桜花賞に向けての最重要ステップ。

賞金が足りている有力馬がたたき台としてこのレースを選択している場合が多く、それでありながら、馬券はかなり手堅くまとまる傾向で、そこが人気馬の取捨を難しくする。
ステップ仕様の人気馬からどの馬を選ぶかが勝負のレース。

っていうのは毎年わかってはいるんだけど、やはり状態不明のステップ仕様の人気馬より、ここで本番出走が決まる人気薄どころを狙いたいんだよなあ。


現在単勝1番人気はジュエラー
人気馬の中で本番出走微妙な賞金状況で普通に考えればここにベストに近い状態で挑むであろう一頭。それに重賞連勝記録継続中のデムーロが乗るとなれば、人馬共に本気度は高いとみていいだろう。
ただ、このメンツの中で1人気でこの馬を買うか、と言われるとちょっと考えてしまう。
2戦目でシンザン記念で連対したというその事実だけで買いの要素はあるのはもちろんだが、共に比較的対戦相手には恵まれている。
それに2レースともスタートよくなく、今回もスタートよくないとすると枠的に致命傷になりうると思う。新馬戦のような地力で圧倒するレースはできないだろうし、中途半端なレース選択をせざるを得なくなりそう。
また、仮にうまくスタートできたとしても、これまで後ろからのレース選択をして上位にきている中で思い切って前につけられるかは賞金的に試走という位置づけではないこの馬としては難しいだろう。
黙って権利取りに徹してくれば安泰だろうとは思うが、騎手に連覇がかかる中でどうなるか。
まあその辺はデムーロがうまく乗ってくれるでしょう、というところではあるが、1人気であれば思い切って馬券外に賭けてみたい。

人気ブログランキング

2番人気はレッドアヴァンセ
ここ2走の勝ちっぷりが圧巻。デムーロ騎手が絶賛した馬。
ゲート不安を前走後武騎手がコメントしているが、戦いやすい外枠に入り非常に無視しづらくなった。
ただ、この馬は勝負レースを連続している。新馬前から先を見据えられていた馬で、新馬未勝利の2戦の足踏みは痛かった。それは陣営も語っており、ここ2戦はレース後陣営が勝負をかけたと語っている。
そもそも500万下→チューリップ賞の2戦勝負を避け、エルフィンステークス1戦で勝負することを選択したわけで、ここは相当余裕残しの状態であるとみて間違いない。もちろん直行せずにここ1走挟むということは状態不安がないことの証明ではあるが、それでもやはり不安はある。枠が枠なので完全無視は難しいが頭は取りこぼすほうに賭けて薄く拾う。

人気ブログランキング

3人気はシンハライト
騎手が距離延びた方がいいと言い、陣営が状態もベストではないと言う中で紅梅Sを勝ったのは地力の証明。
2戦消化だけの馬にしては対戦相手からも地力証明がなされており、信用度は高い。
池添騎手が乗り味を絶賛している馬で、陣営も一貫して桜花賞を意識したコメントを出していることからもかなり期待されている馬でもあり馬券に組み込まざるを得ない印象。
ただ、ここ2走の走りからだけ言うと部分部分の武器ではどれも他に優っている馬が出走しているように思うし、阪神JF上位組より地力は劣るとみているので、どこをとっても基本は未知の部分の可能性に賭けることになる。
賞金的に余裕があることと、枠を考えると、練習してきたゲートがうまくいけばおそらく前に行っての勝負をすると思われるが、出遅れるとジュエラー同様致命傷になりうる。
状態良さそうで、切るにはかなり勇気がいるが、紅梅Sからの臨戦は結果が出てないことも踏まえて、地力評価しつつもここはスルー。

人気ブログランキング

4人気はウインファビラス
本番で狙いたい馬の1頭。そのためにもここは本番で人気にならない程度に負けてほしいと思っている。
アルテミスステークスでは陣営はレース後、本番を見据えての調整だったと言い、松岡騎手もそれを分かった上での騎乗。本番では陣営も松岡騎手も前回よりもよくなっていて勝負になると事前に話していて、その本番では松岡騎手は明らかにアルテミスステークス時と乗りかたが違って、直線でも限界まで追っていた。
はた目にはどうしようもないほどの差かなと思ったが、レース後「悔しい、春にリベンジ」とコメント。なんともかっこいい。
そして春の本番は次。阪神JFのパターンで行くと、チューリップ賞は素直に試走で無理はさせないはず。事前インタビューでもやたらと前哨戦としては・・というコメントを連発していて、100%状態微妙だろうなと。
常にそこそこのレベルの相手とやっているが、そのメンツに勝ち切れておらず、状態ベストでない中で勝ち切れるほどではないかなと思う。
阪神JFのメンツが強いと思っているので、そこで最上位のこの馬はここでは地力最上位と思っているが、本番で買いたいので連対してほしくないという願望もこめて薄く薄く拾う。

人気ブログランキング

5人気はブランボヌール
他の一部の有力馬と同様賞金は足りており、ここは叩き台仕様を明言。そもそもフィリーズレビューではなくここに出走の段階で次しか見ていないともとれる。
過去10年勝ち馬のG1勝ち馬ゼロの世代最初の重賞を完勝した馬、目指すはG1勝ちのみか。
ちょっとどこかわからなかったが、前走はぶつけられていたとのことだし、地力の高さは見せての内容でこの馬の地力も疑ってはいない。ただ、やはり2着馬を上位にとりたいし、ここでも2着馬より本気度合いは低いと見る。
岩田騎手がここを区切りとして関東に移るとのこと。さすがに根性みせろと思うものの、騎手と共に枠も含めここではちょっと買いづらいかな。

人気ブログランキング

6人気はデンコウアンジュ
この馬も賞金足りている馬の一頭。そしてその中で最も取捨が難しい印象。
もちろん桜花賞が目標なのは間違いないだろうが前走で積極的な競馬をしたので、今回は後方からおとなしくのレースを選択するはず。そしてそれがハマれば状態ベストでなくても勝ってしまうくらいの地力は持っていそう。新馬未勝利段階ではそこまでの馬ではないかなくらいだったのが、前走の内容から大きく評価を上げざるを得なかった。
ただ、地力そのものは2着馬の方を評価しているし、後方からおとなしくがハマる可能性は桜花賞よりは高くともちょっと厳しいレースだと思っているので、積極的には買いづらい。それでもメジャーエンブレムに土を付けた事実があるのにここまで舐められるとなると妙味は大いにあると思う。たぶんないだろうが、単勝15倍つくこのまま推移するようであれば、単勝も考えたい。

人気ブログランキング

今年は1頭強い馬はいるものの、例年通り本番でも期待できる有力馬が揃った印象。
チューリップ賞は近5年で4年阪神JF組が馬券内に2頭絡んでいる阪神JF組圧倒のレース。今レースのメンバーをみても前走阪神JF組を買っておけば当たりそう感も漂うほど。
そしてもう一つ忘れてはいけないのは、7、8枠が内枠を圧倒しているということ。

堅く収まることの多いレースではあるが、人気馬を薄くおさえつつ、人気薄が突っ込んでくるイメージで大きく狙いたい。

アドマイヤリードがおもしろい。
阪神JFは余力がなかった。この馬は強い。
後でもろもろ追記予定も、ひとまず有力馬がステップ仕様でペース落ち着けば突き抜けると思う。


次はクロコスミア。
阪神JF組、そして外枠。条件はそろった。
アルテミスステークスでデンコウアンジュとほぼ同等の評価ができる競馬をしており、デンコウアンジュは外枠だったらもっと重く見られていただろう、ここでも十分に通用の可能性のある馬。であれば、この馬の現在15、16番当たりの人気は明らかに不当。このままの人気であれば大きく狙ってみたい。
ただ、さすがに走り過ぎな印象でアドマイヤリードを上に取りたい。


他は、人気薄2頭からいくので広く拾う。
人気馬と、近3年馬券になっている逃げ馬候補、そして外枠の馬を。


◎アドマイヤリード

○クロコスミア

△レッドアヴァンセ、ウインファビラス、デンコウアンジュ、クィーンズベスト、カイザーバル、クリノラホール


ウマニティ
KLAN

人気ブログランキング

【チューリップ賞】追って一言 - 予想王TV@SANSPO.COM
2015年
1着ココロノアイ
アルテミスS1着→阪神JF3着から5戦目

2着アンドリエッテ
クイーンカップ4着から4戦目

3着レッツゴードンキ
アルテミスS2着→阪神JF2着から5戦目


2014年
1着ハープスター
新潟2歳1着→阪神JF2着から4戦目

2着ヌーヴォレコルト
こうやまき賞1着から4戦目

3着リラヴァティ
フェアリーS3着から6戦目


2013年
1着クロフネサプライズ
りんどう賞1着→阪神JF2着から6戦目

2着ウインプリメーラ
アルテミスS3着→フェアリーS8着→エルフィンS2着から6戦目

3着アユサン
アルテミスS2着→阪神JF7着から4戦目


2012年
1着ハナズゴール
500万下1着から5戦目

2着エピセアローム
小倉2歳1着→阪神JF8着から5戦目

3着ジョワドヴィーヴル
阪神JF1着から3戦目


2011年
1着レーヴディソール
デイリー杯1着→阪神JF1着から4戦目

2着ライステラス
京王杯4着→阪神JF3着から6戦目

3着メデタシ
エルフィンS5着から5戦目