3歳クラシック戦線に勝つ!! : マカヒキ【若駒ステークス2016出走予定馬】

↑前々走まで↑

■2016/1/23若駒ステークス5番1人気1着

0.2差2着はシンザン記念10人気7着、デイリー杯7人気3着ノーブルマーズ
0.5差3着は萩S1着、ホープフル4着、すみれS2着ブラックスピネル

普通にスタートして少頭数だったのもあり枠なり馬なりで5、6番手追走。ドスローの中折り合って、直線外に出してスパートを我慢してじわじわ仕掛けて中盤過ぎで一気にスパートで前をとらえた。

微妙。予想段階で新馬戦の内容がよくこの馬からいくしかないもののペース上がった時をみたいので1走見る、ここで勝ったら最低クラシック通用レベルだろう、としたのだが、さらに遅いペースでのレースになり、新馬戦でわかっていた強さ以上のものは見られなかったように思う。
個人的にはノーブルマーズとブラックスピネルをオープンクラス通用と思っていて、ここまで何度か買っているのでそこに勝ったことは評価したいが、ブラックスピネルは自分の形ではなかったし、ここで本命にしたノーブルマーズは思っていた通りの競馬をしてくれたのでそこには完勝も着差は0.2差と、どの視点からも新馬戦終えた段階より一段上くらいの評価上げくらいしかできない。

レース後コメント
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「マイナス10キロのせいか、体のシルエットがよかったですね。とにかく乗りやすい馬。ストライドもよく、長くいい脚を使いますね。強いレースでした。今は何も言うことがありません」
【若駒S】(京都)~断然人気のマカヒキが快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

弥生賞
1、2戦とも同じようなレースを勝ったという感じ。もちろんその2戦とも、特に前走はそこそこの相手関係なのでもちろん強いのは間違いないが、新馬戦時は速い時計が多い日だったし、前走は自分の形ではないブラックスピネルもそこそこの脚をみせたレース。ペースが少しでも早くなった時が全くの未知。
そこに対応してくる可能性はあるが、それにしては評価されすぎてしまう形。

先々をみるとここは権利云々ではなく2着内で賞金加算もしておきたいはずで、この1戦に賭ける熱は明らかに朝日杯上位2頭よりはあるだろう。
本番はまずサトノダイヤモンドに乗るルメールをここで騎乗させるのは解せないが、それだけこのレースを取りに来ていると見てもいいか。
個人的にはここの結果関係なく本番では買わないので、ここで前走と同じようなペースの中でリオンディーズと競って勝って、本番人気を背負ってもらう形が理想。
オーナーの意向ということだが、今の段階でこの相手にぶつけにくるというその意気込みには心揺さぶられるが、ひとまず現段階で中心視できる馬ではないと思う。

「一番強い相手にぶつける」という金子真人オーナーの進言があり参戦が決定した。
マカヒキ腕試しの一戦を心待ち/弥生賞|極ウマ・プレミアム

【弥生賞】マカヒキ、クラシック戦線頂点へ - 予想王TV@SANSPO.COM

【弥生賞】栗東レポート~マカヒキ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング