3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

2016年03月

ロードクエスト【スプリングステークス2016出走予定馬】

■2015/6/7新馬14番6人気1着

0.3差2着はホープフル7着、京成杯12着、ファルコン2着のブレイブスマッシュ
0.7差3着は次走未勝利抜け、クイーンカップ16人気14着シトロン
0.8差4着は次次走未勝利抜けアイビーステークス4着スターオブペルシャ

大きく出遅れも、陣営に言わせれば予定よりマシな方とのこと。後方外目追走から直線のみで一気に前をかわした。
強いな。ブレイブスマッシュ以下オープンクラスで一発かませるレベルの馬が揃った新馬戦としてはレベル低くない相手を子ども扱いの様相。

レース後コメント
1着 ロードクエスト(M・デムーロ騎手)
「追い切りの動きがすごく良く、期待していましたし、スタートが良くないことも聞いていました。手応えはすごかったですし、強かったですね。まだ2歳馬ですし、距離はこれくらいがいいと思いますが、もう少し長くても大丈夫です」
(小島茂之調教師)
「ゲートは良くないので、今日は思っていたよりもいいスタートでした。調教で色々なことをやってきましたし、直線に入り、人気馬の後ろにつけたところで勝てると思いました。いい意味で予定通りに走ってくれました。この後は間隔を空けて、馬の様子を見て、オーナーと相談して、新潟か札幌(2歳S)へ向かいたいと思います」
【メイクデビュー】(東京5R)~ロードクエストが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/8/30新潟2歳ステークス2番1人気1着

0.7差2着は阪神ジュベナイル2着、チューリップ賞10着ウインファビラス
1差4着は阪神ジュベナイル4着、デイリー杯10着ペルソナリテ
1.2差6着は葉牡丹賞2着、水仙賞2着ヒプノティスト

再度出遅れも新馬戦よりは改善されている。スタート遅い馬がいなかったので、単独最後方追走。直線で横に広がった中内をつき一気に突き抜け、徐々に外に出しながら差を広げた。
強い。一団のレースになりかつ新潟らしく直線大きく外に広がるという出遅れ&最後方追走がロスにならないレースだったのは事実。とはいえ、強い。どう考えても重賞上位の力はある。

レース後コメント
1着 ロードクエスト(田辺裕信騎手)
「正直びっくりしました。何かアクシデントがなければ負けることはないと思うくらい余裕を持って直線に向きました。ゲートの出はよくない方なので、急かしてリズムを崩すより出たなりで進めました。馬場についてはわかりませんでしたが、調教からパワフルな走りをしていたので、道悪も向いているかもと思っていました。折り合いも問題なく、距離ももつと思うので視野は広がると思います」
【新潟2歳S】(新潟)~ロードクエストが4馬身差で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/27ホープフルステークス9番1人気2着

0.2差1着は共同通信杯1人気9着ハートレー
0.5差3着は黄菊賞1着バティスティーニ

再度若干出負けから単独最後方追走。外を回して徐々に位置取りをあげるが、4角で勝ち馬に外に出される形になり、距離ロスが非常に大きいレースになった。力そのものはみせているし、ハートレーとの勝負付けはまだ済んでいない。
ただ、いかんせん位置取りの不利を覆せなかった。地力圧倒できないと流れ次第で苦しくなることは見えたとは言える。
ハートレーが結果を残せなかったのがマイナスで自信がなくなるところだが、ベストコンディションでない中でのこのパフォーマンスは決して地力足りないわけではないということの証明ではある。

レース後コメント
2着 ロードクエスト(小島茂之調教師)
「4コーナーで勝ち馬に張られていました。張る力があるくらい勝ち馬は強かったです。ジョッキーは『4コーナーで行き切ってしまえばよかった』と言っていました。まだ攻めきれないなかで賞金を加算できたことはよかったですが、できれば勝ちたかったです」
【ホープフルS】(中山)~ハートレーがデビュー2連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

スプリングステークス
新馬戦&新潟2歳ステークスをみてもこの馬が世代トップクラスなのはまず間違いない。前走で敗れたハートレーが共同通信杯で結果を残せなかったのをどう見るかだが、ロードクエストは休み明けの状態でベストではない中で臨んだものだったし、距離ロスが多いものだったのは事実。
どう考えても前走1走でG1に通用しないと言い切れるものではない。
賞金は足りている立場なので、次をみて乗るかどうかが肝か。騎手は勝ちを意識して乗るとコメントしているものの、同時にいろいろ試してみたいとも言っており、これまで通り出遅れ→最後方で黙って我慢を選択することはまずないはず。大敗もあるがうまくいく可能性もあるといったところ。どちらにせよ地力があるのは自明なので、1人気のここは黙って大敗に賭けてみたくはなる。

人気ブログランキング

ミッキーロケット【スプリングステークス2016出走予定馬】

3歳クラシック戦線に勝つ!! : ミッキーロケット【つばき賞2016出走予定馬】

↑前々走まで↑

■2016/2/21つばき賞3番1人気2着

0.2差1着ナムラシングン

これまでのレースのようにスタートダッシュ云々関係ない大きく出遅れ。黙って後方から我慢。スローで流れるも我慢で、3角から位置取りをあげにかかり直線中盤では内から抜け出しを狙うが、最初の出遅れも響いて届かず。
これまで一切の器用さや幅をみせていないが、ここでもそれは変わらなかった。ただ、これまでのレース同様一定の強さはみせているのは見逃せない。

レース後コメント
2着 ミッキーロケット(松若風馬騎手)
「ゲートで飛び上がるようなスタートになって、位置取りが悪くなってしまいました」
【つばき賞】(京都)~ナムラシングンが直線抜け出す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

スプリングステークス
なんとか皐月賞に出てほしいと思っている1頭ではある。正直、こうなれば他の馬に勝てるという要素がない馬のようには思うのだが、この馬が着狙いに徹したときに意外とG1でも馬券内があるのではないかと思っている。
皐月賞に出走するためにはここでの権利取りは必須で、ひとまずそれ狙いに走るここは相手関係から見ても上位にはきそうではある。本気度は当然高いわけで、無視はしづらい一頭。
ただ、もちろん人気を背負っている中でそれでも買えるかどうかとなると積極的に押すほどの要素は見出しづらいところではある。

人気ブログランキング

ドレッドノータス【スプリングステークス2016出走予定馬】

■2015/10/25新馬9番1人気1着

タイム差なし2着は京成杯6人気8着、つばき賞1着ナムラシングン
0.1差3着は次走未勝利抜け、葉牡丹賞12着ファスナハト

スタートよく前に出し、4番と並んでレースをスローにしながらひっぱって4角で先頭にたってそのまま押し切った。
前が残ったレースでナムラシングンが突っ込んできた形ではあるが、ナムラシングンに逆転されるような状況ではなかったし、自分でひっぱって早めに仕掛けて、直線序盤では1頭になった中での勝利はタイム差以上の強さは感じる。ナムラシングンはオープン通用するとみていたので、ちょっと残念な結果になってはいるが、ここはナムラシングンに向いた流れとは言えないのでここでは500万下掲示板くらいの評価しかできないか。

レース後コメント
1着 ドレッドノータス(武豊騎手)
「競馬に行ってよさが出ました。実戦タイプですね。4コーナーの脚はよかったです。先々が楽しみな馬です」
【メイクデビュー】(京都4R、5R)~アットザシーサイド、ドレッドノータスが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/11/28ラジオ日経杯京都2歳ステークス4番3人気1着

タイム差なし2着は共同通信杯4人気4着リスペクトアース
0.2差3着はホープフル4人気5着、すみれS9着、弥生賞5人気5着アドマイヤエイカン
0.2差4着はすみれS1着ジョルジュサンク

変らず好スタートから前に出したがリスペクトアースが行ったので、そこは我慢して番手追走。スローでかかり気味もしっかりと押さえて4角前から前を意識してスパートし、計算通りしっかり差し切った。
器用さは充分にみせた。圧倒的に勝っていないのも逆に好印象でレース運びも大敗しないタイプといえそう。

レース後コメント
1着 ドレッドノータス(武豊騎手)
「少し行きたがるところがありましたが、向正面ではいい感じになりました。そして直線ではしぶとく脚を使ってくれました。能力の高さが感じられます」
【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~ドレッドノータスがデビュー2連勝で重賞V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

スプリングステークス
正直勝って皐月賞で少しばかりでも人気を被ってほしいとは思っているものの、賞金足りている身で初輸送、そして大外枠となるとちょっと狙いは立ちづらい。
1番人気になってもおかしくないとは思うので、若干舐められているとも思えるが、外枠で積極的に買う要素はここ2戦からは見出しづらい。
思い切って前に出して、外枠のロスをあまり被らない位置につけられれば勝つ力はあるだろうが、ここでその競馬をやって先につながるかどうか・・という感じ。中心視して買う馬ではないと思う。

人気ブログランキング

◎ボーダレス ちょっと人気なさすぎるかな【フィリーズレビュー2016超簡易予想】

過去10年で本番への出走馬数が一番多い中で連対馬は1頭。

過去の傾向からはほぼ桜花賞獲りは目指していない馬が出走するレースと言っても過言ではないか。
そのなかでレジネッタのような馬が現れるかといったところ。

まあそういう意味でも馬券的に妙味はあるレースの一つではあるが、ちょっと狙いが定まらない。
5人気以内に抜けた強さをもつ感じはしないものの比較していくと消極的に人気馬が残るといった感。
レジネッタの可能性があるのはナタリーバローズだと思う、新馬戦後マイルの大きいところを目指すと言っていた陣営がまだあきらめているとは思えない。
ただ、どうにもこうにも人気し過ぎの感があって・・・。ちょっと遊び程度に買ってみよう。

ボーダレスがおもしろい。
地力よりは明らかに低評価であり、距離で嫌われているようなら積極的に狙いは立つ。



◎ボーダレス

○ナタリーバローズ

ウマニティ
KLAN
人気ブログランキング

◎イマジンザット 一発かますのはこの馬!【弥生賞2016予想】

チューリップ賞が部分的にも当たらないというもはや泣くしかない結果。
今の精神状態で弥生賞買ってどうなる気もしないが、当然本番を見て無視できないレース。
ちょうど少頭数で馬券的には大金を賭けるレースでもないので、ちょっと手を出しておこうかと。

現在単勝1番人気はリオンティーズ
まあ、強いね。それしかないと言ってもいいほど。マカヒキの新馬戦にのりその際に「すごく強い馬」と言ったデムーロがリオンディーズを絶賛していてこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがないと言うほど。
2戦消化しかしていないが新馬戦での相手も新馬戦レベルでは低くないし、前走は3着以下が思ったほど活躍していないのは気になるが、そんなの関係ないくらい3着以下とは差をみせているし、ちょっと穴が見つけられない。
エアスピネルとは勝負付けは済んでいないとみているが、そのエアスピネルもどうにもこうにも強いので、ここで無視する要素はない。

人気ブログランキング

2番人気はマカヒキ
この馬は未知の部分が多い。
リオンディーズと同じ2戦消化ではあるが、前走が新馬戦以上にドスローでヨーイドンの競馬になったので、実質1戦しただけの情報しかないといっても過言ではない状態。新馬戦も前走もラストの脚はすごいが、周りの馬をみても普段以上の脚をみせているので、馬場&ペースに助けられたところが大きい。
もちろんここで通用してもおかしくはないと思うが、未知の部分が多い中でエアスピネルより単勝で買われるのはちょっとわからん。
ただ、3強の中で本気度が最も高いのはこの馬で間違いない。先々を見るとここは権利取り云々だけではなくしっかりと2着内で賞金加算したいはずだし、本番ではまず騎乗しないルメールをここで騎乗させるのもとりあえずここを獲りにきたということだろう。オーナーの意向ということだが、朝日杯上位2頭にぶつけにきたというその姿勢も自信の表れだろう。
勝負度合い高くとも、2番人気になっているこの馬の未知に賭けるくらいならもっと大きく狙いたいところ。無視。

人気ブログランキング

3番人気はエアスピネル
リオンディーズ同様強い、としか言えない。
新馬戦&デイリー杯と共に完勝だし、相手もそこそこのメンツ、そして内容も非常にいい。
朝日杯では負けはしたがそれまでの2走と同様の走りをしたらG1ではなりたくもないのに早めに単独先頭にたってしまい、予想外に1頭強い馬がいて外から差されたという形。
この馬は立場的に試してみて2着でもいいかなという乗りかたが許されない中で3戦を戦ってきていて、ここでやっといろいろ試せる。ここの走り方は着順というより本番でいかにリオンディーズに勝つかを意識して乗られる試走の色が強くなると思う。
リオンディーズを負かすならダービーより皐月賞だと思うので、ここは騎手の乗りかたに注目しておくだけにする。
それでも地力がリオンディーズと共に抜けているのであっさり連対するかもしれないが、個人的にはどんな負け方しても皐月賞で買う予定なのでここは静かにしておいてほしい。
輸送もあるし少しおさえくらい。

人気ブログランキング

リオンディーズ&エアスピネルはとにかく強いし、マカヒキは未知の部分が多い。
3強だよに納得するしかないわけで、3頭が切れないが、マカヒキの未知の部分はかなりの未知であるのは事実で、他2頭は先に照準を合わせている馬。この相手を避ける馬が多い中、力量差を測るためにここに出走してきた馬が一角を崩しても不思議はない。
現在4人気になっているタイセイサミットがその候補筆頭でマカヒキに割って入る可能性は充分にあるし、朝日杯2頭が明らかに試走模様なのでスムーズなら朝日杯の差は埋まるか・・・という感じ。
だが、ここに期待するなら馬券的妙味が全くない。どうせ一角崩しにかけるならもう少しひねりたい。

イマジンザットがおもしろい。
今回も馬場がどうなるかわからんが、前走の敗因が馬場であればまだ見限るのは早い。
着差以上の差は感じたが、新馬戦では全く未完成の状態でサトノキングダムと0.2差で走っており、ここ通用の地力保持の可能性は残っている。

そもそも、陣営クラシックを意識したコメントを早い段階から出していた馬で、いろいろ選択肢があった中で、クラシックにつながりがあるつばき賞を選んだということにもその期待はみえる。そして輸送もあるのに中一週で強いメンバーが揃ったここに出走してくるというのも何らかの要素をオーナー含め見ているのだろう。
現在6人気なら買いの要素はある。



◎イマジンザット

△リオンディーズ、タイセイサミット、エアスピネル

ウマニティ
KLAN

人気ブログランキング

3歳クラシック戦線に勝つ!! : イマジンザット【弥生賞2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : マカヒキ【弥生賞2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : リオンディーズ【弥生賞出走2016予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エアスピネル【弥生賞2016出走予定馬】
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
メールフォーム
記事検索
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ 競馬
  • ライブドアブログ