■2015/10/12新馬戦5番2人気1着

0.3差2着アイファープリティは次走次次走未勝利戦1人気に推されるが3着、6着。1.5の1番人気で3着になった未勝利戦は黄菊賞8人気9着だったサトノエトワールに0.4差つけられている
0.6差3着リュラは次走未勝利戦で0.7差6着。そのレースの1着は葉牡丹賞12着のファスナハト
1.2差4着サトノエトワールは次走未勝利勝ち、黄菊賞で再度バティスティーに2.9差負け

若干出負けも、頭数少ないこともあり外目にだしつつ早めに先頭をとらえる。直線を先頭ではいり全く危なげなく勝ち切った。
スローペースの新馬戦らしいレースでの地力高い馬の勝ち方といった感じで、圧倒的な地力差を感じる。
ただ、問題は相手レベルが相当に低いという事実。

レース後コメント
1着 バティスティーニ(ルメール騎手)
「とても乗りやすい馬です。この馬の一番強調出来るのは瞬発力です。最後はすごい脚でした。距離に問題はありません。今日はペースが遅かったので前へ行かせましたが、後方からのレースでも問題ないと思います」
【メイクデビュー】(京都3R、5R)~ボールライトニング、バティスティーニが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI


■2015/11/15黄菊賞2番1人気1着

0.6差2着レヴィンインパクトは葉牡丹賞1人気0.4差7着、新馬戦0.4差負けのスマートオーディンは東スポ杯1着
0.8差3着アラバスターはアイビーS0.4差8着、札幌2歳S3人気0.7差5着
1.0差5着ジョルジュサンクはラジオ日経杯京都2歳7人気0.2差4着、新馬戦でアドマイヤエイカンに0.4差負け2着

超強い勝ち方。前走に続き地力高い馬の勝ち方という感じ。出遅れて最後方追走も外に出して徐々に仕掛けて、コーナーでも大外から順位を上げ続け直線入ってから突き抜ける形。
形としては完璧だと思う。前走と違う形でありながら同様に楽勝。
前走よりも相手関係が強くなっている中でのこのパフォーマンスは底が知れない。

レース後コメント
1着 バティスティーニ(C.ルメール騎手)
「今日はあまりスタートが速くなくて後ろからになりましたが、リラックスして走っていて、いい経験になりました。4コーナーから反応して、いい瞬発力を見せてくれました。まだ若いですが、直線の反応も素晴らしかったです」
(松田国英調教師)
「今日は3歳になったときに、さらに長い距離を走れるイメージができるような走りをしてくれました。今後は年内にもう1走、長めの距離のレースに使うことを考えています。まだコロンとした体型ですし、少しずつトレーニングを強くしていって、走りやすい体にしていきたいです」
【黄菊賞】(京都)~バティスティーニが3馬身半差で快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

ホープフルステークス。
ここ2戦を見る限り、まだ底がしれない。勝ち方がとにかくかっこいい。全く穴がないようにみえる。
新馬戦はともかく前走は相手関係が特に恵まれていたわけではなく、強い。
2000m戦を違う形で連勝してきたのもあり、中山2000での大敗は正直見えない。
勝負は相手関係のみと考える。

人気ブログランキング