3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2016年05月

ダービー2016予想準備

ダービー。
ここまできたら当然無理やりにでも穴狙いだけど、皐月賞を見る限り、外目枠の馬が掲示板に入った中で、内枠から道中だいぶ後ろからの競馬で2着と、もはや地力にケチがつけられないマカヒキに、ペースが速く厳しい中自力で粘ったといっていいリオンディーズ。そしてダービー一本狙いの前提で皐月賞に臨んでいたサトノダイヤモンドがそのまま人気になるであろうメンバー。

ここらを崩せる地力を秘めた馬がいそうにないのが非常につらい。
皐月賞勝ち馬ディーマジェスティは当然強かったとは思うが、流れが流れだっただけに上記3頭と近い人気になるだろう中では買わなくてもいいかなと思うが、ここを切るだけでは全く馬券的妙味がないわけで。。

前走皐月賞組圧倒のレースではあるが、皐月賞組だけでは決まらず青葉賞組or京都新聞杯勝ち馬が絡むのがここのところの形。青葉賞負け組あたりから穴候補を見つけ出すしかないかなあ。
ひとまず、1枠がとにかく馬券に絡んでいるので、青葉賞経由馬が1枠に入ってくれることを祈っておくか。

オークス2016感想

前週末からばたばたで、今更ながらオークスを見た。

個人的な馬券としては、人気決着してしまうとまあ諦めもつくし、仕方ないかな。
と思うんだけれど、さすがに5人気内馬の地力序列も皐月賞に続き完全に誤っていて、もはやどうにもならんレベル。頑張ろう。

とにかく、チェッキーノがここまで強い馬だとは思わなかった。秋華賞ではシンハライト、ジュエラーと同等の評価必要になるかも・・・。
そしてデムーロ、横山両騎手は相変わらずすごいね。勝ちをみて一か八かの勝負をしつつ、しっかり上位に持ってくるんだもん。すげえよ。

デンコウアンジュはまたも地力発揮できずのレース。近走振りを受けての可哀想なレース続き。騎手を責めるよりは、次走の以降の魅力は増したと考える。再度人気ないタイミングで狙う。

3、4着はかなりうまく乗られての結果だと思うので、上2頭は抜けて強いという結論でいいかと。
オッズ加味すると次走で狙いたくなるのはデンコウアンジュのみかな。

◎デンコウアンジュ ここは間違いないでしょ!【オークス2016予想】

桜花賞上位、そして地力も上位だった馬の故障と路線変更により、シンハライトに人気が集中。
桜花賞パスでオークス参戦の未知の馬が複数、ということで一気に馬券的には面白いレースになった印象。

変わらずブン回していきたい。


現在単勝1番人気はシンハライト
桜花賞最上位人気で、桜花賞最上位着順、桜花賞前の実績も上位ということで当然の1番人気。
あの桜花賞を見せられては、桜花賞より相手関係が間違いなく楽なここは素直にこの馬からと言わざるを得ないか。
ただ、不安は決して少なくない。前走予想時も書いたがこの馬が内枠に入ったときの走りがみられていない。桜花賞も外目の枠に入って、スタートもスムーズ。人気下位の馬が前に殺到する中外目を回してという一切ストレスを受けない内容だったことは確か。ここで内枠に入り、差し優勢のオークス、しかもしかもの1番人気、さあどう乗りますか、という非常に難しい選択を迫られるレースになった。
そして、個人的には最も大きいと思っているのは、この馬はほぼ間違いなく桜花賞全力だった上、その前のチューリップ賞も決して負けてもいいやという意気込み&レース内容ではなかったこと。3戦連続勝負レースの位置づけに感じる。ここに前走並みもしくは前走以上の状態で臨むとは考えづらいかなと。
桜花賞組地力最上位の評価はするが、メジャーエンブレムが逃げる方に張っていた騎手は多かったはずで、埋まらないほど抜けた地力ではないと思っている。また、内枠&1人気でレース運びが非常に難しいこと、そしてベストではないであろう状態を考えると、その地力はここでは発揮できないとみる。無視。

人気ブログランキング

2番人気はチェッキーノ。
桜花賞をパスしてフローラステークスを順当勝ち、そして予定通りのオークス参戦。
のはずなのに、ここで初騎乗の乗り替わり。前走後はルメール騎手で調整と言っていたわけで、この予定外は素直にマイナスだろう。
それにアネモネS勝ち時の2着アッラサルーテが桜花賞殿負け。
正直この条件だけで買いたくないのに、その上2番人気に推されている状況。
ルメールが前走を相当高く評価しているし、東京があっているというコメントをしているので、2番人気は仕方がないかもしれないが、穴党が買う馬ではない。無視。

人気ブログランキング

3人気はエンジェルフェイス。
チェッキーノ同様の乗り替わりで、こっちにルメール。
逃げがはまりにくいオークスだが、近2走逃げて2連勝。前走後騎手が楽に先手をとれるかが勝負だと思っていたとコメントしていることからも、素直に逃げて地力発揮とみていいただろう。
メジャーエンブレムが出走しないのは明らかにこの馬にとってプラス。ダンツペンダントが言った通り逃げるかどうかが楽にいけるかどうかの肝かなと。ただ、フラワーカップ2着のゲッカコウがフローラステークスで7人気8着の現状。
地力の裏付けがないなか、それなのに、ここで3番人気で買えるかどうかと言われると…。前で残る形は持っていると思うが、他の逃げ先行勢がそんなラクをさせてくれるかね。
楽に逃げられた時も若干危ういと思っているので、この人気では手が出ない。地力未知の逃げ馬は人気薄でこそ。無視。

人気ブログランキング

4人気はビッシュ。
最終的には変わるだろうが、アットザシーサイドより人気していい馬ではないように思う。
地力未知の馬にデムーロとなると買ってはみたくなるが、出走はかなったとはいえ、前走で権利を獲れなかったわけで、いくらなんでも信用できない。
シンハライト以外の桜花賞組よりこぞって人気しているなかで買える馬ではない。きても後悔なしの無視。

人気ブログランキング

5人気はアットザシーサイド
掲示板内の形は十分に持っている馬だと思う。
好枠に入り、内でおとなしく追走し、直線も内をついて…という勝負の形か。
この馬は桜花賞に完全に照準を合わせていた馬で、かつ力を出し切っての3着だった。距離伸びることを加味して、前走よりパフォーマンスを上げてくるとは考えづらい。
それでもここで上位に入る可能性があるかだが、現役オークス最多勝利騎手の桜花賞よりオークスの方が戦いやすいというコメントは重く見たいところ。一貫して距離延長に好意的なコメントを出してきた騎手だし、一定の信用は置きたい。
ただ、頭は見えない。シンハライトより前で終わらせようとしたら前目での競馬を強いられるが、そうすると距離に対する不安が強く、やはり内で道中おとなしくこれまで通りの競馬で馬券内を狙い、はまれば頭をという選択をしかないと思う。薄くおさえておく。






珍しく1~5人気内で中心視したくなる馬がいない。もちろん人気通りシンハライトが最上位だとは思うが、不安は多いと思う。相手関係が楽になったので、何も関係なく地力で押し切るかもしれないが、2~5人気に魅力を感じないので、それにかけるよりも大荒れに期待したくなる。
アットザシーサイド含め、桜花賞で敗退した馬の評価が低すぎるように感じる。あのレースは地力世代上位確定で逃げ候補の一頭であったメジャーエンブレムが控える競馬をしてペースを上げる選択をしなかった。多くの騎手は当然メジャーエンブレムが逃げてペースを締めてくるレースを想定してスタートしたはずなので、想定と違うレースになったのは間違いない。地力がちょい足りないと認識している馬でかつ勝ちを目指す場合は一か八かの一発勝負をせざるをえなかったはずで、メジャーエンブレム同様力を出せなかった馬が多かったはずという前提にしてみたい。

デンコウアンジュが面白い。
前走は全く何もしていない。着順から騎手に対する不満は出るだろうが、個人的には悪くなかったと思っている。後方で内に入れるレースを選択したが、これは出負けした影響ではなく、枠が決まった段階当初からの予定通りだったと思う。メジャーエンブレムが逃げる想定で一発かますことを考えたときに、後方内でおとなしくして直線内をつくっていうのは間違っていなかったと思う。もちろん、あの流れで内があかないことくらい想定できるだろ、アドマイヤリードもいったん内に入れてから外に出しているわけで、ペースをみて予定変更してちょっとはあがいてほしかったかなとは思うが、まあ仕方ないかなと。
前走は度外視していい。
コース替わり、桜花賞出走馬の中で当初より距離延長に妙味を見ていた馬の一頭であり距離延長は歓迎。そして相手関係は楽になった。
そうすると前走からプラスはあってもマイナスはない。
『阪神JFの内容は全く悪くなく、むしろ個人的にはこの馬の評価を上げたレースだったくらいで、それを考えるとただただアルテミスSがフロック視されているということだろう。
自分もアルテミスSだけではまだ買えないなと思っていたが、阪神JFと合わせて見ると、メジャーエンブレムに先着した実績は素直に評価していい。
前走も前哨戦としてはほぼ100点のレースだったと思う。控えるレースで力量差を測ってくると思ったが、内枠ということもあり中団にあげて、その後も前半で脚を使うレースを選択してきた。結果的にはその選択は間違っておらず、この戦い方では後ろからの馬にも差されてしまうということがわかったというだけで、充分意味のあるレースだった。
枠が枠なのもあり、ここは馬券内を目指すレースをしつつハマれば一発、という選択をしてくるはず。道中黙って直線イン勝負。
馬券内の地力は充分にあるこの馬がそれができれば充分に可能性がある。』
前走時の予想。
前走からプラスしかないのに、ここで買わないわけがない。全力で狙う。

次はペプチドサプル。
馬柱をパッと見たときは ◎ペプチドサプル超絶ねらい目と思った。桜花賞上位の地力世代上位ともそこそこやれていて、他路線組とも接戦を演じている。勝ち切れていないためか単勝上は軽視されていて、妙味ありと思った。ただ、じっくり見ていくと、どうしても余計に走っているのが気になる。前走勝って抽選に滑り込んだが、そこまでぎりぎりになったのは2、3走前に勝ち切れなかったのが原因。そこは完全に勝ちを見ての調整だったと考えると、2走、最低でも1走は余計に走っていることになる。やはりその分をマイナスしたい。
ただ、ここまで7戦、そこそこのレベルの馬とさまざまな条件でやり続けて一度も掲示板をはずしていない、勝ち馬との最大着差が阪神JFのメジャーエンブレムとの0.6差。距離延長でパフォーマンスを上げてきているし、人気薄の安定馬は穴党が絶対に買うべき一頭。

他はウインファビラス。
さすがに距離延長でもう追っかけるのはやめた方がいいかな、と思ったら単勝17番人気。もちろん最終的にはもっと上にいるだろうが、買わないという選択をためらわせるオッズになっている。
チューリップ賞は前哨戦仕様で、前走は枠もあり思い切って早めから押し上げての競馬。前走を見る限り、阪神JFより衰えは感じるが、内目の枠に入ったここは最低でも前走よりはやりやすい。一か八か頭を狙う競馬をした前走は評価していいし、前走より状態いいといいながらも、陣営のトーンが明らかに前走より低いことからもここは頭取りの競馬というより、馬券内目指しての方針で走るはず。そうすれば、この相手なら残れる。

残りは桜花賞パスで乗り替わりのないフロンテアクイーン、超人気薄逃げ馬ダンツペンダント、前走に続きアドマイヤリードを拾う。

◎デンコウアンジュ

○ペプチドサブル

△ウインファビラス、アットザシーサイド、フロンテアクイーン、ダンツペンダント、アドマイヤリード

馬券は
◎の複勝
◎―○
◎―○―△
でいく。

ウマニティ





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

ウマニティ

ウインファビラス【オークス2016出走予定馬】

■2015/6/28新馬11番3人気3着

0.3差1着はダリア賞4着、新潟2歳12着のファド
0.2差2着はアルテミス3人気13着、フェアリー1着、クイーンカップ4人気9着のビービーバーレル

普通に出て押して好位につけて先行外目追走。4角で仕掛けて進路確保できている状態で伸びてくる。自ら動いてのレースで評価できるものの、スムーズさを欠いたビービーバーレルと比較するとちょっと劣るかなという印象。

レース後コメント
3着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「センスはいいですが、気性的にはあやしいところがありあす。攻め馬から真剣ではありませんでした。使って前向きさが出てくればいいですね。次も期待できると思います」
【メイクデビュー】(東京5R)~ファドが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/7/26未勝利10番2人気1着

タイム差なし2着は次走未勝利抜けそこでの2着はアーリントンカップを制したレインボーライン、ホープフル11着のラブレオ

普通にスタートし、押して前に出そうとするが、内枠で前に行く馬がいたので馬なりで進めつつ内目に入れて先行追走。
4角で中目に移しつつ、直線。入口で外にぶれるがなんとか残り、スパート。じわじわ伸びてギリギリ差し切った。
うーん評価微妙といった感じ。ラブレオは500万下上位の地力は間違いなく持っているし、勝ったことは評価していいが、松岡騎手がかなりうまく乗った印象。

レース後コメント
1着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「最内は開かないと思って外へ出したらよく伸びてくれました。もっと弾ける馬だと思いますし、イレ込まないように成長してくれればいいと思います」
【2歳未勝利】(福島1R、2R)~クナウ、ウインファビラスが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/8/30新潟2歳13番12人気2着

0.7差1着はホープフル1人気2着ロードクエスト
0.3差4着ペルソナリテは阪神ジュベナイル6着、クイーンカップ5人気10着
0.5差5着はきんもくせい特別3着、ひいらぎ賞5着のキャプテンベリー
0.5差6着はアイビーS3着、葉牡丹賞2着ヒプノティスト

普通に出て馬なりで好位外目追走。一団で進み、直線すぐ手が動いて仕掛けるがロードクエストがさらっと前にいかれる。まっすぐ走らずゆらゆら走りつつ追いかけようとするが前との差は詰まらずの完敗も、3着以下との差はつけた。ちょっとロードクエストとの差はあるかなという印象だが、外枠での距離ロスを考えると逆に3着以下には完勝しているとしたい。その3着以下が揃って500万下ギリ掲示板レベルの面々だと考えるとこの馬が500万下抜けの地力保持は確定といったところとしかいえないか。

レース後コメント
2着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「まだ馬を作っている途中です。切れ味とスピードを兼ね備えているのですが、逆に敏感なところがあります。返し馬ではやる気になってしまい、気性的に成長してくれればいいですね。牝馬の中では上位だと思います」
【新潟2歳S】(新潟)~ロードクエストが4馬身差で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/10/31アルテミスステークス8番5人気5着

0.5差1着デンコウアンジュ
0.5差2着メジャーエンブレム
0.3差3着は札幌2歳3着、赤松賞勝ち、阪神ジュベナイル8着クロコスミア
0.1差4着は阪神ジュベナイル、紅梅S共に4着ペプチドサプル

ちょい出負けで前を諦め内に入れる選択。うまく内目にいれられて中団内目を追走。直線序盤は窮屈だったが、半ばでばらけてからは進路確保。ムチを入れてスパートするがどうにもならなかった。
枠と出負けが全てかなという感じ。道中何もできない位置になってしまった。とはいえ出負けした中ではうまく乗られていると思うし、どうにかしようという意識は明らかに低かった。休み明け分で・・というのは文字通りで受け取っていいかなと思う。

レース後コメント
5着 ウインファビラス(松岡騎手)
「スタートのタイミングが合わず、位置取りが思っていたより後ろになってしまいました。折り合いはつきましたが、休み明けの分、伸び切れませんでした」
【アルテミスS】(東京)~12番人気デンコウアンジュが大外一気で重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/13阪神ジュベナイルフィリーズ13番10人気2着

0.3差負け1着メジャーエンブレム
0.2差3着ブランボヌール
0.3差4着ペプチドサプル

ことごとく内枠に入らない馬だなと。
外枠からちょっと遅れたが押して前につけ先行外目追走。外々を回して直線入ってからの進路はしっかり確保。ムチをびしびしで伸び続けての2着。
非常に評価していい2着だと思う。メジャーエンブレムとの差はちょっと埋まらないかなとは思うのだが、レース後の松岡騎手のコメントがなんとも不気味。ちょっとやそっとでは埋まらない差かなと思ったが、騎手的にはそうでもないのかな・・。
前走と違ってとにかう直線でストップがかからないことだけを意識して乗られていて、騎手の馬に対する信頼は見えた。

レース後コメント
2着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「悔しいです。今日は勝負駆けのつもりで作っていましたし......。来年リベンジしたいです」
【阪神JF】(阪神)~メジャーエンブレムが人気に応えてGI初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
 松岡騎手(ウインファビラス=2着)「前走は馬体が増えてシャープさを欠いたので、今回は勝負仕上げだった。ごちゃついてハミが抜けるところもあったけど、しまいの反応もよかった。悔しい。春に改めてリベンジしたい」
【阪神JF】2着ウインファビラスの松岡騎手「春に改めてリベンジ」 : スポーツ報知
【阪神JF】美浦レポート~ウインファビラス | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/3/5チューリップ賞12番4人気10着

0.8差1着シンハライト
0.8差2着ジュエラー
0.6差3着ラベンダーヴァレイ

再度外枠。普通にでるが、前には行き切らず中団外目追走。3角過ぎから前との差を詰めながら進出し、外を回して直線でスパートするものの、騎手のアクションは大きかったが全く伸びず。
なんというか終始リズムが悪かった。まだ馬をつくっている途中です、と松岡騎手が言っていた頃の走りに戻ったような感じ。レース後コメントから明け初戦だからこうなるということやペースが合わなかったというだけならいいが、馬場が合わなかった可能性も感じるものではあった。
このレースで何をしたかったのかがちょっと見えないレースだったのは事実。普通に出たので、行くのかと思いきやちょっとおさえて、中団につけようとするが無理はさせずにおさえきらないというなんともまあどうしたかったのかが見えなかった。これはポジションをとれたといっていいのかね。もちろん前哨戦なので、見限るような内容でもないものの不満は残る。

レース後コメント
10着 ウインファビラス(松岡騎手)
「道中、折り合っていましたが、モコモコした走りになっていました。秋もそうでしたが、初戦はこんな感じになるのかもしれません」
【チューリップ賞】(阪神)~シンハライトが無傷の3連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
松岡騎手(ウインファビラス10着) 「休み明けでモサッとしていて、折り合いもつきすぎていた。次は巻き返します」
【チューリップ賞】レースを終えて…関係者談話 - 予想王TV@SANSPO.COM
【チューリップ賞】10着ウインファビラスの松岡「1回使わないと動かないタイプなのか」 : スポーツ報知

【チューリップ賞】美浦レポート~ウインファビラス | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【チューリップ賞】ウインファビラス、3頭併せで余裕の動き魅せた! : スポーツ報知
【チューリップ賞】ウインファビラス陣営が練る「桜花賞メジャーエンブレム逆転」プラン
【チューリップ賞】ウインファビラス 先週から一変!松岡“全然違う” ― スポニチ Sponichi Annex 競馬





◇桜花賞
チューリップ賞時に予定していた通り、現時点の本命予定馬。前走負けたことでいい具合に人気なくなりそうで、狙い通り。

前走を地力差による負けとみるなら全く買いの要素はないが、前哨戦いい具合に負けて本番勝負は去年やったパターン。前走で見限るのは絶対に早い。
『アルテミスステークスでは陣営はレース後、本番を見据えての調整だったと言い、松岡騎手もそれを分かった上での騎乗。本番では陣営も松岡騎手も前回よりもよくなっていて勝負になると事前に話していて、その本番では松岡騎手は明らかにアルテミスステークス時と乗りかたが違って、直線でも限界まで追っていた。』このパターンですな。

そもそも傍目には完敗に見えた阪神JF後、各陣営が完敗模様のコメントを出す中、唯一松岡騎手から出た「来年リベンジしたい」という言葉が重い。まあ松岡騎手は、次は・・次は・・というコメントを出す騎手なのだが、それでもここは3歳戦らしく人気が数頭に集中しそうで、こういうこと言ってくれる騎手がいないと面白くないよねと。そして、そういうのにはのっかっておきたいよねと。

非常に気になるのは、前走の敗戦が馬場の影響であった場合。そしてその可能性が結構ありそう。桜花賞も馬場はそういうものになるだろうし。
ただ、個人的には前走の敗戦はそんなことよりも、どういう走りをしたいのかがはっきりしない中途半端な競馬になったことと、単純に前哨戦仕様というところに敗因があると思っているので、無理矢理目をつむりたい。

その不安を帳消しにしてくれるほどのオッズになるかどうかだけが、買うか買わないかのポイントかな。

今でも阪神JF組上位のレベルは高いと思っているので、ベストであれば世代上位の地力は持っているはず。状態ベストで挑むのなら狙いは十二分にたつ。
馬券として買えるとしても、問題はメジャーエンブレムに勝つ可能性があるかが問題。ビービーバーレルが、クイーンカップで勝負にいってメジャーエンブレムに完敗していることだけをみると、ちょっと厳しいかなと思うものの、これまで外枠で距離ロスのあるレースしかしていないし、本番は先行勢に実力馬が揃うし、勝ちに行く馬もいるだろうし決して可能性がないことはない、、はず、、・・・ここは枠が決まってからもう少し検討したい。

■2016/4/10桜花賞16番9人気12着


普通に出るが外枠。内の馬のスタートもよかったのでどうするかと思ったら、枠なりの外からどんどん押し上げて最終的には2番手組外に位置する。4角過ぎで直線入り口先頭に出そうとするが、立てずそのままずるずると後退していった形。
うーん、通用しないのかな。ただ、落ち目でもはやG1では通用しない、とするには今回も枠の不利がでかかった。もう一戦みたい気がどうしても消えない。






◇オークス。
どうせならもうちょっと内枠に入ってほしかったなと思いつつも、悪くないところに入った。
人気は落ちるだろうが、個人的には前哨戦仕様だったチューリップ賞はそこまで重く見ていないので、前走の内容だけでそこまで評価を落とせるかと言われると、ここでもちょっと拾ってみたくなる。前走は明確に頭取りの競馬をしたことは事実。馬券外であればどの着順でも一緒だよね、という勝負のレースだった。ただ、阪神JFより明らかに内容悪いんだよなあ。
ここは前走より陣営の熱はないけれど、相手関係は楽で、今回は頭取りに縛られず、着狙いの競馬をしてくるはず。ある程度前に出す競馬をせざる得ないが着狙いであれば、枠も前走よりいい。

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」
続きを読む

デンコウアンジュ【オークス2016出走予定馬】

■2015/10/3新馬11番8人気5着

0.5差1着アイビイーS1人気5着アドマイヤビスタ
0.4差2着は千両賞3人気2着、あすなろ賞3人気9着のサンライズクロンヌ
0.2差3着は次走未勝利即抜けサラザン

ゲートは普通に出て先行4、5番手中目追走。4角過ぎ直線入り口でスパート合図もフラフラして全く真っすぐ走れず位置を下げてしまう。そこから再度立て直しもう一度追うが5着が精一杯。
全くもって評価できない内容。相手うんぬんより直線でまっすぐ走れず力をみせられなかった。このレースだけでは何も言えない。

人気ブログランキング

■2015/10/17未勝利4番5人気1着

以下未勝利抜けなし

出遅れたので最内に入れて最後方追走。徐々に位置をあげて馬群に入れて、3角過ぎに外目に出しつつさらに位置取りをあげにかかる。直線入ったときは進路確保していたので、そのままスパートも4角でもあったがとにかくまっすぐ走らずふらふら。それでも他馬より脚は鋭く抜け出した。

単純にこの相手よりは地力高かったということでいいと思う。あそこまで真っすぐ走らないと、逆にまっすぐ走った時にどれほどなのかという期待は若干もってしまうほど。この騎乗で川田騎手は菊花賞&天皇賞秋にきじょうできなくなったわけで、代償の大きいレースにはなった。

人気ブログランキング

■2015/10/31アルテミスS14番12人気1着

タイム差なし2着はメジャーエンブレム
0.2差3着は赤松賞1人気1着、阪神ジュベナイル8着クロコスミア

もっさりとしたスタートで後方外目追走。終始外を回してペースが落ち着いたところで位置取りを上げながらも4角も大外を回すことになり直線。序盤から一気に伸びて番手組に並び、そのまま脚色鈍らずに伸びきった。

正直今見ても前2走からこの馬を買おうとは思わないので、馬券的にはどうやっても取れないと思われる。強いて言えば、これまで真っすぐ走れていなかったので、そこが解消されれば・・に賭ける可能性だが、それにしても前走までの相手が相手だけにそれも難しい。
今回はそこが解消されてやっと本領発揮かというとそうでもない印象。馬場と展開が向いたかなという感。もちろんそれでメジャーエンブレムに土をつけたのだから地力は評価も決してクロコスミアと勝負あったという内容でもないと思う。人気なら疑いたい内容ではある。

レース後コメント
1着 デンコウアンジュ(田辺騎手)
「出たなりのつもりでいましたが、前半は流れていたので後ろの位置になりました。3~4コーナーでペースが遅くなり、イチかバチか早めに仕掛けて行きました。まだオドオドしたり、フラフラしたりと若い面を見せていますが、いいパフォーマンスを見せられたし、この先の成長が楽しみです」
【アルテミスS】(東京)~12番人気デンコウアンジュが大外一気で重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/13阪神ジュベナイル17番2人気7着

0.9差1着メジャーエンブレム
0.6差2着ウインファビラス
0.4差3着ブランボヌール

相変わらずスタート悪いが、外枠ということもあり落ち着いてレースをするかなと思っていると、ダッシュ力つけて位置取りをあげていく。気付けば番手組外目にポジションをとり追走。直線序盤仕掛けるが伸びに欠き、最後は外の馬に一気に交わされた。

これまで前半我慢して後半勝負がハマった中で今回は着狙いではなく、明確に頭をとりにきた感じでそこは評価も、結果的にはちょっと展開と合わなかったかなというところ。
レース後騎手コメントにあるように逃げた馬が一気に失速したことも多少は影響していそうではあるし、ここまでのレース内容からは今回の形であればもっと負けていても不思議ではなかったと思う。
その中で距離ロス&勝負した姿勢での7着はむしろ評価を高める材料になった感。今後も狙いはたちそう。距離はもう少しあってもいいかなとは思う。

レース後コメント
川田騎手(デンコウアンジュ=7着)「ハナに行っている馬が出てきて、あれでグシャグシャになりました。気持ちも、何もなくなってしまいました」
【阪神JF】戦い終えて ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

人気ブログランキング

■2016/3/5チューリップ賞2番6人気5着

0.3差1着シンハライト
0.3差2着ジュエラー
0.1差3着ラベンダーヴァレイ

ゆっくりスタート。枠が枠だったので中団内目追走。位置を上げながら、3角過ぎは前目につけて直線も内をつく。進路を探しつつのスパートで馬が嫌がるようにスムーズさに欠ける序盤、進路確保してから伸びはしたが結果的にはなだれ込んだという形。
前哨戦としてはまったく問題ないレースだったと思う。事前予想では阪神JFもあるし、前半後方追走で我慢させてのレースを選択すると思ったが、スタートマシだったので、枠もあり前を意識した位置取りに。そしてそれは決して間違ってなかったと思うし、最低でもこれでは本番ちょっと厳しいなというのは測れたと思う。

レース後コメント
川田騎手(デンコウアンジュ=5着)「ゲートは相変わらずゆっくりでしたが、リズムよく走れました。直線でもたれたのは久々のぶんでしょう。次はもっと良くなってくると思います」
【チューリップ賞】5着デンコウアンジュの川田「もたれたのは久々のぶん」 : スポーツ報知
【チューリップ賞】レースを終えて…関係者談話 - 予想王TV@SANSPO.COM





◇桜花賞
ウインファビラスと共に、かなり買いの要素がある1頭だと思っている。
前哨戦権利獲得組がやたら人気になって複勝で6人気以下になるようなことがあれば、全力で狙いたくなる。

メジャーエンブレムに唯一土をつけた馬として過剰な人気になりそうなところも、前走は6人気だった。
阪神JFの内容は全く悪くなく、むしろ個人的にはこの馬の評価を上げたレースだったくらいで、それを考えるとただただアルテミスSがフロック視されているということだろう。
自分もアルテミスSだけではまだ買えないなと思っていたが、阪神JFと合わせて見ると、メジャーエンブレムに先着した実績は素直に評価していい。
前走も前哨戦としてはほぼ100点のレースだったと思う。控えるレースで力量差を測ってくると思ったが、内枠ということもあり中団にあげて、その後も前半で脚を使うレースを選択してきた。結果的にはその選択は間違っておらず、この戦い方では後ろからの馬にも差されてしまうということがわかったというだけで、充分意味のあるレースだった。
これを受けて本番は、枠もあるがまず前半脚を使わず、一発にかける選択をしてくると思う。そしてそれがハマる可能性はある。
気になるのは前走で直線でもたれたこと。アルテミスより前のレースでみせたまっすぐ走らないフラフラ現象が見えた。騎手が言うように久々だからであればいいが、ちょっと心配。

ひとまず地力は足りており、着狙いに徹すれば、馬券に絡む可能性がかなり高いと思う。着狙いという乗り方はしないと思うが、それでも前走の形でも掲示板に残るレベルにあるのであれば、オッズ次第で大きく狙いたい。

■2016/4/10桜花賞7番7人気10着

1差1着ジュエラー
1差2着シンハライト
0.7差3着アットザシーサイド
0.6差4着メジャーエンブレム

ちょい出負け。周りのスタートが良かったこともあって、おとなしく下げて内に入れる。後方で追走。直線も内勝負を選択するが、前が完全にごちゃついていてどうにもならず、若干のあがきは見えたが特に何もせずそのまま入着。
まあ全くもって何もしていない、ただ回ってきただけという感。
着順からもいろいろ批判されるだろうけれど、個人的にはまあ仕方ないかなと思っている。出負けしなくても、枠的にメジャーエンブレムが逃げることを想定して、後方内の選択をおそらく取っていたと思うし、本命にした自分もそれを望んでいたので。このレースはなかったことでいいのでは。

レース後コメント
10着 デンコウアンジュ(川田将雅騎手)
「直線入り口で前があいたので、そこへ入ったのですが、その後まったく開きませんでした」
【桜花賞】(阪神)~ジュエラーが鮮やかに差し切る | 競馬実況web | ラジオNIKKEI





◇オークス
前走は全く何もしていない。評価を下げる必要はないと考える。
距離伸びることは全くマイナスではない馬。前走本命にした馬が相手関係らくになったここに出走。
素直に上位評価したい。

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」
続きを読む
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ