内枠が圧倒的に有利なレース。
1人気は強いものの、紐荒れの多いレースでもある。

今年は本当に混戦だと思う。まさにどれが馬券になってものレベルにはある。
絞れないがまあ絞るしかないし、3歳クラシックでしか大勝負しない自分としてはここが今年最後のレース。
皐月賞の勝ちを残しておきつつも、大勝負する。



現在単勝1番人気。
まずダービーの内容が非常にいい。スムーズなら2着はもちろん1着まであったかもというレース内容だった。それだけで世代最上位クラスの地力保持は確定している馬。
枠も非常にいい。
内目に入って中団最内を通って戦えそう。そんなにゲートがいい馬ではないと思うけれど、この枠ならまさに理想の走りが出来そうではある。
ただ、前にいる馬は相当に強い。ダービーの時にもそうだったが、前目の馬がヘタレてきたときに進路が作れるかというのは不安。
仕掛けを待って最内が空くのを待つという選択を1番人気の立場ではとりづらい。だとすると、少し早めに進路を確保しにかかると思うが、その時に落ちてくる前の地力低い馬が邪魔になる可能性は十二分にある。頭は取りこぼす可能性は比較的ある。その上で着狙いができる立場ではないとなると、4着くらいで終わってしまうほうに賭けてみたい。無視。



単勝2人気。
安定馬は人気薄なら絶対買いだが、人気上位なら切り対象。
この馬はまさに後者。その段階で個人的には積極的には買いたくないかな。
それでも、地力は足りるし、神戸新聞杯最先着馬、さらにデムーロ騎手で、さらにさらに梅花賞前から陣営は距離伸びてこそとの発言を繰り返している。その馬がここ目標に前走を試走しているとなると無視は難しいか。
ただ、フラットに見るとこの馬勝ちを狙って取りこぼしているレースと、着を狙って取りこぼしているのとあると思う。ダービーに関してはかなりいい内容ではあるものの、決して戦前から勝ちを見た乗り方ではないと思う。騎手の助言だということだけど、上位に来る可能性が高い選択をしたという印象。
基本的には勝ちを狙うと取りこぼすという可能性が高い。んで、今回は人気を背負う立場でここを目標に仕上げてきた。ワグネリアンが別レースを選択し、ここはきっちり勝ちを狙っている。取りこぼすのはなぜかというと単純に長い距離を伸び続けられないと考えるべき。
直線でブラストワンピースより後ろでは戦いたくないだろうから、今回は枠を考えても騎手を考えても早めに外に出して仕掛けてくるはず。前が強力な中その形で伸び続けられる馬ではないと思うんだよなあ。
地力高いとは認めつつも勝ちを狙いに行くとこの相手では馬券外。無視。



3人気。
大きく崩れる可能性が低い馬の一頭だと思う。
ダービーでは逃げたらおもしろいが、逃げる選択を人気背負った中でできないはず。としたらまんまと逃げてのあの結果。
今回も逃げるという陣営だがさすがにここは逃げないでしょう。今回は逃げない方が勝ちの可能性は高いので、行きたい馬にはいかせつつ番手組の先頭でレースをコントロールしたいはず。
んで、それができれば大崩れの画は浮かばない。
距離の問題はあるかもだが、これまでのレース内で距離に対する不安はみえない。複勝最有力候補とする。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


4人気。
非常に買いにくい馬になっていると思う。これまでの戦いを見てもここで勝つためには道中前目で後ろを離した状態で直線に入ってそのまま粘り込むって形しかないと思う。
が、エポカドーロ含め地力の高い先行馬が揃ったここでそれが許されるかだが、これまでのレース内容的には距離伸びてパフォーマンスを上げてくるとは思えない。前走は相手が貧弱であり、結局はダービーの結果を重く見るしかなくなる。そのダービーが折り合い面での敗因とするにしてもさすがに何もできなさすぎの感。
人気ないなら一考したい馬ではあるが、4番人気となると無視が妥当。



5人気。
4戦のみ消化で馬券を外しておらず、陣営が長距離適性を語るいかにも穴人気しそうな未知の魅力を秘めた馬。
しかし、間接比較ではまず足りない。前走は完封した相手が1000万下馬券圏内レベルなので評価はできるものの、うまくのられてものだし、前々走の2着馬リビーリングは弥生賞5着で燕特別2着、その燕特別1着だったダブルフラットはセントライト記念で大敗しているし、3着エストスペリオルは九十九里特別7着でドレークが2着に入ったレース。
血統的なことを言われると分からないし、騎手で買うとかなるとひっかかるかもだが、ひとまずこの4戦では特に買いの要素はないとみる。この馬を買うなら春のレースで地力担保ある他の人気薄を買いたい。無視。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン



アイトーンは最内で行くしか上位の可能性がない馬。ここは大逃げしかない。
ジェネラーレウーノがそれに続くか。

それに離れて追走がエポカドーロ辺りで実際エポカドーロがレースをコントロールして中心になる馬だと思う。そのエポカドーロがかなり有力で、馬券に絡むという前提でいきたい。その場合に馬券になるのは先行でエポカドーロ近辺にいる馬か、中団で前が仕掛けたタイミングで動ける馬、そして茶く狙いでインをついてくる馬になると思う。

メイショウテッコンがおもしろい。
何より魅力的なのは前走時にすでに菊花賞への調整だと明言していた点。前走は完全に有力馬との地力差を測ったレース。そこで一定の結果をだせたのは大きい。
春のクラシック戦線に出られなかった馬で、世代一線級との地力差が不明だった。その中で状態ベストでない中、前走で目途をたてたのは大きい。
エポカドーロより前につけたい。前につけて今レースの中心であるエポカドーロに変わってコントロールできれば位置取りの差でエポカドーロより前で入線してもおかしくない。近3走の内容が非常によくて、夏を超えての上がり馬という意味であれば、この馬が最右翼だろう。
全力で狙う。


他はオウケンムーン
大きく人気を落とすここは賭ける価値のある一頭だと思っている。
内枠に入れば中心視してやろうと思っていたが、外枠。
しかしダービー一戦で見限るのは早いという思いは変わらない。現在単勝15人気。
外枠に入ってしまったので、もはや着狙いしかない。
でもだからこそ拾っておきたい。下げて内に入れておとなしく追走し、グレイルが仕掛けるタイミングで一か八かでインをつく選択だろう。それなら一発はあるぐらいの地力は担保されている。

低評価され過ぎのコズミックフォースと、単騎大逃げがハマった時の アイトーン も軽くおさえる。


◎メイショウテッコン

〇エポカドーロ

▲オウケンムーン

△コズミックフォース、アイトーン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アイトーン

グレイル

ブラストワンピース

ジェネラーレウーノ

エポカドーロ

メイショウテッコン

ユーキャンスマイル

カフジバンガード

エタリオウ

アフリカンゴールド

コズミックフォース

フィエールマン

タイムフライヤー

グロンディオーズ

オウケンムーン

ステイフーリッシュ

シャルドネゴールド

グローリーヴェイズ





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)