■2017/10/21新馬11番6人気3着

0.8差負け1着オブセッションはシクラメン賞1着
0.7差負け2着ラムセスバローズは次走ダートで未勝利抜け

出遅れて最後方スタートも、スローだったからか外から位置を押し上げて中団外。そのまま外を回して4角もスピード乗れず直線までに位置をあげられず直線進路できず、さらに外に進路を求めつつスパートするが、徐々にしか伸びず前2頭には差をつけられての3着。

まあちぐはぐだったが地力の高さはちょっと見えなかったかな。出遅れそのものはスローで流れたしそこまでマイナスにはならなかったとは思うが、3、4角ではポジションをさらにあげることはできなかったし、単純に距離ロスしただけの形になってしまった。単に馬場が合わなかっただけという結論でもいいが、騎手コメントからは決して馬場に敗因を求めてはいないわけで、未勝利抜けレベルかはまだ不明。

レース後コメント
3着 エイムアンドエンド(岩田康誠騎手)
「まだ緩さがありますが、能力を感じます。道中、この馬場も気にしませんでしたし、直線でよく伸びています」
【メイクデビュー】(東京4R、5R)~デルタバローズ、オブセッションがデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2017/11/18未勝利2番3人気1着


普通に出て3番手追走。そのまま内を回して直線。前の1枠の馬を外から交わして1着。

うーん。ペースは悪くないし、そのレースを前で走ってラストも伸びてのゴール、それ自体は評価していいと思うのだが、2着も道中ハナの馬で、その馬は次も未勝利善戦レベルであることを考えると、前走よりも成長した、幅を広げたというよりも単に相手のレベルが下がって順番が回ってきたとみるのが妥当か。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◇京成杯
中山は非常に合いそうな馬ではある。最終的にどういう人気に落ち着くかは不明だが、現段階では5人気内に推されていてそれで買える馬ではない。近2走ではさすがにそこそこの馬にまけて、未勝利レベルの馬に勝利したという地力しか見えない。6人気以下なら買いの要素はあると思う。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン