3歳クラシック戦線に勝つ!! : ジュエラー【シンザン記念2016出走予定馬】

↑前々走まで↑

■2016/1/10シンザン記念7番2人気2着

タイム差なし負け1着は千両賞1人気4着ロジクライ
0.1差3着はアーリントンカップ6人気12着シゲルノコギリザメ

出負けで遅れたが馬群の中にいれ後方中目追走。前左右に馬をおいてのレースになって、直線までは少しでも内に入れることを意識しながらガマン。
直線に入って広がったのを見てから短い距離で外に出して進路確保してから、一気に加速するも頭まではいけず。
ここで勝てなかったのは春を考えると痛いが、位置取り的にロジクライよりも恵まれていなかったので、最低でもロジクライに劣らない地力保持を見せた。

レース後コメント
2着 ジュエラー(M.デムーロ騎手)
「スタートで少し挟まれる形になって、少し引っかかってしまいました。コーナーでは物見をしながら走っていました。しかし、直線でステッキを入れるとすごい伸びでした。もう少しでしたね。惜しいレースでした」
【シンザン記念】(京都)~ロジクライが重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
Mデムーロ騎手(ジュエラー=2着)「ペースが遅くてかかり、テンションも高くなった。怖がりで物見もしていた。でも直線は、すごい瞬発力。本当に残念。でもすごく走るよ」
【シンザン記念】Mデムーロ「怖がりだけどすごい瞬発力」ジュエラー2着 : スポーツ報知

人気ブログランキング

チューリップ賞
新馬&シンザン記念共に相手に恵まれたかなと戦前思ったし、今見てもそれは変わらないところではある。
ただ、シンザン記念も敗れはしたが、あのペースの中でありながら最後の脚はすごかったし、ロジクライよりも距離ロスのあるレースではあったので、新馬戦と共に内容的には出走馬の中では最も高いパフォーマンスだったとしていい。
そもそもシンザン記念に挑んだという事実と、その中で牡馬に全く見劣らないパフォーマンスをみせたという事実だけで、大きく評価していいわけだが。
他の実績馬と違い賞金的に微妙な立場におり、ここで3着内は必須。獲りに来るのは間違いない。それを踏まえると無視できる馬ではない。その上絶好調デムーロの重賞6連覇がかかるとなれば・・・。
1番人気濃厚で相手関係&内容からは決して強調材料がない馬を買うかどうか。妙味はないかなというところ。

ジュエラーとコンビを組むM・デムーロは初の阪神に「直線が長いのもいい」/チューリップ賞 - netkeiba.com