■2018/6/3新馬戦14番1人気1着


普通にスタートし、ダッシュ力も特に問題なく、先行外目追走。そのまま回して4角で自然に前に出し直線。即先頭にたつと少し内に入れつつスパート。即抜け出してそのまま流して楽勝。

強いが、時計での強さは信用しない俺としては、4着以下を大きく引き離している、当レースの2,3着馬の今後に注目。
ただ、外枠から普通にスタートして普通に前目につけて外回して直線序盤で先頭できっちり勝ち切るのは大敗しない馬のパターンでこのままある程度結果出していきそう。

レース後コメント
1着 グランアレグリア(ルメール騎手)
「調教では走りたがって引っ掛かるところもありましたが、今日はゲートの中でも大人しく、いいスタートでした。リラックスして走り、乗りやすかったです。もっと長い距離でも問題ないでしょう。直線で抜けて1頭になった時にムチを1回だけ使いましたが、すぐに反応しました。ゴールに入ってもまだ力がありました。強そうです。楽しみです」
(藤沢和雄調教師)
「時計が速いのは芝が刈ってあって短いからでしょう。この後はどのレースと決めずに、一旦牧場に戻してゆっくりやることにします」
【メイクデビュー】(東京5R、6R)~グランアレグリア、アカネサスが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【東京新馬戦】ルメール騎手×藤沢和厩舎のグランアレグリアが快勝 : スポーツ報知