち上がった馬はいないなかでの結果で、信用度は低い。成長にかけるのであれば、人気薄を狙うのがこの時期のセオリー。過剰に買われているのは間違いないわけで、きたらあきらめの無視。

2人気はフォックスクリーク
例年通り将来活躍する馬がくるのであれば、この馬かなというところ。1人気馬より新馬戦の内容はいいし、まだ先をみたいという意のコメントを陣営がだしてもいる。


少頭数であり、2人気の馬の地力が高い。他の馬は世代トップクラスとはまずさがあると断定していいので、2人気から素直にはいってもいいかなというところ。
買わないのが吉かな。
ただ、単純な地力勝負ではなく、展開利を得られそうな馬がいる。

ケイティックリバーでしかたなし。
3番人気。馬券的妙味はないが、レース経験がある他馬は間接的にこの馬に負けているし、地力評価の2人気馬も新馬戦で0.4差つけて勝った4着馬がケイティックリバーに1秒以上離されて敗れている。
前に出しすことがプラスになりそうな状況であれば、素直にこの馬から入りたい。

◎ケイティックリバー

△フォックスリーク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

3歳軽視でいいのではないかと ◎クロコスミア 【エリザベス女王杯2017雑予想】

3歳の時に一度は買っている馬がずらり揃った。
そして現3歳もそこそこ人気を背負っているのでちょっと手を出してみよう。

秋華賞上位組が出走しており、そこそこ人気しているが、今年の秋華賞出走3歳牝馬は他世代より地力劣るとみている。
斤量差で埋まるとは思えない。

クロコスミア。
騎手関係なくハナにたてれば馬券内のレースが続いているが、ここはハナで戦えそう。
となれば、近2走だけみても十分圏内。
単勝9人気なら思いっきり狙える。


◎クロコスミア
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ