さあ、桜花賞。
今年はチューリップ賞もクイーンカップもレベル高かったと思うし、世代レベルは高そうで非常に見ていて面白いレースになりそう。

レース傾向としては、外枠有利1、2枠は苦しく、後ろからの馬でかつ騎手乗り替わりでないというもの。3番人気以内馬が堅実に走っている。
この条件通りだと上位2人気に逆らえない感じもするが、今年は雨予報。さあ、どうなるのかという感じ。

現在単勝1番人気はソウルスターリング
強いと思う。阪神JF、チューリップ賞連勝でその内容もいいというちょっとケチがつけづらい。
ただ、予想をしている現在単勝1.2倍のオッズ。そこまで抜けているかというと甚だ疑問。事前にも書いたが、複軸としては圧倒的だと思っているが、頭想定をしたときに地力が大きく抜きんでているということはまずない。3着くらいで拾ってあてに行くより、ここまでかぶるならいっそ飛ぶ方にかけてみたくなってきた。
枠の並びと天候はこの馬の理想ではないと思う。外目の枠に入ってすぐ外に後ろからいくライバルがいて、内にも外にも勝ちを見たときにはソウルスターリングより前で競馬したい馬がいる。ある程度前半流れてほしいが、雨が降ってそこは読みにくい。一か八かの勝負はできないし、間違っても連ははずせない、となると比較的後ろからのレースになってしまうかもしれない。でも後ろからでもアドマイヤミヤビを意識して乗らざるを得ない…というどうにもこうにも難しいレースになりそう。
1.2倍なら無視してみたい。

単勝2番人気はアドマイヤミヤビ
7倍の2人気。自分の予想スタイルだと、この馬はトップ評価になる。終始骨っぽい相手と戦っていて、しっかり勝ち切っている。そしてクイーンカップの内容がめちゃめちゃいい。外枠に入り、ソウルスターリング打倒に絶好の並び。
ただ、道悪は非常に気になる。乗り替わりとなってしまった上での道悪はこの馬にどう働くか。陣営の本気勝負は間違いなく次なので、ここは是が非でも落とせないというスタンスで挑んではいないのも気になるところ。
地力最上位評価もおさえまで。

3番人気はリスグラシュー
1、2人気より押せる要素はないと思っていたが、上位2頭が外枠に寄ったことで、雨降った恩恵は得られそうな感じにはなった。前走は武騎手のレース後コメントからもまず間違いなく、現時点でのソウルスターリングとの地力差を測ったレースとみて間違いなく、ここではソウルスターリングよりも前で競馬する選択をしようとするはずで、それをするには雨&内目枠は願ったりかなったりではある。ただ、この馬を買うなら黙って1人気を買っておきたいかなという気がする。
1人気を買うなら拾うべき一頭だが、そこを無視するのにこれを拾うのはちょっと筋が違うかなという感じ。無視。

4人気はミスエルテ。
面白い馬名だなと。それくらい。
2連勝からの朝日杯挑戦をどうみるかだが、1番人気に推されたように、単に今年は牡馬との方が組みやすしとみての挑戦だったのではないかと思う。間接比較してもこの馬を買うならレーヌミノルを上にみたい。無視。

5人気は ミスパンテール
この馬の取捨が非常に難しい。
2戦とも地力上位をしっかりみせてはいるが、ともに全力だった可能性が非常に高い。ソウルスターリング&リスグラシューは桜花賞以降を見てのレースだったことが間違いない中で、どうなるかといったところ。ただ、この馬も間隔あいてのものだったこと、決して1着が取れるレース運びでなかったので、予定通りともとれる。難しい。前走はひとまずリスグラシューをマークしてのレースで予定通り2着に入った。その地力そのものは高評価できるが、はたして…といった感じ。無視はできないけれど大きく買うほどではないかなというところ。

人気ブログランキング

雨、そして予想以上に1頭かぶりになったことからもここは大きく狙いたい。

アロンザモナがおもしろい。
阪神JFは除外され、新馬戦&紅梅Sを緩い相手に圧勝し、こうやまき賞では不利があって何もせず。一線級とまともにやった前走チューリップ賞はゲート良かったが前にはいかず現段階での世代トップクラスというよりソウルスターリングをマークして勝ちに行き地力差を測ることに徹した。前走の戦い方では上位馬に及ばないことが分かった今、ここは先行集団につけつつマイペースで行くことになると思うが、そうなったときに軽視される立場になったのは非常に大きい。
チューリップ賞事前では上位に割って入る可能性がある馬という馬の一頭だったはずが、勝つか大敗化の勝負に臨んで負けたという中で、ここまで評価を落とすかというほどの評価落ち。複勝でも15番人気はちょっとなめられすぎだと思う。クイーンカップ上位は強いと思うが、それ以外からの参戦馬には全く見劣らない。ここは勝負。

次はアエロリット
複軸人気薄としてはやはりこの馬。クイーンカップは高く評価できるし、前目で競馬してどんなペースでも馬券内に入っている内容は地力上位の証左。
レーヌミノル、アエロリットあたりを前に行かせて番手組追走から直線早めに抜け出して前で粘るという形は最も得意とするところだろう。この馬に横山騎手というのも非常に心強い。
ひと先ず何より、この馬はこのメンツで6、7番評価される地力ではないのは間違いない。
買いの要素は多い。

他はレーヌミノル。
前走でしっかり試すものを試し、ここは黙って前に出るだろう。阪神JF&クイーンカップで上位人気2頭ともきっちと勝負できており、ここで馬券圏内に入っても何ら驚かないレベルにはある。

道中後方がいい桜花賞。雨で激変期待という方向でいってみよう。

◎アロンザモナ

〇アエロリット

△アドマイヤミヤビ、レーヌミノル





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)