■2015/10/10新馬10番1人気1着

0.2差2着は4戦目未勝利抜けオウケンビリーヴ
0.5差3着は3戦目未勝利抜け、千両賞2人気3着リボンフラワー
4着アリアカンタービレも未勝利抜け

普通にゲートを出てちょっと勢いをつけて3番手中目追走。おさえておさえて3番手を保ちつつそのまま直線。直線序盤で先頭を伺い半ばから一気に突き抜けた。王道の勝ち方。
新馬戦としては決して低くない相手に完勝で、500万下通用の地力は確定。

レース後コメント
1着 シンハライト(池添謙一騎手)
「とにかくレースセンスが抜群ですね。芝コースでこんなに柔らかいフットワークの馬は久々です。スタートはもうひとつと聞いていましたが、普通に出てくれたので好位からになりました。着差はそれほどではありませんでしたが、まだまだ余裕がありそうです。楽しみです」
(石坂正調教師)
「姉のリラヴァティに似ています。小ぶりですが、しっかり身体はできていましたからね。次走は未定です」
【メイクデビュー】(京都4R、5R)~オーマイガイ、シンハライトが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/1/17紅梅ステークス9番1人気1着

タイム差なし2着はエルフィンステークスでレッドアヴァンセ0.3差3着ワントゥワン
0.1差3着はりんどう賞、500万下でも3着タガノヴィアーレ
0.2差4着は阪神ジュベナイル0.6差4着ペプチドサプル
0.3差5着は阪神ジュベナイル2.3差14着メジェルダ

少し出遅れもダッシュ力活かして前の集団につけて後方4番手外目追走。外々を回して直線。半ばにムチを入れてから一気に伸びて先頭。抜け出してからちょっとバテたかふらっとしているところに外からワントゥワンに迫られたがわずかに残った。
500万下でそこそこのメンツに対しての勝利ではあったが、完勝というわけではなく、このメンツの中でも抜けた地力ではなさそう。
ただ、レース後騎手が距離が延びた方がいいと言っているように、この距離でも勝ってしまえる地力をもっているとの評価もできる。

レース後コメント
1着 シンハライト(池添謙一騎手)
「返し馬は落ち着いていましたが、ゲートで突進しかけたところで開いてしまいました。レースは新馬戦よりスムーズさを欠きながらもいい脚を使ってくれました。まだ乗り込み途上ながら強いレースだったと思います。とにかく乗り味が抜群です。距離は延びた方がいいですね。このまま無事にいってもらいたいです」
(石坂正調教師)
「このあとは状態を見ながら本番直行か一度使うかを考えたいと思います」
【紅梅S】(京都)~シンハライトが無傷の2連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

チューリップ賞
騎手が距離延びた方がいい言い、陣営が状態もベストではないと言う中で桜花賞に通じる紅梅賞をしっかりとったことは充分に評価できる。
池添騎手が乗り味を絶賛している馬で、陣営も新馬戦後から一貫して桜花賞を意識したコメントをだしていることからもかなり期待されている馬だと思われる。
ゲートが悪いという中で、新馬戦は前から、前走は出遅れて後ろからと違うペースのレースを違う位置取りで勝ち切ったのは桜花賞有力馬の一頭だと思う。
ここでももちろん中心視せざるを得ない一頭ではあると思うが、オッズがそれに見合うものかどうかが気になる。
これまでのパフォーマンスだけから考えると、部分部分の武器では他にも優っている馬が出走しているように思う。そこはどうしても未知の部分に賭けることになるし、その上、賞金的に無理をしなくてもいい立場。間違いなく次を見たレースをすることになるここで全力で賭けるには若干不安。
無視は難しいが印はオッズ次第で。
でも、状態良さそうなんだよなあ。。


シンハライト池添を背に2馬身先着/チューリップ賞|極ウマ・プレミアム
【チューリップ賞】シンハライト無傷で桜戦線へ センスも底力も抜群! ― スポニチ Sponichi Annex 競馬
シンハライトの主戦池添は「自分が思い描いているレースができれば」/チューリップ賞 - netkeiba.com