先週投稿分に、気になる騎手発言&ニュースを追記しました。
■2015/6/14新馬12番1人気1着

0.2差2着は次走未勝利抜け、芙蓉Sで東スポ杯2着のプロディガルサンに0.1差2着、百日草特別1着、ホープフルステークス6着、京成杯7着、スプリングステークス4着プランスシャルマン
0.9差3着は次次走未勝利抜け、朝日FS7人気12着ハレルヤボーイ

好スタートから馬なりで進めていたら先頭をうかがう位置になる。逃げ馬に沿う形で番手追走。直線入り口でハナにたち、そのままゴール。3着以下が大きく離されたレースで、その3着がハレルヤボーイ。
新馬戦としてはなかなかのレベルを相手に完勝。勝ちに行ってしっかり勝ったといえる。

レース後コメント
1着 メジャーエンブレム(C.ルメール騎手)
「好スタートからいい位置につけて、リラックスして走っていました。直線で外から来た馬にびっくりしていましたが、それでも走ってくれました。距離も問題ありません」
【メイクデビュー】(東京5~6R)~メジャーエンブレム、リリカルホワイトが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/9/12アスター賞2番1人気1着

0.4差2着はききょうS4人気4着マテラアリオン
0.5差3着サウジアラビアRC11人気6着、アルテミスS14人気14着シトロン

前走同様好スタートだったが、外から馬が殺到したので中団追走になった。が、スローを感じ外に出し徐々に位置をあげて4角では先頭に並ぶ位置、直線はハナで入る。そのまま進みムチ一発でラストスパート。後続を寄せ付けずゴール。
相手レベルは高くないが新馬戦に続き勝ちに行ってのレースでの完勝は非常に価値が高い。

レース後コメント
1着 メジャーエンブレム(C.ルメール騎手)
「瞬発力がすごいです。スタートしてからもとてもリラックスしていました。しかし、ペースが遅かったので、大外を回っていきました。4コーナーを回ってからすごい脚で、反応がとてもよかったです。今後、重賞を勝てる馬だと思いますし、長い距離でも大丈夫でしょう」
(田村康仁調教師)
「ここは絶対負けられませんでした。ジョッキーもよく勉強しています。スローペースでしたが、折り合いがついて、直線でもガンとうながせばビューッと行きます。今日は1600mだけが心配だったのですが、まったく問題ありませんでした。非常に頭のいい馬で、心臓もいいです。道悪も気にしません。母と同じで長い距離も大丈夫ですし、引っかかるところもありません。今後はオーナーと相談して決めたいと思います」
【アスター賞】(中山)~メジャーエンブレムが快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/10/31アルテミスステークス15番1人気2着

タイム差なし負けデンコウアンジュは阪神ジュベナイル2人気7着、チューリップ賞5着
0.2差3着クロコスミアは次走赤松賞1着、阪神ジュベナイル7人気8着、チューリップ賞7着
0.4差4着ペプチドサブルは阪神ジュベナイル9人気4着、紅梅ステークス4着、アネモネS3着
0.5差5着ウインファビラスは新潟2歳S5着、阪神ジュベナイル10人気2着、チューリップ賞10着

大外枠から好スタート。かかってスピードにのってしまったため、腹をくくって内に入れてハナにたつ。そのまま直線を向いてスパートするが大きく離れた外から2着馬に差された形。
大外枠が響いた負けといったところで強さは見せている。負ける形があったとはできない負けで、むしろこの馬の強さがはっきりとわかる内容だったとしていい。

レース後コメント
2着 メジャーエンブレム(ルメール騎手)
「大外枠で行きたがっていましたが、先頭に立つとリラックスして走っていました。直線で1頭になってしまったのが堪えました。併せていれば違ったと思います」
【アルテミスS】(東京)~12番人気デンコウアンジュが大外一気で重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/13阪神ジュベナイル2番1人気1着

0.3差2着ウインファビラスは新潟2歳S5着、アルテミスS5人気5着、チューリップ賞4人気10着
0.5差3着ブランボヌールはファンタジーS3着、函館2歳S1着、チューリップ賞5人気14着
0.6差4着ペプチドサプルはアルテミスS4着、紅梅S4着、アネモネS2人気3着
0.6差5着アットザシーサイドはフィリーズレビュー1人気2着
0.9差7着デンコウアンジュはチューリップ賞6人気5着

再度好スタートから馬なりで前に。外から一頭来たのでそのまま番手追走。内をロスなく進み、直線入口では先頭にたちそのまま後続寄せ付けず。強いし、内目の枠に入れば何度やってもこの馬が勝ったであろう完勝。初関西輸送もなんなくこなし、この段階では相手がいない印象。

レース後コメント
1着 メジャーエンブレム(C.ルメール騎手)
「内枠から、とてもいいスタートを切れました。最初は少し引っかかりましたが、道中は落ち着いてリラックスしていました。長くいい脚を使ってくれましたし、最後までがんばってくれました。JRAのジョッキーになって、初めてGIを勝てて本当に嬉しいです。彼女(メジャーエンブレム)はとてもいい馬ですし、来年のクラシックも楽しみです」
(田村康仁調教師)
「嬉しいです。この馬はGIをとれる馬だと信じていて、それが証明できてよかったです。前走は騎手に反抗するところはありましたが、調教を重ねて、今回はコントロールできていました。仲のいい調教師が続々と勝つ中で、自分にどうして順番が回ってこないのかと考えることもありましたが、勝ってみると18年は短かったという思いです」
【阪神JF】(阪神)~メジャーエンブレムが人気に応えてGI初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/2/13クイーンカップ6番1人気1着

0.8差2着は菜の花賞2着のフロンテアクイーン
0.9差2着は新馬戦明け2戦目で忘れな草賞出走予定のロッテンマイヤー

内目の枠を利して逃げてそのまま。そして直線で突き放す圧勝劇。高速馬場を加味しても恐ろしいペースでの逃げ切りで、直線そのまま走って後続との差を広げた。
強すぎる。前にいった有力馬が沈んでいることからも、ここでは地力が違った感。
本番に向けて何かを試すというより、本番で絡んで来たら軽く潰してやりますよ、ということを見せつけてやったというところか。
ビービーバーレルが内枠でもまれる競馬になっていたらどうなっただろう・・とは思うが、ひとまず強い。
ただ、揉まれた競馬を最後までできなかったこと。内有利馬場であったことは覚えておきたいところではある。

レース後コメント
1着 メジャーエンブレム(ルメール騎手)
「強かったです。今日は休み明けでしたがとても乗りやすく、いいスタートからリラックスして走れましたし、逃げて、長くいい脚を使いました。次は桜花賞ですが、驚くほどリラックスして走れていましたから、これなら2000m、2400mでも大丈夫だと思います」
(田村康仁調教師)
「時計も速かったですし、強かったですね。去年はいい形で大きいレースを勝てましたが、あの時はしっかり仕上げて勝ちに行って勝ちました。今回は本番前のステップレースですし、サラッと仕上げて行った程度ですが、前走時より良くなっていました。集中力、反応の良さが明らかに2ヶ月前と違います。教育に対しての理解力が素晴らしいですね。これ以上、何を望めばいいのかという感じですし、とにかく無事にと思います。間隔をあけて使いたいのでこのローテーションを選択しました。この後は放牧に出して、桜花賞に直行します」
【クイーンC】(東京)~メジャーエンブレムが横綱相撲で完勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【クイーンC】美浦レポート~メジャーエンブレム - netkeiba.com





■桜花賞
きっちりと結果を出してきている馬に、非常に信頼できる騎手が乗っていて・・ここは確勝レベルか。
もちろん圧倒的1番人気になることが自明なので、基本は落とす方に賭けたいが、馬券外に負ける形が非常に見えづらい。唯一1着に入れなかったアルテミスステークスも内容は全く問題がなかったわけで。
前走からも騎手が相当この馬の地力に自信を持っていると見えるし、地力に対する不安は一切ないと言っていいと思う。
問題は、全くもまれる競馬をしていないこと。新馬戦は外枠から好スタートで外を回しながら先頭を伺い、アスター賞は外から前に行く馬が殺到したので一時控えたがペースを鑑みてすぐに外に出して前にもっていき、アルテミスステークスは大外枠からスピードの差で一気に先頭、阪神JFは最下位に沈んだ馬が一瞬つっかかったが地力なくすぐ沈んだので自然にハナでそのまま、そして前走は逃げ切り圧勝。と、基本的にはかなりスムーズな競馬のみでここまで来ている。もちろんこれは地力差からくるものではあるが、一定の力をもつ逃げ先行馬がいたときどうなるかはまだわからないとしておきたい。
この馬が中枠くらい発進で、内枠から玉砕覚悟で前に行くや、外枠からかぶせてくる一定の力を持った馬がいたときにもしかしたらもしかするのは、とは思う。
ただ、そのもしかして・・を消すための前走のレースかもしれないとはいえる。自身に前で突っかかって勝ちにきたら着外に沈んじゃいますよみなさん、というアピールともとれるほどの圧勝劇だった。あれを見て前で勝負しに行く馬がいるかどうか。前走勝ちに行って力差痛感のビービーバーレル陣営がどうでるかはかなり注目。黙って着狙いの先行馬ばかりじゃまったく面白くない。
桜花賞条件で地力最上位は確定的も、今年のメンツもなかなか粒ぞろいで、控えて外を回して序盤で前を伺うという競馬ができるほど楽なメンツではないとみる。
玉砕覚悟で前に押し上げる馬が数頭いる形を期待して、取りこぼす方にかけるか、これまでのレースから比較的人気薄を連れてくる傾向があるので、1着固定でヒモ荒れを狙いに行くか。
他の先行馬との並び次第で決めるが、ローテも決して王道ではない中で圧倒的1人気濃厚ならもちろん取りこぼす方を優勢に考えたいところ。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」




メジャーエンブレム初時計 楽々1馬身先着/桜花賞|極ウマ・プレミアム

(レースプランは?)
「まだ何も考えていません。競馬ではいろいろなことがありますし、自分が番手につく競馬、または後ろから行く競馬などを想定しながら、いろいろな形のお稽古をさせてきました。たまたまレースでは前めの位置で競馬をしていますが、今回練習では全部こなしてきましたので、あとは当日ルメールと相談して決めるつもりです。彼女が1番力を発揮できるような競馬をさせてあげることが良いのかなと、今は思っています」
メジャーエンブレム田村師「精神的な強さが出てきた」/桜花賞共同会見 - netkeiba.com

【桜花賞】昨年の2歳女王メジャーエンブレムが絶好の動き!3頭併せで最先着 : スポーツ報知

一体、どこまで進化するのか......桜花賞は、もはや勝つだけではない。「勝ち方」さえ問われる歴史的名牝の領域へと踏み出したメジャーエンブレム。その「モンスター級」ともいわれる"圧逃的"の強さは、史上唯一桜花賞を大差勝ちした女王「テスコカビー」の走りを彷彿とさせる。
C・ルメール騎手「桜花賞(G1)は勝てる」大本命・メジャーエンブレムの実力と「伝説」 | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル

「メジャーエンブレムが差し馬だったら、昨年のルージュバックのように揉まれて戦意喪失したり、不利があったりと危ない材料も出てくる。ただ先行馬だし、自分で競馬をつくれるから不利なペースにもなりにくい。だからルージュバックより、ずっと安全な人気馬だよ。前走あれだけ強い競馬をしたので反動が怖かったが、レース間隔が開いていたので十分休みも取れたし、1週前の追い切りでもウッドで64秒台と凄い時計をマークして元気いっぱい。能力が高い、不利も少ない、体調もいい、そして鞍上がルメールと、ここまで好材料が揃ったら、ちょっと負ける理由が分からない」(関西競馬記者)
【競馬JAPAN】桜花賞はメジャーエンブレムで断然なのか? 気になる穴馬は??

期待感を増幅させるのはなんといってもその立派な「馬体」。デビュー時から馬体の発達には目覚ましいものがあり、豊富な筋肉量に柔軟性のあるフォーム、さらに良質なバネと、メリハリのある馬体で立ち姿も迫力がある。阪神JFの時に比べて馬体もどんどん良くなってきている印象があり、一目で他馬と一線を画した筋肉量の豊富さがこの馬の強さの秘訣だろう。
【桜花賞2016予想】メジャーエンブレム、牡馬顔負けの「美ボディ」でクラシック一冠目狙う – 競馬ヘッドライン

――ライバルとなるのは、前哨戦のチューリップ賞(3月5日/阪神・芝1600m)で上位を争った、1着シンハライト(牝3歳)、2着ジュエラー(牝3歳)といったところでしょうか。
「馬のタイプが違うし、(2頭とも)一緒に戦ったことがないから比較するのは難しいけど、あの2頭は確かにライバルになりそうです。特に、イケゾエさんの馬ね(池添謙一騎手騎乗のシンハライト)」
ルメールが語るメジャーエンブレム 「僕は邪魔しないように乗るだけ」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|競馬&格闘技

「正直なところ、何とも言えませんね。ペースとか、展開とか、いろいろな要素が噛み合って彼女の走りができれば、距離は問題ないと思いますが、おっしゃるとおり、距離が延びていい、というタイプではないかもしれませんね」
ルメールが語るメジャーエンブレム 「僕は邪魔しないように乗るだけ」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|競馬&格闘技

「放牧から帰ってくるたびに成長を感じる。阪神JF以上の状態に持っていけそうだね」と、指揮官は仕上がりに自信をのぞかせる。
メジャーエンブレム田村師「阪神JF以上の状態に持っていけそうだね」/桜花賞 - netkeiba.com

長距離輸送も阪神JF(1着)でクリア済み。「とにかく順調のひと言」という師の言葉に全てが集約されている。
【桜花賞】メジャーエンブレム 食欲旺盛かつ“淑女”の雰囲気 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

クイーンCから直行で桜花賞を勝った馬が76年テイタニヤ以来出ていないことを不安視する声もあるが、「普通のセオリーと違って、この馬は間隔を空けたほうがいい。これ以上ない、いいローテーションでこれた」と“雑音”をシャットアウト。
 「切れないといわれるけど、最後まで(1F)11秒台で走れるのが最大のセールスポイント。現状、ついてきた馬は全部つぶれているからね」。来るなら来い、の横綱相撲でまずは1冠制覇だ。
【桜花賞】メジャーエンブレム態勢万全11秒9 - 予想王TV@SANSPO.COM

実際に、メジャーエンブレムの主戦クリストフ・ルメール騎手も「今までの牝馬の中で一番強い」と断言。「桜花賞は勝てると思います」と力強く言い切った。
今のメジャーエンブレムは化け物がいない限り…… | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル

安藤勝己がズバリ選定。桜花賞・オークスに挑む「3歳牝馬番付」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|競馬&格闘技

3枠5番 メジャーエンブレム
「枠順がどうこうという馬ではないですし、先行する馬なので、内目でまっすぐ走れるこの枠なら大丈夫でしょう。追い切り後も馬はどっしりとしていていつもの雰囲気。体も前走と同じくらいで出せそうです。あとは自分のレースをするだけですね」(高木助手)
シンハライト荻野助手「6枠は縁起がいい」/桜花賞枠順コメント - netkeiba.com





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」