まさに出世レース。

馬券に絡んだ馬で息の長い馬が非常に多く、比較的頻繁にG1戦線、クラシック戦線で活躍する馬を輩出しているレース。

その観点からみると、今年は少々小粒に映るが、上位2人気に推されている馬は共に新馬上がりの馬で、2頭とも先の活躍の可能性を秘めているように映る馬ではある。

現在単勝1番人気はスーパーフェザー
超高額馬。良血馬対決となった新馬戦を勝ち上がっての即参戦。良血ということでここでも人気しているが、前走を見る限り決してクラシック戦線で通用のメドはたっていない。
ロスのある競馬ではあったが、相手で未勝利を勝ち上がった馬はいないなかでの結果で、信用度は低い。成長にかけるのであれば、人気薄を狙うのがこの時期のセオリー。過剰に買われているのは間違いないわけで、きたらあきらめの無視。

2人気はフォックスクリーク
例年通り将来活躍する馬がくるのであれば、この馬かなというところ。1人気馬より新馬戦の内容はいいし、まだ先をみたいという意のコメントを陣営がだしてもいる。


少頭数であり、2人気の馬の地力が高い。他の馬は世代トップクラスとはまずさがあると断定していいので、2人気から素直にはいってもいいかなというところ。
買わないのが吉かな。
ただ、単純な地力勝負ではなく、展開利を得られそうな馬がいる。

ケイティックリバーでしかたなし。
3番人気。馬券的妙味はないが、レース経験がある他馬は間接的にこの馬に負けているし、地力評価の2人気馬も新馬戦で0.4差つけて勝った4着馬がケイティックリバーに1秒以上離されて敗れている。
前に出しすことがプラスになりそうな状況であれば、素直にこの馬から入りたい。

◎ケイティックリバー

△フォックスリーク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で