弥生賞より明らかに地力が低い馬が揃った。
ただ、それでも決して圏外の馬ばかりではなく、もしかしたら本番でものラインにはいる馬が揃った印象。
そして非常に混戦。枠の並びだけで着順が大きく変わってもおかしくなく、勝つラインの地力保持で、ハマればの形をもっている馬が多い。
荒れの要素が強いメンツに、堅く収まる傾向があるスプリングステークス。
さてどうなるか。


現在単勝1番人気はステルヴィオ
地力は高い。ダノンプレミアムが世代最上位クラスがはっきりしたので、その馬にしか敗れていないこの馬を評価しないわけにはいかない。ダノンプレミアムがいなければ4連勝だったともいえる。
ただ、この馬は決して安定馬ではなく、ダッシュ力がないだけに、外枠に入ると後方からしか戦えないし、そうるすると前が残る形になるとそれを一気にぶっちぎるには比較的ロスが多い形になってしまう。それなら内枠ならというとそれもダッシュ力がないだけに、外に出せなかったら力出し切れずもある。とにかく戦い方が難しい。
騎手が再三距離の短さに対して言及しているように、勝負はもう少し先かなという印象。
ここは賞金が足りている立場なので、いろいろ試してみるレースではあると思う。
1番人気であればまず疑うべき。世代トップクラスではないにせよ、第二グループくらいのそこそこのメンツが揃っているここで、あえてこの1番人気馬に手を出す意味はないかな。
地力高いことは間違いなくとも、賞金足りている立場でここまでと同じように走ってここで勝ってもほぼ無意味。そんななか走りの幅の狭い1番人気馬を買うのはおもしろみがないと考える。

何かを試したいところだろうが、次をみた時にそこまで無理するほどのレベルでもなく、これまで通り走ってどこまで成長しているかを測るくらいのレースになると思う。
メンバー的に地力上位は自明でも、条件は決して良いわけではなく、ベストをここに持ってくる必要のない1番人気馬。無視。

2番人気はエポカドール
きさらぎ賞をパスして前走をきちっと取りに来たことからも、しっかりと勝てるレースを選んでいる印象。ここもクラシックまでのレースの中で最も混戦になっていると思うし、勝算はあるとみるべき。
ただ、この馬ここまでの相手が総じてぬるい。この馬がレースのペースを支配できれば残れる地力は持っていそうではあるが、他の上位人気馬がそれを許してくれなさそう。枠はあるものの一番大敗が見えづらい馬ではあると思うが、馬券に絡むまでの地力保持はこれまでのレースからは読み取れないと思う。人気薄から攻めるなら拾わざるを得ない一頭だとは思うが、頭までは見えないかな。

地力は不安だが、形的には拾わざるを得ない馬の一頭という感じは変わらない。中目の枠に入って、前にいくコスモイグナーツを早い段階で落としてハナにたってペースをコントロールできれば、という感じか。ただ、コスモイグナーツも権利取りをみたら行くしかない立場。そんなに簡単にはいかなそう。
それでも、前走500万下クラス勝ち馬を買いたいレースで、かつ前目の馬を攻めたいところ。そういう視点ではこの馬しかいない。拾うしかない。

3番人気はルーカス
東スポ杯組を評価し続けてきたが、思ったほどの結果が出ておらず、ワグネリアンも怪しいと思ったら、弥生賞ではきっちり結果をだしてきた。東スポ杯は比較的敗因の見えるレースだったので、もしかしたらワグネリアンよりの地力であったということも充分にありうる。
そして前走の負け。前に厳しいレースで負けたことそのものは仕方ないにしても、サンリヴァルにははっきり負けた。そのサンリヴァルが弥生賞で世代最上位クラスには劣ることがはっきりしたので、この馬の評価が非常に難しくなった。ただ、なんといっても前走は状態ベストではないことははっきりしていた中でのもの。回避の話題も上がっていたほどの中のレースだったわけで。
前走予想時の時も書いたが、基本的にはオープンクラスの地力は担保されていると思っているのでここでも狙いはたつが、世代最上位クラスには現段階ではまず足りない。
このレースは現段階で評価されている馬より、これからの馬が勝つレース。この馬の舞台ではないかなという気も…。おさえまでかな。

まあ基本的には変わっていないが、枠も並びもこの馬向きになったと思う。前走予想段階でオープンクラスの地力保持は担保されていると思っていたわけで、このメンツでならまず地力上位。前走はサンリヴァルには完敗の形も、そのサンリヴァルが世代最上位クラスに次ぐところくらいにおそらく位置しているので、そこに状態不安の中完敗はちょっと甘く見てもいいかなと。
複勝圏内ならこの馬かな。


4番人気はゴーフォザサミット
地力は通用。ただ、その地力がこの条件で出し切れる可能性は比較的低いとみる。一気のスパートはこの馬ができないのは過去のレースから自明だし、ある程度前につけて早めに仕掛けつつじわじわ伸びての形しかないが、前走の出遅れをみてしまっては信用まではできない。出遅れても早めに動いて勝負になる地力は持っているとは思うが、当然ながら前走同様そこそこの地力馬が揃っていて、その中で上位人気に推されていては手が出しづらい。

枠が決まってさらに手が出しづらくなったかな。前走後ろからになってある程度通用してしまったがために、ここでは無理しては行きづらい。権利取りが最低条件の中、前がある程度速くなりそうな形ならこの枠では無理して序盤から前目を無理して狙うのではなく、後ろから黙って権利取りを狙うことに照準を合わせてくると思う。んで、その走りではこの人気に魅力を感じない。無視。


5番人気はハッピーグリン。
ステルヴィオがここで地力圧倒であれば、当然この馬も評価されてしかるべき。
それに前走500万下勝ち馬というこのレースの傾向的にも当てはまる馬ではある。
ただ、この馬はとにかく是が非でも本番の権利が欲しい馬。勝ちよりもまず権利とりを優先ならこの馬も枠的には後ろから走らせるはずでそうなったときに根本的に地力が足りているかが微妙なラインだと思う。
ステルヴィオがもし仮にこの中でも圧倒的に地力上位だとしたら、コスモス賞でタイム差なしで走った2着ミスマンマミーアが馬場やコースに関係なくもう少しやれていいはず。
もちろん前走の勝ちは評価すべきだが、オープンクラスの地力保持かは微妙なラインだと思う。複圏内をみた時に枠&展開利を得られる可能性はあるが、それに賭けるには人気し過ぎかなと。無視。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

枠が決まった時にがっかりした。
当レースでは人気馬を一通り見た時にこの馬にしようと思っていた。
が、枠がなあ…。それでもこのオッズなら狙ってみる。

カフジバンガードがおもしろい。
ゴーフォザサミットとともにゲートを普通に出れば可能性がある一頭。その馬がネット競馬では現在単勝7番人気。それなら買いだ。
シンザン記念が賞金加算を目指す勝負レースだったと思う。出遅れから形向かず、前走も出遅れから出し切れずのレースが続いていて、いい枠に入って前半で前目につけることができればこの相手関係であればまず戦えるはず。ずっと馬場悪化を望むコメントを陣営は出しているが、こうやまき賞を見る限り良馬場で問題なさそう。
スタートさえきまれば、もしくはスムーズに出遅れを挽回できれば…というのはゴーフォザサミットと同様だが、この馬の方が人気がないし、前走まではこっちの方が地力上位とみていた。その前走も直線ロスのあった分を考慮するとこちらをまだ上にとりたい。
混戦模様のここならこの馬がスタート決める方にかけてみる。

もしゲートをスムーズに出たとしてもストレートに好位にはいれるわけではないので、この枠はけっして歓迎ではないが、ゴーフォザサミットとオッズ差がここまであるようであれば狙ってみたい。


◎カフジバンガード

〇ルーカス

△エポカドーロ、レノヴァール

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン