■2017/10/1新馬6番1人気1着

7着トキノパイレーツは3戦目未勝利抜け

普通に出て押して押して前に。ハナにたってからはおさえてペースを落として逃げる。そのまま直線に入って中盤から突き抜け。

素直に完勝。2,3着馬は次走以降未勝利馬券内に入っていて3着馬は次走未勝利で京成杯勝ちのジェネラーレウーノと0.3差で走っているので、新馬戦としてそこまでぬるい相手ではないものの、だいぶ楽な展開になったかなというところ。

レース後コメント
1着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。子供っぽいところはまだありますが、能力があります。先頭に立って物見しながら走っていましたが、すごくいい反応をしてくれました」
【メイクデビュー】(中山4R、5R)~メイラヴェル、グローリーヴェイズが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/12/10こうやまき3番2人気2着

タイム差なしカフジバンガードは東スポ杯4着、シンザン記念3人気5着

出遅れて最後方追走。3角過ぎで外に出して位置取りをあげて直線スパート。前に迫って3着以下はちぎったが前には少し足らず。

再度遅く流れたレースを今度は後ろからのレースでもう少しまでというところまで迫った内容は素直に評価。

レース後コメント
2着 グローリーヴェイズ(浜中俊騎手)
「新馬戦とは違う競馬でも上手に走ってくれました。ヨーイドンの競馬で負けてしまいましたが、非常にポテンシャルを感じるいい馬です」
【こうやまき賞】(中京)~カフジバンガードが押し切る | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◇きさらぎ賞
遅いペースしか経験していないものの、新馬で逃げ、2戦目で最後方という両極端の競馬で内容と着順が伴ったのは素直に評価したい。
ただ、新馬は決して逃げようとは思っていなかったのに押し出されての逃げ、2戦目は出遅れて仕方なくの最後方と、共に意図したレースはできなかった。前半のペースがあがったらおそらくついていけないし、かといって後ろからのレース選択はしたくないだろうきさらぎ賞。さあどう乗るか、だが、騎手はデムーロ。どう戦うかは騎手を信頼できる。となると、素直にここは信頼かなというところ。
地力は高い。重賞級かはまだわからないが、上位人気では信用できる方の馬ではあると思う。
共同通信杯ではなくここを選択してきたのも素直に組みやすしということでいいと思う。
【きさらぎ賞】グローリーヴェイズ、京都で豪脚爆発だ! : スポーツ報知