■2018/10/28新馬14番1人気1着


普通にスタートし外枠からいかせて先頭集団に。4番手追走で中目をまわしてそのまま直線に。スローの中いい位置で直線を迎え、すぐに先頭に立ちそのまま突き放した。

素直にこの相手とは格が違うとしていいと思う。
ただ、その相手のレベルは極めて微妙。新馬戦らしいスローで流れたが、多頭数ということもあり、縦長の展開になってしまった。前に行った馬で人気どころがおらず比較的楽なレースになったのは間違いない。もちろん外枠からその位置をとりきったのも地力ある証左ではあるとは思うが、力出し切れなかったと思った5着馬が次走未勝利で普通に負けている。ポジション違えど同タイムの脚をくりだした2着馬の次走をみたいところも、相手が手ごわかったとは思いづらい。

レース後コメント
1着 ルヴォルグ(C・ルメール騎手)
「真面目で乗りやすい馬です。大跳びですが、速い脚も使えますし、フットワークとバランスが素晴らしいです」
【メイクデビュー】(東京4R、5R)~シトラスノキセキ、ルヴォルグがデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


◆東スポ杯2歳ステークス
1人気なら軽視から入るしかないかなというところ。2歳席巻中の厩舎であるし、新馬終わりに陣営が目標をここにおいて、騎手まで明言しているのだから弱いわけないとは思うが、1番人気で買うほどのパフォーマンスであると前走だけでは判断できない。
勝ったら勝ったで考えるというスタンスでいいと思う。

【東スポ杯2歳S】ルヴォルグ新たなスター候補へ 2歳馬絶好調の藤沢和厩舎期待馬 | 競馬ニュース - netkeiba.com
【東京スポーツ杯2歳S】ルヴォルグ「再度同じ舞台なら期待できる」
【東京スポーツ杯2歳S】新馬戦圧勝のルヴォルグ 藤沢和調教師は「桁違い」と大絶賛