■2015/6/27新馬4番2人気1着

タイム差なし2着はりんどう賞2人気2着、紅梅5着メジェルダ
0.5差3着は次次走未勝利抜けアッラサルーテ
1.3差5着は札幌2歳、アルテミス3着、阪神ジュベナイル8着クロコスミア

普通にスタートし押して前に出そうとするが、ダッシュ力なく大人しく内に入れて追走。ハイペースの中内を進めて直線。一瞬空いた馬間をついて抜け出す。
正直結果的にハイペースで流れて位置取りがうまくはまった感はあるものの、勝負強さは見えたかな。

レース後コメント
1着 ブランボヌール(岩田騎手)
「最初はモタモタしていましたが、3コーナーからは自分で行く素振りを見せました。抜け出してからフワッとするところもありました」
【メイクデビュー】(函館5R、6R)~ブランボヌール、コラッジョーゾが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/7/26函館2歳9番1人気1着

0.6差2着は阪神ジュベナイル11着、エルフィンステークス9人気9着メジャータイフーン
0.6差3着は京王杯10着ヒルダ
0.9差7着は2人気におされたメジェルダ

前走同様普通にスタートしたがダッシュ力なく中団追走。またまたハイペースで進んだので、それが功を奏した形も、今回は早めに外に出し自ら位置取りを押し上げて直線外から一気に抜け出した。

完勝。新馬戦で2着だったメジェルダが2番人気だったわけで、メンツレベルはしれたものだが、そのメジェルダに0.9差つけたということは大きく評価できる。レース後メジェルダにのった四位騎手は馬場を敗因にあげているが、ペースについていけなかった可能性もありそう。
そういういみでも前走と併せ、今回の勝ち方であれば距離が延びても・・の感はある。

レース後コメント
1着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「2走目でどんなレースをするかと思っていましたが、落ち着いてレースができました。内を走ってもゴチャつくと思い、外を回ってきましたが、いい末脚だったと思います。普段からピリピリする馬ですが、このレースへ向けてスタッフがよく仕上げてくれました」
【函館2歳S】(函館)~ブランボヌールが3馬身半差でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/11/7ファンタジーステークス6番1人気3着

タイム差なし1着は阪神ジュベナイル5人気9着キャンディバローズ
タイム差なし2着は6人気だったメジェルダ
タイム差なし4着はワントゥワン

スタートよくハナをうかがう勢いだったが、外からも1頭押してきたので、おさえて内に入れる選択をして、3番手内目追走。
そのまま内を回して直線も最内をそのまま狙う。進路もあって延びるが前も交わせずなんとなくで流れ込んだだけといった感じ。
メジェルダにも負けた形だが、戦前から叩き台仕様だということは明言しており、距離延長、輸送の影響というより単純に状態に敗因を求めたい。ペースが合わなかった可能性は残るがそれは叩き台仕様のここでは判断できないかなと。

レース後コメント
3着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「休み明けで馬は落ち着いていました。勝ちたかったのですが......。馬体がパワーアップして、力みもそれほどありませんでした。1600mはもつと思います」
【ファンタジーS】(京都)~キャンディバローズが叩き合い制す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/13阪神ジュベナイルフィリーズ11番3人気3着

0.5差1着はアルテミスS2着、クイーンカップ1着メジャーエンブレム
0.2差2着は新潟2歳2着、アルテミスS5着ウインファビラス
0.1差4着はアルテミスS4着、紅梅S4着のペプチドサプル
0.2差7着はアルテミスS1着デンコウアンジュ
1.8差14着は12人気メジェルダ

普通にスタートし無理せず中団外目追走。馬群の中で自由度がない追走になった。3角過ぎから外目に出しながら直線。進路はあったので即スパートするが伸びきれないが長く脚を使って最後までばてず伸びての3着。キレ勝負ではちょっと大変そうもそうでなければ上位と勝負できる地力保持ということはみせた。距離に対する不安はあまりないと思われる。

レース後コメント
3着 ブランボヌール(中竹和也調教師)
「ジョッキーによると、バカついた馬がいて外を回らされる形になったということでした。ただ、外から伸びているのはこの馬だけでしたし、がんばってくれたと思います」
【阪神JF】(阪神)~メジャーエンブレムが人気に応えてGI初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

チューリップ賞
他の一部の有力馬と同様賞金は足りており、ここは叩き台仕様を明言。そもそもフィリーズレビューではなくここに出走の段階で次しか見ていないともとれる。
過去10年勝ち馬のG1勝ち馬ゼロの世代最初の重賞を完勝した馬、目指すはG1勝ちのみか。

ただ、ちょっとどこかわからなかったが、前走はぶつけられていたとのことだし、地力の高さは見せての内容だったし、ある程度のペースで進んだ時にもっとも力を見せられそうな馬の筆頭ではある。
岩田騎手がここを区切りとして関東に移るとのこと。さすがに根性みせろと思うものの、騎手も含めここではちょっと買いづらい。

【チューリップ賞】栗東レポート~ブランボヌール | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
人気ブログランキング