■2015/7/19新馬戦9番5人気1着

タイム差なし2着ゼンノタヂカラオは以後未勝利3戦2、2、3着
0.7差4着ジュンヴァルカン次走2人気1着、この未勝利戦で2着になったタイセイサミットは東スポ杯6着、朝日杯7着
0.8差5着ユウチェンジは次走未勝利抜け、野路菊S3着、アイビーS2着、朝日杯4着

スタート普通だったが、ダッシュ力あり前に行ったトラストルークの外を並走、さらにその外にアドマイヤローレルが道中並びかけて並走しながら進み、3頭揃ってそのまま直線。
直線半ば過ぎでゼンノタヂカラオがいったん抜け出すが、ゴール前で差し返した。
人気馬の一角とはいえ逃げ馬にストレスをかけにいく道中のポジションがどうかと思ったが、結果的に3頭並走で後方馬が動きにくくなった感じでうまく運んだ。
低レベルの相手ではないので、未勝利レベルの馬ではないことは証明しているが、斤量1キロ減でもあるのでけっしてこの相手で抜けているということはなさそう。

レース後コメント
1着 ブラックスピネル(松若風馬騎手)
「スタートが速く、すぐに2番手がとれて、折り合ってレースができました。調教のときから集中力を欠く面はありましたが、レースでも物見をしたりする面を出していました。そのぶん余裕はありましたし、今日のような馬場もこなしてくれました。ただ、切れる脚がある馬ですから、パンパンの良馬場の方がもっといいと思います」
【メイクデビュー】(中京5R、6R)~ブラックスピネル、タイセイパルサーが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング


■2015/9/19野路菊S6番2人気2着

0.2差負けロスカボスは新馬戦でアストラエンブレムに0.1差勝ち、東スポ杯1人気8着
0.4差3着はユウチェンジ

普通に出るが押して前目につける。前走同様、終始外目を回すことを一切意に介してないようで、内の馬に並びかけるように前に出して内から3頭目を終始。最終コーナーも決してスムーズに周っていない中、直線序盤あら鞭ばしばしで真っすぐ走らせる形。直線半ば過ぎで、7、8番と並ばれてからもうひと踏ん張り前に出る根性を見せるが、外からロスカボスに一気に差された。上がり差はとてつもないが距離ロスはかなりあったと思うので、この馬がスムーズに運べば・・の期待はもてる。

レース後コメント
2着 ブラックスピネル(松若風馬騎手)
「向正面で外に張ったり、物見をしたりと幼い面を出していました。終いもしっかり抜け出してはいますが、外からあの脚を使われては......。距離は問題ありませんし、成長も感じました」
【野路菊S】(阪神)~出遅れたロスカボスがV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング


■2015/10/31萩S4番3人気1着

0.1差2着スマートオーディンは東スポ杯1着
0.2差3着レインボーラインは東スポ杯9着、新馬戦でプロフェットに0.3差2着
0.3差5着プロフェットは札幌2歳でアドマイヤエイカンにタイム差なし2着

5頭立て。待望のスムーズに走れる条件で地力をみせた感じ。スマートオーディンにきっちり勝った内容は十二分に評価できる。

レース後コメント
1着 ブラックスピネル(松若騎手)
「並んでからしぶとかったですし、最後もまだ余裕がありました。強かったです」
(音無秀孝調教師)
「じっくり乗れば、ラストはいい脚を使ってくれますね。この後はオーナーと相談ですが、ホープフルSを視野に入れています」
【萩S】(京都)~ブラックスピネルが追い比べから抜けて2勝目 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

ホープフルステークス。
相手関係的に地力上位の可能性が高い馬の1頭。個人的には距離ロス辞さずの乗りかたがあんまり好きではなくて、前にも後ろにも重賞クラスの地力保持の馬がいる状態ではどれかには負けそうかなと。
軽視されるなら当然買いなのでオッズ見ずには考えられないけれど、6人気以下ならオッズ次第で検討というところか。

人気ブログランキング